フライリールおすすめ人気ランキングTOP10!ケースやメーカーについても【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • サイズをチェック
      →フライリールにはいろいろな大きさがあり、使うラインやフライロッドにあったサイズを選ぶこと。
    • 幅に注意して選ぶ
      →キャスティングにこだわりたい方は幅広の「ワイドスプール」タイプをチョイス。
    • 溝の深さをチェック
      →例えば、溝が深い「ミッドアーバー」なら大物を狙う場合に選択。
    • メーカーにも着目
      →イワやシマノなど、有名メーカーの製品なら品質面で安心感アリ。
    • ドラグ方式で選ぶ
      →小型の魚を狙うときには「ラチェットドラグ」のフライリールがおすすめ。
    フライリール

    動物の毛や細い人工糸で作られた毛バリを使って行うフライフィッシングは、特に渓流を長く楽しんでいるベテランに人気の釣り方。

    日本においては渓流でのヤマメやイワナ狙い、または湖においての大型のブラウントラウトなどトラウトを狙うことにおいてしか毛バリは使わないという認識もあります。
    しかし視野を広げてみると、湖でのバスフィッシングや河川でのサーモン、ソルトウォーターでのシーバスやサワラ狙いにおいても、フライフィッシングはとても効果的なんです。

    さまざまな魚種を狙うことができるフライフィッシングにおいて、タックルの要となるのが「フライリール」です。

    本記事ではフライリールの選び方から使い方の注意点、おすすめ製品までを、フライフィッシング歴10年以上となる筆者がご紹介します。
    フライリール選びで迷っている方はぜひ参考にしてください。



    フライリールとは

    フライリール

    釣りで使うリールには「スピニングリール」や「ベイトリール」などさまざまな種類がありますが、そのなかでもフライリールは特に変わった特徴を持っています。

    フライリールは基本的に毛バリを使うための「フライライン」を収納しておくことと、タックルの重心バランスを取るためといった役割が主となっています。
    ほかのリールには魚が掛かってやり取りをするときにラインを巻き取る役割がありますが、フライリールの場合はリール自体を使ってやり取りすることは少ないのが特徴です。

    また、リールの上側を持ってタックルの重心をうまく取ることで、フライフィッシング特有のキャストが行いやすくなります。
    フライリールはほかのリールとは違った特徴があることを覚えておき、選ぶ際に生かすようにしていきましょう。

    【こちらもCHECK】リールに関連するおすすめ記事はこちら

    ベイトフィネスリールおすすめ人気ランキングTOP10!低価格な商品も【2018年最新版】

    2018.05.16

    フライリールを選ぶときの5つのポイント

    ① ラインやフライロッドにあったサイズを選ぶ

    フライリール 魚

    フライリールにはいろいろな大きさがあり、使うラインやフライロッドにあったサイズを選ぶことが必要です。

    フライリールのスペックには、使用できる範囲のフライラインの番号が「3-5」や「3・5」のように表示してあり、これを目安にして選んでいくと結果的にフライロッドとのバランスを取ることもできます。

    フライリールを選ぶ際は、まずはどんな魚を狙うのかといったことから決めて、それに適したフライラインが使える番手のフライロッドを選び、そしてフライリールを選ぶといった順番で進めていくといいでしょう。
    例としては、ヤマメ狙いであれば#3のフライラインで、#3の番手に対応するロッドを選び、#3を使用範囲とするフライリールを選ぶというようなイメージです。

    この順序で選べば間違いが少ないので覚えておきましょう。

    ② スプールの幅に注意して選ぶ

    フライリール

    フライリールには幅の違いもあるので、より自分に適したものを選ぶために知っておきましょう。

    幅の狭いものを「ナロースプール」、幅の広いものを「ワイドスプール」と呼び、リールの幅の違いはスプール径の大きさに影響します。
    現在ではハンドル1回転あたりの巻き量を少しでも多くされていたり、フライラインへの癖がつきにくいようにナロースプールタイプが主流になっていたりしますが、ワイドスプールタイプは重心がより集中する特徴があるので、キャスティングにこだわりたい方はワイドスプールタイプを選んでもよいでしょう。

    ③ 溝の深さに注意して選ぶ

    フライリール

    フライリールでは、溝の深さを表す「アーバー」という用語が使われます。
    アーバーとは「軸」を意味していて、「ミッドアーバー」や「ラージアーバー」というように使われており、軸を太くすることによってフライラインに巻き癖がつきにくくなり、キャストコントロールが容易になる特徴があります。

    選び方としては、より深さのあるミッドアーバーは大物がヒットすることが想定される場合に、一方のラージアーバーは比較的小型の魚を狙うときに使うのがおすすめです。

    ④ 有名メーカーのものを選ぶ

    ダイワ(Daiwa) フライリール ロッホモア-A 200A リール 00404232
    ダイワ(Daiwa) フライリール ロッホモア-A 200A リール 00404232

    フライリールは構造がシンプルであるため、安価なパーツを組み合わせて数百円で販売されていることもあります。
    ただし、安価な商品は価格相応の強度や品質となっているので、購入の際には有名メーカーのフライリールを選んでおくと安心感が得られます。

    国内のメーカーであればダイワやシマノ、ティムコやキャップスなど、海外メーカーであればループやセージ、オービス、ハーディーなどがおすすめです。

    ⑤ ドラグ方式を確認して選ぶ

    フライリール 魚

    基本的にはリールを使って魚とのやり取りをすることが少ないフライフィッシングですが、大物がヒットするような釣りではラインが切れないようにする「ドラグ」の方式も考慮して選ぶ必要があります。
    フライリールのドラグには「ディスクドラグ」と「ラチェットドラグ」という2種類の基本方式があります。

    大物とのやり取りが想定される場合にはドラグ力の調整がしやすい「ディスクドラグ」がおすすめ。
    小型の魚を狙うときには「ラチェットドラグ」のフライリールが適しています。

    基本的には2つのうちどちらかのドラグ方式となっていますがスペック欄に表示されていないことも多く、メーカーによっては別の方式が採用されていることもあります。

    購入の際にはどのようなドラグ方式になっているのかをよく確認するようにしましょう。

    フライリールおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはフライリールのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者がフライリール選びのポイントを踏まえてセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 シマノ アスキス 7・8

    適合フライライン目安:#6~#8
    溝の深さ:ミッドアーバー

    スプールの回転部分がラインを噛み込んでしまうトラブルを軽減する「フルフレーム構造」を採用したシマノのハイエンドフライリール。
    ドラグ部分は水が入り込んで性能が低下しないように防水構造としてあり、前述のフルフレーム構造と相まって大物とのやり取りがしやすくなっています。

    ほかのフライリールでは丸い穴のブランキング加工が多いですが、それらとは違った独特なデザインも魅力のモデルです。

    9位 ループ イグザクト XACT 8-12

    適合フライライン目安:♯8~♯12
    溝の深さ:ラージアーバー

    アルミと樹脂製素材を組み合わせて作られた軽量フライリール。
    ♯12までのフライラインに対応しており、ソルトウォーターでの使用時や、風が強いフィールドで活躍してくれます。
    独自のドラグ方式「パワーマトリックスドラグ」により、魚とのやり取りも安心です。

    8位 セージ スペクトラムマックス 7-8

    適合フライライン目安:♯7~♯8
    溝の深さ:ラージアーバー

    40段階の微調整が可能な「SCSドラグ」搭載の最高級フライリール。
    航空宇宙産業が生んだアルミ鋼材を使用したり、人間工学に基づいたハンドルデザインとしていたりと、随所にこだわりが見られます。
    左右から見てまったく違う印象を受けるデザインも特徴的。

    非常に高価なモデルではありますが、掛けた大物を絶対に逃がしたくない上級アングラーの方に使ってもらいたいです。

    7位 ティムコ オラクル THツーハンド VI

    適合フライライン目安:#5~♯8
    溝の深さ:ラージアーバー

    フライロッドを両手で振ってキャストする「ダブルハンド」の釣りに最適なフライリール。
    ♯8までのフライラインに対応でき、大型のトラウト、ソルトウォーターでのシーバスやサワラ狙いにおすすめです。

    6位 キャップス Basis 2 ♯3/4

    適合フライライン目安:♯3~♯4
    溝の深さ:ミッドアーバー

    落としても割れにくいグラファイト製のフライリール。
    多少荒く使っても壊れにくいうえに価格も安く、初めてフライリールを使う方におすすめです。

    5位 ティムコ オラクルVLA-R

    適合フライライン目安:♯5~♯6
    溝の深さ:ラージアーバー

    削り出しで成形された軽量スプールが魅力のフライリール。
    スプールが軽いことで、リール自体の自重が軽量になることはもちろん、ラインの引き出しや魚とのやり取りも行いやすいです。

    ボディカラーはブラックで、スプールカラーはシャンパンゴールド・シルバー・レッドをラインナップ。
    自分の好きなカラーを選んで使うことができます。

    4位 ダイワ ロッホモア-A 100A

    適合フライライン目安:♯2~♯4
    溝の深さ:セミラージアーバー

    低価格でも安心して使えるダイワの小型フライリール。
    基本性能を抑えてあり、渓流でのヤマメやイワナ狙いに適した大きさになっています。

    初心者がオイカワやカワムツでフライフィッシングの感覚を掴んでから、渓流での釣りにチャレンジするといった段階を踏む際のステップアップにおすすめのモデルです。

    3位 キャップス CA-ST ラージアーバーリール ♯7/8


    適合フライライン目安:♯7~♯8
    溝の深さ:ラージアーバー

    フライメーカーとして有名なキャップスの大型フライリール。
    利用できるフライラインの目安が♯7~♯8と太めで、河川でのサクラマスやサーモンを狙うのに適した仕様と言えます。

    比較的安価なので、まずは大型フライリールを使って感覚を掴みたい方におすすめです。

    2位 シマノ フリーストーンLA 5・6

    適合フライライン目安:♯4~♯7
    溝の深さ:ラージアーバー

    高性能ディスクドラグを搭載したシマノのフライリール。
    大物が掛かったときでもドラグによってラインを切られることなくやり取り可能で、使用時はバッキングラインを入れておくとよいでしょう。

    湖でのブラウントラウトやブラックバス、大きめの河川での釣りにおいて活躍してくれる仕様となっています。

    1位 ダイワ ロッホモア-SLA 3/4


    適合フライライン目安:♯3~♯4
    溝の深さ:ラージアーバー

    アルミマシンカットで作られたダイワの人気フライリール。
    強度を保ちつつもラインを引き出しやすいように、支柱の位置を工夫してあります。

    渓流や管理釣り場でのトラウトフィッシングのほか、ソルトウォーターでのメバルやカマスといった釣りにおすすめ。

    フライリールを使用する際の5つの注意点

    ① 収納のためのケースを利用する

    river peak(リバーピーク) ネオプレーン フライリールケース カバー リールディール ♯3~♯6 適用サイズ B00CI796O4
    river peak(リバーピーク) ネオプレーン フライリールケース カバー リールディール ♯3~♯6 適用サイズ B00CI796O4

    フライフィッシングではロッドをたたんで移動することもあるので、フライリールを収納するためのケースを持っていると便利です。
    ケースはフライリールに付属していることもありますが、そうでない場合はクッション性に優れた革製やネオプレーン製のケースを購入するといいでしょう。

    また、自宅での保管用にフライリールを複数収納できる仕切りつきのケースもあると重宝しますよ。

    ② バッキングラインで調整をする

    ティムコ(TIEMCO) ライン SA バッキングライン 100YD 20LB オレンジ
    ティムコ(TIEMCO) ライン SA バッキングライン 100YD 20LB オレンジ

    フライリールは、フライラインをスプール面いっぱいまで巻けるように調整しておくのが基本。
    スプール面いっぱいまで巻くことで巻き癖がつきにくくなり、ハンドルを回したときの巻き取り量も多くなるので釣りがしやすくなります。
    そのため「バッキングライン」と呼ばれるスプール面の量を増やすためのラインを使って調整するようにしましょう。

    本来バッキングラインは、大物がヒットしてラインを引き出されたときにフライラインだけでは不足することを補うために使うものですが、現在では量増し用として定着しています。

    フライリールのスペックにバッキングラインの目安が表示してあることもありますが、スプール面にきれいにあわせて調整できる方法があります。
    まず何も巻いていないフライリールにフライラインを巻いたあとにバッキングラインをスプール面まで巻き、それをほかのリールやスプールに巻き取って、さらにそれを反転させてからフライリールに巻くことで、スプール面にきれいにあわせることができます。

    バッキングラインにはホワイトやオレンジなどの色つきのものも多いので、自分の好きなカラーを選んでみてください。

    ③ 砂の噛み込みに注意

    フライリール 魚

    特に渓流でのフライフィッシングにおいて、ロッドやリールを水に浸けて釣れた魚と一緒に写真撮影をする方が多いですが、その際は砂の噛み込みには十分注意しましょう。

    砂がリール内部に入ってしまうと、ギアやドラグがうまく効かなくなってしまうこともあるので十分な注意が必要です。
    また、水に浸けなくてもフライラインに付着した砂が入り込むこともあり、フライリール内部への砂の侵入はどんなに注意していても防ぎきれないことがあります。
    万が一のときのために、予備のフライリールを用意するのも一案です。。

    ④ リールシートの緩みに注意

    フライリール

    フライフィッシングではロッドを大きく振りながらキャストを繰り返していくので、緩みに気づかずリールが落下してしまう可能性がほかの釣りよりも多いです。
    そのため初心者の方に関しては、30分に1回などの時間を決めてリールシートの緩みを確認するようにしましょう。

    慣れてくればちょっとした釣りの隙間時間で適宜確認できるようになるはずなので、最初は特に意識するようにしてみてください。

    ⑤ 釣行ごとにメンテナンスをする

    フライリール

    フライリールは構造が比較的単純なので分解がしやすいです。
    分解しやすい反面、砂や海水が入り込むことも多いので、釣行ごとにメンテナンスするのがおすすめです。
    砂や塩分をシャワーで洗い流して、同時にフライラインもクリーナーできれいにメンテナンスすることで快適に次の釣行が行えます。

    分解からフライラインのメンテナンスまで30分もかからず行えるので、ぜひチャレンジしてみてください。

    Amazonのフライリール人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    フライリールできれいな魚との出会いを

    魚

    本記事では、フライリールの選び方や使い方の注意点、おすすめアイテムをご紹介してきました。
    おアイテムは、数あるフライリールのなかから厳選しているので、選び方や適した魚種を踏まえたら、あとは気に入った質感・デザインのものを選ぶようにしましょう。

    フライフィッシングでは多くの魚種を狙うことができるので、きれいな魚との出会いを楽しんでください!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣り具に関連するおすすめ記事はこちら

    ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.26

    スピニングリールおすすめ人気ランキングTOP15!ハンドルノブやメンテナンス&使い方についても【2018年最新版】

    2018.02.15

    磯竿おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.02.12

    PEラインおすすめ人気ランキングTOP15!リーダーや結び方も【2018年最新版】

    2018.01.30

    アジングリールおすすめランキングTOP10!シマノやダイワが人気?【2017年最新版】

    2017.11.17