ロッドケースおすすめ人気ランキングTOP15!ハードロッドケースやリールロッドケースも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

小林大輝

ルアーフィッシング歴10年
釣具店勤務経験あり
大手セレクトショップ 元メンズフロア担当


北海道で培った10年以上のルアーフィッシングの経験を活かしネット上でライター活動をしています。
北海道で定番のトラウトやロックフィッシュはもちろん、バスやシーバス、ライトソルトルアーなど様々なルアーフィッシングに精通しています。
特にルアーについては、実釣経験に基づいた釣果アップにつながる”釣れるルアー”を紹介していきます。
さまざまなルアーや道具が販売されている中で、皆さんが本当に求めるモノをお伝えできればと思います。 また大手セレクトショップのメンズフロアでの勤務経験もあり、メンズファッションを中心にトレンドに沿ったファッションランキングの提案もしていきます!

    選び方のポイント

    • 長さを考える
      →手持ちのロッドの長さや今後購入する予定のある長さまで対応しているものを選ぶと安心できる。
    • 使用するフィールドを考える
      →自分がどんなフィールドでどのようにロッドケースを使うか、しっかりと考えておくことも大切。
    • 自分が必要な機能だけを見極める
      →自分に必要な機能をしっかりと見極めてロッドケースを選ぶことで、より安価に入手することが可能。
    海釣り 波止場

    ロッドケースはルアーフィッシングに使用する大切なロッドを携帯、保管するための大切なケース。
    ロッドにあわせたサイズはもちろん、使用する素材や強度などで価格も大きく異なります。

    もっとも安いソフトケースでは1,000円前後、リールも同時に収納できるハードタイプでは20,000円を超えるものも販売されており、メーカー別に分けると非常に選択肢も多いです。

    そのため購入する際の選択が難しいアイテムの一つと言われており、使用するロッドや収納したい本数などをしっかりと考えてケースを選ぶ必要があります。
    今回はそんなロッドケースの選び方とおすすめのロッドケースをランキング形式で紹介します。

    目次

    ロッドケースとは

    釣り具 部屋


    ロッドケースとは釣具メーカーから販売されている、ロッドを収納するためのケース。
    さまざまなタイプが販売されていますが、ルアーロッドを収納するものががもっとも多く、種類やサイズも豊富です。

    ロッドケースにはソフト、セミハード、ハードの3種類が存在し、それぞれロッドを守るための強度が異なります。

    ソフトケース

    TAKAMIYA(タカミヤ) REALMETHOD ソフトロッドプロテクター CP-1208 L
    TAKAMIYA(タカミヤ) REALMETHOD ソフトロッドプロテクター CP-1208 L

    もっとも強度が弱く、ロッドを購入する際に付属されるケースよりやや強度が強いものがほとんど。
    そのため価格も安く1,000円前後のものが多いです。

    セミハードケース

    Abu Garcia(アブ・ガルシア) セミハードロッドケース2 8フィート6インチ
    Abu Garcia(アブ・ガルシア) セミハードロッドケース2 8フィート6インチ

    ハードケースをやわらかくした携帯性にも優れたロッドケース。
    もっとも定番のタイプでルアーロッドを収納するのに最適です。
    価格は3,000円以上のものがほとんどで、サイズや収納力によって上限はさまざまです。

    ハードケース

    プロックス ラウンドハードロッドケース φ11.5 87-152cm PX689152 PX689152 ブラック
    プロックス ラウンドハードロッドケース φ11.5 87-152cm PX689152 PX689152 ブラック

    もっとも強度が高いケース。
    そのため重量が、ほかのケースに比べやや重いため釣り場などへの持ち運びには向きません。
    たくさんの荷物を積んだ車での長距離運転や、遠方への釣りで飛行機への積み込みなど、ロッドにかかる負荷が高い状況にはぴったりのケースになります。

    今回はこれらの3種類を中心におすすめのロッドケースを見ていきます。

    【こちらもCHECK】ロッドに関連するおすすめ記事はこちら

    投げ竿おすすめ人気ランキングTOP15!遠投も【2018年最新版】

    2018.03.22

    磯竿おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.02.12

    キャスティングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!オフショアも【2018年最新版】

    2018.02.06

    ロッドケース選びの3つのポイント

    ① 長さを考える

    メジャー 目盛り

    ロッドケースを購入する際にもっとも重要なポイントです。
    ロッドケースはそれぞれのロッドにあわせた規格で販売されているわけではないため、使用しているロッドに適したサイズのものを選ばなければなりません。

    基本的には2ピースロッドを想定した長さがほとんどですが、稀に1ピース用のロッドケースも販売されています。
    大は小を兼ねるという気持ちで購入すると非常にかさばるので注意してください。

    ロッドケースのなかには複数のロッドを、同時に何本も収納できるタイプも数多くあります。
    手持ちのロッドの長さや今後購入する予定のある長さまで対応しているものを選ぶと安心できますね。

    ② 使用するフィールドを考える

    防波堤 釣り

    ロッドケースは使用するフィールドによって、タイプなどを絞り込む必要があります。
    フィールドとタイプについて、下記にまとめたので参考にしてください。

    容量の大きなハードケースやセミハードケース

    車でフィールドの近くまで行き、ロッドケースを車に置いたまま釣りをする場合。

    軽量のソフトケース

    釣りをする防波堤のポイントまで距離があるため、ショルダータイプのロッドケースでロッドを運びたい場合。

    セミハードケースのショルダータイプ

    磯場などエントリーが非常に難しく危険なポイントに両手をフリーにして、移動する場合。

    このようにそれぞれのフィールドにあわせて、ロッドケースを使用していくため、自分がどんなフィールドでどのようにロッドケースを使うか、しっかりと考えておくことも大切です。

    ③ 自分が必要な機能だけを見極める

    スピナー

    ロッドケースには強度だけではなく、さまざまな機能を兼ね備えたものがあります。

    リールをつけたまま収納できるリールロッドケースや、同時に5本以上のロッドを収納できる大型のハードケースはもちろん防水機能や軽量化素材など、釣り人にとってプラスになる機能が非常に豊富です。
    もちろんこれらの機能は価格に比例していることが多いため、多機能のものを購入すれば価格が高くなります。

    自分に必要な機能をしっかりと見極めてロッドケースを選ぶことで、より安価に入手することが可能です。

    【こちらもCHECK】へら釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    へらバッグおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.25

    ロッドケースおすすめ人気ランキングTOP15

    今回はさまざまメーカーから販売されるソフト、セミハード、ハード、リールロッドの4種類のロッドケースをランキング形式で紹介します。
    価格帯も非常に豊富であるため、きっとあなたの探していたロッドが見つかりますよ!

    15位 タカミヤ ソフトロッドプロテクター


    タカミヤから販売されるソフトロッドプロテクター。
    ハンドルやショルダーベルトのないソフトタイプのロッドケースであるため、ロッドに付属しているロッドケースと見間違えてしまいます。

    リールシートにあたる部分が開閉できるタイプになっているため、リールを装着したままの収納が可能になっています。
    移動の際や車載する際にティップやガイドの保護をする役目もありますね。

    単体の耐久性はほとんどないものの、大容量のリールロッドケースなどと併用して使えばより安全にロッドを保管できますね

    サイズは約120cmの1サイズ展開です。

    こんな方におすすめ

    • リールも装着したまま収納できるソフトケースを探している方
    • 大容量のロッドケースに収納する際に、さらに内側でロッドのを保護したい方

    14位 プロマリン ストレッチロッドカバー

    プロマリンから販売されるストレッチ素材のソフトロッドケース。

    ロッドへの傷を手軽に防止する保護効果の高いロッドカバーであるため、エントリーが難しいフィールドや、ロッドへのダメージを極力抑えたい際には、ハードケースやセミハードケースのなかで使用するのもおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 手軽にロッドを保護できるソフトロッドケースを探している方
    • ロッドケースに収納する際に、さらに内側でロッドのを保護したい方

    13位 シマノ ロッドケース TOUGH&WASH

    最先端の技術や素材を釣り具に取り入れるシマノから販売されるハードロッドケース。

    価格は20,000円台半ばとロッドケースのなかでは上位にあたるモデルですが、軽量ながらタフな素材を使用した、耐久性の高いロッドケースです。

    使用後は中まで水洗いが可能なので、上り下りの激しい磯場での釣りなどにはおすすめのアイテムです。

    サイズは120cmの1サイズ展開となっています。

    こんな方におすすめ

    • シマノのハードロッドケースを探している方
    • 耐久性の高いハードロッドケースを探している方

    12位 EVA釣り竿収納バッグ

    ノーブランドのソフトロッドケース。

    1,000円前後の価格帯のロッドケースですが、折りたたんで収納できるやわらかい素材が使用されているため、フィールドでかさばることもありません。
    クッション性や防水性も高いため、ロッドを2本ほど手軽に持ち運べるロッドケースを探している方には人気の高いアイテムです。

    サイズは125cmの1サイズとなっています。

    こんな方におすすめ

    • 手軽なソフトロッドケースを探している方

    11位 ファインジャパン ソフトロッドケース

    ファインジャパンから販売される2,000円以下の価格で購入できる大容量のソフトロッドケース。

    5本前後のロッドを収納できる大容量はもちろん、リールをつけたまま収納できるスペースも確保されているため、ルアーロッドはもちろん投げ竿、磯竿などの収納にもぴったりです。

    大容量のモデルですが、あくまでソフトロッドケースとなっているため、たくさんの荷物と同時に車載する際には注意してください。

    こんな方におすすめ

    • 手軽なリールロッドケースを探している方
    • 手軽で大容量なロッドケースを探している方

    10位 ロッドケース フィッシングバッグ

    ノーブランドの大容量のロッドケース。
    ネットのレビューでは評価が非常に高く、価格も手ごろなおすすめのケースです。

    ハード系のケースに比べるとやや強度に不安はあるものの、ルアーロッドであれば5本前後収納できる驚異の収納力。
    またリールやタモなどを収納するためのスペースが別途に搭載されているため、これ一つで釣り場まで手軽に足を運べる点も魅力です。

    サイズは100cm、150cmの2種類の展開です。

    こんな方におすすめ

    • 大容量のロッドケースを探している方
    • ロッド以外の釣り具も収納できるケースを探している方

    9位 アブガルシア ロッドケース セミハードロッドケース2

    日本でも非常に人気の高い釣り具を販売するアブガルシアのロッドケース。

    アブガルシアのロゴがしっかりとプリントされており、シンプルながらかっこいいデザインが特徴的です。

    サイズは110cmとなっており、比較的短めのルアーロッドが2本ほど収納できるコンパクトなモデル。

    トラウトフィッシングなど、短いロッドを使用するルアーフィッシングに使用するロッドケースを探している方にはぴったりです。

    こんな方におすすめ

    • アブガルシアのロッドケースを探している方
    • 短めのロッドを収納するロッドケースを探している方

    【こちらもCHECK】アブガルシアに関連するおすすめ記事はこちら

    アブガルシア・レボおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.22

    8位 ダイワ ポータブルロッドケース

    日本を代表する釣り具メーカー、ダイワから販売されるソフトタイプのロッドケース。

    通常のルアーロッドが2本ほど収納できるコンパクトな作りですが、ショルダーベルトが搭載されているため、両手をフリーにしてフィールドまで行きたい方にはおすすめ。

    耐久力は期待できないソフトタイプですが、非常に軽量であるため、さまざまなフィールドを行き来する際も快適です。
    サイズは138cmの1サイズ展開、デザインはシンプルなブラックにダイワのロゴがプリントされておりかっこいいです。

    こんな方におすすめ

    • ダイワのロッドケースを探している方
    • 軽量でコンパクトなショルダータイプのソフトロッドケースを探している方

    7位 ドレス ロッドケース Lサイズ

    ソルトルアー用のさまざまなアイテムを販売する人気ブランド、ドレスのセミハードタイプのロッドケースです。
    赤を基調にしたデザインに、プリントされたドレスのロゴは釣り場でも注目を集めること間違いなし!

    シーバスゲームなどに力をいれているドレスのアイテムであるため、2ピースの11フィートまでのロングロッドも収納できる180cmのサイズ展開も魅力です。

    こんな方におすすめ

    • ドレスのロッドケースを探している方
    • ロングロッドも収納できるロッドケースを探している方

    6位 プロックス ロッドケース グラヴィススーパースリムロッドケース

    コストパフォーマンスの高い釣り具を販売するプロックスのセミハードロッドケースです。

    サイズ展開は140cm、160cm、180cmの3種類。
    2ピースのルアーロッドを中心にさまざまなレングスのモデルをしっかりと収納できます。

    通常のルアーロッドであれば3本は収納できるサイズなので、複数のロッドを持ち歩きたいと考えてるアングラーにもおすすめ。

    カラーはシンプルな3種類があるので、あわせるロッドやスタイルを選ばない点も魅力です。

    こんな方におすすめ

    • 複数のロッドを同時に持ち運びたい方
    • コストパフォーマンスのよいロッドケースを探している方

    5位 ダイワ ロッドケース サーフロッドケース160PW

    日本の釣り具メーカーの最大手、ダイワから販売される大容量のロッドケース。

    価格は20,000円と高めですが、非常に高級感のあるしっかりとした作りが特徴のロッドケースで、5本以上のルアーロッドはもちろん、タモや三脚などさまざまな釣り具が同時に収納可能です。

    ロッド固定ベルトもついているため、複数のロッドをより安全にフィールドまで保管することができます。
    ショルダーベルトや複数のハンドルなど、大容量のロッドケースのすべてが詰まった逸品。

    サイズは160cmの1サイズ展開です。

    こんな方におすすめ

    • 本格仕様の大容量のロッドケースを探している方
    • 安全にロッドをフィールドまで持ち歩けるロッドケースを探している方

    4位 プロックス グラヴィススリムロッドケース(リールイン)

    コストパフォーマンスの高い釣り具を販売するプロックスのリールロッドケースです。

    リールをつけたルアーロッドを2本まで収納できる広々とした作りと小物を収納できるポケットが標準搭載されているため、バス、ロックフィッシュ、ライトソルトルアーゲームなどではこれ一つでランガンすることも可能です。

    セミハードタイプになっているため、基本的な耐久力も兼ね備えている、バランスのよいロッドケース。

    サイズは138cm、カラーは3種類から展開されています。

    こんな方におすすめ

    • コストパフォーマンスのよいリールロッドケースを探している方
    • ランガンできるロッドケースを探している方

    3位 ダイワ ライトロッドケース 155PW

    品質の高い釣り具を販売するダイワのハードロッドケースです。
    フィールドまでの移動はもちろん、荷物の多い車の中や飛行機などにも安心して保管できる、ハードタイプ。

    内部にはロッド固定ベルトも用意されているため、ロッド同士がなかでぶつかることがない安心安全なロッドケースです。

    サイズは155cmとなっており、ブラックのカラーにダイワのロゴが輝く高級感のある仕上がりも魅力です。

    こんな方におすすめ

    • 信頼の高いハードロッドケースを探している方
    • ダイワのロッドケースを探している方

    2位 シマノ ロッドケース XT RC-122M

    日本を代表する人気釣り具メーカー、シマノから販売される大容量のロッドケースです。

    10,000円台とやや高めの価格設定ですが、シマノらしいしっかりとした作り。
    リール付きのロッドを最大2本、予備竿を最大2本まで収納可能なゆとりのあるサイズがうれしいですね。

    塩がみに強いファスナーの採用など、磯場などのタフなソルトゲームのフィールドでも大活躍できます。

    サイズは135cmの1サイズ展開です。

    こんな方におすすめ

    • しっかりとしたリールロッドケースを探している方
    • ソルトゲームを中心に使用するロッドケースを探している方

    1位 ダイワ ロッドケース 138R

    高品質の釣り具メーカー、ダイワのロッドケースのなかでは比較的安価なソフトロッドケース。

    5本前後のロッドを収納するのにぴったりの大容量、クッション性の高い内部構造でキズなどからもしっかりとロッドを守ってくれます。

    ロッドケース自体の耐久力は若干不安ですが、フィールドまで手軽に多くのロッドを持ち運びたい方にはおすすめのアイテム。

    サイズは128cmの1サイズ展開です。

    こんな方におすすめ

    • ダイワのロッドケースをリーズナブルに購入したい方
    • 手軽に多くのロッドを持ち運びたい方

    ハードロッドケースおすすめ人気ランキングTOP3

    ハードロッドケースはフィールドまで簡単にロッドを持ち運べる手軽さだけでなく、車や飛行機での長期移動の際にも安心してロッドを保管できる耐久性の高さが魅力。

    しかし価格がやや高い傾向があるため、今回は安価で購入できるハードロッドケースをトップ3で紹介します。

    3位 プロックス ロッドケース コンテナギア5レングスハードロッドケース

    海外遠征などに最適のコンテナタイプのハードロッドケースです。
    人気メーカーのアイテムは軒並み2万円を超えるハイエンドモデルが多いなか、プロックスは1万円台半ばで販売しています。

    安全にロッドを保存できるだけでなく、ベイトリールをセットしたまま収納できる点や150~220cmまでサイズの調整が可能です。
    ロングロッドにもしっかり対応しているのはうれしいですね。

    近年は海外に大物を求めて遠征する方も多いため、そんな方にはぜひおすすめしたいハードロッドケースです。

    2位 Aofit ハードロッドケース

    Aofitから販売されるハードロッドケースです。

    6,000円前後の価格で購入でき、ハードロッドケースには珍しいシンプルな5種類のカラー展開となっているため、交通機関を使った移動にも最適なおしゃれなデザイン。

    サイズも125、130cmの2種類あるため、さまざまなアングラーの需要に応えてくれえるおすすめのケースです。

    1位 プロックス ラウンドハードロッドケース

    プロックスから販売される、バズーカタイプのハードロッドケース。

    ハードロッドケースのなかでは3,000円以内で購入できる手軽さと自重が1kg前後であるため、遠征などにもぴったり。

    5cm間隔でサイズを調整できるため、できるだけコンパクトにロッドを保護できる点も魅力です。

    リールロッドケースおすすめ人気ランキングTOP3

    ロッドケースの中にはリールをつけたまま持ち運べるリールロッドケースもあります。

    フィールドでロッドケースを使用してランガンしたい方や、日ごろからリールをつけたままロッドを保管している方にはこちらがおすすめです。

    3位 ダイワ ポータブルロッドケース 140R(B)

    ロッドケースのなかでも人気が高いアイテムを数多く販売するダイワのリールロッドケース。
    ソフトタイプであるため耐久性にはやや疑問が残りますが、非常に軽くコンパクトにロッドとリールを収納できるためランガンなどに最適。

    ショルダーベルトも搭載されているため、両手をフリーにしてポイントまでエントリーするのにも適しています。

    価格は3,000円前後とリーズナブルな点も魅力です。

    2位 がまかつ 成型ロッドケース

    がまかつから販売されるハードタイプのリールロッドケース。

    価格は2万円台半ばと高価ですが、リールつきのロッドや小物などもゆとりをもって収納できるハードロッドケースは非常に珍しいです。

    高価なタックルを安全にまとめて。管理、保管、移動するにはおすすめのロッドケースです。

    1位 プロックス グラヴィススリムロッドケース(リールイン)

    プロックスから販売される大容量のリールロッドケース。

    リール付きのルアーロッドを2本前後収納でき、小物を収納できるポケットもついた大容量のロッドケースです。

    3種類のカラーと110、138cmの2種類のサイズ展開、価格は4,000円前後とプロックスらしいコストパフォーマンスの高いアイテムです。

    ロッドケース選びの3つ注意点

    ① 旅行の際にはハードロッドケースを選ぶ

    飛行機 離陸

    ハードロッドケースは比較的価格も高く、重さもあることから、セミハードケースで満足してしまう方も多いです。
    もちろん車での持ち運びの際などは、セミハードケースでも充分対応できますが、飛行機などを利用した長距離の移動の際は必ずハードロッドケースを使用してください。

    飛行機などではロッドケースを機内に持ち込めないため、自分の手から離れた場所でロッドが輸送されます。
    手荒に管理される可能性もゼロではないため、破損につながりやすい高価なロッドなどは厳重に保管しなければなりません。

    セミハードケースでは、ケースの強度にやや不安があるため、ハードロッドケースを用意しておくことがおすすめ。
    これは郵送でロッドを送る際なども同様で、できるだけロッドにかかる負荷を少なくするために強度が高く安全にロッドを収納できるものを用意しましょう。

    ② 長さだけじゃなく重量もチェックする

    計量器 箱

    ロッドケースは長さや強度が選ぶ際の大切なポイントです。
    しかし意外と見落としがちな重量もしっかりとチェックしましょう。

    ロッドケースはロッドをフィールドまで快適に持ち運ぶことを前提に作られたアイテムなので、ショルダーベルトなどが標準で搭載されているものも多く、持ち運びは比較的簡単です。

    しかし重量があるものは、フィールドまで持ち運ぶ際にアングラーにかかる負担も多く、ショルダーベルトはついているけど意外と使ってみたら疲れるなあと感じてしまうようなことも多々あります。

    そのため購入する際は長さや収納力、素材はもちろん、ロッドケースの自重もしっかりと確認しましょう。
    特に磯場など両手をフリーにしてエントリーするフィールドで使用する際は、ショルダーベルトを実際に着用し重量感を確かめるのも大切ですね。

    ③ 実物をしっかりチェックする

    木製 人形

    ロッドケースはほかの釣具に比べても長さ、収納力、素材、重量などさまざまな面において、直接手に取らなければわからないポイントが多いです。

    特に収納力や重量は数字だけではなかなか判断が難しいため、購入する際は実際に店頭で確認することも大切。
    釣具店によっては手持ちのロッドを実際に収納させてもらえるお店もあるため、店員さんに事前に確認してみるとよいですよ。

    もちろんネット通販などでは、より多くの種類の中から自分に合ったものを安価な価格で購入できるため、しっかりとスペックを確認したうえでそちらを利用するのもよいでしょう。

    Amazon&楽天のロッドケース人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    ロッドケースで釣りの幅を広げよう

    海岸 夕焼け 釣り竿

    今回はルアーフィッシングにおすすめのロッドケースをランキング形式で紹介してきました。
    タイプが豊富にあるため、選ぶのに迷ってしまう方も多いです。

    しかし、自分にあったものを吟味して購入すれば、釣りの幅が広がること間違いなし!
    自分にあったロッドケースを購入して、釣りの幅を広げましょう。

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    磯バッグおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.25

    フィッシングベストおすすめ人気ランキングTOP9!渓流やメッシュも【2018年最新版】

    2018.05.31

    車用ロッドホルダーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.29

    バッカンおすすめ人気ランキングTOP11!選び方やサイズも【2018年最新版】

    2018.03.20

    ルアーケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.16

    ABOUTこの記事をかいた人

    小林大輝

    ルアーフィッシング歴10年
    釣具店勤務経験あり
    大手セレクトショップ 元メンズフロア担当


    北海道で培った10年以上のルアーフィッシングの経験を活かしネット上でライター活動をしています。
    北海道で定番のトラウトやロックフィッシュはもちろん、バスやシーバス、ライトソルトルアーなど様々なルアーフィッシングに精通しています。
    特にルアーについては、実釣経験に基づいた釣果アップにつながる”釣れるルアー”を紹介していきます。
    さまざまなルアーや道具が販売されている中で、皆さんが本当に求めるモノをお伝えできればと思います。 また大手セレクトショップのメンズフロアでの勤務経験もあり、メンズファッションを中心にトレンドに沿ったファッションランキングの提案もしていきます!