押し入れに入るハンガーラックおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

押し入れ 和室 ふすま


突然ですが、皆さんの家には押し入れはございますか?

押し入れは日本の住宅において、特に和室において寝具や衣類などを収納するためのスペースとしてつくられていました。
現代の生活では布団よりもベッドの方が一般的になりつつあるので押し入れの収納の使い方はそれだけに留まらなくなっています。
ですが3方が壁で囲われただけのシンプルな作りですので基本的には重ねて収納している方が多くスペースを有効活用出来ていないとお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
今回はそんな押し入れスペースを最大限有効に使うことが出来る収納方法をご紹介します。

押し入れで使えるハンガータイプのハンガーラック

クローゼット 収納 ハンガーラック

1.ハンガー突っ張り棒

押し入れの幅方向に向けてハンガーパイプを渡して固定する最も一般的な突っ張り棒タイプです。
従来のタイプではこのように収納するスペースの幅が、ある程度の距離でないとパイプが長くなり過ぎて強度が確保出来ていませんでした。
ですが、最近では押し入れの高さ方向にも同様にパイプを立て、それらを支柱として幅方向にパイプを拡げるような工夫がなされているので、押し入れなどの収納したいスペースの幅寸法に限らず自由度が高い使い方が出来るようになりました。
造りも簡易的な割に強度がありますので女性でも簡単に取付することができます。

【こちらもCHECK】突っ張り棒に関連するおすすめ記事はこちら

短い突っ張り棒おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.08.31

縦タイプの突っ張り棒おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.07.08

2.スライド式ハンガーラック

押し入れは奥行きが深く造られていることが一般的です。
その奥行き方向の深さを利用してハンガーラックを前後方向に渡す方法で固定されます。
奥のスペースまでしっかり有効活用出来るのでムダ無く収納できますが、洋服が横向きで収まるので選びたい洋服を取りやすくする為に手前にスライドするのがこのハンガーラックの特徴です。

3.自立式ハンガーラック

見た目は部屋内にも置ける自立式のハンガーラックですが押し入れの高さでも充分に入るよう、寸法が見直されたものです。
押し入れの壁面や天井面に支持を取る必要も無く、万が一の傷など傷めることが無いので、賃貸でお住まいの方にも最適でしょう。

ハンガーラック単体で独立しているので強度・安定性は最も確保されており、ハンガーラックの収納形状も多種多様ありますのでバリエーションも豊富です。

それぞれ異なった特徴のあるタイプが普及しています。
ご自身の使い方・押し入れのサイズにあわせた形状を選んで最大限スペースが有効活用が出来るようなセレクトで収納方法をアレンジしましょう。

ハンガーラックをお探しの方はこちらの記事をチェック!

ハンガーラックおすすめ人気ランキングTOP14【2018年最新版】

2018.04.21

木製ハンガーラックおすすめ人気ランキングTOP10!キャスター付きが便利?【2017年最新版】

2017.11.17

押し入れで使えるハンガーラック TOP5ランキング

5位 アイリスオーヤマ ハンガー

大きさ:W70cm~120cm x D10cm x H75cm〜120cm

重量:耐荷重15kg

上下突っ張り式の伸縮ハンガータイプで、押し入れの間口に制限されることなく、使いたいスペースに上下棚板もしくは床天井があれば使用可能です。

固定パイプは女性でも安心して簡単に使えるアイテムで、押し入れの余ったスペースや使いづらい空いた場所に簡単に設置することができます。
従来の間口方向に伸縮して固定するハンガーラックとは違って固定方法が洋服の重量に影響を受けないので帰ってきたら落ちてしまっていたなどの心配もありません。

4位 ハンガーラック押し入れ収納

大きさ:W81cm~130cm x D41.5cm x H88cm~107cm

重量:耐荷重60kg

自立式のハンガーラックで前後2段タイプの大容量収納が可能なこのラックは最大60kgまで対応できます。
長さ、高さも場所にあったお好みの形に調節できますので、子供のかさばる洋服から丈の長いロングコートやスカートまで使い勝手にあわせて自由自在です。
寸法調節が出来るので、もしお引っ越しがあっても安心。

3位 スラックス収納 押入れ収納

大きさ:W76cm x D40cm x H71cm

重量:5.6kg

収納がかさばるときの懸念点は衣類のシワではないでしょうか。
特にスラックスなどはシビアに受け止められている方も多いかと思います。
スラックス専用のハンガーラックを使用すれば日々のアイロン掛けなどの手間も軽減できますよね。
最大20本まで収納出来る為シーズン分は充分に収められるのではないでしょうか。

2位 押入れダブルスライドハンガー

大きさ:W60cm〜72cm x D80cm x H100cm

重量:5kg

奥行き方向を有効利用して手前にスライドしながら使えるタイプのハンガーラックで、高さも調節出来るので収納したい洋服にあわせてアジャスト可能です。
スライド式のラックにプラスして収納棚もそれぞれ完備されていますので、ちょっとした小物やあわせて使うアイテムを収納しておくのに大変便利な使い勝手で設計されています。

1位 押入れ伸縮ハンガーシェルフ

大きさ:W76cm x D56cm x H90cm

重量:3.7kg

ハンガーラックと収納棚が一体式になったタイプです。
ハンガーで掛けられる容量が10kg、棚に収納出来る量も20kgとサイズに体する収納重量は充分といってもよいのではないでしょうか。
シーズンで使う物は勿論着る衣類だけではないと思います。
こういった簡単に収納出来る便利な棚があると使い勝手の幅も拡がりそうです。

Amazon&楽天のハンガーラック人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


押し入れで使えるハンガーラックの購入とあわせておすすめすること

クローゼット 収納上手 ハンガーラック


押し入れなどの現代の生活では余ってしまうスペースを有効活用して収納場所を確保することはとても大切です。
それと同時に、使いたいもの、有れば使うもの、使うか迷うもの、それぞれ使い勝手や使用頻度も異なるかと思いますが、物の使い道、使うタイミングなどによってまた、機能によって収納場所を整理することも心がけると収納することの意識がワンステップ変えられるかもしれません。

あわせて行っていただきたいのが「断捨離」です。
収納方法を整理することにあわせて、必要な物の最適化もこのタイミングで行えれば、自分に必要な物とある程度使いたい物の優先順位から収納場所を確保でき、且つ物を増やさない(収納が確保出来ない)ように必然的にしておけばそういった体質にも変わっていくかと思います。
収納場所を整理しながら、物の整理も行うことで部屋も気持ちもあわせてすっきり片付けしましょう!

【あわせて読みたい】おすすめの家具を紹介している記事はこちら

壁掛けタイプのマガジンラックおすすめTOP5【2018年最新版】

2018.08.30

北欧風ドレッサーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.29

コンパクトなソファーベッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.28

食器棚おすすめ人気ランキングTOP15!収納術も紹介【2018年最新版】

2018.05.15

ソファーベッドおすすめ人気ランキングTOP15!一人暮らし用やフランスベッドも【2018年最新版】

2018.01.25

ABOUTこの記事をかいた人

八雲 暁

インテリアデザイナー

東京・アジアを中心に現役インテリアデザイナーとして日々奮闘中!
フード・エンタメ・スポーツ等多趣味、現役デザイナーの目線でインテリアを中心に"ちょっと得した話"と思ってもらえる内容をご紹介したいです。