インパクトドライバーソケットおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

黒木雄斗

製造業・建築業歴 7年

「ものづくり」の業務経験を活かした記事の執筆を行っています。
DIYで暮らしを豊かにする方法を毎日模索するのが趣味です。
DIYを楽しむ方が、より良い「ものづくり」ができるように情報を発信していきたいと考えています。

    選び方のポイント

    • 下穴の深さで選ぶ
      →扱うボルトの長さで必要な下穴の深さが異なるので注意。
    • 形状で選ぶ
      →ストレートタイプが使えなければ首振りタイプを検討。
    インパクトドライバー

    DIYではインパクトドライバーとソケット(ソケットビット)を使用して、溝に入り込んだボルト・ナットを締め込むという機会が意外に多いものです。

    本記事では、建築設備業を経験してきた筆者がインパクトドライバーソケットの特徴や選び方のポイントを解説したうえで、インパクトドライバーソケットおすすめ人気ランキングをご紹介します。

    1,500円から手に入るお手ごろなセット品や、便利な機能が備わった製品もピックアップしました。

    インパクトドライバーソケットとは?

    ベッセル(VESSEL) ソケットビットベルト BW-70
    ベッセル(VESSEL) ソケットビットベルト BW-70

    ソケット(ソケットビット)とは、インパクトドライバーの先端工具である“ビット”の1つ。
    “六角軸”という根本部分を、インパクトドライバーの先端に装着して使用します。
    ビットは着脱ができるので、用途にあわせてさまざまな形状のものに交換が可能です。

    ソケット(ソケットビット)は六角ボルト・ナットの締めつけや取り外しを行うための工具で、先端に六角形の穴があいた筒状の形をしています。
    ボルト頭部の6面に力を加えて締めつけるため、インパクトドライバーの強力な回転力(トルク)を確実に伝えることが可能です。

    【こちらもCHECK】インパクトドライバーに関連するおすすめ記事はこちら

    インパクトドライバーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.03

    インパクトドライバービットおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.02

    インパクトドライバーセットおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.28

    インパクトドライバーソケットの2つの選び方

    ① 下穴の深さで選ぶ

    TONE 電動ドリル用コンパクトソケット ビット6.35mm 二面幅13mm HP2BN-13C
    TONE 電動ドリル用コンパクトソケット ビット6.35mm 二面幅13mm HP2BN-13C

    ソケット(ソケットビット)はボルト・ナットを覆うようにして使用するため、ボルトのネジ部分が長く突き出ている場合には下穴の深さが足りず、ナットを回せないことがあります。

    扱うボルトの長さにあわせて下穴の深さを決めましょう。

    ② 形状で選ぶ

    トップ(TOP) ユニバーサルソケット 電動ドリル用 EUS-17
    トップ(TOP) ユニバーサルソケット 電動ドリル用 EUS-17

    ストレート形状の製品はトルクを効率よく伝えることができますが、インパクトドライバーが入らない場所では、ボルト・ナットに対してソケットが斜めになる“斜めが掛け”になってしまうことがあります。

    このような場合には、ビットに対してソケットが傾けられる“首振り”機能がついた製品を選ぶとよいでしょう。

    インパクトドライバーソケットおすすめ人気ランキングTOP5

    ここまでお伝えしたソケット(ソケットビット)の選び方をもとに、インパクトドライバーソケットのおすすめランキングTOP5をご紹介します!

    5位 ベッセル(VESSEL) 剛鍛首振りショートソケット 対辺13 コンパクトサイズのユニバーサルソケット WSA2013

    サイズ:対辺13mm・受け深さ8mm・下穴深さ25mm・外径19mm
    材質:-

    15度の首振りが可能なショートソケットです。
    インパクトドライバーが入りにくくてソケットをボルト・ナットに対して直線に立てられないときでも、しっかりと角度をあわせることができます。
    狭い場所や角際での作業を行うことが多い方におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年3月14日現在)

    1,027円

    4位 トップ(TOP) ショートソケット 電動ドリル用 EHS-13

    サイズ:対辺13mm・受け深さ9mm・下穴深さ20mm・外径20mm
    材質:SCM435

    プロユーザー向けメーカーTOPのシンプルなショートソケット。
    14.4Vインパクトドライバーに対応する強度と、ナットを傷めない点が特徴です。
    プロユース製品のなかでは手ごろな価格となっています。

    単品なので特定のサイズを扱う方におすすめします。

    Amazon商品価格(2018年3月14日現在)

    465円

    3位 SUN UP 六角軸ソケットセット S6-6.35 六角軸径:6.35mm 5点 1セット

    サイズ:対辺7・8・10・12・13mm
    材質:クロームバナジウム鋼

    下穴が深くなったソケットのセット。
    ナットからボルトが長く突き出してしまっている場合、ショートソケットでは下穴の長さが足りず、ナットまでソケットが届かないことが多いのですが、この製品であれば問題なく作業できます。

    長いボルト・ナットを扱う機会が多い方におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年3月14日現在)

    1,771円

    2位 高儀 EARTH MAN ソケット&ビットセット 10pcs DB-24

    サイズ:ソケットビット(対辺:6・7・8・9・10・11・12・13mm)・65mm両頭ビットNo.1/No.2
    材質:ソケットビット クロームバナジウム鋼・ドライバービット S2

    ソケットビット8サイズと両頭プラスビット2本のセット。
    ソケットビットは6~13mmまで1mm刻みなので、DIYで扱うボルト・ナットであれば、ほとんどカバーできます。

    セット品のなかではとてもリーズナブルなので、使う頻度はあまりないけれどセット品を用意しておきたいという方におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年3月14日現在)

    1,655円

    1位 ベッセル(VESSEL)ソケットビットベルト BW-70

    サイズ:8・10・12・13・14mm
    材質:-

    スタンダードなソケットビット5サイズのセット。
    よく使用されるサイズがセットになっているので、一般的なサイズのボルト・ナットであれば問題なく扱えます。

    製品の精度が高いうえに、サイズごとに色分けされているため、判別がしやすい点も魅力。
    単品で同製品を揃えるよりもはるかに割安なので、品質のよいセット品をお探しの方におすすめします。

    Amazon商品価格(2018年3月14日現在)

    1,591円

    インパクトドライバーソケットの使用上の注意点

    インパクトドライバー

    インパクトドライバーのソケット(ソケットビット)は、強力なトルクを確実にボルトやナットに伝えてくれますが、それゆえに締め込み過ぎないようにしたいです。
    過大な力がボルトやナットに加わると、小さなボルトはねじ切れてしまったり、大きなボルトであっても頭部をなめてしまったりすることがあり、最悪の場合には2度とネジが取り外しできなくなります。

    インパクトドライバーの取扱説明書などで、ボルトやナットの締めつけトルクの目安を確認したうえで締めつけを行いましょう。

    インパクトドライバーソケットを正しく選ぼう

    ベッセル(VESSEL) 剛鍛セミロングソケット9本組 SL209PS
    ベッセル(VESSEL) 剛鍛セミロングソケット9本組 SL209PS

    ソケット(ソケットビット)で扱うのは主に六角ボルト・ナットですが、状況によって必要になる形状や強度が異なります。
    コストパフォーマンスを考慮して、セット品にするか単品にするかという問題もあります。
    使い方をよく検討して、インパクトドライバーをより活用できるようにしましょう。

    【あわせて読みたい】DIYに関連するおすすめ記事はこちら

    電動ノコギリおすすめ人気ランキングTOP15!使い方も【2018年最新版】

    2018.03.23

    下地探しおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.02.23

    釘抜きおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.02.15

    スパナおすすめ人気ランキングTOP15!サイズや規格も【2018年最新版】

    2018.02.08

    ABOUTこの記事をかいた人

    黒木雄斗

    製造業・建築業歴 7年

    「ものづくり」の業務経験を活かした記事の執筆を行っています。
    DIYで暮らしを豊かにする方法を毎日模索するのが趣味です。
    DIYを楽しむ方が、より良い「ものづくり」ができるように情報を発信していきたいと考えています。