巻尺(メジャー)おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。

    選び方のポイント

    • 長さで選ぶ
      →一般的には3m~5mもあれば十分ですが、業務用ならば10mは必要。用途にあわせて巻尺の長さを決めよう。
    • 予算で選ぶ
      →3m程度のものなら、1,000円以内で購入することができますが、5mや10mなど長さが長くなると2,000円前後が相場。
    メジャー

    ものの長さを計測するのに使用する巻尺は家庭用から業務用まであり、計測する長さにあわせて選ぶことができます。
    また種類も豊富なので、本記事ではどんな巻尺が販売されていて、どのように選べばよいのかを説明していきます。

    おすすめの巻尺もランキング形式で紹介していきますので、巻尺選びの参考にご活用ください。

    目次



    巻尺(メジャー)とは?

    メジャー

    巻尺とは、専用のテープに目盛りがつけられていて、計測したい部分にテープをあわせることで長さを計ることができる道具のことをいいます。
    巻尺で使われているテープには、金属製のものや布製のもの、樹脂製のものなど種類はさまざまです。

    一般的には2m~10m程度の長さを計測するのに利用されることが多く、計測が簡単にできるストッパーが内蔵されているものもあります。

    巻尺(メジャー)の仕組みと構造は?

    巻尺の仕組みと構造はとてもシンプルです。
    製造しているメーカーによって多少の違いはあるものの目盛りが書いてあるテープと、メジャーが内蔵されている本体、バネ、針金などで構成されています。

    針金とテープをくっつける部品の作り方によって巻尺の仕組みと構造に変化を加えているので、この部品に何を使うかによって、ストッパーやテープだるみをなくす機能に違いが出てきます。

    【こちらもCHECK】メジャーに関連するおすすめ記事はこちら

    50mの巻尺(メジャー)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.24

    巻尺(メジャー)を選ぶときに気をつけたい2つのポイント

    巻尺が欲しいとき、何にポイントを置いて選べばよいのか迷ってしまうという人のために、最低限おさえて欲しいポイントについて紹介します。

    ① どのくらいの長さのものを計測するのかを考える

    メジャー

    巻尺を選ぶうえで一番のポイントは、どのくらいの長さが必要かです。

    一般的には3m~5mもあれば充分ですが、業務用ならば10mは欲しいですね。
    用途を考えて巻尺の長さを決めましょう。

    ② 予算はどのくらい?

    お金 電卓

    巻尺は、計測できる長さや素材、機能によって価格が変わります。

    一般家庭で使用する3m程度のものなら、1,000円以内で購入することができますが、5mや10mなど長さが長くなると2,000円前後が相場です。
    テープの質がよいものだと10,000円近くするものもあるので、まずはどのくらいの予算にするのかを考えましょう。

    巻尺(メジャー)おすすめ人気ランキングTOP10

    ここまでは巻尺の選びかたについて説明してみました。
    ここからは、実際に使ってみた人の評判がよくおすすめの巻尺をランキング形式で紹介します。
    50mの巻尺、100mの巻尺に分けて厳選したものを紹介します。

    10位 タジマ ハイ-25 H25-55BL

    本体サイズ:-
    重さ:280g
    テープ長さ:5.5m
    テープ幅:25mm
    テープ厚:-
    ボディ素材:ABS樹脂

    テープの長さが5.5mの巻尺です。
    表面、裏面の両方にメモリがついているのが特徴で使いやすいです。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    1,384円

    9位 ヤマヨ サンエックスミリオン 50m OTR50X

    本体サイズ:-
    重さ:1020g
    テープ長さ:50m
    テープ幅:12.5mm
    テープ厚:0.47mm
    ボディ素材:-

    一般測量用として作られている巻尺です。
    両面に目盛がついていて、なおかつ10cmごとにm単位の数字が表示されているので目盛が読みやすいです。
    ガランス繊維を芯材として作られている巻尺なので、温度変化による誤差が少ないと言われています。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    3,189円

    8位 プロマート オートロックメジャー 3.5m AUL1935

    本体サイズ:68×58×38mm
    重さ:160g
    テープ長さ:3.5m
    テープ幅:19mm
    テープ厚:-
    ボディ素材:-

    オートロック式の巻尺です。
    巻尺の衝撃を抑える仕様にくわえ、測定するときに引き出したテープを、動かないようにロックできるので使いやすいと評判も高いです。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    515円

    7位 シンワ測定 スマートギア コンベックス 限定カラー 80852

    本体サイズ:-
    重さ:-
    テープ長さ:5.5m
    テープ幅:25mm
    テープ厚:-
    ボディ素材:-

    裏面にも目盛りがついているタイプの巻き尺。
    コンパクトサイズなので、家庭用としても使うことができます。
    巻尺本体の色は4色展開なので、ほかの小物と統一するのもよいでしょう。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    891円

    6位 タジマ ロック-27 m目盛 L27-55BL

    本体サイズ:75×75×42mm
    重さ:340g
    テープ長さ:5.5m
    テープ幅:27mm
    テープ厚:-
    ボディ素材:-

    JIS1級で規格仕様の巻尺です。
    テープの長さは5.5mで、一般的な測定にぴったり。
    テープのロック機能も便利ですね。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    2,233円

    5位 ドレイス テープメジャー レッド

    本体サイズ:41.5×30.8×2.5cm
    重さ:1141g
    テープ長さ:30m、50m、100m
    テープ幅:13mm
    テープ厚:-
    ボディ素材:ABC

    テープの長さは、30m、50m、100mと3種類あるので用途にあわせて長さを選ぶようにすると使いやすいです。
    テープの表面はmで表示されていますが、裏面はフィート表示となっています。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    1,680円

    4位 PROMART 抗菌メジャー オートストップタイプ KA-15

    本体サイズ:125×76×20mm
    重さ:30g
    テープ長さ:1.5m
    テープ幅:12mm
    テープ厚:-
    ボディ素材:ABS

    グラスファイバーで作られている巻尺なので、抗菌効果は抜群です。
    衛生面に配慮する必要がある場所で使うのに最適です。
    テープの長さは1.5mなので、身近にあるものの測定に活用することができます。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    323円

    3位 タジマ 剛厚セフコンベ G3ゴールドロック GASFG3GLM25-50BL

    本体サイズ:86×73×64
    重さ:363g
    テープ長さ:25m
    テープ幅:25mm
    テープ厚:-
    ボディ素材:ABS樹脂

    コンパクトですがしっかりとした作りの巻尺です。
    テープは、剛厚タイプなので計測中によれることがありません。
    目盛りを読みやすくするためにテープの色をイエローにしています。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    2,582円

    2位 タジマ Gロック-22 GL22-55BL

    本体サイズ:70×70×42
    重さ:290g
    テープ長さ:5.5m
    テープ幅:22mm
    テープ厚:-
    ボディ素材:ABS樹脂

    高さのある場所で長さを測るときに、間違って巻尺が落下しても床を傷つけることのない素材を使用しています。
    目盛りは、m表記で、ストラップと大型ベルトクリップがついています。
    爪を傷めることのないフックガードバンパーなど、安全面に配慮した設計の巻尺です。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    1,717円

    1位 SHUREMAN ロックコンベックス

    本体サイズ:-
    重さ:-
    テープ長さ:5.5m
    テープ幅:25mm
    テープ厚:-
    ボディ素材:-

    テープを出したときにロック機能がついているので、不意にテープが本体に戻ってしまう心配もなく安全です。
    巻尺本体のフィット感を考えて作られているので握りやすいと評判も高いです。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    497円

    50mの巻尺(メジャー)おすすめ人気ランキングTOP3

    ここまでは巻尺のなかでおすすめの商品をランキングで紹介してきました。
    ここからは、巻尺の長さを50mのものに限定しておすすめの商品をランキングにしてみました。

    3位 コメロン 巻尺 ユニグリップフレックス KMC-1800

    本体サイズ:30×295×400mm
    重さ:980g
    テープ幅:13mm
    テープ厚:-
    ボディ素材:-

    16000本ものガラス繊維で作られたテープを使用した巻尺です。
    両面に目盛りをツートンカラーで配置しているので、計測しやすく使いやすいと評判です。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    2,050円

    2位 ドレイス テープメジャー レッド

    本体サイズ:-
    重さ:373g
    テープ幅:-
    テープ厚:-
    ボディ素材:ABC

    m表記の巻尺ですが、テープ面を裏側にするとフィート表記となっているので、どちらの表記にも対応しています。
    50m以外にも、30m、100mと種類があるので、必要な長さの巻尺を選んでみてください。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    1,680円

    1位 タジマ シムロン-L はや巻 YSL3-50

    本体サイズ:320×220×45
    重さ:930g
    テープ幅:13mm
    テープ厚:0.55mm
    ボディ素材:ABS樹脂

    ガラス繊維で作られている巻尺です。
    汚れてしまったときは、いつでも気軽に水洗いすることができます。
    耐久性が高いので、車に踏まれるようなことがあってもテープ部分が折れてしまうことがありません。
    壊れることを気にせず安心して使うことができる巻尺です。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    4,968円

    100mの巻尺(メジャー)おすすめ人気ランキングTOP3

    ここまでは50mの巻尺でおすすめの商品を紹介してきました。
    ここからは、100mの巻尺でおすすめの商品をランキングで紹介していきます。

    3位 メジャー 巻尺 スチール製 75112

    本体サイズ:30.5×18×4cm
    重さ:1.7kg
    テープ幅:-
    テープ厚:-
    ボディ素材:スチール

    一般測定以外にも、建築や土木など専門性の高い計測におすすめの巻尺です。
    スチールでできているので、計測時の誤差も少なく、丈夫なので長く愛用することができます。
    100mという長い巻尺(メジャー)なので、計測後の巻取りを快適にするためにリールがついていますが、リールのハンドル部分は折りたたみ式なので、コンパクトに収納することができます。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    2,048円

    2位 ヤマヨ サンエックスミリオン OTR100X

    本体サイズ:-
    重さ:1700g
    テープ幅:12.5mm
    テープ厚:0.47mm
    ボディ素材:-

    電気工事や鉄道工事など専門的な測量に使用されることの多い巻尺です。
    テープは、ガラス繊維を使用し、塩化ビニールでコーティングされているので、摩耗や電気絶縁性に優れています。
    オリジナルのホドキブレーキングシステムを採用することで、ムダにテープが出てくることもありません。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    7,946円

    1位 ムラテックKDS スピードタフミックリール SGR12-100

    本体サイズ:425×324×45mm
    重さ:1450g
    テープ幅:12mm
    テープ厚:0.48mm
    ボディ素材:ABS樹脂製

    白と黄色のツートンカラーのテープは、グラスファイバーの素材を使用しています。
    テープのたるみ改善や、巻取りスピードなど使いやすさを考えて作られているので、ストレスなく使うことができます。
    先端にはエラストマー剣先を使用しているので、計測の支柱となる部分を保護する効果があり、安心して使うことができると人気です。

    Amazon商品価格(2018年2月28日現在)

    7,967円

    巻尺(メジャー)の使用上の注意点

    DIY

    巻尺はテープの素材によっては、手を切るなどケガをしてしまう危険性があります。
    特に長さの計測が終了し、テープを本体に巻き取って収納するときにケガをしやすいです。
    テープが長ければ長いほど、本体に巻き取るスピードが早くなるため、取り扱いには十分注意しましょう。

    またそのスピードに対応していない巻尺の場合、注意書きにケガの危険性を表記していますので、購入したときには必ず取り扱い説明書にしっかり目を通すようにしましょう。

    Amazon&楽天のメジャー・巻尺 人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    巻尺(メジャー)は、用途にあわせたものを選ぼう

    メジャー

    日常生活のなかで必要になる場面が度々訪れる巻尺。
    一般家庭でもひとつは常備しておきたいものですよね。

    仕事など特別な用途でなければ、それほど立派な巻尺は必要ありませんが、それでもせっかく購入するのであれば、ある程度の長さのものを選んだ方が長く使うことができるのでおすすめです。

    今回ランキングでおすすめした巻尺をぜひ参考に選んでみてくださいね。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】文房具・オフィス用品に関連するおすすめ記事はこちら

    革製ペンケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.24

    大学生に最適なペンケースおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.24

    おしゃれなバインダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.26

    電卓おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.13

    パーカーの万年筆おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.02.19

    ABOUTこの記事をかいた人

    水崎 まよ

    元文房具店勤務

    文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
    文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
    新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。