脱毛器おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 脱毛器の種類で選ぶ
    →光脱毛やレーザー脱毛などさまざまな種類があるので、特徴を知っておきましょう。
  • 脱毛したい場所で選ぶ
    →脱毛箇所によっては使いにくいものや、使えないものもあります。脱毛したい場所に適したタイプを選びましょう。

脱毛器 アイキャッチ


最近では、脱毛することが自然な流れになっていて、多くの方が脱毛しています。
女性だけでなく男性にも脱毛意識が広がり、毛の濃い男性にも脱毛器という存在は気になるところかもしれません。
毛が肌からなくなれば、それだけでツルツルの美肌効果があるのもうれしいポイント。

自宅での脱毛にはいろいろなメリットがありますので、脱毛器にはどんな種類があるのかや、それぞれの種類で変わってくる作用を詳しく見ていきましょう。

目次

脱毛とは

脱毛 除毛 美肌


脱毛とは、生えている毛を除去することです。
方法はさまざまで、毛抜きで毛を抜くことも脱毛の一種になります。
また、最近では扱いやすい脱毛クリームや脱毛シート、ワックス剤などがありますから、それらを使って脱毛している人も多いことでしょう。

毛があることで肌を見せられないなどの悩みにもつながりますし、うっかり毛を残した状態で恥ずかしい思いをすることもしばしばありますよね。
そんな悩みを解消してくれると近年話題を呼んでいるのが、脱毛器です。
とくに脱毛器の種類が増えて選択肢が広がったことで、使いやすく用途にあった脱毛器を選べるようになりました。

【こちらもCHECK】脱毛・除毛に関連するおすすめ記事はこちら

埋没毛処理グッズおすすめ人気ランキングTOP15!埋没毛の取り方と対策法も【2018年最新版】

2018.08.10

脱色クリームおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.10

除毛剤おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.03.20

①セルフでできる脱毛

脱毛

セルフでできる脱毛には、さまざまな種類がありますが即効性があるのは、カミソリなどで瞬間的に肌からなくしてしまう方法です。
しかし、剃るとすぐに生えてきたりと、一時的な処理にしかなりません。

その点脱毛器には、毛の生えるスパンが長くなったり、徐々に毛量が少なくなったりと脱毛器ならではの効果があります。
自由に好きな場所を脱毛できるのも大きなメリット。
「自分で好きなときに脱毛したい!」と思う人は自分にあった脱毛器を探していきましょう。

②脱毛の種類

脱毛 エステ

注意しておきたいのは、「永久脱毛」は脱毛器ではできません。
実は永久脱毛というものは医療機関でしか施術できないことが法律で決められています。

これは非常に高いレベルのレーザーによる脱毛を指すものですが、この場合は医師の管理下で施術されるものでなくてはいけないからです。
ですから、セルフで行う脱毛器による脱毛は永久脱毛ではないのです。

サロンでも同じように、永久脱毛ではありませんが人の毛の質や、施術の回数によって毛の生え方が遅くなったり、毛量が減ることが特徴です。
サロンレベルの脱毛が可能になった脱毛器も発売されているので、使用したい場所によっては活用できます。

【こちらもCHECK】脱毛・除毛に関連するおすすめ記事はこちら

除毛クリーム(脱毛クリーム)おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.30

メンズ向け除毛クリームおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.03.21

脱毛器でセルフ脱毛するメリット

脱毛

これまでに、クリニックやサロンで脱毛を経験したことがある人も多いのではないでしょうか。
そんな人は「打ちもれ」などを体験したことがありませんか?
わざわざ足を運んだクリニックやサロンで、打ちもれされただけで損した気分になった人も多いはず。

また、脱毛することが主流になってきた今では、予約が取りにくいなど制約を受けることも多くなります。
そんな大変な思いをして通っているのに、しっかり納得できない施術を受けるのはガッカリですね。
セルフでの脱毛なら、自分で確認しながら脱毛ができるので、思い通りの場所を的確に脱毛することができます。

①コスパがいい

財布 小銭


一番のメリットともいえるコストパフォーマンスの違い。

もちろん永久脱毛は、医師のいる医療機関でしか施術はできないのですが、そもそも永久な脱毛まで望んでいなかったり、今生えている毛の状態を変えていきたいくらいの希望なら、脱毛器でも十分効果のあるものが発売されています。
トータルで考えると、クリニックやエステサロンよりも、コスパがよくなることが多いので、現在では脱毛する人が多くなっています。

クリニックやエステサロンもお得なキャンペーンまたは割引キャンペーンなども行っているので、都合にあえば併用するのもいいでしょう。
売られている脱毛器も、改良を重ねて製造されていることでパフォーマンスの高いものが発売されており、扱いも簡単になっているので手にしやすいのもポイントです。

②時間に縛られない

時計 頻度

脱毛を考える人にはそれぞれの生活スタイルがあるはず。
学生かもしれませんし、会社員や自営業、または子育て真っただなかで自分に使う時間が限られている場合も多いでしょう。

女性は外見や身だしなみに時間を取られたり、多様な仕事や家事をこなすなどと、常に時間と戦っているものです。
そんな貴重な時間を割かれたくない……そんな風に感じている人も多く、クリニックやサロンの脱毛を希望していても時間に猶予がなかったり、予約が取れない、先の予定までわからない、予約時間に行けないなど不満もあるはず。

実際にクリニックやサロンでの予約は取りにくいことも多く、キャンセル料が発生したりと不便な点もあるのです。
そんななか、自分にあわせたスタイルで脱毛をセルフでできるのが脱毛器の大きな特徴。

先のスケジュールを気にすることもなく、時間帯を問わずに脱毛できることで人気が出ているのも納得できます。

③人目が気にならない

脱毛③

どのクリニックやサロンを選ぶかにもよりますが、設備によっては人の目線を感じることがあったりするようです。

また、待合などで人と会いたくないような人にも脱毛器は活躍してくれます。
施術者が多く交代したり、あまりフィーリングのあわない施術者と接するのも疲れるもの。
脱毛したい場所によっては、見られたくなかったりすることも。

特に女性の場合の脱毛はデリケートゾーンにも関心がある人が多いので、人目を気にせずに脱毛を自分で行えるとなると、リラックスして誰の目も気にせず脱毛することが可能です。

脱毛器の2つ選び方

①脱毛器の種類で選ぶ

脱毛 種類

脱毛といってもさまざまな種類があります。
その種類ごとの違いを知っていくと、どのタイプを選ぶべきなのか納得しながら選べます。

毛根から除去するタイプや、肌表面に見えている毛だけ焼き切るようなタイプも脱毛器の一種ですから、しっかり特徴をおさえておきましょう。

脱毛器での脱毛は誰もが確実に100%脱毛できるものではありません。その人の色素や、毛の生えかわる周期にもよるのです。そのなかでも、自分に効果が出やすい機種を選んでいくのがポイントです。

光タイプで脱毛

光脱毛


光フラッシュによって脱毛するタイプで光脱毛とも呼ばれます。
光の効果によってメラニン色素に反応させて毛根を焼き切るタイプの脱毛です。

多くの脱毛サロンで主に使用されていて、一般的に広く知られている方法。
痛みは少なめですが、肌の色や毛根の多さ、毛根の大きさでも痛みの強さは変わります。

しかし、簡単に扱えることから一番ラインナップが多い種類です。
この光フラッシュタイプでも光の違いがあり、そのなかでもIPL(インテルスパルスライト)には美肌効果が高いと言われ、エステサロンで「フォトフェイシャル」というメニューに使われるのはこのライトです。
光タイプの脱毛は美肌や毛穴の引き締めにも効果があり、特に人気があるのです。

レーザータイプで脱毛

脱毛 女性

照射パワーの大きい永久脱毛クラスの脱毛器は、医師しか取り扱いや施術ができないので、市販されていませんが、パワーを落としたものなら発売されています。
家庭用のこのタイプの脱毛器はパワーがたまりにくいので、照射する速度は遅くなる傾向にあります。

サロンタイプの光よりも効果を求める人にはレーザータイプがおすすめです。
光やレーザーに共通することですが、メラニン色素の薄い毛や産毛には反応しにくくなります。

これらの光やレーザーなどの毛根に作用するタイプの脱毛器は、痛みがあるのが普通です。人によってはあまり感じない人もいますが、ゴムで弾くような痛さがあると考えておきましょう。

②脱毛器の部位で選ぶ

デオドラント 脇

光やレーザータイプの脱毛器は、毛根を弱らせたり破壊することで毛を生えにくくします。
肌表面に生えている毛は全体の30%ほどといわれており、それ以外の毛は旧毛期といって次に生えていく順番を待っている段階です。

このために通常はクリニックやサロンでも2か月間隔で照射して、次の毛根に作用させていきます。
種類によってはもっと短期間で照射できるものも発売されていますが、毛のサイクルやメカニズムを理解しておくと、短期で毛根から処理する脱毛が不可能だということがわかります。

しかし、毛根が打撃を受けることでその毛根からの次の毛が生えにくくなる可能性や、メラニン色素に反応するので抑毛効果があり、生えてくる量が減ってそれだけで自己処理が楽になるといったメリットもあります。

腕や足

カミソリ 足


多くの女性が人目につく足や腕の脱毛は必然だと考えているのではないでしょうか。
特にすね毛が多くある人はストッキングからはみ出してしまったりと、恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。
カミソリなどで処理を続けると肌を傷めてしまい、黒ずみやカサツキなどの原因にもなります。

そんな場合にはヘッドでの表面積の広い光タイプで少しずつ脱毛してみると、毛の処理が思った以上に楽になることも。
永久脱毛はできなくても、毛根から処理できるために次に生えてくるスピードが遅くなったり、そもそもの毛の量がすくなくなる抑毛効果も期待できるので、自己処理も簡単になります。

ワキ

T字カミソリ 剃刀 脇用


ほぼ処理をすることが普通になっている場所。
特に見えることが多くなる夏などのシーズンに向けて、脱毛器を考える人も多いはず。

多くの脱毛器ワキに対応できるので、ワキだけにしか使わないというのであれば、タイプや価格で選ぶだけでほぼ間違いなく使用できます。
ただ、どの部位にもいえることですが人によって毛の質や量が違うので、自分が目指している脱毛までにどれほどの時間がかかるのかはわかりません。

VIO

VIO 脱毛

最近ではVIOと呼ばれるデリケートゾーンを脱毛する人も増えています。
下着からのはみ出しをなくしたり、ビキニを着たときにきれいに魅せるためでもありますが、意外に毛があることで不潔になってしまうことも。
好みによっては、Iラインをなくしてしまう人も多くみられますが、市販の脱毛器ではIラインとOラインには対応していないものが多くなります。

これは色素の色が濃い場所であったり、敏感な場所が理由ですがクリニックやサロンでもトラブルの出やすい部位です。
しかし、Vラインでもクリニックやサロンでは大きく足を開いて見せながら施術しないといけないので、ためらう人が多い部位。
そんなデリケートな部分こそ、ストレスフリーで脱毛していけるのが脱毛器のよい点です。

VIOとは?

Vライン
直立して正面から見える部分 毛の流れが下向きなためにカミソリではポツポツと黒い点が見えたりと肌にダメージを与えやすい。
Iライン
Vラインから奥に入り込んだ、女性器のまわりの部分 皮膚が薄いことで痛みを感じやすい。
Oライン
Iラインから続いている肛門周辺の毛の部分 なかには毛がない人など脱毛がいらない人もいる。

脱毛器おすすめ人気ランキングTOP15

ここからは、人気のある脱毛器やその特徴をTOP15のランキングでご紹介していきます!

15位 アイリスオーヤマ 光脱毛器 エピレタ 全身用

自宅でサロンのような脱毛と美肌が手に入るホームエステタイプの脱毛器です。
簡単で手軽に光を照射するだけで、肌に刺激を洗えずになめらかな肌に変えていくことが可能。

タッチセンサーが肌に密着していない場合は照射できなくなる設定なので、誤って目などに光が入ることもありません。
肌色センサーで、肌の色のチェックを行い照射できない肌の色には反応しなくなっています。

15万発の照射ができるので、たっぷり全身の脱毛が行えますし、ワキならたったの10秒とスピーディーな点もポイントです。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

17,000円

こんな方におすすめ

  • 機能がよくてコスパがいいタイプを探している
  • 全身脱毛したい
  • 美容効果もあったらうれしい

14位 ヤーマンノーノーヘアスマート no!no!HAIRSMART 脱毛器

こちらはサーミコン方式の脱毛器です。
毛根には作用せずに、肌表面にあるムダ毛を瞬間的に焼き切ります。

焼かれた毛は毛先が丸くなることで、カミソリなどで剃るよりも肌触りがやわらかな毛が生えることになります。
急ぎで脱毛が必要な場合にはとても効果があり、完全な脱毛は必要ないけれど、気になる部分だけ処理したい人などには便利に使うことができます。

また、光などのタイプの脱毛に抵抗がある人も、表面の毛をなくすことができるのできれいな肌を見せることができます。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

15,800円

こんな方におすすめ

  • 光などの毛根に作用する脱毛はしたくない
  • すぐに肌から毛をなくしたい
  • 急ぎでムダ毛を処理したい時がある

13位 TUMAKOU MLAY-T3光美容器 脱毛器 光エステ

光脱毛器のなかでも、使用する用途が多いのが特徴の商品です。
通常の脱毛ヘッドに、美肌用のヘッド、そしてアクネ対策としてニキビ用のヘッドまでついた脱毛美顔器。

照射レベルは5段階で肌の色に応じて使い分けができます。
ワキや腕、足やビキニライン、背中、胸、目から下のフェイスラインまで使える高機能。
30万回のカートリッジだけでも全身数人分の脱毛が可能ですが、さらにカートリッジの交換でずっと使い続けることができるのでコスパもよい商品です。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

29,880円

こんな方におすすめ

  • 機能がよくてコスパがいいタイプを探している
  • 全身脱毛したい
  • 美容効果もあったらうれしい

12位 DEESS脱毛器 光美容器 IPL 家庭用 光脱毛器

脱毛と美肌を手に入れられるIPL(インテンスパルスライト)方式の脱毛器。
はじめての人に使いやすい設計で、あらゆる部分にフィットするヘッドの大きさが特徴です。

メラニン色素に反応して毛根を破壊しながら、コラーゲンなどの再生を促すので美肌効果にも期待できます。
ショット回数35万回という多さで、しっかりケアしていけば、かなり毛が生えにくい肌環境を作れるでしょう。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

21,999円

こんな方におすすめ

  • 長く使用できるものがいい
  • 美容効果もあったらうれしい
  • 光タイプで脱毛したい

11位 LifeBasis 光エステ光美容器光 IPL式光脱毛器

こちらはIPL(インテンスパルスライト)方式の脱毛器で、サロンで主体になっている光タイプです。
メラニン色素にのみ反応するので肌を傷める心配がありません。
これまでの自己処理で傷んだ肌のケアにもIPLはやさしく作用します。

VIOゾーンにも使用可能で、ほぼ全身の脱毛ができますが、皮膚の色によって効果が出にくいこともあるので注意してください。
光の効果がくすんだ角質も取り去ってくれるので、トーンの明るくなったダメージのない肌が実現できます。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

12,999円

こんな方におすすめ

  • 光タイプで脱毛したい
  • デリケートゾーンも脱毛したい
  • 美容効果もあったらうれしい

10位 スムーズスキン 家庭用 脱毛器 脱毛 光脱毛器

家庭用の光脱毛器をはじめて開発したイギリスのメーカーの脱毛器です。
独自のスキントーンセンサーで、肌の色の濃さを自動的に計測して、最適なパワーを調整してくれます。
自宅にいながらサロンクオリティの脱毛ができるのでファンの多い商品。

顔やワキ、腕や足、ビキニラインまでお手入れできて、連続モードで打ちもれの心配もありません。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

43,700円

こんな方におすすめ

  • 光タイプで脱毛したい
  • 簡単に扱えるものがいい
  • 小さく使いやすいものがいい

9位 ベルソラーレ 家庭用光脱毛器 フラッシュIPL

サロンで主に使われている、美肌作用もあるIPL(インテンスパルスライト)方式の脱毛器。
しっかりヘッドが肌に密着していないと照射できない設計で間違いなく照射できます。
光を3回に分けて照射することで肌へのダメージを軽減し、光のエネルギーをしっかり毛根に届けることが可能。

美容サロンではフォトフェイシャルにも使用されるIPLは、脱毛と同時に毛穴の引き締めなどの効果が期待できるというメリットがあります。
痛みが少ないので、VIOゾーンにも利用できるようですが、肌の状態にあわせて使ってください。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

59,800円

こんな方におすすめ

  • 光タイプで脱毛したい
  • 美容効果もあったらうれしい
  • デリケートゾーンも脱毛したい

8位 パナソニック 脱毛器 ソイエ ボディ用

日本に脱毛というワードを広く知らせてくれたきっかけの商品のパナソニック ソイエ。
何度も改良されて、今のモデルでは入浴中に使えるようになっています。

足や腕、ワキやビキニラインの脱毛を入浴中にお手入れ。
お風呂場での使用で、ボディソープなどの泡がムダ毛を1本1本からめて、根元からスルッと痛みもなくソフトな抜き心地。

これは入浴中に使うことで、肌がやわらかくなったり暖かい状態で毛穴が緩むためです。
抜くタイプの脱毛器ですから、急なデートなどの緊急用にはとても便利に使えます。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

7,572円

こんな方におすすめ

  • 光などの毛根に作用する脱毛はしたくない
  • すぐに肌から毛をなくしたい
  • あまり毛は多くない

7位 ブラウン 光美容器 シルクエキスパート

こちらの商品は、肌の色を自動で感知して適切なパワーの光をあててくれる自動の便利なタイプです。
広い面積の部位も比較的早いスピードで脱毛処理が完了するので、家庭用にありがちなパワー不足に悩むこともなさそうです。

セルフ脱毛しやすい形状で、手の届きにくい部分にも使いやすいデザイン。
メーカー調べでは3カ月で効果を感じ出し、12カ月経過後はムダ毛の量がかなり少なくなるというデータが出ています。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

32,800円

こんな方におすすめ

  • 自動で照射できるものがいい
  • 光タイプで脱毛したい
  • できれば時間をあまりかけたくない

6位 ブラウン フェイス 洗顔もできるフェイス専用脱毛器

顔の脱毛に特化した珍しい脱毛器です。
光などでも顔には使えないタイプもあるなかで、こちらの商品は顔専門のタイプ。
光やレーザーといった毛根に作用させるのではなく、しっかり産毛まで巻き込んで抜くことで脱毛します。
剃ることの多い顔を、カミソリなどのダメージから守ります。

スリムヘッドで細かい部分も正確に脱毛でき、10個のミクロ・トゥイーザーが0.02mmの産毛もキャッチ。
アゴや口周り、おでこやまゆ毛にも使用できて、専用の洗顔ブラシもセットになっているのでしっかりと毛穴の汚れを落せます。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

5,180円

こんな方におすすめ

  • 顔の脱毛だけ別に使いたい
  • カミソリで顔の肌にダメージを受けている
  • 肌のくすみなどが気になる

5位 トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4x

家庭用に開発されたタイプでは珍しいレーザータイプの脱毛器です。
クリニックで使われるダイオードレーザー技術を改良してセルフでできるような家庭用に開発されたマシン。

脱毛したい部分のムダ毛を剃って、5段階まである出力を肌のレベルに応じてあてていきます。
光タイプよりも痛みを感じるので、はじめは弱いパワーから試したり、体の色素の濃い部分はレベルを調節して使っていくと自分の適正なパワーがわかってくるようです。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

48,300円

こんな方におすすめ

  • 光タイプであまり脱毛できなかった
  • しっかり脱毛していきたい
  • 痛みに強い

4位 2PS(ツーピーエス) 家庭用フラッシュ脱毛器

本体が大きめでパワーのある脱毛器です。
光による脱毛ですが、オートショットで肌にすべらせて自動で感知した毛に照射してくれます。

サロンなどで使われている形状に近いのが特徴で、当てにくい部分にも対応しやすくなっています。
美顔作用もあり、美顔カートリッジがあれば美顔器としても使うことができるので便利。

カートリッジタイプですから、本体があればカートリッジの交換でずっと使用できるので、トータルで考えるとコスパはよくなりそうです。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

31,599円

こんな方におすすめ

  • 光タイプで脱毛したい
  • 美容効果もあったらうれしい
  • 自己処理で肌のダメージが気になる

3位 フィリップス 光美容器 ルメア

こちらは、毛のマシンについては多くの種類を発売しているフィリップスからの光タイプです。
メーカーの調査によって82%の人が、2回使用で効果を感じたという結果を持っているのがポイント。

開発を重ねたことで、ランプ耐久性が上がり、約10万回もの照射が可能になりました。
ワキや腕、脚やビキニラインのお手入れ可能。
場所による肌の色や毛の色にあわせて光のレベルを5段階から設定できます。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

21,000円

こんな方におすすめ

  • 光タイプで脱毛したい
  • ワキ、腕、脚の脱毛がメイン
  • 簡単に使えるものがいい

【こちらもCHECK】フィリップス 光美容器 ルメアに関連するおすすめ動画はこちら

2位 パナソニック 光美容器 光エステ(ボディ用)

こちらは、生えている毛をトリマー除毛してから、メラニンに反応するフラッシュを照射する光タイプです。
本体にトリマー機能がついているので、この機能で剃ってからヘッドの表面を垂直に肌に当てると、光が照射されます。

ボディも小さく邪魔にならない大きさ。
顔には使えないようですが、ワキや足、腕などには生えるたびにこまめに処理することで、毛量が少なくなる抑毛効果が期待できそうです。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

14,393円

こんな方におすすめ

  • ワキ、腕、脚の脱毛がメイン
  • 脱毛器がどんなものか試してみたい
  • 小さく使いやすいものがいい

1位 ケノン (ke-non) 脱毛器 日本製 シャンパンゴールド

コマーシャルをしているわけでもないのに、口コミによって広く人気のある光脱毛器です。
改良品が出されるたびに機能が進化しています。

ほぼ全身の脱毛ができることや、スピーディーに脱毛できるので自分のペースで脱毛が可能。
肌に触れるとセンサーが感知するので、ボタン操作をしなくても自動で光が照射される便利なオートモード搭載。

連射のタイプや光の強さも選べるので、痛みや毛の状態によって自由に設定が可能です。
カートリッジタイプですから、本体があればカートリッジ交換だけで使い続けることができます。
まゆ毛脱毛も付属しているので、まゆ毛の処理にわずらわしさを感じている人にはうれしい付属品です。

Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

69,800円

こんな方におすすめ

  • 全身の脱毛を考えている
  • 光タイプで脱毛したい
  • 美容効果もあったらうれしい

【こちらもCHECK】ケノン (ke-non) 脱毛器の使い方おすすめ動画はこちら

女性が脱毛する理由

きれいに毛のなくなった肌はそれだけで美しく見えます。
実際に脱毛器の脱毛は、表面の肌にダメージを与えることが少ないので自己処理するよりもきれいな肌を保つことができるのです。
光タイプなどは美肌効果もあるために、使わないよりも使った方が肌へのメリットも多いと言えるでしょう。

①身だしなみ

女性

美しく着飾っても、肌に毛がたくさんあると印象もあまりよくありません。
女性は脚を見せることも多いのですね毛の脱毛対策をしている人も多いはず。
夏場になると薄着や袖丈の短い洋服によってワキの処理も考えなければいけません。

また、デリケートゾーンでは、パートナーに対しても自分の毛の質で悩んでいる人もたくさんいるのではないでしょうか。
生えっぱなしの毛よりも手入れされた毛の方が、見え方も違ってきますし自分をきれいに見せることができますよ。

②清潔

女性 髪


近年では、「介護脱毛」という言葉まで出てきています。

これは自分が介護を受ける側になった際に、清潔にしておくことで介護を受けやすくするための脱毛のことです。
それだけ清潔と深く直結している問題でもあるのです。

また、女性には生理などといった年中わずらわされる体の問題がたくさん。
そんな面から考えても体の毛や特にデリケートゾーンなどは清潔に保ちたいと願っている人が増えています。
きれいにしておいて損はないですよね!

海外の脱毛事情

男性 脱毛


海外では体毛の処理をすることは、かなり以前から意識されていてヨーロッパなどでは男性も脱毛することが普通になっています。
国によっては脱毛することが美女の条件であったりと、脱毛に関する商品も多くあり、日本よりも進んだ考えが浸透しているようです。

次第に日本でも、脱毛が特別なことではないという感覚になってきたことで、施術してくれる場所や自分でも脱毛ができるマシンが開発されてきました。
毛が生えていては困る場所だけでも脱毛したい……と考える人にはとてもうれしい傾向ですね。

脱毛器の使用上の注意点

さまざまな商品が簡単に手に入るようになったのですが、忘れてはいけない注意点もあります。
しっかり確認しておきましょう。

①乾燥に注意する

乾燥 肌

しっかりと保湿をすることが大前提ですが、使う機種によっては専用のジェルや肌のトリートメント剤をすすめていることもあります。
IPLの光タイプは美肌効果もあるので、それだけで使用可能となっているものが多くあります。

しかし、肌表面に作用していなくても、毛根部分には光が作用して熱をもつ場合が多いのでできるだけクールダウンしながら脱毛していきましょう。
熱さを感じるのは間違った作用ではありませんが、あまりひどく感じるなら使用する時間帯を少しあけるなどの、肌に負担が少ない脱毛をしてください。

②肌の色によっては痛みが増す

肌を触る男性


抜くタイプの脱毛器は、肌の色に左右されないのでどんな肌の色でも扱うことができます。
しかし、光タイプやレーザーなどの脱毛器は黒い色に反応することで脱毛効果を発揮します。
そのため毛根の黒色に作用して毛根を破壊するのですが、肌の色が黒かったりすると肌にまで作用してしまうことになるのです。

日焼け直後の肌や、色素の濃い部分などには色の薄い肌で照射するよりも痛みを感じることがあるので、パワーを弱くしたり、痛みの程度をしっかりと自分で判断することが必要です。

③タイプによっては期間を空けることも必要

カレンダー

光などの毛根に作用する脱毛器の場合には、毛の周期にあわせて脱毛することが、むだのない計画的な脱毛だと言われています。
クリニックやサロンでも2~3カ月に一回の照射をする場合が多いのは、この毛周期にあわせているためです。
一度破壊した毛根に何度光を打ち込んでも効果はありません。
機種の中には照射数が表示されているものもありますが、いつの間にか効果のないむだ打ちをしていた……とならないように、しっかり毛周期にあわせた照射をしていきましょう。

Amazon&楽天の脱毛器人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


脱毛器を使って目指せツルツル美肌!

脱毛 男性


「脱毛って、高いお金を払ってどこかに通わないといけないんじゃない」と考えていた人には脱毛器の性能にびっくりされたのではないでしょうか。

実際に今ではさまざまな脱毛器が発売されているので、それだけに迷ってしまうこともありますよね。
そんなときはこの記事を参考にして自分にぴったりの脱毛器を見つけてくださいね。

毛深い悩みや部分的なムダ毛に悩んでいる人は、ぜひ誰の目も気にしなくていい、セルフ脱毛器で気分も肌も女子力も磨いていきましょう!

【あわせて読みたい】ボディケアに関連するおすすめ記事はこちら

ボディケアグッズおすすめ人気ランキングTOP15!スクラブとオイルも【2018年最新版】

2018.03.26

ボディローションおすすめ人気ランキングTOP15!使い方とは?【2018年最新版】

2018.03.22

ボディケアブランドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.19

ボディミストおすすめ人気ランキングTOP15!効果的な使い方とは?【2018年最新版】

2018.03.13

ボディジェルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.09

ABOUTこの記事をかいた人

大垣妙子

元エイジングケアクリニック主任 日本眼科医会認定OMA

クリニック退職後も美容やエイジングケアに関する記事を多く執筆しています。
ブランドのイメージだけで間違ったスキンケアを行う女性が多いので、実はこのような選び方が良い!というサポートができれば嬉しいです。