7か月からのベビーフードおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

椥辻 夕子

妊娠に関する書籍を複数執筆

2017年6月に娘を出産した新米ママです。
第一子で両家とも初孫なので、ベビー用品は何もかもいちから揃えました。
家が狭く収納が少ないので、必要十分なものを厳選しています。
図書館司書の経験があり、絵本は定番から仕掛け絵本まで詳しいです。
在宅ライターとして、育児・家事・執筆活動に奮闘中!

    人参 リンゴ


    離乳食中期(モグモグ期)にステップアップすると、食べられる食材も増えてきます。
    食べる量も増えているうえに二回食も始まっており、毎回調理するのが大変になってきますよね。

    その一方で、腰がすわりお出かけや外食もしやすくなってきます。
    この記事では、毎日の離乳食作りを助け、お出かけにも便利に使える7か月からのベビーフードについてご紹介します。



    7か月からのベビーフードとは

    ベビーフード 赤ちゃん 食事


    ベビーフードには対象月齢が表示されています。
    「7か月から」と表示のあるベビーフードは、離乳食中期(モグモグ期)の赤ちゃんにあわせて作られています。

    ゴックンと飲み込むことができるようになった赤ちゃんが次に習得するのは、上唇を使って食材を口の中に取り込み、舌と上あごで食材をつぶしながらのどの方へ送り、飲み込むという動作です。

    7か月からのベビーフードは、モグモグする練習にちょうどよい、舌でつぶせるやわらかさと大きさに調理されています。
    また、食べられる食材の幅も増え、ささみや白身魚といった低脂肪のタンパク質も使われています。

    ただし、ベビーフードにおける月齢表示はあくまで目安です。
    育児書や離乳食教室で習う通りに進むことの方が少なく、離乳食の進度は個人差が大きいものなので、臨機応変にゆったりと構えておきましょう。

    【こちらもCHECK】ベビーフードアレンジおすすめ解説動画はこちら

    【こちらもCHECK】ベビーフードに関連するおすすめ記事はこちら

    9か月からのベビーフードおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.08.31

    5か月からのベビーフードおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.20

    7か月からのベビーフードおすすめ人気ランキングTOP5

    ここからは7か月からのベビーフードのおすすめランキングTOP5をご紹介します。
    自宅での離乳食作りを助けるものや、お出かけに便利なスプーンつきなどさまざまな観点から選びましたので、ぜひ参考にしてください。

    5位 無添加 米粉の離乳食 5ヶ月頃~7ヶ月頃 7種類7食セット

    対象月齢:5か月~7か月
    タイプ:レトルト(パウチ)
    内容量:100g×7個

    長崎県産の米粉や昆布粉などを使用したペースト状の離乳食です。
    グルテンフリー、7大アレルゲン不使用、化学調味料不使用なので、安全性にこだわりたいパパママにおすすめです。

    5か月頃から食べさせられるのはプレーン、ほうれん草、人参、トマト、かぼちゃ。
    さらに、7か月頃からOKのささみと白身魚の計7種類がセットになっています。

    ささみと白身魚はパサつくやすい食材ですが、米粉とともになめらかなペースト状になっているので初めてでもゴックンしやすいのがいいですね。
    炭水化物、ビタミン・ミネラル、タンパク質をバランスよく取れるよう、このようなベビーフードを活用するのもおすすめです。

    4位 和光堂 手作り応援 鶏レバーと緑黄色野菜

    対象月齢:7か月~
    タイプ:粉末
    内容量:2.3g×8包

    離乳が進むにつれて鉄分不足が気になりますよね。
    特に母乳の場合、母乳に含まれる鉄分量が減っていくため離乳食から上手に取り入れていきましょう。

    離乳食中期になると鶏肉を食べさせられるようになりますが、まずは脂肪分の少ないささみから試してください。
    ささみをクリアしたら胸肉や鶏レバーなども食べさせてもよいですよ。

    鉄分不足解消のために鶏レバーはおすすめな食材ですが、買いにくく下ごしらえもしづらい食材なのが難点です。
    そこでおすすめなのが、鶏レバーと緑黄色野菜がミックスされたこちら。

    粉末状のインスタントなので、お湯を注ぐだけでペーストになるのはもちろん、おかゆに混ぜたり小麦粉などと混ぜてお焼きにしたりするのもよいですね。

    3位 キユーピー 角切り野菜ミックス

    対象月齢:7か月~
    タイプ:瓶詰
    内容量:70g

    離乳食中期は「モグモグ期」とも呼ばれ、ゴックンと飲み込むことに慣れたあと、舌や歯ぐきでモグモグと咀嚼する練習をする段階にあたります。
    食材の切り方や加熱の仕方も少し変えて、モグモグしやすいように工夫しなければなりません。

    離乳食中期の食材のやわらかさに悩んだ私は、こちらを購入して娘と一緒に試食し、参考にしました。
    だいこん、じゃがいも、たまねぎ、にんじん、かぼちゃ、セロリを5mm程度の角切りにしてやさしい味付けで煮込んでいます。

    主な素材は野菜で、7大アレルゲンは不使用となっていますが、チキンエキスも使用されているので重度の卵アレルギーの場合は注意が必要です。
    角切りにして湯通しした絹ごし豆腐と和えれば、ビタミン・ミネラルと植物性タンパク質が同時に取れておすすめです。

    2位 無添加仕上げの離乳食・赤ちゃんのためのお粥 [7ヶ月頃から]

    対象月齢:7か月~
    タイプ:レトルト(パウチ)
    内容量:80g×5個

    一回に食べる量も増え、さらに二回食も始まって、ストックを切らしてしまいがちな離乳食中期。
    お腹がすいてぐずる我が子をあやしながら準備するのは大変なので、いざというときのためにレトルトのおかゆを常備しておくのもおすすめです。

    離乳食初期の10倍がゆはブレンダーで一気にペースト状にできましたが、離乳食中期の7倍がゆは粒の残し具合が意外と難しいですよね。
    どれくらいの固さがよいのかの参考にもなりますし、離乳食中期の1食分の目安である80gずつになっているので、平均的な食べる量の目安にもなります。

    1位 栄養マルシェ 洋風ベビーランチ

    対象月齢:7か月~
    タイプ:レトルト(容器入り)
    内容量:80g×2個入り(2セット)

    離乳食中期にもなれば、ある程度長時間のお出かけもできるようになっていることでしょう。
    栄養マルシェシリーズはスプーンつきなので外でのお食事にも便利です。

    さまざまなメニューの組み合わせがありますが、おすすめはこちらの「さつまいもとかぼちゃのおかゆ」と「白身魚と野菜の洋風煮込み」のセットです。
    離乳食では、シンプルな味付けにしようとすると和風だしに偏りがちですが、チキンブイヨンなどを使った洋風の味付けで飽きずに食べられそうですね。

    お家で活用する場合は、片方ずつを手作りの離乳食と組み合わせるのもおすすめです。
    「さつまいもとかぼちゃのおかゆ」に豆腐の角切りを添えるだけ。
    あるいは、シンプルな7倍がゆに「白身魚と野菜の洋風煮込み」を添えるだけ。
    これだけで、手抜きをしても見映えがよく栄養も網羅したメニューができあがります。

    【こちらもCHECK】離乳食レシピに関連するおすすめ記事はこちら

    離乳食後期レシピおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.09.22

    離乳食中期レシピおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.07.02

    離乳食初期レシピおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.01.29

    Amazon&楽天のベビーフード人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    7か月からのベビーフードをもってお出かけしよう

    ベビーフード 赤ちゃん 食事

    私は、娘が7か月を過ぎた頃から「お出かけ欲」があふれ出ていました。
    お正月の帰省で親兄弟や友人と会ったあとだったので、余計に外に出たくなったのだと思います。

    友人の家にお邪魔するときには、器をお借りして瓶詰のベビーフードを食べさせました。
    また、家族みんなでショッピングセンターに出かけたときには、フードコートでジャンクなものを食べながら娘にはお弁当タイプのベビーフードを食べさせました。

    どちらも自宅で食べさせるのと違って散らかさないよう気は遣いましたが、気分が変わってとても楽しかったです。
    外食する際はベビーフードが持ち込めるお店かどうかを確める必要がありますが、今しかできない赤ちゃんとのお出かけをぜひ楽しんでくださいね。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】ベビー用品に関連するおすすめ記事はこちら

    哺乳瓶ケースおすすめ人気ランキングTOP15!おしゃれも【2018年最新版】

    2018.03.09

    哺乳瓶おすすめ人気ランキングTOP15!消毒はいつまで必要かも【2018年最新版】

    2018.03.06

    赤ちゃん用ベビーゲートおすすめ人気ランキングTOP15!置くだけタイプやワイドタイプも【2018年最新版】

    2018.02.20

    ベビーベッドおすすめ人気ランキングTOP15!持ち運びや中古、柵についても【2018年最新版】

    2018.02.12

    離乳食食器おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.01.24

    ABOUTこの記事をかいた人

    椥辻 夕子

    妊娠に関する書籍を複数執筆

    2017年6月に娘を出産した新米ママです。
    第一子で両家とも初孫なので、ベビー用品は何もかもいちから揃えました。
    家が狭く収納が少ないので、必要十分なものを厳選しています。
    図書館司書の経験があり、絵本は定番から仕掛け絵本まで詳しいです。
    在宅ライターとして、育児・家事・執筆活動に奮闘中!