化粧筆おすすめ人気ランキングTOP10!洗い方も【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 毛質をチェック
      →ふんわりした高級感ある肌触りを求めるなら天然毛100%タイプを、丈夫さ・耐久性を求めるなら人工毛混合タイプを選択。
    • 穂先の大きさ・形状をチェック
      →チークブラシを探しているなど、目的をはっきりさせて適した穂先をチョイス。
    • 価格も大切
      →1本1万円を超える高級品もあるので、予算のイメージを固めてから選ぶ。

    メイクブラシ


    チークやアイシャドウに付属しているチップやブラシだと「いまいちメイクがきれいに仕上がらない……」と感じていませんか?
    そんなときにおすすめしたいのが化粧筆です。
    ふんわりボリュームがある化粧筆なら、メイクを思い通りに仕上げることができます。

    化粧筆はどのようにして選ぶべきなのか、今人気があるのはどの製品なのかを解説していきましょう!

    化粧筆とは?

    メイクブラシ ブレンザー


    化粧筆とはメイクブラシと同じものですが、一般的に「化粧筆」と名称がついている製品は日本製のものが多いです。
    日本製のなかでも昔ながらの技術を用いたトラディショナルなイメージがあるものを化粧筆と呼び、代表例としては熊野筆などがあります。

    人工毛100%で作られている海外製の製品もあれば、天然毛100%や、混合タイプなど種類はさまざま。
    そのため目的や好みにあわせて選ぶ必要があります。

    【こちらもCHECK】化粧筆・メイクブラシに関連するおすすめ記事はこちら

    化粧筆セットおすすめ人気ランキングTOP5!洗い方についても【2018年最新版】

    2018.03.12

    チークブラシおすすめ人気ランキングTOP15!洗い方も【2018年最新版】

    2018.03.12

    メイクブラシセットおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.02.13

    化粧筆の3つの選び方

    丁寧に作られた化粧筆は、品質の高さを重視する方から支持を集めています。
    お気に入りの化粧筆を見つけるために押さえるべきポイントを解説しましょう。

    ① 毛質で選ぶ

    メイクブラシ


    化粧筆を選ぶうえでまず確認しておきたいのが、毛質です。
    ふんわりした高級感ある肌触りを求めるなら天然毛100%タイプを、丈夫さ・耐久性を求めるなら人工毛混合タイプを選びましょう。

    ② 穂先の大きさ・形状をチェック

    メイクブラシ


    化粧筆を選ぶなら筆(穂先)の大きさや形状を確認しておくことも大切です。
    チークブラシを探しているのか、フェイスパウダーブラシが欲しいのか目的をはっきりさせてから選びはじめましょう。

    ③ 価格で選ぶ

    財布 小銭入れ

    天然毛を含む化粧筆は高価格帯に位置する製品が多いため、あらかじめ予算を決めておく必要があります。
    高級な製品は1本1万円を超えるものもあり、上を見てもキリがありません。
    「このくらいの値段だったら買えそう」とイメージを固めておき、それに沿って化粧筆選びを始めてみましょう!

    化粧筆おすすめ人気ランキングTOP10

    チップやスポンジではできないメイクアップが叶う化粧筆は、どの製品が人気なのでしょうか?
    目的や予算にあった、自分にぴったりの一品を探しましょう!

    10位 パウダーブラシ ダルマ MA-1

    顔全体にまんべんなくパウダーを乗せられる天然毛カブキブラシが第10位。
    ベースメイクの仕上がりを左右するフェイスパウダーを塗る際に上質なカブキブラシを使えば、テクニックいらずでプロ級の仕上がりになると話題になっています。

    ころんとしたフォルムは自立し、場所を問わずに立てて保管できるのも魅力のひとつ。

    Amazon商品価格(2018年3月8日現在)

    5,100円

    こんな方におすすめ

    • 立てて保管できるブラシが欲しい
    • 天然毛ブラシが好み
    • フェイスパウダー・パウダーファンデーションを使いこなしたい

    9位 匠の化粧筆コスメ堂 熊野筆メイクブラシ ショートタイプ 馬毛100%

    「平筆タイプで狙った範囲にチークが塗りやすい」と評価されているのがこちら。
    ほどよい弾力がある馬毛を使用しているため、やわらかすぎるブラシが苦手な方のおすすめです。

    馬毛は天然毛のなかでも比較的安価であるため、天然毛タイプの化粧筆デビューの方にもぴったり。
    チークに苦手意識がある方でも、この扱いやすいブラシを使えば毎日のメイクが楽しくなりますよ!

    Amazon商品価格(2018年3月8日現在)

    2,052円

    こんな方におすすめ

    • チークブラシが欲しい
    • 扱いやすい天然ブラシを使いたい
    • ほどよい弾力があるタイプが好み

    8位 竹宝堂 広島 熊野筆化粧ブラシ フェイスパウダーブラシ

    高級山羊毛を100%使用したこちらのブラシは、ふんわりとした肌触りとほどよいコシを残した製品です。
    パウダーを顔全体に乗せるときに役立ち、ファンデーションやフェイスパウダーをムラなく肌につけられます。

    小さすぎず大きすぎない丁度いいサイズ感が使いやすいと評判のブラシです。

    Amazon商品価格(2018年3月8日現在)

    3,460円

    こんな方におすすめ

    • ファンデーションやパウダーをきれいに肌に乗せたい
    • ほどよいコシがあるブラシが欲しい
    • 天然毛にチャレンジしたい

    7位 六角館さくら堂 携帯用スライド式フェイスブラシ ブラック山羊毛100%

    外出先でも気軽に使える天然毛化粧筆として知られるのが、六角館さくら堂のスライド式ブラシです。
    ふんわりとした肌触りの山羊毛を100%使用する点と、外出先でも使いやすいコンパクトなサイズ感が人気の秘密。

    チークやフェイスパウダーなどオールマイティーに使えるブラシで、化粧直しタイムに重宝します。

    Amazon商品価格(2018年3月8日現在)

    1,296円

    こんな方におすすめ

    • お手ごろ価格の天然毛化粧筆が欲しい
    • 携帯に便利なブラシを探している
    • ふんわりとした肌触りが好み

    6位 熊野筆 ハートのチークブラシ KOYUDO Collection

    プレゼントとして多くの女性に喜ばれている熊野筆のハートブラシは、天然毛と人工毛をミックス。
    肌触りのよさと耐久性を兼ね備え、見た目もかわいいと人気が高まっている化粧筆です。

    ハート型の穂先はオールマイティーに使うことができ、顔のデコボコにフィットする絶妙な設計になっています。

    Amazon商品価格(2018年3月8日現在)

    2,700円

    こんな方におすすめ

    • 天然と人工をミックスしたタイプが好み
    • かわいいブラシが欲しい
    • ギフト向けの化粧筆を探している

    5位 ハウスオブローゼ チーク ブラシ

    お手ごろ価格ながら天然100%の化粧筆として注目を集めているのが、ハウスオブローゼのチークブラシです。
    弾力があるポニー毛を使用しているため狙った部分にチークを乗せやすく、初心者でも手を出しやすいことが評価されています。

    「天然毛の化粧筆が欲しいけど、やわらかすぎるものが使いづらい……」と苦手意識を持つ方でも簡単に扱えるブラシです。

    Amazon商品価格(2018年3月8日現在)

    1,480円

    こんな方におすすめ

    • 天然毛タイプにチャレンジしたい
    • チークをきれいに仕上げたい
    • 弾力があるブラシが好み

    4位 熊野筆 メイクブラシ KUシリーズ アイシャドウブラシ 小 馬毛

    「アイシャドウに付属しているチップよりも、断然使いやすい!」と口コミが寄せられているブラシがこちら。
    適度に弾力があるためグラデーションがつけやすいアイシャドウブラシです。

    チップのように持ち手が短くないため、鏡を見やすいのがポイント。
    ワンコインで手に入るので数本揃えてもお財布にやさしく、大人買いもOKです!

    Amazon商品価格(2018年3月8日現在)

    540円

    こんな方におすすめ

    • アイシャドウブラシが欲しい
    • 天然毛タイプの化粧筆にチャレンジしたい
    • リーズナブルなものが欲しい

    3位 amoore 化粧筆

    タクロン毛という人工毛を使用したアモーレの化粧筆は、天然タイプにも負けない肌触りのよさで人気。
    コンパクトで携帯しやすいうえに、ファンデーションやパウダーを顔全体に乗せるのに適しています。

    「1,000円以下で上質なブラシが欲しい!」と考えているなら、チェックしておきたいブラシです!

    Amazon商品価格(2018年3月8日現在)

    799円

    こんな方におすすめ

    • リーズナブルな化粧筆が欲しい
    • ファンデーション・パウダーを使いこなしたい
    • コンパクトなサイズ感の化粧筆を探している

    2位 ドゥケア 化粧筆  パウダー&チークブラシ 高級山羊毛

    天然山羊毛で作られているのに1,000円台という驚異のコスパを誇るのが、ドゥケアのパウダー&チークブラシ。
    コンパクトながらブラシにボリュームがあって粉含みがいいため、ムラなくきれいに仕上がります。

    フェイスパウダーやチークに使えるブラシが欲しい方におすすめ。

    Amazon商品価格(2018年3月8日現在)

    1,290円

    こんな方におすすめ

    • リーズナブルな化粧筆が欲しい
    • ふんわりした肌触りが好み
    • 小さめのブラシを探している

    1位 ドゥケア化粧筆 山羊毛パウダー&チークブラシ 100%白尖峰

    第1位も、2位に続いてドゥケアのブラシです!
    こちらも山羊毛を使用しており、持ち手が長めに作られている自宅用のブラシとして人気があります。
    鏡を見ながらメイクしやすいのもポイントです。

    1,000円以下で購入できるコスパのよさも評価されています。

    Amazon商品価格(2018年3月8日現在)

    890円

    こんな方におすすめ

    • お手ごろ価格の天然毛化粧筆が欲しい
    • 持ち手が長いタイプが好み
    • ふんわりした肌触りが好き

    化粧筆の洗い方

    化粧筆は天然毛を含んでいることが多く、安価な人工毛100%のブラシと比べるとお手入れが大変です。
    水洗いに弱い特徴があり、頻繁に洗浄すると毛が縮れてメイクの仕上がりに影響してしまいます。

    天然毛を含む化粧筆の場合、洗浄は数ヶ月に一回程度にとどめるのが正解。
    メイクをしたあとに必ずクシを通し、さらにティッシュで拭き取ることで、大体の汚れを落とすことができます。

    化粧筆の使用上の3つの注意点

    メイクの仕上がりをアップさせる化粧筆は、繊細なため慎重に扱う必要があります。
    お気に入りの化粧筆を長く使い続けるためにも、次に解説する3つの注意点を守りましょう!

    ① 化粧筆の洗い方は正しく

    メイクブラシ

    化粧筆は天然毛を含んでいることが多く、安価な人工毛100%のブラシと比べるとお手入れが大変です。
    水洗いに弱い特徴があり、頻繁に洗浄すると毛が縮れてメイクの仕上がりに影響してしまいます。

    天然毛を含む化粧筆の場合、洗浄は数ヶ月に一回程度にとどめるのが正解。
    メイクをしたあとに必ずクシを通し、さらにティッシュで拭き取ることで、大体の汚れを落とすことができます。

    【こちらもCHECK】化粧筆の洗い方を動画でもチェック

    ② 穂先がつぶれないように保管する

    メイクブラシ

    人工毛と比べてやわらかく繊細な天然毛化粧筆は、筆部分にクセがつきやすい傾向にあります。
    保管する際は穂先がつぶれないように立てるなどして、毛先を上に向けておくといいでしょう。

    ペンスタンドや小さいマグカップなどをホルダーとして活用するのがおすすめです。

    ③ 油分が多いメイクアイテムはなるべく使わない

    ファンデーションブラシ


    リキッドファンデーションなど油分が多い化粧品は、毛先が固まりやすく頻繁な洗浄が必要です。
    水洗いに弱い天然毛ブラシはリキッドタイプの化粧品との相性がよくないため、ナイロン毛のメイクブラシを別に揃えることをおすすめします。

    水洗いしても毛が縮みにくい人工毛なら、週に一回程度洗浄してもOK。
    普段からリキッドやクリームファンデーションを愛用しているなら、平筆ナイロンブラシを使いましょう!

    仕上げのパウダーをはたくのに天然毛化粧筆を使うのは構いません。

    化粧筆を使ってメイクの仕上がりをレベルアップさせよう!

    メイク ブラシ


    化粧品に付属している小さなブラシやチップだとメイクがうまく仕上げられないなら、化粧筆を活用してみましょう!

    目的や好みにあった化粧筆を使いこなせば、チップでは再現できないプロ級の仕上がりを目指すことができます。
    毎日の生活に化粧筆を取り入れて、自信が持てるメイクアップを楽しみましょう!

    【あわせて読みたい】コスメに関連するおすすめ記事はこちら

    フェイスパウダーブラシおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.20

    チークブラシおすすめ人気ランキングTOP15!洗い方も【2018年最新版】

    2018.03.12

    デパコスリップおすすめ人気ランキングTOP21!落ちない色持ちのよいものは?【2018年最新版】

    2018.02.26

    リップ下地おすすめ人気ランキングTOP5!プチプラやマットタイプまで【2018年最新版】

    2018.02.18

    プチプラの美白クリームおすすめ人気ランキングTOP5!顔にもボディにも使える【2018年最新版】

    2018.01.11

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。