ヨガマットおすすめ人気ランキングTOP15!6mmヨガマットや10mmヨガマットやケースも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

咲大井

スポーツインストラクター歴3年
ベビーヨガライセンス所持

スポーツトレーナーとして、多くの方のボディメイクをサポートしてきました。
現在はベビーヨガを担当しながら2児の子育てを楽しんでいます。
ボディメイクを成功させたい方や、大切な赤ちゃんを想うママとパパに必要な情報を厳選してお伝えいたします。
本当に必要なグッズを手に取って今より快適なライフスタイルをお送りできるようにと願い執筆しているので参考にしていただければ幸いです。

    選び方のポイント

    • マットの大きさで選ぶ
      →外出先に持ち歩きする人は持ち運びに適したサイズを選ぼう。
    • マットの厚さで選ぶ
      →人気の6mmや10mmのヨガマットを選ぼう。
    • マットの重さで選ぶ
      →持ち運びには軽いもの、自宅用には重いものを選ぼう。
    • マットの素材で選ぶ
      →汗の吸収や滑りにくさが素材によって違うので、運動分野によって使い分けよう。
    • マットの価格で選ぶ
      →価格帯が広いので、自分にあったものを選ぼう。

    ヨガマット アイキャッチ
    @ランキングをご覧のみなさまこんにちは。
    私は、フィットネスインストラクターの経験を持つ大井咲です!

    日々、健康向上や美に磨きをかけるためヨガに励んでいる方にとって、MYヨガマットはとても魅力的に感じますよね。

    今回は「そろそろ自分にあうヨガマットが欲しい」と考えている方に、人気なヨガマットをランキング形式でご紹介します。
    あなたにぴったりなヨガマットを見つかるように、選び方のポイントも詳しくお伝えしていきます。

    お気に入りのヨガマットを手に入れて、今よりもっと充実したヨガライフをエンジョイしましょう!



    ヨガマットとは?

    マット 女性

    そもそもヨガマットとは、名前のとおりヨガを実践する際に、床に敷いておくマットのことです。

    マットを敷いておくことで、滑りを防止してくれたり、ポーズをとる際に安定感を与えてくれるメリットが。
    ヨガだけではなく、体幹トレーニングやダンベルトレーニング、ピラティスなどでも活用することができますよ。

    おしゃれなマットや機能性の高いマットまで豊富な種類がありますよ。

    【こちらもCHECK】ヨガマットに関連するおすすめ記事はこちら

    おしゃれヨガマットおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.30

    ヨガマットバッグおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.03

    ヨガマットタオルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.29

    ヨガマットを選ぶ5つのポイント

    ① 大きさ

    ヨガマット 巻く

    ヨガマットを頻繁に外出先に持ち運ぶ方は、大きさを重視するといいでしょう。
    ヨガマットは、ロングタイプや、折りたたみ式のものまであります。

    大きさを重視するとともに、持ち運びの際にどのようにコンパクトにできるのかをチェックしておきましょう。

    ヨガの経験が豊富で、ポーズの幅が広がると小さいヨガマットでは窮屈に感じてしまうことも。
    あなたのヨガスタイルにあわせて大きさを厳選してくださいね。

    ② 厚さ

    ヨガマット 花

    ヨガマット選びの際にとくに重視するポイントといえば、マットの厚さです。
    1~3mm程度の薄めなものから、10mm以上の分厚いものまであるので、あなたのヨガスタイルにあわせて選ぶ必要があります。
    薄めのヨガマットでは、持ち運びが便利なメリットがありますが、弾力性がないため床と体が当たって痛みを生じるケースも少なくありません。

    しかし、床の硬さを感じながらヨガを行うことができるため、やりやすいと感じる方もたくさんいます。
    腰痛や肩こりなど、体の痛みがある方は、弾力性のある厚めのマットを選ぶと選ぶといいかもしれませんね。

    本記事の後半で、6mmのマットと10mmのマットに特化したランキングを紹介するので、最後までお見逃しなく!

    ③ 重さ

    ヨガマット 持ち運び

    ヨガマットは素材によって重さが異なるので、あなたのヨガスタイルにあわせた重量のマットを選びましょう。

    例えば、自宅でヨガを行うことは少なく、スタジオやフィットネスクラブで頻繁にヨガを楽しむ方は、持ち運びがしやすい軽重量のマットを選ぶといいでしょう。
    反対に、自宅でのヨガがメインな方や練習を頻繁に行う方は、重たいヨガマットがぴったり。

    重量感のあるマットは、捲れることが少ないためより集中してヨガに専念できますよ。

    ④ 素材

    ヨガマット

    ヨガマットは、素材の種類が大きく分けて5つに分けられます。
    5つの素材の特徴をまとめたので参考にしてみてくださいね。

    • PVC(ポリ塩化ビニール)

    フィットネスクラブやヨガスタジオで無料レンタルされているマットはPVCがほとんど。
    優れたクッション性がエクササイズ中の安定感を与えてくれます。
    PVC素材を使用しているマットは、安価なものが多く初心者の方にもおすすめです。

    汗で滑りやすくなるデメリットもあるので、ホットヨガやパワーヨガのような発汗性の高いレッスンには向いていないかもしれません。

    • TPE(熱可逆性エラストマー)

    最近では最も多く使用されている素材です。
    軽重量なので持ち運びもしやすく、水洗いができる特徴もあるため扱いやすい素材だと言えます。

    また、ダイオキシン無発生でリサイクルができることなど、環境への配慮が人気な理由のひとつ。
    TPE素材でできたヨガマットは、熱にとても弱いためホットヨガには不向きです。

    • PER(ポリマー環境樹脂)

    ポリマー環境樹脂は、名前のとおり環境に優しい素材だといえます。
    燃やしてもダイオキシンを発生しないことがポイントのひとつ。

    値段は比較的安価ですが、やや重たい素材でできているので持ち運ぶ機会が多い方には、向いていないかもしれません。
    自宅でヨガを楽しみたい方にはおすすめな素材ですよ。

    • EVA(エチレン酢酸ビニールコポリマー)

    ヨガマットのなかでは、とくに軽重量な素材なので頻繁に持ち運ぶ方に向いています。
    滑りにくい特徴もあるため、ヨガ特有のダイナミックな動きまでサポートしてくれます。

    • 天然ゴム

    天然ゴムで作られているマットは、滑りにくさはナンバーワン。
    弾力性も高く、ヨガのエクササイズ中にも安定感を与えてくれるため、あらゆるポーズをスムーズにこなすことができますよ。
    天然ゴムに含まれている成分がアレルゲンとなり得るので、体質にあわない方は要注意です。

    ⑤ 価格

    ヨガマットを選ぶ際に気になるポイントのひとつでもある価格帯。
    ヨガマットの価格は、ピンからキリまであるため一体どのくらいの価格のものを購入したらいいのかとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

    最安値だと、100円ショップで購入することができますが、高価なものになると10,000円ほどする高価なマットも。
    ヨガを始めたばかりの方は、1,000円前後のマットをお試しで購入してみて使い続けてみるといいかもしれませんね。

    また、ヨガ歴1年以上の方はポーズの幅も広がるため満足できる高価なマットを選んでみると、ぴったりなものに出会えるはず。

    ヨガマットおすすめ人気ランキングTOP15

    ヨガマット ロール

    ここまではヨガマットの選び方について5つのポイントをお伝えしてきました。
    ここからはヨガマットのおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます!
    総合ランキングに続いて、6mmマットと10mmマットに限定したランキングもございます。

    さらには、マットケースの人気アイテムも大公開!

    15位 イージーヨガ プレミアムラバーヨガマット

    厚さ:5.5mm
    サイズ:173cm×61cm
    素材:天然ゴム
    重量:約2.6kg

    第15位にランクインしたのは、イージーヨガのプレミアムラバーヨガマット。

    厚さが5.5mmあるので優れたクッション性が安定感を与えてくれますよ。
    天然ゴムで作られているため、エクササイズ中に汗などの水分で滑ってしまう心配も不要。

    とくに、ハードに動くヨガスタイルの方に大人気です。
    ヨガマットを丸めた際に、ホールドするための紐がついているので、使用しないときも上品に飾れるアイテムです。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    14,720円

    こんな方におすすめ

    • 自宅でのヨガを頻繁に行う方
    • クッション性の優れたマットが欲しい方
    • エクササイズ中の安定感を重視している方

    14位 Yoga Design Lab トラベルマット

    厚さ:1mm
    サイズ:178cm×61cm
    素材:天然ゴム
    重量:約1kg

    環境に優しい天然ゴムで作られている薄めのヨガマット。
    なんといってもデザインが美しいため、人の目を引くマットでおしゃれにヨガを楽しみたい方におすすめです。

    トラベルマットは、厚さが極めて薄いため、軽量で持ち運びにも便利。
    さまざまなスタジオを行き来する方や、外出先でヨガマットを使用する機械が多い方に向いている商品ですよ。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    6,300円

    こんな方におすすめ

    • おしゃれなヨガマットが欲しい方
    • ヨガマットを持ち運ぶ機会が多い方
    • 薄いマットの方がお好きな方

    13位 スリア トラベルヨガマット

    厚さ:1.5mm
    サイズ:180cm×60cm
    素材:天然ゴム
    重量:約1kg

    大人気ブランドであるスリアのトラベルヨガマットです。
    化学物質やアレルギー源をすべて排除した天然ゴムで作られているこだわりの高い商品。

    折り畳むことも、丸めて運ぶこともできるため、外出先でのヨガを楽しみたい方におすすめですよ。
    旅行先にヨガマットを持っていきたい方は、ぜひともスリアのトラベルヨガマットをお選びくださいね!

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    7,344円

    こんな方におすすめ

    • 人気ブランドのマットを使いたい方
    • ヨガマットを持ち運ぶ機会が多い方
    • アレルギー物質を取り除いている天然ゴムのマットを使用したい方

    12位 鉄人倶楽部 ピラティス&ヨガマット

    厚さ:4mm
    サイズ:173cm×61cm
    素材:PVC
    重量:約850g

    第12位にランクインしたヨガマットは、鉄人倶楽部のピラティス&ヨガマット。
    名前の通り、ヨガのみならずピラティスでも大活躍する優れたマットです。

    滑りにくい素材で作られているため、エクササイズ中の汗で滑りが気になる方にもおすすめ。
    クッション性が高い特徴があるので、座って行うポーズが多いヨガスタイルの方にも人気な商品ですよ。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    1,148円

    こんな方におすすめ

    • コストパフォーマンスの高いヨガマットが欲しい方
    • 優れたクッション性のあるマットでヨガをしたい方
    • コンパクトに収納できるものが欲しい方

    11位 Active Winner ヨガマット

    厚さ:6mm
    サイズ:183cm
    素材:PVC
    重量:約1.3kg

    第11位に選ばせていただいたのは、Active Winnerのヨガマット。
    この商品は、マットの長さが183cmもあるため高身長な男性でも心地よく使用できます。

    ヨガでは、仰向けに横になるポーズやうつ伏せになることも多く、マットからはみ出てしまう方も少なくありません。
    そんなときに、床とのスレを防いでくれるロングタイプのヨガマットです。
    厚さは6mmで作られているので、体への負担を軽減してヨガを楽しめますよ。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    2,490円

    こんな方におすすめ

    • 大きなヨガマットが欲しい方
    • 体への負担を軽減してくれるマットを使いたい方
    • ヨガマットを持ち運ぶ機会が多い方

    【こちらもCHECK】Active Winnerおすすめレビュー動画はこちら

    10位 ヨガワークス ヨガマットスタンダード

    厚さ:3.5mm
    サイズ:173cm×61cm
    素材:PVC
    重量:約1.3kg

    第10位は、カラーバリエーションが豊富なヨガワークスのヨガマットスタンダード。
    癒されるパステルカラーが、ヨガを楽しむ女性の心を鷲掴みにしている大人気商品です。
    ご自身で愛用するためのマイヨガマットとして購入する方も多いですが、スタジオを運営する方もお選びいただいているそうですよ。

    厚さは3.5mmで、丁度いい弾力性が人気の理由のひとつ。
    ヨガを行う際に、「バランスがとりにくい」「お尻が床にあたって痛い」という方にもおすすめなヨガマットです。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    2,410円

    こんな方におすすめ

    • パステルカラーのヨガマットが欲しい
    • 厚すぎず薄すぎずちょうどいいマットを選びたい方
    • ヨガマットと手が張りついてしまうことが苦手な方

    9位 NIKE ファンダメンタル ヨガマット 3mm

    厚さ:3mm
    サイズ:168cm×61cm
    素材:スチレンブタジエンスチン ポリエステル
    重量:‐

    第9位に選ばせていただいたのは、有名ブランドであるNIKEのヨガマット。
    優れた弾力性が、エクササイズ中の体をしったりフィットしてくれます。
    テクスチャード加工を両面にしているため、滑りにくさが人気な理由のひとつ。
    発汗による水分の滑りが気になってヨガに集中できない方におすすめなアイテムです。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    2,463円

    こんな方におすすめ

    • 安定感のあるヨガマットが欲しい方
    • ヨガだけではなく体幹トレーニングも行いたい方
    • 持ち運ぶ機会が多い方

    8位 マンドゥカ ヨガ トラベルマット

    厚さ:1mm
    サイズ:173cm×60cm
    素材:天然ゴム
    重量:約907g

    リサイクル可能な自然に優しい天然ゴムでできているヨガマット。
    1mmの薄さが特徴的で、ヨガインストラクターなどのプロが愛用している商品です。
    コンパクトに収納できるため、バッグに入れて持ち運びをするのもおすすめ。

    仕事帰りにフィットネスやヨガスタジオに足を運ぶ方は、薄めのヨガマットを使用していることが多いですよ。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    6,048円

    こんな方におすすめ

    • ヨガ上級者で薄めのマットが欲しい方
    • コンパクトに収納して持ち運びたい方
    • 滑りにくい素材のヨガマットが欲しい方

    7位 inFIT ヨガマット

    inFIT ヨガマット ブラック YKB350

    inFIT ヨガマット ブラック YKB350

    1,304円(05/30 01:49時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    厚さ:4mm
    サイズ:172cm×61cm
    素材:PVC
    重量:約839g

    第7位にランクインした商品は、コストパフォーマンスの高いinFITのヨガマット。
    厚さが4mmなので弾力性があり、床にお尻や背中の骨が当たって痛む心配がありません。
    滑りにくいため、ヨガのみならず体幹トレーニングやダンベルトレーニングにも向いているマットです。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    990円

    こんな方におすすめ

    • マットをトレーニングでも頻繁に使う方
    • 滑りにくいマットが欲しい方
    • 低コストなマットを購入したい方

    【こちらもCHECK】inFIT ヨガマットのおすすめレビュー動画はこちら

    6位 DABADA ヨガマット

    厚さ:10mm
    サイズ:183cm×61cm
    素材:NBR
    重量:約1kg

    第6位は、DABADAの分厚いヨガマット。
    10mmの厚さが特徴的で、エクササイズ中に体にかかる負担を軽減できますよ。

    床にお尻や背中の骨が当たって痛い方は、DABADAのヨガマットをチョイスしてみるのもいいでしょう。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    1,598円

    こんな方におすすめ

    • やわらかいマットでヨガを楽しみたい方
    • ヨガ以外にもマットを使う頻度が高い方
    • 低コストなマットを購入したい方

    5位 PURE RISE ヨガマット

    厚さ:8mm
    サイズ:173cm×61cm
    素材:PVC
    重量:約3.1kg

    ヨガマット人気ランキングの第5位にランクインしたのは、ピュアライズのヨガマット。
    厚さが8mmもあるので、クッション性が高く体への負担を軽減してくれます。
    マタニティヨガなどの座った状態でのポーズが多い方におすすめなアイテムです。
    持ち運びが便利な収納ケースもセットでついてきます!

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    1,690円

    こんな方におすすめ

    • ヨガマットを持ち運ぶ機会が多い方
    • マタニティヨガやピラティスでマットを使う方
    • コストパフォーマンスの高いヨガマットが欲しい方

    4位 es(エス)もっちりヨガマット

    厚さ:8mm
    サイズ:183cm×61cm
    素材:高級素材NBR
    重量:約650g

    名前の通り、もっちりとした触り心地でヨガを快適に行うことができます。
    長時間エクササイズに励んでも体が痛くならない優れた弾力性が魅力的。

    持ち運びに便利なメッシュケースがついてくるので、外出先でのヨガを楽しみたい方にもおすすめです。
    優れているクッション性を実現しているうえ、軽重量なためヨガを楽しむ方から大人気なアイテム。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    2,000円

    こんな方におすすめ

    • ヨガマットを持ち運ぶ機会が多い方
    • エクササイズ中に痛みを感じる方
    • コストパフォーマンスの高いヨガマットが欲しい方

    3位 Jade Yoga ヨガマット

    厚さ:4.8mm
    サイズ:173cm×61cm
    素材:天然ゴム
    重量:約1.9kg

    第3位にランクインしたのは、ジェイドヨガのハーモニープロフェッショナル。
    天然ゴムで作られているうえ、アメリカの厳しい基準を満たしている優れた商品です。
    ジェイドヨガの商品は人気が高く、「汗をたくさんかいても、滑らないため使いやすい」というお声も多数あがっています。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    10,907円

    こんな方におすすめ

    • 滑りにくいヨガマットが欲しい方
    • 有名ブランドのヨガマットが欲しい方
    • お手入れが簡単なマットを購入したい方

    2位 マンドゥカ エコスーパーライトトラベルマット

    厚さ:1mm
    サイズ:173cm×60cm
    素材:‐
    重量:約930g

    ヨガの大人気ブランドであるマンドゥカのエコスーパーライトトラベルマット。
    カラーバリエーションが豊富なため、人と被らないヨガマットが欲しい方におすすめ。

    個性的なマットを選んで、ヨガへのモチベーションを今よりもっと高めてみては?
    滑りにくい素材で作られているので、エクササイズに専念することができますよ。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    5,655円

    こんな方におすすめ

    • 持ち運ぶ機会が多い方
    • お好きなカラーのマットを手に入れたい方
    • 薄いヨガマットでエクササイズをしたい方

    1位 グロング ヨガマット

    厚さ:10mm
    サイズ:183cm×61cm
    素材:NBR
    重量:約762g

    第1位に輝いた商品は、大人気ブランドであるグロングのヨガマット。

    厚さが10mmもあるので、エクササイズ中の体をしっかりホールドしてくれますよ。

    183cmのロングタイプのヨガマットなので、高身長の男性や、マットからはみ出てしまうことが苦手な方にもおすすめ。
    クッション性が優れているので、リラックスしてヨガを楽しめます。

    Amazon商品価格(年月日現在)

    1,780円

    こんな方におすすめ

    • 分厚いヨガマットが欲しい方
    • 高身長でヨガマットからはみ出たくない方
    • 持ち運ぶ機会が多い方

    10mmヨガマットおすすめ人気ランキングTOP3

    ヨガマット
    クッション性の高い人気10mmのヨガマットをご紹介します。

    3位 Reodoeer ヨガマット

    厚さ:10mm
    サイズ:183cm×61cm
    素材:NBR
    重量:‐

    Reodoeerの10mmヨガマットは、クッション性が高く体を優しく包み込んでくれます。
    エクササイズ中に安定感がない方や、マタニティヨガを楽しみたい方におすすめな商品です。

    通気性の優れたメッシュ素材でできた収納ケースがついてくるのもうれしいポイント。
    ロングタイプのマットなので、ダイナミックな動きをこなすヨガスタイルの方は、ぜひReodoeerのヨガマットをお選びください。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    1,580円

    こんな方におすすめ

    • コストパフォーマンスの高いヨガマットが欲しい方
    • マタニティヨガを楽しみたい方
    • ロングタイプのマットで快適にヨガを行いたい方

    2位 Syourself ヨガマット

    厚さ:10mm
    サイズ:183cm×61cm
    素材:NBR
    重量:‐

    体を包み込むような弾力性のあるヨガマット。
    天然なゴムの肌触りが心地いいと好評な商品です。

    ヨガマットの付属品として、ゴムバンドと収納ケースがセットになっていることもうれしいポイントですね。
    収納ケースに入れて持ち運べるので、ヨガスタジオに持参したい方におすすめ。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    1,999円

    こんな方におすすめ

    • 低コストなヨガマットが欲しい方
    • お手入れが簡単にできるマットを購入したい方
    • 持ち運びがスムーズに行える収納ケースも欲しい方

    1位 グロング ヨガマット

    厚さ:10mm
    サイズ:183cm×61cm
    素材:NBR
    重量:約762g

    10mmヨガマットの人気第1位に輝いたのは、グロングのロングヨガマット。
    グロングのマットは、エクササイズ中の体をしっかりフィットしてくれるので安定感があります。

    ロングタイプなので、ヨガだけではなく、ピラティスやストレッチ、体幹トレーニングでも使用できますよ。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    1,780円

    こんな方におすすめ

    • エクササイズ中に体をしっかりホールドしてくれるマットが欲しい
    • クッション性のあるマットでヨガを楽しみたい
    • ロングタイプのマットを購入したい方

    6mmヨガマットおすすめ人気ランキングTOP3

    ヨガマット 収納
    持ち運びに便利で人気な6mmのヨガマットをご紹介します。

    3位 MAIQU ヨガマット

    厚さ:6mm
    サイズ:180cm×61cm
    素材:TPE
    重量:‐

    高級素材のTPE製のため、お肌に優しくフィットします。
    マタニティヨガや、キッズヨガにも使用可能なヨガマットです。

    優れた滑り止めがエクササイズ中の転倒を防いでくれます。
    弾力性も高いため、ヨガのあらゆるポーズも快適にこなせるメリットもある優れものです。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    1,980円

    こんな方におすすめ

    • マタニティヨガやベビーヨガを楽しみたい方
    • 滑り止めの機能性が高いマットが欲しい方
    • 弾力のあるマットでエクササイズをしたい方

    2位 LICLI ヨガマット

    厚さ:6mm
    サイズ:172cm×61cm
    素材:PVC
    重量:‐

    第2位にランクインしたのは、リクライのヨガマット。

    カラーバリエーションが豊富なため、あなたのお好きなカラーのマットでエクササイズを楽しめますよ。

    弾力性が優れているだけではなく、滑り止め機能も優れている優秀なアイテムです。
    ヨガに集中したいけど、床と体が当たって痛い方にもおすすめな商品です。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    1,780円

    こんな方におすすめ

    • 弾力性が高いヨガマットが欲しい方
    • エクササイズ中に汗で滑りやすくなる方
    • コストパフォーマンスの高いヨガマットを購入したい方

    1位 KAMACHI ヨガマット

    厚さ:6mm
    サイズ:173cm×61cm
    素材:PVC
    重量:‐

    6mmヨガマットの人気ランキング第1位に輝いたのは、KAMACHIの商品。
    両面のカラーと模様が異なるリバーシブルタイプなので、その日の気分にあわせてマットをお選びいただけます。

    ヨガマットのデザインは、モチベーションを高める重要なポイントのひとつ。
    あなたもお好きなカラーのマットの上で、ヨガをするとテンションも上がりますよね。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    2,380円

    こんな方におすすめ

    • グリップ性の優れたヨガマットが欲しい方
    • モチベーションを高めるアイテムをGETしたい方
    • ヨガマットの独特なにおいが苦手な方

    【こちらもCHECK】6㎜ヨガマットに関連するおすすめ記事はこちら

    6mmヨガマットおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.19

    ヨガマットケースおすすめ人気ランキングTOP3

    エクササイズ・女性(白バック)

    3位 GAIAM ヨガマットトートバッグ

    サイズ:約70cmのマットに対応可能
    素材:綿100%

    地球環境に優しい100%コットンで作られたヨガマットトートバッグ。
    マットだけではなく、ウェアやタオルも収納できるのでバッグひとつでスタジオに行くことができますよ。

    シンプルな白に刺繍が入っていてハイセンスなためおしゃれ上級者に人気のアイテムです。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    5,969円

    こんな方におすすめ

    • 荷物をまとめて持ち運びたい方
    • 大きく開いてマットの出し入れがしやすいものが欲しい方
    • 環境に優しい素材で作られているケースを購入したい方

    2位 スリア ラップマットケース

    サイズ:61cm以下のマットに対応
    素材:ポリエステル

    マットケースは、出し入れが面倒なものが多くストレスに感じている方も少なくありません。

    スリアのラップマットケースは、マジックテープ式なので、スムーズに取り出せますよ。

    軽重量で体にフィットしやすいところも魅力的。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    1,728円

    こんな方におすすめ

    • 出し入れがスムーズにできるマットケースが欲しい方
    • シンプルなデザインのケースがお好きな方
    • 長期間使用する予定の方

    1位 ダンスキン ヨガマットケース

    重量:222g
    素材:ナイロン、ポリエステル

    ヨガマットケースの人気第1位に輝いたアイテムは、ダンスキンの商品。
    ダンスキンの商品はどれも上品なものばかりで大人気です。

    持っているだけで、あなたのおしゃれ度をさらにアップしてくれますよ。
    メッシュ素材で作られているので、どんなに汗をかいた日でも通気性がいい状態で持ち運べます。

    Amazon商品価格(2018年2月23日現在)

    2,160円

    こんな方におすすめ

    • 出し入れがスムーズにできるマットケースが欲しい方
    • おしゃれなヨガファッションをしたい方
    • 通気性の優れたヨガマットケースを購入したい方

    ヨガマットの使用上の注意点

    夜釣り用ヘッドライト 注意点

    ヨガマットは、使い終わった後に丸めてお部屋の片隅に置いてしまいがち。
    しかし、丁寧に手入れをしなければ衛生上よくありません。
    使用後は、必ずヨガマットの素材にあったケアを行うようにしましょう!

    また、発汗作用の高いホットヨガやパワーヨガをこなす方は消臭ケアも念入りに。
    水洗いをした場合には、大きなバスタオルで挟むようにして水分を取り除いてあげるといいですよ。
    せっかく購入したMYヨガマットを長い間使えるように、大切にケアをして保管しましょう。

    Amazon&楽天のヨガマット人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    お気に入りのヨガマットで気分の上がるヨガライフを

    マット ヨガ

    ヨガマットの人気ランキングを今回はご紹介しました。
    あなたにぴったりなアイテムは見つかりましたか?
    気分の上がるMYヨガマットを手に入れて今よりもっと楽しいヨガライフを満喫してくださいね。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】トレーニングに関連するおすすめ記事はこちら

    フォームローラーおすすめ人気ランキングTOP5!効果や使い方&トレーニング方法も【2018年最新版】

    2018.07.17

    ヨガマットケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.24

    ヨガラグおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.02

    ヨガウェアトップスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.13

    ジムおすすめ人気ランキングTOP10!都内や筋トレ&女性向けも【2018年最新版】

    2018.01.12

    ABOUTこの記事をかいた人

    咲大井

    スポーツインストラクター歴3年
    ベビーヨガライセンス所持

    スポーツトレーナーとして、多くの方のボディメイクをサポートしてきました。
    現在はベビーヨガを担当しながら2児の子育てを楽しんでいます。
    ボディメイクを成功させたい方や、大切な赤ちゃんを想うママとパパに必要な情報を厳選してお伝えいたします。
    本当に必要なグッズを手に取って今より快適なライフスタイルをお送りできるようにと願い執筆しているので参考にしていただければ幸いです。