50mの巻尺(メジャー)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。

    選び方のポイント

    • 予算を考えよう
      →50mの巻尺(メジャー)の価格は、1,000円弱のお手ごろなものから6,000円以上の高価なものまで。
    • テープ部分の材質を選ぶ
      →折れ曲がることが少なく汚れにも強いガラス繊維がおすすめ。
    メジャー

    巻尺(メジャー)を購入する場合、用途によって必要な長さが違いますよね。
    例えば50mの長さを測ることのできるものは、屋外での計測にぴったりです。
    そこで本記事では50mの巻尺(メジャー)を探している人におすすめの商品を紹介します。



    50mの巻尺(メジャー)とは?

    メジャー 数字5

    巻尺(メジャー)は、テープに記載されたメモリを計測したい部分にあわせて計測します。
    テープの長さは数mから数十mのものまであるので用途にあわせて選びましょう。

    巻尺の仕組みは使用しないときはテープの部分を巻き戻しておき、必要な分だけ引き出すというもの。
    なかには引き出したテープ部分が戻らないようにストッパーがついているものもあります。

    【こちらもCHECK】メジャーに関連するおすすめ記事はこちら

    巻尺(メジャー)おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.24

    50mの巻尺(メジャー)の2つの選び方

    50mの巻尺(メジャー)を選ぶポイントについて説明していきます。

    ① 予算を考えよう

    電卓

    50mの巻尺(メジャー)の価格は、1,000円弱のお手ごろなものから6,000円以上の高価なものまであります。
    まずは用途にあわせて、どのくらいの価格のものが最適か考えて選びましょう。

    ② テープ部分の材質を選ぶ

    メジャー

    50mの巻尺(メジャー)を屋外で使用することが多い場合は、テープ部分が耐久性のある材質のものを選びましょう。
    なかでも折れ曲がることが少なく汚れにも強いガラス繊維がおすすめです。
    こちらなら万が一汚れてしまっても水で洗い流すこともできます。

    50mの巻尺(メジャー)ランキングTOP5

    ここからは今までのポイントをもとにおすすめしたい50mの巻尺(メジャー)をランキング形式で紹介します。

    5位 タジマ シムロン-L はや巻 YSL3-50

    本体サイズ:320×220×45mm
    重さ:930g
    テープ幅:13mm
    テープ厚:0.55mm
    テープ材質:ガラス繊維
    ボディ材質:ABS樹脂

    テープ材質は、車に踏まれても折れることはなく耐薬性にも優れているガラス繊維です。
    水洗いすることもできるので、常に清潔な状態で使うことができます。
    目盛りの表面は白色で2mm間隔、裏面は黄色で5mm間隔です。
    錆びにくい加工が施されているので、長く使うことができます。

    Amazon商品価格(2018年3月2日現在)

    4,968円

    4位 セキスイ エスロン巻尺 12-50HRW 50m

    本体サイズ:-
    重さ:-
    テープ幅:12mm
    テープ厚:0.48mm
    ​テープ材質:ガ​ラ​ス​繊​維
    ボディ材質:​衝​撃​に​強​い​樹​脂

    テープの巻取りスピードが一般的な巻尺(メジャー)のなんと3倍!
    両面に目盛りがついていて、表は白色で2mm間隔、裏は黄色で5mm間隔です。
    ガラス繊維のテープはねじれにも強く耐久性は抜群!

    Amazon商品価格(2018年3月2日現在)

    4,890円

    3位 新潟精機 巻尺 ラク巻 快段目盛 50m GFM-50KD

    本体サイズ:-
    重さ:890g
    テープ幅:12.5mm
    テープ厚:-
    ​テープ材質:ガラス繊維で塩化ビニール被膜
    ボディ材質:-

    こちらの商品は、砂の付着やテープの出過ぎを防止する機能を搭載!
    手にしっかりフィットするグリップなので、ストレスを感じることがありません。
    目盛りは1mm単位で、数字が見やすく作られています。

    Amazon商品価格(2018年3月2日現在)

    6,330円

    2位 GREATTOOL 快速巻尺 50m KSM-50

    GREATTOOL 快速巻尺 50m KSM-50

    GREATTOOL 快速巻尺 50m KSM-50

    3,458円(06/06 06:52時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    本体サイズ:-
    重さ:-
    テープ幅:13mm
    テープ厚:-
    ​テープ材質:ガラス繊維ダブルコートテープ
    ボディ材質:-

    ガラス繊維のテープにダブルコーティングすることで丈夫な作りを実現した巻尺(メジャー)!
    巻取りをスムーズにするためにギヤ機能を搭載。
    スムーズで安全な巻取ができるうえ、テープをロックした状態でも引き出すことができます。
    使いやすさを追求した巻尺です。

    Amazon商品価格(2018年3月2日現在)

    3,268円

    1位 『テープメジャー50m』巻尺

    本体サイズ:-
    重さ:415g
    テープ幅:12mm
    テープ厚:-
    ​テープ材質:ガラス繊維製
    ボディ材質:-

    屋外での計測に便利な巻尺(メジャー)です。
    素材は耐久性の高いガラス繊維を使用。
    テープの片面はm表示、裏面はフィート表示となっています。
    オレンジとワインレッドの2色展開!

    Amazon商品価格(2018年3月2日現在)

    999円

    50mの巻尺(メジャー)の使用上の注意点

    DIY

    巻尺(メジャー)を使用するときは、使用上の注意をまずは確認するようにしましょう。
    自動でテープを戻すことのできるタイプは、テープ部分で手を切ってしまうこともあるので注意が必要です。
    建設現場などで使用する場合は、電気の通さないテープを選ぶ方が安全です。
    屋外で使用する場合は、思わぬケガにあわないように使い方には充分注意して使用しましょう。

    Amazon&楽天のメジャー・巻尺 人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    50mの巻尺(メジャー)はテープ部分をしっかり吟味して選ぼう

    メジャー

    巻尺(メジャー)の選びかたや使用上の注意点、おすすめの商品をランキングで紹介してきました。
    一度購入すれば長く使用できますので、使いやすくて安全なものを選びましょう。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    【あわせて読みたい】文房具・オフィス用品に関連するおすすめ記事はこちら

    革製ペンケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.24

    大学生に最適なペンケースおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.24

    おしゃれなバインダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.26

    電卓おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.13

    パーカーの万年筆おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.02.19

    ABOUTこの記事をかいた人

    水崎 まよ

    元文房具店勤務

    文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
    文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
    新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。