ルアーケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 硬く厚みのあるものを選ぶ
      →やわらかく厚みのない製品は、変形しやすい。
    • バッグやタックルボックスの大きさをチェック
      →バッグやタックルボックスの大きさにあった、適切なサイズのルアーケースを選ぼう。
    • ルアーにあったサイズかチェック
      →ルアーにもさまざまな大きさがあるので、収納するルアーにあったルアーケースを選ぼう。
    • 海のルアーフィッシングでは丸洗いできるものを選ぶ
      →ルアーケースごとルアーを水洗いできると、とても便利。
    • ワームプルーフのものを選ぶ
      →ワームプルーフのルアーケースであれば、ほとんどのルアーを入れて問題ない仕様になっているので使い勝手がよい。

    ルアーケース アイキャッチ
    ルアーフィッシングで絶対的に必要となるルアーケース。
    多くのルアーを持ち運んだり、釣りの最中に使いやすくしたりするためには選び方にこだわっておきたいものです。

    ルアーケースは実にさまざまで多種多様な種類が販売されていて、選ぶときには迷ってしまう方がほとんどだと思います。

    本記事ではルアー釣り歴20年以上となる筆者がルアーケースの選び方やおすすめ品、取り扱うときの注意点までを一挙にご紹介します。
    この記事を最後まで読めば初心者の方であってもルアーケース選びで迷ったり、使い方を誤ったりすることを最小限に抑えることができるでしょう。
    ぜひ参考にしてみてください。



    ルアーケースとは

    ルアーケース とは
    ルアーケースとはその名の通り、ルアーを保管しておくためのケースです。

    しかしルアーには硬いプラスチックで作られている「ハードルアー」や、やわらかい素材で作られたワームを代表とする「ソフトルアー」、さらには1cm程度の大きさから20cmほどの大きさのルアーまでがあり、それぞれに適したルアーケースは異なってきます。

    ですのでルアーの種類や大きさ、さらには釣り場の状況まで考慮したルアーケースを選んでいく必要があります。
    ケースを選ぶときには深さや横幅、また仕切りがあるかどうかなどを気にしつつ選んでいくと失敗しにくいです。
    具体的な選び方については下記に詳しくご紹介していきます。

    【こちらもCHECK】ルアーに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングルアーおすすめ人気ランキングTOP10!仕掛けや重さの違いは?【2017年最新版】

    2017.10.27

    ルアーケースを選ぶときの5つのポイント

    硬く厚みのあるものを基本に選ぶ

    ルアーケース 硬く 厚み
    ルアーケースにはさまざまな大きさのものがありますが、いずれの大きさにおいても硬く厚みのあるものを基本に選ぶようにしておきましょう。

    使われている素材がやわらかく厚みがないものだと、使用していく時間が長くなれば変形してしまうことが多いので注意してください。
    少しでも変形してしまうと、閉じるときにうまく噛み合わなくなってしまい使い勝手が悪いだけでなく、ルアーを交換する際に中身を落としてしまう可能性も大きくなってしまいます。

    とくに、価格が安いからといった理由だけでルアーケースを選ぶと失敗してしまうことが多いです。
    買い替えとなると、結果的にトータルの費用がかさんでしまうので注意しましょう。

    また、止め具も厚みがあり硬くしっかりしているものを選ぶのもポイントです。
    止め具自体はもちろん、そのつけ根の部分がしっかりしているものや、指を掛けやすいもの、また幅広で力を入れやすいものといった工夫がされているものを選んでみましょう。

    バッグやタックルボックスの大きさを考慮して選ぶ

    ルアーケース バッグ タックルボックス
    ルアーケースにはさまざまな大きさがあるので、自分が持っているバッグやタックルボックスの大きさを考慮して選ぶようにしておきましょう。
    ほとんどのルアーケースには、大きさの表示があります。
    それを目安にして選ぶのが基本です。

    またバッグやタックルボックスの説明に適合するルアーケースの品番が掲示されていることも多いので、それを目安にして選んでみるのもよいと思います。
    同じメーカー内で大きなバッグやタックルボックスが販売されていると、その形状にあわせてルアーケースがシステム収納できるようになっているものもありますので、選ぶときに考慮してみるとよいでしょう。

    ルアーケースがバッグやタックルボックスに対して大きすぎるとうまく収まらないですし、小さすぎると勝手に動いてしまって取り出すときに面倒になることが多いので、適切なサイズのものを選ぶように心掛けておきましょう。

    【こちらもCHECK】釣り用具の持ち運び・収納に便利なアイテムの記事はこちら

    タックルボックスおすすめ人気ランキングTOP15!メイホウ製品やロッドスタンドつきも【2018年最新版】

    2018.08.01

    磯バッグおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.25

    釣り用バッグおすすめ人気ランキングTOP15!防水も【2018年最新版】

    2018.03.16

    ルアーにあった仕様のケースを選ぶ

    ルアーケース 仕様
    ルアーは1cm程度から20cmほどの大きさのもの、また厚みがほとんどないものから厚みが大きなもの、金属パーツがついているものなどさまざまな種類があります。
    それぞれのルアーにあった仕様のケース選びが重要です。

    ルアーケースにも大小さまざまな大きさがあり、さらに仕切り板によってルアーの大きさにあわせて調整ができるものや、仕切りがなく大きなルアーを入れやすいものなどあります。

    また仕切り板に関しては付属数が少ないと細かな仕切りができなかったり、釣りの最中に外れて紛失したりして数が足りなくなってしまうことがありますので、できるだけ付属している仕切り板の数が多いものを選んでおくのもポイントです。

    海のルアーフィッシングでは丸洗いできるものを選ぶ

    Jackson(ジャクソン) ジャクソンルアーケースW-BL
    Jackson(ジャクソン) ジャクソンルアーケースW-BL

    海のルアーフィッシングで大敵となるのが海水中の塩分です。
    塩分がついたままになるとフックが錆びてしまい、魚の掛かりが悪くなったり、掛かったとしても強い力が掛かることで折れてしまうことがあります。

    釣りが終わったらルアーを水洗いするのが対策ですが、そのようなときにルアーケースごと洗えるタイプを使っておくと便利です。
    丸ごと水洗いできるタイプは水抜き穴があるので、水に一気に浸け込んだあとに傾けるだけで流してしまうことができます。
    洗ったあとは陰干ししてしっかりと乾燥させるようにしてください。

    ワームプルーフのものを選ぶ

    ルアーケース ワームプルーフ
    ルアーケースを選ぶときには「ワームプルーフ」となっているものを選ぶのもポイントです。
    ワームプルーフとはやわらかい素材のワーム(ソフトルアー)を入れても溶けにくくなっているもののことで、ほとんどのルアーを入れて問題ない仕様となっています。

    ワームプルーフではないルアーケースにはワーム(ソフトルアー)を入れてそのままにしておくとワーム内の可塑剤によって、ケース自体が溶けてしまいます。
    溶けてしまったケースをなおす方法はないので、事前にワームプルーフ対応のルアーケースがあることを知っておきましょう。
    ワームプルーフのルアーケースは同時に硬く厚みのあるものが多いので、使い勝手もよいので、選ぶときに気にしてみてください。

    ルアーケースおすすめ人気ランキングTOP15

    ここからはルアーケースのおすすめ人気ランキングTOP15をご紹介。
    筆者がルアーケース選びのポイントを踏まえ、あまり知られていないけれども便利な機能を持ったものから、長年多くの釣り人に選ばれている定番品までをセレクトしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    15位 メイホウ VS-4060


    ケースのサイズ:185×145×123mm

    バスフィッシングで使うスピナーベイトの収納を主に考えてあるルアーケース。
    ワイヤー部分を掛けて収納できる溝つきのラックが2枚付属していて、スピナーベイトを最大で20個収納できます。
    ラックを使わなければワームをパッケージのまま入れておくことも可能。

    また、同じメーカーであるメイホウの人気タックルボックス「VS-8050」、「VS-3080」、「VS-3078」とシステム的に組み合わせての使用ができます
    ボートフィッシングでスピナーベイトをよく使う方、またワームを数多く持っていく方にぜひ使ってみてほしいルアーケースです。

    14位 アムズデザイン ルアーケース3010


    ケースのサイズ:205×145×40mm

    ソルトルアーメーカーとして人気のアムズデザインのルアーケース。
    大きなアイマブランドのロゴが入っていて、レッドやグリーン、ブルーといった外側のカラーが豊富で選べることが特徴となっています。

    形はメイホウの3010と同じで使いやすいので、カラーを使い分けることでバッグやタックルボックス内でどのケースにどのルアーを入れているかを見分けやすくする工夫ができるでしょう。

    13位 メイホウ SFCルアーケース 3L


    ケースのサイズ:275×131×45mm

    長さのあるルアーを収納するのに便利なルアーケース。
    これだけの長さを持つルアーケースはほとんどありませんので安くても貴重な製品です。

    四隅に少し窪みを設けることによってケースの変形を防ぐ工夫がしてあります。
    特にワイヤーが長く収納に悩みがちな、バズベイトやアラバマリグといったものを入れておくのに非常に便利な商品でしょう。

    12位 メイホウ リバーシブル #100

    メイホウ(MEIHO) リバーシブル #100

    メイホウ(MEIHO) リバーシブル #100

    660円(05/30 20:12時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    ケースのサイズ:200×126×36mm

    対面トライアングル構造で両面に収納可能なルアーケース。
    ルアーについているフックが生み出してしまうムダなスペースをなくしうまく活用することで収納数を多くし、取り出しも簡単にできるようになっています。

    丸洗いができる水抜け穴がついているので、海でのルアーフィッシングにおいて使い勝手が非常によいです。
    収納スペースの大きさにあわせると、細身のメタルジグや2.5号サイズの小さなエギやスッテを入れるに最適なルアーケースとなっています。

    11位 メイホウ VS-3010NDDM

    メイホウ(MEIHO) VS-3010NDDM スモークBK

    メイホウ(MEIHO) VS-3010NDDM スモークBK

    481円(05/30 20:12時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    ケースのサイズ:205×145×60mm

    深さがあるので、厚みのあるルアーでも気にせず収納可能なケース。
    ルアーだけでなくワームやフック、シンカーをパッケージのまま収納するのにも便利です。
    一方で深さがある分、ルアーケース自体の厚みがあるので自分が持っているバッグやタックルボックスにあうかどうか、大きさを確認してから購入するようにしてください。

    また同梱の仕切り板を使うことによって縦と横それぞれに仕切ることができ、収納するルアーの大きさにあわせての使い分けが可能となっています。

    10位 ブルーブルー ルアーケース ロゴタイプ


    ケースのサイズ:210×151×42mm

    大中小の3サイズの仕切り板で自由自在にレイアウトを組むことができるルアーケース。
    縦に仕切れば通常サイズのバイブレーションやクランクベイト、横に仕切れば大型ミノーやロングタイプのメタルジグのように細長いルアーの収納ができます。
    さたに中小の仕切り板を組み合わせればパーツサイズにあった仕切りをすることが可能。

    人それぞれでさまざまな使い方が考えられる便利なルアーケースです。

    9位 バレーヒル ルアーケース 1510


    ケースのサイズ:200×153×40mm

    両側から開閉可能な珍しいタイプのルアーケース。
    利き手だったり、ケースの向きを気にせずに開けたりすることができることで、釣り場でのストレス軽減につながります。

    カラーはイエロー、オレンジ、メロンソーダから選ぶことができるので、バッグやタックルボックス内での使い分けも意識しやすいです。
    ブラックバスやシーバス、ショアジギングといったさまざまなルアーフィッシングにおすすめできるルアーケースです。

    8位 リングスター スーパーピッチ クリア SP-3000D


    ケースのサイズ:300×206×39mm

    5.5mmピッチで細かく仕切ることが可能なルアーケース。
    小さなルアーから大きなルアーまで大きさを問わずに収納できるのは大きな魅力です。

    小さく仕切ることで、ワームフックやジグヘッド、ダウンショットシンカーのような小物を収納しておくのにも便利です。

    7位 ダイワ ルアーケース マルチケース 210F


    ケースのサイズ:210×146×40mm

    上蓋が透明で中身を確認しやすいダイワのルアーケース。
    仕切りが一切ないので、ルアーの大きさや収納するスペースを気にせず使えます。

    オフショアフィッシングのときに使うと、大型ペンシルベイトやタイラバ、インチクといった収納面で悩みやすいものをそのまま収納することができます。
    水抜き穴があるので、海でルアーを使い終わってからの水洗いのメンテナンスも簡単に行うことができ、幅広の止め具も使いやすいおすすめのルアーケースです。

    6位 メイホウ ランガンケース 3010W-1

    メイホウ(MEIHO) ランガンケース3010W-1

    メイホウ(MEIHO) ランガンケース3010W-1

    1,069円(05/30 20:12時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    ケースのサイズ:205×145×40mm

    片面はスリットフォーム、もう片方の面は仕切り板が使用可能で小分け収納できる便利なルアーケース。

    管理釣り場でのトラウトフィッシング、海でのアジングやメバリングにおいておすすめのケースで、スリットフォーム面にはスプーンやジグヘッドのフックを差し込んで収納できます。
    仕切り板が使用可能な面にはハードルアーやキャロウエイトなどを入れられます。

    ルアーが小さな釣りの際は、このケース一つあればすべて持ち運ぶことができるでしょう。

    5位 メイホウ VS-902 マルチケースS


    ケースのサイズ:138×77×31mm

    小さなルアーの収納や小分けに便利なコンパクトサイズのルアーケース。
    一点だけでも強く閉めておくことができ、指を引っ掛けやすい止め具は使いやすさ抜群です。

    渓流でのヤマメやイワナ狙いの小型スプーンや、アジングやメバリングにおけるハードルアーの収納にとても便利で、小さくても強度は十分なので安心して使うことができます。

    4位 メイホウ リバーシブル140 クリア


    ケースのサイズ:205×145×40mm

    内寸14cmでエギや3フックミノーの収納に便利な両面収納できるルアーケース。
    アオリイカやコウイカ狙いで使用頻度が高い3.5号のエギを、シンカーを下にして入れることができ、シーバスやヒラメ狙いで使う3フックミノーも絡むことなく入れておくことができます。

    サーフや磯で着用するゲームベストに丁度入る大きさでもあるので、そのような場面の釣りのときにおすすめです。
    水抜き穴もついていますので、使ったあとは真水につけて一気に洗うことができます。

    3位 メイホウ VS3010NDM


    ケースのサイズ:205×145×40mm

    大きな仕切り板つきで、かさばってしまいがちなルアーの収納がしやすいケース。
    仕切り板なしで使えばビッグベイトや大型のペンシルベイトを収納でき、仕切り板を使えばクローラーベイトやスピナーベイトの収納がしやすくなります。

    止め具は幅広なので、開け閉めがしやすいです。
    また、大型タックルボックスとして人気の「VS-3078」にシステム収納できるサイズとなっているのもこのルアーケースのメリットです。

    2位 メイホウ クリアケース C1200ND

    メイホウ(MEIHO) クリアケース C1200ND

    メイホウ(MEIHO) クリアケース C1200ND

    875円(05/30 20:12時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    ケースのサイズ:255×190×40mm

    仕切り板が32枚ついており、細かく分けて収納ができるルアーケース。
    トラウト狙いで使う小型ミノーやスプーン、メバリングやアジングにおけるメタルジグやスピンテールといった小型ルアーを入れるのに最適です。

    仕切り板によって収納スペースを細かく分けられるメリットはルアーだけでなく、ジグヘッドやダウンショットシンカーを入れるのにも適しています。
    透明度が高いので中身を確認しやすく、複数持っていても取り出すときには見分けがつきやすいのも大きなメリットです。

    1位 メイホウ VS-3010


    ケースのサイズ:205×145×40mm

    3列の収納スペースに仕切り板が使用できる、多くのルアーに対応可能な大きさのルアーケース。
    バスフィッシングにおける大型のビッグベイトや、シーバスフィッシングでの大型ミノーなどの収納に適しています。

    ケースの止め具は幅広となっているので寒さで手がかじかんでしまうような状況でも開けやすく、手のひらで押すようにして閉めることができるので便利です。
    さらに角が滑らかなので、バッグやベストから取り出すときに引っ掛かりにくくスムーズに出し入れできます。

    ルアーケース選びで迷ったらまずはこれを買っておけば間違いなしの定番品です。

    ルアーケースを使用するうえでの5つの注意点

    直射日光に要注意

    直射日光 ルアーケースハードルアーやワームの大敵はなんといっても直射日光です。
    直射日光が当たることによってハードルアーであれば膨張したり、ワームだと色あせしてしまうことがあります。

    膨張してしまったハードルアーは割れたり、水に入れたときに一気に内部の空気が縮んで水を吸い込んでしまいます。
    またワームは、変色してしまうと釣果が落ちてしまいます。

    釣り場ではルアーケースを太陽の当たる場所にしたままにしないことはもちろんのこと、車のなかに置いたままにしないようにすることにも注意しましょう。

    また釣り場では釣りに夢中になってしまいルアーケースを開けたままにしてしまう方も多いですが、何かの衝撃や持ち上げたときに開いていることを忘れてしまって中身が飛び出してしまうことも多いので、開閉のたびにしっかりと閉めたことを確認しておくように心掛けることも忘れないようにしてください。

    重たいものを上に置いたままにしない

    ルアーケース 重たいもの 上
    ルアーケースはプラスチック系の素材でできていますので、割れたり変形したりすることもあります。
    重たいものを上に置いたまま保管しないようにしておきましょう。

    重たいものであっても一時的であれば問題ない強度はルアーケース自体も持っていますが、長期間置いておくと割れや変形を起こすことがありますので注意してください。
    もちろん落下させてしまうと衝撃で割れることがありますので気をつけてください。

    仕切り板をうまく使う

    Blue Blue(ブルーブルー) ブルーブルールアーケース ロゴタイプ ブルー.
    Blue Blue(ブルーブルー) ブルーブルールアーケース ロゴタイプ ブルー.

    ルアーケースには仕切り板があるタイプが多いですが、この仕切り板をうまく使ってルアーを保管するようにしてみてください。

    コツはルアーよりも少し大きめに仕切り板を使って1つのスペースを作り、そこに2~3個程度に入れる個数を制限しておくことです。
    あまりにも多くルアーを1つのスペースに入れておくと、釣りをしている最中にフック同士が絡まってしまい取り出しにくくなりますので注意しましょう。

    また海のルアーフィッシングでは使ったルアーは海水がつきますので、使用したルアー用のスペースをあらかじめ開けておき、使っていないルアーと分けておくこともおすすめします。
    海水はフックの錆を生み出す最大の敵となりますので、なるべく可能な限りの対処を行っておきましょう。

    さらに覚えておくと便利なのが、仕切り板は繋がった状態で同梱されていることがほとんどでカッターやハサミで切り離して使用しますが、このつながっている部分をほんの少し残しておくのもおすすめです。
    きれいに切り離すとルアーのフックや指が少し引っ掛かっただけで仕切り板が外れることがありますが、ほんの少しパーツの繋ぎ目部分を残しておくことで固定される力が強くなって、外れにくくなるのでぜひ試してみてください。

    別のカラーのワームを一緒に入れない

    ルアーケース ワーム カラーパッケージのままだとかさばってしまいバッグやタックルボックス内の収納スペースを圧迫してしまうので、ルアーケースにワームを入れておきたいという方も多いと思います。
    このような場合はワームプルーフの溶けにくい性能を持ったルアーケースを使うことはもちろんですが、別のカラーのワームを同じスペースに入れないようにしておきましょう。

    カラーが違うワーム同士を接触させておくと色が移ってしまいますので、分けて保管しておきましょう。
    早いものでは1日もしないうちに色が移ってしまい、大抵の場合暗い色に変色してしまい魚が釣れにくくなってしまうので注意してください。

    エラストマー素材を使用したルアーに注意

    メガバス(Megabass) ルアー GARUDA(ガルダ) 池原ブルー 37344
    メガバス(Megabass) ルアー GARUDA(ガルダ) 池原ブルー 37344

    ルアーのなかには「エラストマー」と呼ばれる素材を使ったものがあります。
    エラストマー素材のルアーは、ケース自体やほかのルアーさえも溶かしてしまうことがありますので注意が必要です。

    単体でエラストマー素材を使ったものはもちろんのこと、ビッグベイトやトップウォーターのテールに使われていることもありますので注意しましょう。
    エラストマー素材が使われているルアーはもともと販売時に入っていたケースに入れておくのが一番確実に保管でき、ルアーケースに入れるのはあまりおすすめできません。

    また使用したあとは水分がついたままだと劣化の原因にもなりやすいので、エラストマー素材のルアーはほかのルアーよりも扱いに注意しておきましょう。

    Amazon&楽天のルアーケース人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    ルアーケース選びで快適な釣りをしよう

    ルアーケース まとめ
    ルアーケースといっても非常にさまざまな種類があり、使い分けを意識してみると釣りの快適さがまったくといってよいほど変わってきます。

    本記事でご紹介したおすすめ品のルアーケースは使い勝手がよいものばかり集めましたので、ぜひこのなかからご自身の持っているルアーやバッグ、タックルボックスにあったものを選んで使ってみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。
    入会金○○○円
    コース料金(2か月分)○○○円
    営業時間記入例:AM7:00~PM23:00
    アクセス記入例:東京都豊島区南池袋1‐19‐5 Gビル南池袋8F(池袋駅 東口 徒歩5分)

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    へらバッグおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.25

    フィッシングベストおすすめ人気ランキングTOP9!渓流やメッシュも【2018年最新版】

    2018.05.31

    フィッシンググローブおすすめ人気ランキングTOP10!防寒も【2018年最新版】

    2018.05.31

    バッカンおすすめ人気ランキングTOP11!選び方やサイズも【2018年最新版】

    2018.03.20

    ロッドケースおすすめ人気ランキングTOP15!ハードロッドケースやリールロッドケースも【2018年最新版】

    2018.03.12