電動リール用バッテリーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 持ち運びしやすいものを選ぶ
      →持ち運び用のバッグや取っ手がついているものを選んでおくのがおすすめ。
    • どんな素材が使われているか確認して選ぶ
      →リチウムを使用してある電動リール用バッテリーのほうが、容量や巻きあげパワーの心配が少ないのでおすすめ。
    • Ah(アンペアアワー)を目安にして選ぶ
      →より深い水深や大物狙いのときは数字が大きなものを選ぶのがおすすめ。
    • 充電残量がわかるものを選ぶ
      →狙う水深が100mを越えるようなときや、大物や複数の魚を掛けるときは充電残量がわかるものを選んでおくのがおすすめ。
    • 専用品があることに注意して選ぶ
      →初心者の方は、汎用性のあるバッテリーを選んでおくのがおすすめ。
    電動リール 海釣り

    船から深い水深を狙って釣りをするのに最適な電動リールで、絶対に必要となるのが電動リール用バッテリーです。

    深い水深になればなるほど仕掛けを落として巻きあげたり、魚が掛かってからやり取りしたりといったことが、人力のみだと非常に大変ですが、電動リールはそれを快適に行う手助けをしてくれます。

    本記事では釣り歴20年以上となる筆者が、電動リール用バッテリーの選び方からおすすめ品までをご紹介します。
    一見すると同じような製品が多い電動リール用バッテリー選びに、ぜひ本記事の内容を役立ててみてください。



    電動リール用バッテリーとは

    FIAMM フィッシング 電動リール用 バッテリー&充電器セット FGH20902SET
    FIAMM フィッシング 電動リール用 バッテリー&充電器セット FGH20902SET

    電動リール用バッテリーとはその名の通り、電動リールを動かすための電源となってくれるものです。
    釣りにおいてはエレクトリックモーターや魚群探知機を動かすためにもバッテリーが使われますが、電動リールはそれらに比べると必要とする電気量が少ないのでバッテリーも小型のものが多いです。

    船によっては電動リール用の電源が用意してあるところもありますが、電圧が安定しないことも多く、巻きあげの途中で止まってしまうことがあります。
    それをふまえて電動リールを使用する際は、自分で電動リール用バッテリーを用意しておくようにしましょう。

    【こちらもCHECK】電動リールを使用している釣り動画はこちら

    電動リール用バッテリーを選ぶときの5つのポイント

    ① 持ち運びしやすいものを選ぶ

    ハピソン(Hapyson) 中・小型電動リール用充電式 12Ahバッテリーパック YQ-118
    ハピソン(Hapyson) 中・小型電動リール用充電式 12Ahバッテリーパック YQ-118

    電動リール用バッテリーは小型ではありますが3~5kgほどの重さがあるものが多いので、持ち運び用のバッグや取っ手がついているものを選んでおくのがおすすめです。
    船釣りのときは、ほかにも釣り竿や道具一式、クーラーなどの持ち込みが必要となります。
    ほかの釣り人と協力しながら荷物を船に乗せることも多いので、そのようなときのためにも電動リール用バッテリーは持ち運びしやすいようにしておきましょう。

    ② どんな素材が使われているか確認して選ぶ

    充電器+バッテリー(12V15Ah)+防水キャリーケース セット■■スーパーナットST1215 マリンパワー ダイワ タフバッテリー12000互換(Ⅰ~Ⅳ) など対応 電動リール用バッテリー
    充電器+バッテリー(12V15Ah)+防水キャリーケース セット■■スーパーナットST1215 マリンパワー ダイワ タフバッテリー12000互換(Ⅰ~Ⅳ) など対応 電動リール用バッテリー

    電動リール用バッテリーには、鉛とリチウムという2つの違った素材が使われています。

    鉛を使用しているバッテリーは安価ですが容量やパワーが少し落ちる傾向がありますね。
    リチウムに関しては高価にはなりますが、サイズをコンパクトにできたり巻きあげや容量の面で有利というメリットがあります。

    予算にもよりますが、リチウムを使用してある電動リール用バッテリーのほうが、容量や巻きあげパワーの心配が少ないのでおすすめです。

    ③ Ah(アンペアアワー)を目安にして選ぶ

    WOODMAN(ウッドマン) シーキング 12V/8A
    WOODMAN(ウッドマン) シーキング 12V/8A

    電動リールには「Ah(アンペアアワー)」という表示がしてありますが、これはバッテリーの容量を表す目安となっています。
    このAhの数字が大きければ大きいほど容量が多いので、より深い水深や大物狙いのときは数字が大きなものを選ぶのがおすすめです。

    しかし、Ahに関しては実際のバッテリー性能と違うことが多いので、あくまでも目安とする程度に考えておくほうがよいでしょう。

    ④ 充電残量がわかるものを選ぶ

    電動リールを使っているときに最も避けたいのが、巻きあげ途中でバッテリー残量が0になってしまうこと。
    そのため充電残量がわかるものを選んでおくことも、電動リール用バッテリーを選ぶときのポイントとして覚えておきましょう。

    ただし、充電残量がわかるようにしてあるものは価格も上がる傾向があるので、使う水深や釣り方によって選ぶようにするとよいですね。
    目安としては狙う水深が100mを越えるようなときや、大物や複数の魚を掛けるときは充電残量がわかるものを選んでおくのがおすすめです。

    ⑤ 専用品があることに注意して選ぶ

    ダイワ  スーパーリチウムBM2600 C(充電器付き) メタリックブラック 073394
    ダイワ スーパーリチウムBM2600 C(充電器付き) メタリックブラック 073394

    電動リールを販売しているダイワやシマノといった大手メーカーには、そのメーカーの電動リール専用のバッテリーが販売されています。
    それぞれのメーカーの電動リールでは使い勝手がよいですが、ほかのメーカーの電動リールが駆動するかどうか確認されていません。
    選ぶときには、専用なのか汎用性のあるものなのか注意して選ぶようにしてみてください。

    初心者の方は、汎用性のあるバッテリーを選んでおくのがおすすめです。

    電動リール用バッテリーおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからは電動リール用バッテリーのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者が電動リール用バッテリー選びのポイントを踏まえたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 シマノ 電力丸 10Ah

    シマノ 電力丸 10Ah 24718

    シマノ 電力丸 10Ah 24718

    48,631円(11/16 07:11時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    バッテリー重量:約1.3kg
    使用素材:リチウム
    アンペアアワー:10Ah

    シマノの電動リールを使用している方におすすめのバッテリー。
    同時に2台までの使用が可能で、コマセ釣りマダイやイサキを狙うときに使いやすいです。

    Amazon商品価格(2018年3月7日現在)

    47,505円

    9位 ビーエムオージャパン BM-L116


    バッテリー重量:約1.4kg
    使用素材:リチウム
    アンペアアワー:11.6Ah

    コンパクトながら容量は多めの電動リール用バッテリーです。
    同時にコードを2つ取りつけることも可能なため、電動リールと魚群探知機といった組み合わせでも使える仕様となっています。

    Amazon商品価格(2018年3月7日現在)

    37,602円

    8位 ダイワ スーパーリチウム 11000WP-C 充電器付き


    バッテリー重量:約1.2kg
    使用素材:リチウム
    アンペアアワー:11Ah

    ロングターミナルとリチウムを使用しているので、小型サイズのダイワ電動リールであれば2台同時に使用できてしまうバッテリーです。
    充電残量がすぐにわかる残量チェック機能つきなので、突然のバッテリー切れを防ぎながら釣りをすることができます。

    Amazon商品価格(2018年3月7日現在)

    42,000円

    7位ハピソン YQ-100


    バッテリー重量:約2.5kg
    使用素材:リチウム
    アンペアアワー:12.6Ah

    持ち手付きのリチウムを使用した電動リール用バッテリー。
    USBポートがついているので電動リールに使うだけでなく、非常時の電源としても使えます。

    Amazon商品価格(2018年3月7日現在)

    48,500円

    6位 プロックス LIB6600


    バッテリー重量:約0.83kg
    使用素材:リチウム
    アンペアアワー:6.6Ah

    隠れた人気を持つリチウムを使用したプロックスの電動リールバッテリー。
    急激な負荷が掛かったときには、ショートからバッテリーを守る仕様となっているので、中型までの電動リールでの使用がおすすめです。

    Amazon商品価格(2018年3月7日現在)

    28,900円

    5位 ハピソン YQ-118


    バッテリー重量:約4.9kg
    使用素材:鉛
    アンペアアワー:12Ah

    持ち運ぶための取っ手が一体となっている中型サイズまでの電動リールにおすすめのバッテリー。
    充電残量目安が確認できるLED表示チェッカーがついているのは魅力的ですね。

    Amazon商品価格(2018年3月7日現在)

    13,128円

    4位 ダイワ タフバッテリー20000C


    バッテリー重量:約6.4kg
    使用素材:鉛
    アンペアアワー:20Ah

    ダイワの電動リールを使っている方におすすめのアンペアアワー20Ahの大容量のバッテリーで、大物狙いやスルメイカなどの多点掛けの釣りで活躍してくれます。
    しっかりとしたキャリーバッグなので持ち運びもしやすいモデルです。

    Amazon商品価格(2018年3月7日現在)

    20,120円

    3位 八洲電業 フィッシング キューブ ダブル


    バッテリー重量:約1.2kg
    使用素材:リチウム
    アンペアアワー:10Ah

    メーカーを問わず使えて、パワーを発揮しやすいリチウムを使用した電動リールバッテリー。
    とても薄い形状なので予備バッテリーとしてバッグに入れておくのもおすすめです。

    Amazon商品価格(2018年3月7日現在)

    34,800円

    2位 ダイワ スーパーリチウムBM2600C(充電器付き)


    バッテリー重量:約0.28kg
    使用素材:リチウム
    アンペアアワー:2.6Ah

    ダイワの電動リールに、コードを使わずそのまま取りつけて使用する軽量コンパクトな電動リールバッテリーです。
    コードのわずらわしさがないので、誘いや魚とのやり取りがしやすくなっています。

    浅い水深での釣りやあまり引きが強くない魚を狙うときにおすすめです。

    Amazon商品価格(2018年3月7日現在)

    23,790円

    1位 ウッドマン シーキングバッテリー


    バッテリー重量:約3.4kg
    使用素材:鉛
    アンペアアワー:12Ah

    ほどよい容量と価格のバランスが魅力の電動リール用バッテリー。
    一般的な船釣りにおいては十分な容量で、持ち運び用キャリーバッグや充電器もすべてセットになっていてお買い得感があるモデルです。

    Amazon商品価格(2018年3月7日現在)

    6,900円

    電動リール用バッテリーの使用上の3つの注意点

    ① 釣行前に必ず充電を行う

    電極 充電


    電動リール用バッテリーは使わなくても徐々に放電していき充電残量が減っていくので、釣行前に必ず充電を行うようにしましょう。
    充電は最大で1日程度かかることもあるので、釣行前々日くらいには充電を始めておくことをおすすめします。

    ② 使用時に正しく取りつける

    電動リール 海


    初心者の方が特に起こしやすいミスが、電動リールとバッテリーをつなぐコードの電極を間違って取りつけてしまうこと。
    赤と黒で電極が色分けされているのでそれを目安にして正しく取りつけるようにしてください。

    また、バッテリー端子に電源コードのクリップをつけるときには、しっかりと固定されているかを確認しましょう。
    船の上は常に揺れているため、取りつけが甘いと外れることも多いので注意してください。

    ③ 状況によっては予備バッテリーも用意しておく

    【電動リール用バッテリー】Fishing CUBE-W (フィッシング キューブ ダブル) 14.8V 5Ah 【FCW5A】 八洲電業
    【電動リール用バッテリー】Fishing CUBE-W (フィッシング キューブ ダブル) 14.8V 5Ah 【FCW5A】 八洲電業

    電動リール用バッテリーは冷えてしまうと使用できる容量が少なくなるので、厳寒期の釣りでは容量が不足して途中で使えなくなってしまうこともあります。
    大物や多点掛けの釣りは、使用する電力量が増えるので充電の減りが早くなります。

    そのため、状況によっては予備の電動リール用バッテリーを用意しておくことも必要となるでしょう。
    予備バッテリーは、釣りバッグにいれておけるようなコンパクトなタイプを基本としつつ、状況にあわせて選んでみるとよいでしょう。

    Amazonの釣り用バッテリー人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    電動リール用バッテリーは船釣りの必需品

    海中 魚群

    電動リールには大小さまざまな大きさがありますが、いずれにおいてもバッテリーは必需品となります。
    選び方はもちろんのこと、ほかの釣り具よりも注意事項を理解しておくことが電動リールバッテリーでは大事です。

    本記事でご紹介した内容を参考に電動リール用バッテリーを選んで、釣りを楽しみましょう。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣り具に関連するおすすめ記事はこちら

    釣り用バッグおすすめ人気ランキングTOP15!防水も【2018年最新版】

    2018.03.16

    釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキングTOP15!おしゃれ、小型なものや選び方も【2018年最新版】

    2018.03.15

    リールケースおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.12

    ロッドケースおすすめ人気ランキングTOP15!ハードロッドケースやリールロッドケースも【2018年最新版】

    2018.03.12

    ショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.21