ベイトリールラインおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • ベイトリールラインを初めて使うときにはナイロンラインを選ぶ
      →ナイロンラインが使いやすい状況は、ブラックバスやシーバス、ヤマメやイワナ狙いで「ハードルアー」を使うとき。
    • 障害物周りではフロロカーボンラインを選ぶ
      →硬さがあるため「バックラッシュ」が起きやすいので、対策として少しブレーキを強めに設定すること。
    • 海の釣りではPEラインを基本的に選ぶ
      →数mごとに色がついている「マーキング付きPEライン」を使うと、水深や投げた距離がわかりやすいのでおすすめ。

    リール
    力強い巻き取りと正確なキャストができることで人気のベイトタックル。
    そのベイトタックルで使うのがベイトリールラインで、対象にあわせて、さまざまな種類の製品が販売されています。

    本記事では釣り歴20年以上となる筆者がベイトリールラインの選び方や使うときの注意点、おすすめ品を紹介します。
    ベイトリール選びに迷う方は、ぜひ参考にしてください。



    ベイトリールラインとは

    リール ライン
    ベイトリールラインにはナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインの3種類があります。
    釣る場所や使うルアー、狙う魚によって使い分けるのがポイントです。
    それぞれの基本的なメリットは、下記になります。

    ナイロンライン

    伸びがあり価格が安く初心者でも使いやすいこと。

    フロロカーボンライン

    扱いに少し慣れが必要ですが硬く障害物に擦れても切れにくいこと。

    PEライン

    伸びがほとんどなく細くても強度があり手元に伝わってくる感覚がよいこと。

    このような基本的な特徴を覚えておくと、ベイトリールラインを迷うことなく選べるようになるでしょう。

    【こちらもCHECK】ベイトリールへのラインの巻き方と設定おすすめ解説動画はこちら

    ベイトリールラインを選ぶときの3つのポイント

    ① ベイトリールラインを初めて使うときにはナイロンラインを選ぶ

    釣り リール
    ベイトリールラインのなかで最も使いやすいのがナイロンライン。
    ベイトリールを初めて使う方はナイロンラインを使って、ブレーキの調整やトラブル時の対処方法を覚えていくとよいでしょう。

    ナイロンラインが使いやすい状況は、ブラックバスやシーバス、ヤマメやイワナ狙いで「ハードルアー」を使うときです。
    ハードルアーを使うときには、ナイロンラインの特徴である伸びが魚の食い込みを助けてくれるので、釣果アップが図れます。

    ② 障害物周りではフロロカーボンラインを選ぶ

    ライン 釣り
    岩や木などの障害物周りを釣るときに欠かせないベイトリールラインの種類がフロロカーボンライン。
    フロロカーボンラインは硬く擦れに強いので、ベイトタックルで最も多く使われるベイトリールラインです。
    ブラックバスやロックフィッシュのように障害物に隠れる習性がある魚を釣るときに使うといいですね。

    硬さがあるため「バックラッシュ」が起きやすいので、対策として少しブレーキを強めに設定しておきましょう。

    ③ 海の釣りではPEラインを基本的に選ぶ

    釣り リール

    海の釣りでは強度が高いPEラインをベイトリールラインで使うのがおすすめ。
    PEラインは太さを「号数」で表してあり釣り方や狙う魚によって太さを変えるのがポイントです。
    太さは下記を目安にして選んでみてください。

    • マダイやシーバス狙いでは1.5号
    • ロックフィッシュ狙いでは2~3号
    • ジギング用では3号以上

    また数mごとに色がついている「マーキング付きPEライン」を使うと、水深や投げた距離がわかりやすいのでおすすめです。

    【こちらもCHECK】PEラインに関連するおすすめ記事はこちら

    PEラインおすすめ人気ランキングTOP15!リーダーや結び方も【2018年最新版】

    2018.01.30

    PEライン1号おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.22

    ベイトリールラインおすすめ人気ランキングTOP5

    ここからはベイトリールラインのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。
    筆者がベイトリールライン選びのポイントを踏まえたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    5位 クレハ シーガー R-18フロロリミテッド 14ポンド

    障害物周りを攻略していくときにおすすめのフロロカーボンライン。
    表面硬度がほかのフロロカーボンラインよりも高いので擦れにとても強いです。
    ベイトリールで使うときには14ポンドの太さがおすすめ。

    Amazon商品価格(2018年3月2日現在)

    1,516円

    4位 モーリス バリバス ソルトウォーター VEP

    海での使用を想定して製造されているナイロンライン。
    フッ素加工がしてあり滑りが抜群で飛距離が伸びやすい特徴を持っています。
    ライン潰れの少ない平行巻きを採用してあるところにも注目したいベイトリールラインです。

    Amazon商品価格(2018年3月2日現在)

    872円

    3位 デュエル ハードコア X8 マーキングシステム

    8本編みで水深や飛距離がわかりやすいマーキングをしてありながら低価格のおすすめPEライン。
    海でのマダイやシーバス、ロックフィッシュまで使いやすいベイトリールラインです。

    Amazon商品価格(2018年3月2日現在)

    2,319円

    2位 クレハ シーガー フロロマイスター

    ラインが弱ったときにすぐに巻き替えられる長さとコストパーフォーマンスが魅力のフロロカーボンライン。
    繊維メーカーのクレハが製造している安心品質で、特に初めてフロロカーボンラインを使う方におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年3月2日現在)

    991円

    【こちらもCHECK】シーガー フロロマイスターのおすすめ紹介動画はこちら

    1位 サンライン MACHINEGUN CAST

    繰り返しキャストしても劣化しにくいナイロンライン。
    しなやかな質感でベイトリールに馴染みやすく、初心者の方から上級者の方までおすすめのベイトリールラインです。

    Amazon商品価格(2018年3月2日現在)

    1,299円

    【こちらもCHECK】サンライン MACHINEGUN CASTのおすすめ紹介動画はこちら

    ベイトリールラインを使用するうえでの注意点

    細すぎるラインはトラブルが起きやすいので注意

    リール ライン

    ベイトリールラインを使用するときに注意したいのが、細すぎるラインを使わないことが重要。
    ベイトフィネスや細いPEラインを使う機会も増えていますが、細すぎるラインはスプールと本体の隙間に入り込んでしまったり、ベイトリール特有のトラブル「バックラッシュ」が起きてしまったりしたときは解消するのが難しいです。
    ベイトリールの大きさにもよりますが、適合ラインスペックよりも細いベイトリールラインは、使わないことをおすすめします。

    Amazon&楽天のライン人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    ベイトリールライン選びは釣果に直結する

    釣り竿 リール

    本記事でご紹介したようにベイトリールラインには3つの種類があり、それぞれに特徴や使いやすい釣り方が変わってきます。
    選び方のポイントをふまえてベイトリールラインを選ぶことで釣りがしやすくなるので、参考にしながらベイトリールラインを選んでみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    シマノのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.27

    ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.26

    ベイトフィネスリールおすすめ人気ランキングTOP10!低価格な商品も【2018年最新版】

    2018.05.16

    ベイトリールラインおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.02

    ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!使い方やメンテナンスについても【2018年最新版】

    2018.02.16