ペットボトル対応のボトルケージおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

津田 良和

週に100キロ走るほどのロードバイク好き

週に一度100kmほど走るロングライドをやっています。
素敵なサイクルライフを送るための役に立つ情報を発信していきます。

    選び方のポイント

    • 素材
      →軽量ながら耐久性に優れる「カーボン」など、素材の特徴を把握して選択。
    • 取り出しやすさで選ぶ
      →ボトルケージにダウンチューブに装着するならボトルを縦方向に取り出しやすいものを、シートポストに装着する場合は横方向に取り出しやすいものを選択。
    • 取り付け位置も大切
      →ハンドルバーやサドル後方など、さまざまな位置に取り付けられるボトルケージでれば、予備のボトルを持ち運べる。
    自転車 男性 給水

    サイクリングをしているときに喉が渇いて水分補給をするのはとても大切なことです。
    そのために飲料水を持ち歩いている人はさまざま携帯方法で持ち運んでいるでしょう。

    ロードバイクに乗っている人であれば、車体に専用のホルダーを設置して、ホルダーに飲み物の入ったボトルを差し込み、そうではない方はリュックサックなどにペットボトルを入れている方が多いでしょう。

    しかし、リュックサックなどに毎回ペットボトルなどを入れておくのは、場所をとる上に、いちいち取り出すのが面倒でもありますよね。
    そのようなときにあると便利なのが、ボトルケージです。

    ボトルケージを自転車に装着して、そこにボトルを固定すれば自転車に飲料水をセットした状態で持ち運ぶことができます。
    ボトルケージを使用すれば荷物の場所を取ることもありませんし、水分補給をするときにもサッとペットボトルを取ることができるので、とてもスムーズになります。
    本記事ではペットボトル対応のボトルケージを紹介します。

    【こちらもCHECK】ボトルケージに関連するおすすめ記事はこちら

    ボトルケージおすすめ人気ランキングTOP15!カーボン製とペットボトル対応も【2017年最新版】

    2017.12.01


    ペットボトル対応ボトルケージってどんなもの?

    自転車 ペットボトル

    ボトルケージは一般的にロードバイクのダウンチューブやシートポストに取り付けることによって、ボトルを装着した状態で走行することができるようになるアイテム。
    ボトルを装着することによって、走行中でも手をのばすことによってボトルを手に取ることが可能になるので、細かい水分補給が可能となります。

    また、ボトルケージには対応するボトルのサイズがあり、すべてのボトルケージがペットボトルに対応していません。
    ペットボトル対応ボトルケージを必要とする方は注意してボトルケージを選ぶ必要があります。

    ペットボトル対応ボトルケージの3つの選び方

    ① ボトルケージの素材で選ぶ

    自転車 ボトルケージ

    ボトルケージに使われている素材によって軽さや耐久性などの差がでてきますので、素材による機能面での差も知っておいた方がよいポイントとなります。
    ボトルケージに使われている素材には主にカーボン製やプラスチック製、アルミニウム製などがあります。
    それぞれの素材の特徴を簡単に以下にまとめますので参考にして下さい。

    カーボン製

    ロードバイクにも使用されている軽量で丈夫なことで有名なカーボンですが、ボトルケージにも同様のことが当てはまります。
    ほかの素材のボトルケージよりも軽量で、耐久性も申し分ないものばかりです。
    価格はほかのものと比べて高価ですが機能性の高さは魅力的。

    【こちらもCHECK】カーボン製ボトルケージに関連するおすすめ記事はこちら

    プラスチック製

    低価格で軽量なコストパフォーマンスに優れた素材なのがプラスチックです。
    カーボン製のボトルケージと遜色ないような軽さが魅力的で、価格も抑えめなので初心者でも気軽に購入することができます。
    耐久性には優れていませんが、定期的に交換しながら使用するのであればとても便利に使用可能。

    アルミニウム製

    価格は抑えめで強度に優れているのがアルミニウム製のボトルケージです。
    デザインはシンプルなものが多く、スタイリッシュなコーディネートが可能となります。
    アルミニウムのほかにもスチールやステンレスなどの金属が使われたボトルケージもあり、選択の幅が広い素材ということができるでしょう。

    ② 取り出しやすさで選ぶ

    自転車 ビル 給水

    ボトルケージにペットボトルを装着して、走行中などに水分補給を行うときにペットボトルが取り出しにくいボトルケージを使っていると、水分補給の度にストレスになってしまいますよね。
    ボトルケージを選ぶ際はストレスを少なくするためにも取り入れのしやすさというポイントも考慮してみてください。
    ボトルケージの設計上取り出しやすくなっているものもありますが、ボトルケージを取り付ける位置によっても取り出しのしやすさというのは変わってきます。

    ダウンチューブにボトルケージを装着するのであれば、ボトルを縦方向に取り出すことが多くなってくるので、縦方向の取り出しがしやすいものを選ぶとよいでしょう。
    シートポストにボトルケージを装着する場合は横方向に取り出しがしやすいものの方がおすすめです。

    ③ 取り付け位置によって選ぶ

    自転車 女性 林道

    ボトルケージを装着する位置として一般的なのはダウンチューブとシートポストですが、人によっては予備のボトルを持っておきたい人や空気抵抗を気にする人もいるかと思います。
    そのような方は取り付け位置にこだわってボトルケージを選ぶとよいでしょう。
    ハンドルバーやサドル後方などさまざまな位置にボトルケージを取り付けることができるものもあり、そうすることで予備のボトルを持ち運ぶこともできます。

    ペットボトル対応ボトルケージおすすめランキングTOP5

    ここからは、おすすめのペットボトル対応ボトルケージをランキング形式で紹介します。
    用途やおすすめポイントも説明するので、ぜひとも理想のペットボトル対応ボトルケージの参考にしてください。

    5位 EpochAir 自転車用ボトルケージ

    わずか40グラムの軽さが魅力的なプラスチック製のボトルホルダー。
    最大の特徴はロードバイクでよく使用されるボトルからペットボトル、缶までも装着することができるという点にあります。
    サイズが異なるものでもしっかりホールドすることができるので、場面にあわせて使うことができる機能性の高さが売りの商品です。

    4位 titosoy 自転車用ドリンクホルダー

    自転車用ドリンクホルダー

    自転車用ドリンクホルダー

    78円(06/06 07:26時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    コストパフォーマンスに優れたプラスチック製のボトルケージ。
    値段もさることながらデザインもシンプルでかっこ良く場面にあわせて使い分けることができるので、初めて購入される方にとってはうってつけの商品です。

    3位 Bikeguy どこでもケージホルダー

    ボトルケージの取り付け部分がホルダーを巻いて取り付けるタイプなので、自転車のあらゆる部分に装着することができるのが魅力。
    一般的にボトルケージはダウンチューブやシートチューブに取り付けますが、シートポストやトップチューブなどにも取り付けることができるので、利便性が高いボトルケージです。

    2位 ミノウラ ペットボトル用ケージ

    品質の高さで定評のあるミノウラが販売しているペットボトル専用のボトルケージ。
    シンプルなデザインが魅力的で、ホールド力に優れているのでボトルが落ちる心配もありません。
    カラーバリエーションが豊富なので、自分のロードバイクのカラーにあったものを選ぶことができるのもうれしい要素です。

    1位 トピーク モジュラー ケージ II

    TOPEAK(トピーク) モジュラー ケージ 2

    TOPEAK(トピーク) モジュラー ケージ 2

    1,056円(06/06 07:26時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    ボタンを押すことでボトルケージのサイズを調節することができるので、どんな形状のボトルにも対応することができます。
    サイズ調整によってどんな形状でもジャストフィットするので落下の心配もありません。
    ロードバイク用のボトルもペットボトルにも使えるボトルケージが欲しいという方にはとても便利な商品です。
    振動にも強いので缶や水筒などにも使うことができます。

    ペットボトル対応ボトルケージの2つの使用上の注意点

    注意点① 水分補給はマメに行う

    自転車 子供 給水
    自転車に乗っているときは想像以上に汗をかいているので、水分補給をしなければなりません。
    水分補給を怠るとパフォーマンスの低下や、脱水症状を引き起こす恐れもあります。
    ボトルケージを使用すれば走行中でもすぐにボトルを取り出すことができるので、水分補給をマメに行うということを頭に入れておいてください。

    注意点②ボトルの落下に注意する

    自転車 レース
    ボトルケージは自転車の走行中でもボトルを取り出して水分補給ができる便利なアイテムですが、その反面走行中の振動によってボトルが手から滑り落ちたり、出し入れを誤ってボトルを落下させてしまう恐れがあります。
    特に車道走行の場合、ボトルを落としてしまうと後続車両に大変な迷惑をかけてしまう上に、とても危険です。
    ボトルケージは便利なアイテムではありますが、走行中に使用する場合は余裕のある場所で行うようにしましょう。

    ペットボトル対応ボトルケージを使ってサイクリングをより快適にしよう

    自転車 給水 崖
    ペットボトル対応ボトルケージを使用することによって、自転車走行がより便利に快適になること間違いありません。
    ペットボトル対応ボトルケージ自体はほかのパーツやアイテムよりも価格が安いこともあり、初心者でも気軽に購入することができるので、自転車に乗っているのであればぜひとも購入していただきたいアイテムです。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    TOPEAK(トピーク) モジュラーケージ2

    TOPEAK(トピーク) モジュラーケージ2

    1,056円(06/06 07:26時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    【あわせて読みたい】自転車用品に関連するおすすめ記事はこちら

    自転車用テールライトおすすめ人気ランキングTOP18!USBやソーラーとLEDについても【2017年最新版】

    2017.12.05

    自転車工具セットおすすめ人気ランキングTOP10!箱や携帯のタイプから六角レンチやメーカーまで【2017年最新版】

    2017.12.01

    ボトルケージおすすめ人気ランキングTOP15!カーボン製とペットボトル対応も【2017年最新版】

    2017.12.01

    自転車用スマホホルダーおすすめ人気ランキングTOP15!防水と固定タイプも【2017年最新版】

    2017.11.20

    自転車用ヘルメットおすすめ人気ランキングTOP15!子ども用と大人用&着用義務や選び方も【2017年最新版】

    2017.11.18