アジングジグヘッドおすすめ人気ランキングTOP10!重さや形状も【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 重さはできるだけ細かく揃える
      →最初は1グラム、1.5グラムというように0.5グラム刻みで揃えるのがおすすめ。
    • ヘッド形状による違いを理解する
      →丸いラウンドヘッド、三角形のダートヘッドなどから選ぶ。
    • フック形状による違いを理解する
      →針先が大きく外側を向いている「アウトポイントフック」などから選択。

    釣り スピニングリール


    ソルトライトゲームで人気がどんどん増しているアジング
    手軽で釣る時間帯を選ばずほかのルアーフィッシングに比べて道具を揃える費用も少ないことや、持ち帰って食べる楽しみがあることなどがその理由でしょう。
    そのアジングにおいてはジグヘッドという釣り針が使われることが多いです。

    ジグヘッドは重りと釣り針(フック)が一体になっているもので、ワームを付けてラインに結ぶだけでもアジを狙えます。
    ジグヘッドは針先がむき出しになっていますので、ワームを吸い込んでもすぐに吐き出しがちなアジを掛けられる確率を高めることができます。
    アジングで使うジグヘッドはほかのルアーフィッシングに比べても種類が多いので、それを理解して選んでいくことが必要となります。



    アジングジグヘッドの他との違いは?

    ジークラック(GEECRACK) ギガ鯵ジグヘッド 0.3g.
    ジークラック(GEECRACK) ギガ鯵ジグヘッド 0.3g.

    ジグヘッドはアジングだけでなく、ほかのルアーフィッシングでも多く使われていますが、アジングにおいてはそのジグヘッドの種類が特に細分化されています。
    他との最大の違いは唇が弱いアジに対して、如何に深く吸い込ませて、素早く硬い部分に掛けることができるかというところです。
    そのため、重りの部分やフックの形状を各メーカーがさまざまな工夫をし製造・販売しています。

    アジがそのときに食べているエサや水温といった状況、アジ自体の大きさなどによって適切なアジングジグヘッドは変わってきます。
    多くの種類を持っておき、アジングジグヘッドを適切に状況にあわせていけるかが釣果に関わってきます。

    【こちらもCHECK】アジングに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングラインおすすめ人気ランキングTOP10!理想の太さやフロロカーボンラインとは【2017年最新版】

    2017.11.21

    アジングワームおすすめランキングTOP10!ケースやカラーの選び方も【2017年最新版】

    2017.11.13

    アジングルアーおすすめ人気ランキングTOP10!仕掛けや重さの違いは?【2017年最新版】

    2017.10.27

    アジングジグヘッドを選ぶときの3つのポイント

    ① 重さはできるだけ細かく揃える

    34 ダイアモンドヘッド


    34 ダイアモンドヘッド

    アジングのジグヘッドには重さが非常に細かくあります。
    重さの幅は、軽いところでは0.2グラム程度のものから、重たいところでは5グラム程度のものまでが多いです。

    アジングジグヘッドでは、この重さの範囲でさらに0.2~0.3グラム単位で細かく重さがラインナップされています。
    初心者の方は最初は1グラム、1.5グラムというように0.5グラム刻みで揃えるとよいでしょう。
    アジングに慣れてきたら、さらにその中間を埋める重さを揃えていくようにすると、より状況にあわせやすく、釣果がアップするので覚えておきましょう。

    ② ヘッド形状による違いを理解して選ぶ

    シマノ ソアレ タングステンファインヘッド 1.2g SS-T12K ノーマル 01T
    シマノ ソアレ タングステンファインヘッド 1.2g SS-T12K ノーマル 01T

    アジングジグヘッドにはヘッドと呼ばれる重り部分の形状がさまざまあり、形状の違いはワームの動きに影響したり、仕掛けとの組み合わせやすさに関わってきます。
    アジングジグヘッドの基本的な種類には丸いラウンドヘッド、三角形のダートヘッド、弾丸形状のバレットヘッドがあります。

    それぞれの特徴は、下記のようになっています。

    ラウンドヘッド

    最もオーソドックスな形状で使う場面を選びにくいです。

    ダートヘッド

    ワームを左右にアクションさせるのが得意です。

    バレットヘッド

    水受けを工夫してあり浮き上がりにくく、キャロライナリグなどの仕掛けとの相性がよいです。

    基本的な形状による特徴を、各メーカーがさらに工夫を加えてあり、多くの種類のアジングジグヘッドがあります。
    それぞれの特徴を覚えて、状況によって使い分けるのがポイントになります。

    ③ フック形状による違いを理解して選ぶ

    TICT(ティクト) アジスタ Mサイズ 2.0g
    TICT(ティクト) アジスタ Mサイズ 2.0g

    アジングジグヘッドで使われているフック形状は主に2種類です。
    その2種類とは、針先が大きく外側を向いているアウトポイントフック、軸と針先が平行になっているストレートポイントです。
    また、フックには長いものや短いものがあり、長いものをロングシャンク、短いものをショートシャンクと呼びます。
    それぞれの特徴を下記のようになります。

    アウトポイントフック

    素早く掛けることが得意なのでジグヘッド単体でワームを使ったりアジの活性が高いとき。

    ストレートポイント

    ほかの仕掛けと組み合わせるようなときやアジの活性が低いときに使うのが基本。

    ロングシャンク

    長めのワームや低活性時におすすめです。

    ショートシャンク

    小さなワームや高活性時におすすめです。

    アジングジグヘッドおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはアジングジグヘッドのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者がアジングジグヘッド選びのポイントを踏まえて、経験に基づいたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 ティクト ダートジグヘッド

    軽いロッド操作でワームを左右に動かせるダートヘッドタイプのジグヘッド。
    日中にアジを狙うときや、夜間でも人が多くアジが警戒しているときなどに活躍してくれます。
    強靭なハイカーボン製フックで安心して使っていくことができるのもメリットです。

    9位 ヤリエ アジ爆ジグヘッド 速掛け

    アウトポイントフックでスタンダードなラウンドヘッドタイプのアジングジグヘッド。
    ヘッドを赤く塗装することによってアジのバイトマーカーとなる効果が期待できます。
    フックの軸が長いので、よりアジの口の奥に掛けていくことができます。

    8位 クレイジーオーシャン キールヘッド

    リーダーを使ってワームを漂わせる仕掛けと組みあわせて使うのがおすすめのジグヘッド。
    キャロライナリグやスプリットショットリグ、Fシステムといった仕掛けでの使用にあわせた設計となっています。
    遠くに投げて広い範囲を探ってアジを釣ってみるとよいでしょう。

    7位 ジャズ 尺ヘッドDX マイクロバーブ Dタイプ

    ヘッドに対して小さめのフックが特徴的なダートヘッドタイプのジグヘッド。
    アジング用としてはかなり重たい10グラムまでのラインナップがあります。
    刺さりと外れにくさを両立させたマイクロバーブフックもおすすめのポイントとなっています。

    6位 サーティーフォー ザ豆

    アジのサイズが小型のときに大活躍するバレットタイプのジグヘッド。
    小型アジのフッキングの難しさを何度もテストを繰り返すことで掛ける確率を高めた設計としてあります。
    0.2グラム単位の重さ設定も相まって、活躍してくれる場面が間違いなくあるであろうジグヘッドです。

    5位 カツイチ デコイ アジドライブ SV-55

    軽量なジグヘッドを使うときの操作感を失わないようにヘッド形状が工夫してあるアジングジグヘッド。
    ワームを裂きにくくもしっかり固定してくれるワームキーパーによって、ミスバイトのあとも続けてセカンドバイトを狙っていくことができます。
    アウトポイントになっているフックは素早いフッキングを可能としています。

    4位 ハヤブサ アジまっすぐ

    ワームを真っ直ぐ刺すことが簡単なバレットヘッドタイプのアジングジグヘッド。
    フックと別にワームを刺すためのシャンクがあり、セットが簡単です。
    ラインが結びやすい大きなラインアイも初心者の方にうれしい設計となっています。

    3位 オーナー アジ弾丸 JA-84

    ロングシャンクのストレートポイントが特徴のバレットヘッドタイプのジグヘッド。
    ほかの仕掛けと組みあわせて使っていくのがおすすめです。
    藻やクラゲの足が絡みにくいラインアイ形状も大きなメリットを生み出しています。

    2位 ダイワ 月下美人 SWライトジグヘッドSS

    大きな目玉が目を引くラウンドヘッドタイプのアジングジグヘッド。
    ラウンドヘッドにストレートポイントとなっているので、どんな場面でも使っていくことができます。
    ダイワ独自の「サクサス」という加工がしてある刺さりのよいフックもおすすめポイントです。

    1位 ティクト アジスタ

    アジングの先駆けメーカーであるティクトのラウンドタイプジグヘッド。
    フック形状はストレート、アウトポイントノーマル、アウトポイントラージの3種類あり、ワームの大きさやアジの状況に細かくあわせていくことができます。
    ただのラウンドヘッドではなく、全面に水を受ける面を設けてあるおすすめのジグヘッドです。

    アジングジグヘッドを使用するうえでの3つの注意点

    注意点① ワームは真っ直ぐにセット

    メジャークラフト ルアー ワーム パラワーム アジストレート イカナゴ #42 クリアレッド PW-AJI
    メジャークラフト ルアー ワーム パラワーム アジストレート イカナゴ #42 クリアレッド PW-AJI

    アジングジグヘッドを使うときにはワームを真っ直ぐにセットするように注意しましょう。
    もし曲がった状態だとワームが回転したりしてアジをうまく釣ることができません。
    真っ直ぐワームを刺すには少し練習と慣れが必要となりますので、釣りに行く前に自宅で練習しておくことをおすすめします。

    注意点② ワームを付けたまま保管しない

    手 ストップ 警告


    アジングでジグヘッドを使って釣りをしたあとは、ジグヘッドからワームを外して保管するようにしましょう。
    アジングジグヘッドのフックは細く繊細なのでワームを付けたままにしておくとすぐに錆が発生してしまいます。
    錆が発生したフックは非常に弱ってしまい、次に使ったときに折れたりすることも多いので注意しましょう。

    注意点③ 重さごとに分けて保管

    メイホウ(MEIHO) スリットフォームケース SS
    メイホウ(MEIHO) スリットフォームケース SS

    アジングジグヘッドは重さが非常に細かくありますので、混じって分からなくならないように重さごとに分けて保管しましょう。
    保管はパッケージのまま持っておくということもできますが、できればスリットフォームケースというジグヘッド専用のケースを使うことをおすすめします。
    スリットにフックを差し込んでおくことで固定できるので、針先がどこかに当たって鈍ってしまうということを心配しなくて良くなります。
    スリットフォームケースは小型で価格も決して高いものではないので、ぜひ使ってみてください。

    Amazonのアジングジグヘッド人気ランキング

    Amazonで人気のアジングジグヘッドを知りたい方はこちらもチェック!

    アジングジグヘッドは釣果に直結する要素

    魚 アクアリウム


    アジングではジグヘッドの使い分けが釣果に直結することは非常に多いです。
    重さが0.2グラム違うだけで釣れる釣れないといった違いが出たり、ジグヘッドの形状を変えただけで釣れ始めたということも珍しくありません。
    初心者の方は少し重ための1.5~2グラムくらいからスタートして、まずはアジをワームで釣ってみるところから始めてみるとよいです。
    ぜひ今回の記事を参考にアジングジグヘッドを選んで釣りを楽しんでみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】アジングに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!選び方や注意点も【2018年最新版】

    2017.12.08

    アジングラインおすすめ人気ランキングTOP10!理想の太さやフロロカーボンラインとは【2017年最新版】

    2017.11.21

    アジングリールおすすめランキングTOP10!シマノやダイワが人気?【2017年最新版】

    2017.11.17

    アジングワームおすすめランキングTOP10!ケースやカラーの選び方も【2017年最新版】

    2017.11.13

    アジングルアーおすすめ人気ランキングTOP10!仕掛けや重さの違いは?【2017年最新版】

    2017.10.27