脇汗パッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

選び方のポイント

  • タイプで選ぶ
    →衣服に貼るタイプだけでなく、肌に直接貼るものや洗って再利用できるものもある。
  • +αの作用で選ぶ
    →消臭効果のある成分が含まれているものならば匂いも気にならない。
  • 体質にあわせて選ぶ
    →自分の肌質や汗の量にあったものを選べば効果的に使える。
  • カラーで選ぶ
    →服の色にあわせて黒の汗脇パッドを使うといい。白や灰色などを選ぶのが無難。
女性 海

汗ばむ季節になってくると、気になるのはジワッと発生する“脇汗”ではないでしょうか。
脇汗は服にしみて跡が目立って、人前ではとても恥ずかしいものです。

汗をかく量が多い人は制汗剤でも対処しきれずに悩んでしまうことも多いですが、そんなときには「汗脇パッド」を使ってケアをするといいでしょう。

汗脇パッドが脇に当たることで気になる汗を吸収してサラッとした状態を保つことができ、夏場には特に役立つアイテムといえます。

汗脇パッドとは?

セーター 赤 汗脇パッド

汗脇パッドは、服や脇に貼りつけることで脇汗を吸収し、清潔な状態をキープできるアイテム。
脇汗を吸収することで服への汗じみを防ぐことができ、洋服を汚したくない人にもおすすめです。

汗脇パッドには衣服に貼りつけるものもあれば、脇に直接貼るものもあるので、自分の使いやすいものを選ぶといいでしょう。
使い捨てのものが主流ですが、なかには繰り返し使えるものもあります。

【こちらもCHECK】脇汗対策に関連するおすすめ記事はこちら

デオドラントおすすめ人気ランキングTOP15!スプレーやスティックタイプも【2018年最新版】

2018.04.04

デオドラントシートおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.03.07

メンズ向け制汗剤おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.05

汗脇パッドを選ぶ4つのポイント

ポイント① タイプで選ぶ

女性 バスタオル

汗脇パッドと一口にいってもさまざまなタイプがあるので、自分の使いやすいものを選ぶようにしましょう。

広く知られているのは洋服に貼りつけるタイプですが、このほかにも直接脇に貼るものや洗うことで繰り返し使うことができるものも存在します。

脇に直接つけるものと服に貼りつけるタイプでは使い方も異なりますし、再利用できるものは、ほかの2つのタイプとは素材も大きく異なるので、まずはそれぞれがどんなものなのかを把握しておくといいでしょう。

服に貼るタイプ

女性 洋服 ハンガー

服に貼りつけるタイプの汗脇パッドは、一端を身ごろ側、もう一端を腕の部分にまたがせて貼ることで、汗を給水することができます。

肌に直接貼るタイプのように肌に負担をかけることがなく、デリケートで荒れやすい敏感肌の人におすすめ。
ワイシャツなどに利用すれば、清潔さが求められる職場などのフォーマルな場面でも自分や他人に不快感を与えずに過ごすことができます。

ただ、パッドを貼りつけても、位置がずれていると汗ジミができてしまうことも。
一度貼ってみて位置を確認することを何度か繰り返し、ベストなポジションに収まるように調整しなければなりません。

また、パッドと肌が擦れることで肌ストレスが増える可能性もありますし、上着などにつけると着脱の際に見えて目立ってしまうこともあるので注意が必要です。

肌に直接貼るタイプ

女性 ベッド

このタイプは、脇の部分にペタッと貼ることで、脇から分泌される汗を瞬時に吸収できるのが特徴。
服に汗がしみることもなく、シミにならないのが便利です。

肌に直接つけるものなのでノースリーブでも上着を着れば目立ちません。
薄手の服でもパッドが浮き出ることなく、自然に仕上がります。

毎回服に汗脇パッドを貼ってベリッと剥がしていると服に負担をかけて傷みやすくしてしまいますが、肌に貼るタイプならば服に負担をかけることがなく長持ちさせることができるでしょう。

ただ、肌に直接貼りつけ場合、肌がデリケートな人はトラブルが起こる可能性もあります。
また、貼りつける面に毛があると密着せずに剥がれやすくなってしまうのでムダ毛の処理は必須です。

再利用できるタイプ

洗濯

汗脇パッドのなかでもあまり知られていないのが、洗濯して繰り返し使えるタイプ。
これは服に貼るタイプや肌に直接貼りつけるタイプのようなシートタイプではなく布製のものが基本となっており、ヒモでブラジャーや上着に固定して使用します。

布製で厚手のものが多く、シートタイプよりも吸収力があり、多めの汗もしっかり吸い取るので、サラサラの状態に保つことが可能です。
また、使用後は洗うことで繰り返し使えて経済的ですし、ゴミが出ないのもメリットといえます。

ただ、薄手のシャツにはつけにくく、また毎回使用後に洗う必要があるので面倒くさがりの人には不向きです。

繰り返し使えるタイプに多い布製の汗脇パッドは、シートタイプと比べて少し高めの値段設定となっていますが、繰り返し使えることを考えるとコスパはいいといえます。

ポイント② +αの作用で選ぶ

女性 ランニング

汗脇パッドで一番重要なのが吸収力ですが、そのほかの作用も一緒に兼ねられているものはさらに有用性が高く、おすすめです。

汗を抑えられても菌が繁殖してしまうと、やはりにおいが気になってしまいます。
そういったときは、消臭作用があるものを選びましょう。
抗菌作用のある成分が含まれているものを選べば、汗を分解する菌の発生を抑えることができるので、汗のにおいを未然にケアすることが可能です。

消臭成分として有名なのはAgと表記される銀イオンですが、これは制汗剤などにも配合される有効な成分でもあります。

ある程度商品を絞り込んだら、後は消臭作用や殺菌作用を重視して選ぶようにするといいでしょう。

もちろん、汗を吸い取る力が高いものを選ぶのも大切。
パッケージの表記をしっかりチェックし、また、汗脇パッドは店頭で試せるものではないので口コミなどを参考にして選ぶようにしてください。

ポイント③ 体質にあわせて選ぶ

女性 木 リラックス

どんなに評判がいい商品でも、自分が使いにくければ効果的とはいえません。
商品は実際に自分が使いやすかったものを選んでください。
また、自分の汗の量や肌質にあったものを選択することも大切なので、自分と肌質が近い人の感想をチェックしてみましょう。

再利用できるタイプの汗脇パッドは吸収力があり、汗の量が多い人には適していますが、薄着が多い人や洗うのが面倒という人には不向きです。

また、汗脇パッドは大きいサイズの方がいいかといえば、そういうものでもなく、汗をあまりかかない人にとっては大きすぎると邪魔になってしまうことも。
その場合はコンパクトなものを選ぶようにしましょう。

さらに、長さの調整ができるロールタイプならば、自分の脇のサイズにあわせてカットして使うことができます。
なかなかサイズのある汗脇パッドが見つからない人におすすめです。

ポイント④ カラーで選ぶ

ハイヒール カラフル

汗脇パッドは基本的に白やベージュといったカラーが多いのですが、着る服などにあわせて使い分けていくと、さらに便利になります。

汗脇パッドで多い白やベージュは目立ちにくく、薄手の服を着てもつけているのがわからないほど自然に仕上がるのがメリットです。
ただ、黒い服などを着ていると、白やベージュといったカラーは悪目立ちするので、気をつけなければなりません。
そのようなときには、服の色にあわせて黒の汗脇パッドを使うといいでしょう。

インナーに取りつけるなら白、黒、ベージュなどの色つきのパッドを使っても目立ちにくいです。
夏場にキャミソールを着た上から薄手の上着を羽織るような場合には、脱いだときにシートが目立ってしまう可能性があります。
脇が出るノースリーブなどの服を着る場合には、脇に直接貼りつける透明タイプの汗脇パッドを使うと、着脱の際にシートが目立ちにくいのでおすすめです。

汗脇パッドの価格帯

女性 ハイヒール 財布 お金

汗脇パッドはタイプによっても価格は異なりますが、使い捨てのシートタイプであれば500円程度から購入できます。
繰り返し使えるタイプは少し高価な傾向にあり、2,000円ほどとなっています。

汗脇パッドのおすすめ人気ランキングTOP15

ここまでおすすめの汗脇パッドの選び方について紹介してきましたが、実際にお店に行くといろいろな商品があって迷ってしまうこともあります。

そのような場合には、これから紹介する商品をぜひ参考にしてみてください。

15位 シルコット Ag+ 汗取りパッド

ユニチャームのシルコットのこの商品は、かわいらしい女性のイラストが描かれたパッケージが目印。
20枚入りで1,000円以上するので価格は少し高めですが、チャックがついており衛生的に保管することができます。

シートは約1mmと薄手で、地肌に負担をかけにくい設計です。
また商品名にもある通りAg+(銀イオン)を配合しており消臭作用もばっちり。
汗を抑え、不快なにおいもケアでき、夏の悩みの種となるべたつきやツンとした不快臭に悩まされることもなくなります。

パッドのデザインにも工夫が凝らされており、ピンクベージュのナチュラルなカラーにステッチ柄が施されたやわらかなデザインが魅力的です。
シンプルすぎる汗脇パッドでは「汗ケアをしている感」が出過ぎて気分が盛り下がってしまうという人にもおすすめ。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

1,450円

こんな方におすすめ

  • デザインにもこだわりたい
  • 不快な汗のにおいをケアしたい
  • 薄手のものが欲しい

14位 ワキサラ 消臭シート

この商品は脇に直接貼りつけるタイプの汗脇パッドで、シンプルで使いやすいのが大きな魅力。
伸縮性のある素材を使用しており、少し伸ばして貼りつけると肌にしっかりと密着させることができます。

粘着面に配合されている多孔質物質が汗のにおいの元となる分子を吸着して分解するので、不快なにおいが気にならず常に快適です。
においケアに対する検証もしっかりなされており、第三者試験機関の検査では、アンモニアを70%、イソ吉草酸を99%、酢酸を97%を除去。
汗の不快臭をケアできることが実証されています。

また、吸水シート面では汗をすっきりと吸い取り、ベタつきや蒸れを気にすることなく快適に過ごせるのもうれしいポイントです。

脇の部分で汗を食い止めるので、汗が服に移ることがなく、色移りもしません。
大切な服も長く使用できます。
1枚ずつパッチテストシートがついており、目立たない部分で試して肌荒れのチェックができるので、不安なく使い始めることができるでしょう。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

1,927円

こんな方におすすめ

  • 密着度の高いものがいい
  • 汗のにおいに悩まされる
  • 汗による蒸れをなんとかしたい

13位 洗える汗脇パット女性用 cool&dry

このニット素材の布製汗脇パットは、繰り返し使用できるのが大きなメリット。
2セット入っているので毎日使用でき、快適に過ごすことができます。

左右にボタンがついており、服にボタンを縫いつけてそこに留めれば、ズレることなく使用できるのも便利です。
服につけたまま洗濯が可能で、わざわざ外して別洗いする必要もありません。
取り外しもできるので上手に使い分けましょう。

肌に当たる面には吸収性の高い素材を使用しており、汗を吸収した後は素早く乾きます。
ベタつかずに快適なつけ心地です。
また、弾力のあるやわらかい素材は通気性もよく、肌に当たったままでも蒸れることもありません。

透湿防水作用のある不織布を使用しており汗じみを抑えます。
中に入っている素材はアンモニアを分解し中和する効果があるので、不快臭のケアも可能です。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

1,780円

こんな方におすすめ

  • 再利用できるものがいい
  • 布製の汗脇パッドは蒸れやにおいが気になる
  • 取り外しが面倒なものは避けたい

12位 デオクロス

この商品は、シンプルなパッケージで価格も手ごろであり使いやすさが大きな魅力です。

脇汗シートのなかでも珍しい0.03mmという極薄のシートなので、薄手の服を着るときに変に形が浮き上がってしまうこともありません。
透明タイプなので上着に貼っても目立ちにくく、ノースリーブに上着を着るようなファッションのときにも、汗じみを気にしなくてもいいのがうれしいです。

シートには透湿性の高いポリウレタンエラストマーという素材を使用。
汗をしっかりシャットアウトする分の通気性を保つので、蒸れを気にせず快適に過ごせます。
シートに練りこまれている抗菌成分の「銀」は、汗を分解する細菌の繁殖を抑えることが可能。
貼りやすい立体的な形状もポイントです。

薄手のシャツなどを着ると、脇汗がしみなくてもシートの厚みがあると目立ってしまうことがあります。
その点、薄手の透明シートであるこの商品は働く人にとって重宝しますよ。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

680円

こんな方におすすめ

  • 服の上からパッドが見えてしまうと恥ずかしい
  • 透明タイプだと人の目を気にすることなく使える
  • 通気性も重視したい

11位 ア・セーヌ あせとりパット スリム 超うすタイプ

華やかなパッケージが目を引くこの商品は、その名の通り0.9mmという薄い仕様になっており、つけているのがバレにくく、薄手の服でも目立ちにくいです。
薄いシートですが吸収力も高く、汗を素早く吸い取ってサラサラの状態をキープ。
汗が戻りにくいので不快さを感じずに過ごせるのが利点です。

肌に当たる部分にはやわらかいシートを採用。
地肌がデリケートな人でも不安なく使用できますよ。
粘着面は端までぴったりと密着し、剥がれてくる心配もなく一日中快適です。
また、消臭作用のある繊維は汗を吸収しても不快なにおいが出ることもなく、周囲の反応を気にせずに過ごせます。

袖つきの服には折り返して使えるのはもちろん、ノースリーブのときは脇下に貼ることができる万能タイプ。
清涼成分配合のクールタイプがあり、使用感の好みに応じて使い分けましょう。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

1,003円

こんな方におすすめ

  • 薄手のシートがいい
  • 不快なにおいをケアしたい
  • ノースリーブでも使えるものだとうれしい

10位 PROIDEA 立体汗取りパット 猛暑タイプ

この商品は、再利用ができる布製の汗脇パッドで、大判仕様であり、はみ出すことなく脇汗をしっかりとキャッチできます。
汗の量が多いとブラまで滴ってしまうことがありますが、これをつけていればしっかりと汗を吸収してくれるのでブラの汚れの心配も無用です。

パッドは5層構造になっており、1層目はサラッキーという吸水性・速乾性に優れた素材、2層目と3層目はベルオアシスという防臭作用を持つ給水パッド、4層目には防水性のある布、そして5層目に肌当たりのいいなめらかな素材を使用しています。

脇に直接当たる部分は給水力が2倍となっており、つけ心地の調整ができるアジャスターがついているので、体のサイズにあわせてフィットさせられるのも魅力です。
輪郭部分には特殊のマチ加工が施されており、服に響きにくく、薄手の服でも周りの目を気にせず使用できます。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

2,036円

こんな方におすすめ

  • 汗の量が多く、パッドを使っても漏れてしまう
  • ブラを汚したくない
  • パッドをつけているのがバレるのはいや

9位 コットンラボ 汗取りパッド 銀イオン

この商品は、40枚も入って1,000円以下というコスパのよさが最大の魅力。
まとめ買いしておけば、汗が気になる夏を快適に乗り切ることができます。
ベージュとホワイトのカラーは普段使いに最適で、服の色にあわせて使い分けるといいでしょう。

剥離紙のハーフスリットは、粘着面同士の付着を防ぐ効果があり、扱いやすいです。

小ぶりなサイズは使いやすく、使い捨てタイプでスリムなので、ポーチに入れておけば外出先で簡単につけ替えることができて便利です。

配合されている銀イオンによって消臭作用が期待できますし、いつでも清潔で快適に過ごせます。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

485円

こんな方におすすめ

  • 消臭作用があるものがいい
  • 使い捨てタイプが欲しい
  • 色が選べるとうれしい

8位 サラーリ ヌーディワキフィルム ロールタイプ

クリーム色のこの汗脇パッドは、フィルム自体は透明で肌に貼っても目立ちにくく、汗もしっかりキャッチしてくれるのが大きな魅力です。
箱にセットすれば簡単に出して切り取れるので手間もかかりませんし、好きな大きさにカットして貼りたい面積にあわせて使うことができます。

水分を通さず、脇から溢れる汗を服にしみこませてしまうこともありません。
また、通気性がよく、蒸れずに不快感なく使用することが可能です。
空気や水蒸気はしっかりと通してくれる特殊なフィルムを使用しており、肌への負担が軽減できます。

厚さは0.012mmと非常に薄く、伸縮性があるので脇に貼るとぴったりとフィットして剥がれにくいです。
つけ心地もよく、使っていることを忘れてしまうほど。
肌に貼るタイプの汗脇パッドを試したことがない人でも気持ちよく使用できますよ。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

1,980円

こんな方におすすめ

  • 地肌に貼るタイプが欲しい
  • 目立つのは嫌
  • 通気性を重視したい

7位 粘着面改良汗脇パット

この商品は、消費者の声をもとに従来品を改良した汗脇パッドであり、粘着面に工夫をすることで使用中は剥がれにくく、使用後は剥がしやすくなっています。
給水量は15mLと非常に多く、大量の汗でもしっかり吸収してすっきりとした状態をキープすることが可能です。

広めに接着剤を配置することで大手の商品よりも剥がれにくい設計になっており、剥がすときにも衣類に大きなダメージを与えることもありません。
剥離紙も剥がしやすいので、急いでいるときでもサッと貼りつけてすぐに出かけることができるのもうれしいポイントです。

消臭作用のあるAg+(銀イオン)を配合しており、雑菌が汗を分解することで発生する不快なにおいも抑えることができます。
さらに男女共用で100枚入りの大容量なので、家にひと箱置いておけばパートナーと一緒に使うことができ非常に便利です。

カラーは肌色の洋服になじみやすいベージュと白シャツなどにあわせられるホワイト、また濃いめカラーのスーツでも目立たないブラックの3色。
ワードローブにあわせて選ぶことができます。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

1,380円

こんな方におすすめ

  • 服の色にあうものが欲しい
  • 大容量タイプを探している
  • 汗脇パッドは剥がれやすいイメージがある

6位 ワキに直接貼る汗とりシート ロール

爽やかなパッケージのこの商品は、3m巻きのロールタイプで長く使用できます。
好きなサイズにカットできるので、脇だけでなく足裏や足の指の間、またバストの下などのさまざまな部位に貼りつけて汗を抑えられます。
切り込みを入れて足の指の間に入れれば、靴を履く際に蒸れて発生する汗をしっかり吸収。
また、バストの下も汗が溜まりやすい部分でもあり、そのままにしておくとあせもができたりしてしまいます。
そういった部分まですっきりとサラサラの状態に保てるのはうれしいポイントですね。

貼るだけで簡単に使える薄手のシートですが通気性があり蒸れることはなく、汗や湿気をしっかりと吸収、不快感なく一日中過ごせます。
シールは伸縮性があり肌に密着しやすく、またやわらかい生地は肌にかかる負担を軽減してくれますよ。
さらに生地には抗菌加工が施されているので、不快臭を発生させる原因となる雑菌の繁殖を抑えます。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

1,448円

こんな方におすすめ

  • 蒸れにくいものがいい
  • 汗のにおいを抑えたい
  • 肌にフィットするものがいい

5位 PURAX Pure Pads

PURAXのこの汗脇パッドは、脇の下に貼りつけて使うタイプ。
気になる汗を脇でしっかり食い止めて服にしみができるのを抑えます。
粘着式の特殊設計になっていて肌にぴったりと密着して、服にできる汗じみや不快なにおいをケア、使用中も快適です。

肌に密着して剥がれにくく運動中や仕事中などさまざまなシーンで使用できますし、配合されている粘着成分は肌に負担をかけにくいので敏感肌の人でも使えます。

脇のむだ毛を処理したらそこに貼りつけるだけで手間もかかりませんし、吸湿性もばっちりで、汗が漏れて服に移ってしまう心配も無用です。
ユニセックスタイプで男性でも女性でも使用でき、家族で共用もOK。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

1,990円

こんな方におすすめ

  • 男女で使えるものが欲しい
  • 手軽に脇汗ケアをしたい
  • 運動をしても剥がれにくいものがいい

4位 Cadi 脇汗パット ちょっと大きめサイズ

シンプルなパッケージのこの商品は、大きめサイズであり多めの汗もしっかりと吸収できます。
長さが15.0cm、幅が広い部分で12.5cmであり、脇汗を漏らさずにしっかりキャッチして吸い取り、快適なサラサラの状態をキープすることが可能です。

服の脇部分に貼りつけるだけなので使い方も簡単ですし、保存しておくためのパッケージにはチャックがついていてバラバラにならずにすっきりと収納できます。
無香タイプであり気兼ねせず香水やコロンを使えますし、100枚入りで両脇に使っても50日間使用できコスパもよいのが魅力です。

大きめのサイズのパッドは汗の量が多いという人はもちろん、女性よりも汗をかきやすい男性でも不安なく使用できます。
接客業や営業の仕事をしている人は特に清潔感が求められるので、この商品はとても重宝するでしょう。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

1,880円

こんな方におすすめ

  • 大きめの汗脇パッドが欲しい
  • 保存しやすいものがいい
  • 汗の量が多く、悩んでいる

3位 コジット サラフィッティ ソフトエアリー

コジットのサラフィッティ ソフトエアリーは、脇に直接貼りつけることで気になる汗をしっかり吸収して蒸れや不快感をケアできる商品です。
従来品と比べて吸水力が1.8倍であり、汗の量が多いという人でも不安なく使用できます。

柿渋成分を配合することで汗ジミ防止効果や消臭効果が期待でき、服に汗をしみつかせません。
汗じみを気にすることなく一日中快適です。
また、伸縮性や通気性に優れているので肌への密着度が高く、つけている間に剥がれてしまうこともありません。

脇だけではなく足裏にも使用でき、また大きめのサイズのパッドは汗をしっかりと吸収。
肌色のシートはアウターに響くことがなく周りに気付かれにくいです。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

1,598円

こんな方におすすめ

  • 肌に貼りつけるタイプが欲しい
  • 足裏の汗で靴が滑る
  • 人にバレてしまうのは避けたい

2位 アイリスオーヤマ 汗脇パッド

大手メーカーとして知られるアイリスオーヤマが販売しているこの商品は、銀イオンが汗のにおいを抑え、清潔な状態を保ちます。
汗の吸収力も申し分なく、スピーディーに吸収してサラサラの状態をキープ。

服にぴったりと張りついて剥がれにくく、着用中にずれて結局汗ジミができてしまう心配もありません。
汗の量が多くてもしっかりと受けとめてくれるので、真夏の非常に暑い日でも脇のにおいやシミも気にならなくなるでしょう。

40枚入りで1,000円以下とコスパがよく、お金をかけずに汗のケアがしたいという人にもおすすめできます。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

484円

こんな方におすすめ

  • 大手メーカーのものだと不安なく使える
  • カラーが複数あるものがいい
  • コスパを重視したい

1位 リフ あせワキパッド

ドラッグストアなどでもおなじみの人気商品で、汗脇パッドといえばこれを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

シートは3層構造になっており、下層には汗を吸収して漏らさないストッパーの役割を持つ素材を使用。
また、中層には吸水力の高い素材が使われており、大量の汗もしっかりと吸い取ることができます。
上層の吸引シートは素早く汗を引き込むので、ほかの部分に流れてしまう不安もありません。

シートの暑さは1mmと非常に薄く、服に取りつけても違和感なく使用できます。
また、スリット加工のおかげで洋服にピタッと貼ることができ、動いてもズレにくいのも大きなメリットです。

お気に入りの洋服を汗ジミで汚してしまうことなく、いつでも清潔な状態をキープできるので仕事中もデート中も安心です。

カラーも豊富でモカベージュ、ホワイト、ブラックの3色あります。
服によって使い分けることができますし、フローラルソープの香りがついているタイプもあるので自分の使いやすいものを選ぶことが可能です。

Amazon商品価格(2018年3月12日現在)

920円

こんな方におすすめ

  • カラーが選べるとうれしい
  • 服を汚したくない
  • 違和感があると使いにくい

汗脇パッドの使用上の3つの注意点

① ずっとつけ続けない

時計 カレンダー

汗脇パッドは、服に貼りつけたり、肌に直接貼りつけたりするものが主流ですが、何度も貼りなおすのが面倒だからといって、一日中同じものを使っている人も多いのではないでしょうか。
涼しくあまり汗が出ない日にはそれでもいいのですが、真夏などの汗をたくさんかくときには、1枚使っただけでは不十分なこともあり、できるだけこまめに取り替えるようにしましょう。

汗の量が多く湿った状態で放置してしまうのは不潔ですし、つけているうちに不快さを感じてしまうことあります。
また、湿ったままの状態で放置してしまうと雑菌によって汗のにおいが発生してしまうこともあるので、注意しなければなりません。

また、ワキガの人は特に色がつきやすいので、トイレに立った際などにこまめに交換するようにしてください。

② 再利用タイプは手入れを怠らない

女性 下着 洗濯

汗脇パッドのなかでも洗って繰り返し使用できるものは経済的で便利ですが、毎回清潔な状態に保たなければならず、お手入れには気を配る必要があります。

基本的に使用後はすぐに洗剤で洗って、十分に水気を切って風通しのいいところに干して乾燥させるのが大切です。
洗うのが面倒だからといって使い終わったものをそのまま再利用したり放置したりすると、雑菌が繁殖して汗と反応し、不快な臭いがさらに強くなってしまいます。

また、汗脇パッドはシートタイプよりも価格が高めに設定されているので、雑菌の繁殖によってすぐに買い換えなければならなくなってしまうと出費も大きくなってしまうので要注意です。

手入れをするのが面倒だと感じる場合には、使い捨てタイプを使用した方がいいかもしれません。

③ ムダ毛の処理前に使わない

女性 足 脱毛

地肌に貼りつけるタイプの商品は、貼る部分にムダ毛があると密着しにくくなって剥がれやすくなってしまいます。
また、服につけるタイプでも、脇の部分にムダ毛があるとその毛ににおいが絡んで不快臭を放ってしまうことも。
どっちにしてもムダ毛処理をしておくことが大切です。

汗脇パッドを使う機会が増える夏場は特にムダ毛処理をこまめにして、シートを密着させて汗をしっかりブロックできるように心がけましょう。
また、ムダ毛を剃った後には必ず保湿を行い、地肌をいたわってダメージを軽減させることも大切です。

Amazon&楽天の汗取りパッド人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

汗脇パッドで汗ばむ季節も心地よく過ごそう!

女性 街 花柄

本記事では、汗脇パッドの選び方やおすすめの商品、そして使う上での注意点について紹介してきました。

汗脇パッドは汗じみや不快なにおいをケアして、脇を清潔にキープするために有効なアイテム。
しかし、脇や製品のケアを怠ると逆に肌に負担をかけて不快臭を発生させやすくなってしまうので注意が必要です。

正しいケアを行えば汗によるストレスを抑えられるので、自分の使いやすい商品を見つけて夏を心地よく過ごしましょう!

【あわせて読みたい】ボディケアに関連するおすすめ記事はこちら

ジャムウソープ・石鹸おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.17

デリケートゾーン石鹸おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.09

脱毛器おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.03

デオドラントスティックおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.03.26

デオドラントクリームおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.09

ABOUTこの記事をかいた人

小熊 くるり

日本化粧品検定1級

スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を書いていきたいです。