セーラーの万年筆おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • デザインとカラーを考える
    →同じ黒のボディでも質感によって触り心地や雰囲気が違います。
  • ペン先の種類と字幅を考える
    →どのような種類のペン先や字幅が好みなのか書き比べつつ、自分にあったペン先を選んでみましょう。
  • 予算を考える
    →一般的な価格帯のものが欲しいという場合は、10,000円~20,000円ほどが相場となっています。
万年筆 本

日本国内での生産と手作業にこだわって作られているのがセーラー万年筆の万年筆です。
万年筆愛好者のなかでもクオリティの高さとこだわりが感じられる一品として人気があります。
本記事では、セーラー万年筆の魅力とおすすめの万年筆を紹介します。

セーラーの万年筆とは?

万年筆 ノート

セーラー万年筆(通称セーラー)は、広島県呉市で1911年に阪田久五郎氏によって創業された、筆記具を中心とした文房具メーカー。
ボールペンを発表したのは1948年。
カードリッジ式万年筆は1958年に発表され、そのあと次々にヒット商品を作り続けています。

創業当初から国内生産にこだわり、重要な部分は伝統の技を持つ職人の手作業で作られてきました。
その徹底ぶりは、品質の高さから多くの愛好者にも支持されています。

【こちらもCHECK】万年筆に関連するおすすめ記事はこちら

モンブランの万年筆おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.30

初心者用万年筆おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.15

プレゼント向け万年筆おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.13

セーラーの万年筆の3つの選び方

ここからはセーラーの万年筆を選ぶときのポイントを紹介します。

① デザインとカラーを考える

手帳 ペン 万年筆

セーラーの万年筆を選ぶときには、万年筆本体のデザインやカラーをまず決めましょう。

万年筆といえば、黒にゴールドのワンポイントがオーソドックスなデザインですよね。
しかし同じ黒のボディでも質感によって触り心地や雰囲気が違います。

この違いは、実際にいくつかの万年筆を並べて手にとってみるとよくわかります。
万年筆を選ぶなら、まずこの違いをぜひ体感してみましょう。

② ペン先の種類と字幅を考える

万年筆 ノート

ペン先とひとことで言ってもさまざまな種類があります。

細字や中字、太字以外にも実際の書き味に違いを持たせるよう考えられているのです。
同じ太さでもペン先によっては毛質や鉛筆、ボールペンで書いたような雰囲気を出すことができます。
どのような種類のペン先や字幅が好みなのか書き比べつつ、自分にあったペン先を選んでみましょう。

③ 予算を考える

お金


セーラーの万年筆を購入する場合、予算は重要です。
セーラーの万年筆は、安いものなら10,000円弱ほどの金額で購入することができます。
高いものだと30,000円前後。
一般的な価格帯のものが欲しいという場合は、10,000円~20,000円ほどが相場となっています。

セーラーの万年筆おすすめ人気ランキングTOP5

セーラーの万年筆をランキングで紹介していきます。
選びかたのポイントを頭に入れて、自分にあった万年筆をぜひ探してみてください。

5位 セーラー万年筆 万年筆 クリアーキャンディ 中細 11-0103-316 メタリックブルー

サイズ:φ16.5×135mm
重量:11.0g
本体材質:-
ペン先:中細
機能:カートリッジインク、インク吸入器式コンバータの両用式

セーラー万年筆が100周年記念に発売した万年筆です。
初代のキャンディは、累計販売本数が1500万本以上と大ヒット。
復刻版としても発売されました。
女性や子供にも使いやすいと人気のある万年筆なので、プレゼントにも最適です。

4位 セーラー万年筆 万年筆 プロフィット21 銀 ブラック 細字 11-2024-220

サイズ:ф18×141mm
重量:21.6g
本体材質:21金バイカラー仕上げ
ペン先: 細字[F]、14金
機能:カートリッジ・コンバータ両用式

実務に最適な軽めの万年筆です。
ペン先は、14金のロジウムプレート。
長く使用しても輝きを失うことなく、ゴージャス感を維持できます。
スラスラと滑るような書き心地がとてもいいです。

3位 セーラー万年筆 万年筆 プロフェッショナルギアΣ レアロ ブラック 細字 11-3527-220

サイズ:Φ18×138mm(クリップ部含む)
重量:21.2g
本体材質:PMMA樹脂、24金メッキ仕上げ
ペン先:細字(F)
機能:尾栓回転吸入式

書き心地がとてもよく、細い線もスラスラと描くことができます。
カードリッジタイプのインクや吸入器コンバーターは使うことができませんが、コンバーター式の約2倍の量を補充することができます。
少し長めのボディに設計されているので、シャープな雰囲気の万年筆です。

2位 セーラー万年筆 万年筆 プロフェッショナルギア 金 細字 ブラック 11-2036-220

サイズ:ф18×129mm
重量:21.6g
本体材質:21金 バイカラー仕上げ、大型
ペン先:細字(F)
機能:カートリッジ・コンバータ両用式

高級感のあるデザインとなめらかな書き味が魅力の万年筆です
セーラー万年筆の定番スタイルを守りつつ、上品に仕上げられています。
長くセーラー万年筆を愛用している人に特に人気があります。
ペン先は細字です。
インク交換が簡単なので初心者の人でも使うことができます。

1位 セーラー万年筆 万年筆 プロムナード シャイニングレッド 中細 11-1031-330

サイズ:Φ17.35×136.7mm
重量:-
本体材質:ラメ入り、金属部分はメッキ仕上げ
ペン先:中細、14金
機能:カートリッジ・コンバータ両用式

ペン先に14金を使用している上質な万年筆です。
大人の万年筆として作られていますが価格はリーズナブルです。
使い心地もたいへんよく人気があります。
ペン先は中字。
書き心地もよくちょうどよい太さなので使いやすいと評判です。

セーラーの万年筆の字幅とペン先の特徴を紹介

万年筆 インク

セーラー万年筆の最も大きな特徴はペン先の種類が多いところです。
ここではペン先の字幅や特徴を紹介します。

極細(EF)と細字(F)

簿記など小さな数字や文字を書く仕ごとに携わっている人には、極細(EF)や細字(F)の字幅がよいでしょう。
またこまかな文字を書く人もこちらのペン先がよいです。

中細(MF)と中字(M)

一般的な文字幅です。
万年筆の字幅に迷ったら、中細(MF)もしくは中字(M)を選ぶと間違いありません。
手紙や一般的な書類などに最適な太さで書きやすいです。

太字(B)とズーム(Z)

セーラー万年筆の太字は、筆記角度によって太さを自由に変えられます。
上手に使いこなすことができるようになると、太字(B)1本でバリエーションに富んだ字幅の文字を書くことができます。

ズーム(Z)は、サインなど大きな文字を書くのに便利です。

ミュージック(MS)

楽譜用に作られたペン先です。
デザインを描くのにもよいと人気があります。

長原宣義氏

熟練の職人が受注生産で作っている特殊仕様のペン先です。
セーラー万年筆オリジナルの逸品。
特殊仕様のペン先に惹かれて購入する人が多いです。

長刀研ぎ シリーズ

ペン先のポイントが一般的なものよりも大きいです。
書き心地がよく個性豊かな書き味を実現させることができます。

漢字を美しく書くことができる「長刀研ぎ」。
ペン先を立て気味にすれば繊細でシャープに、寝かし気味にすれば極太の文字を楽しむことができる「長刀コンコルド」。
筆感覚で使うことのできる「長刀ふでDEまんねん」があります。

クロスポイント シリーズ

クロスポイントシリーズは、ペン先部分に工夫をこらしたシリーズです。
ペン先のインク溝が十文字に見えるものをクロスポイントと呼び、極太の字幅がさらに書きやすくなりました。

ペン先部分を前屈形状に2枚重ねたものをクロスコンコルドと呼びます。
ペン先を立て気味にするか寝かせ気味にするかによって、違った書き味が体感できるペン先です。

クロスミュージックは、幅の広いペン先を2枚重ねにしたものです。
横に細く縦に太く書くことができます。

Amazon&楽天の万年筆人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


書き味を追求するなら日本オリジナルのセーラー万年筆

万年筆 グラフ

セーラーの万年筆は独創的な発想と日本ならではの繊細さを兼ね備えています。
書き心地のよさと確かな品質にこだわっている人にはセーラーの万年筆がよいです。
またセーラーのペン先はオリジナリティに富んでいて魅力的なものばかりです。
自分好みのデザインや書き心地にこだわってぜひ万年筆を選んでみてください。

【あわせて読みたい】文房具に関連するおすすめ記事はこちら

シェーファーの万年筆おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.26

ラミーの万年筆おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.04.29

万年筆のインクおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.27

パイロットの万年筆おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.20

シンプルで可愛いペンケースおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.17

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。