ヘアケアグッズおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 種類で選ぶ
    →基本のシャンプーや、スタイリング剤などから自分の目的の種類で選ぶ。
  • 髪質で選ぶ
    →自分が持つ髪質によって使うグッズや種類も変わる。
  • なりたいヘアスタイルで選ぶ
    →ふんわりやしっかりなど、どんな風にスタイリングしたいかによって選ぶ。
ヘアオイル

女性にとって髪は大切な体のパーツの一つともいえるほど、大切なもの。
ファッションにも生き方にも大きくかかわってくる髪をきれいに保つためには、常にケアしていく必要があります。

ヘアケアは、数年後の髪質や毛量にも影響するので「なんとなく適当に目についたものを使っている」人は、見なおさなければなりません。

ここからはヘアケアグッズと呼ばれている多くのアイテムのなかから、定番のものを解説していきますので、今よりもヘアケアによいと思うものがあれば、ぜひ取り入れてみてください。

ヘアケアグッズとは

ヘアケア 美髪


一般にヘアケアグッズと呼ばれているものは髪の手入れに関するアイテムのこと。
さまざまな種類があるヘアケアグッズですから、価格や成分にもばらつきがあります。

コマーシャルなどのイメージ戦略だけで惑わされないように、しっかり内容を見極めて効率のいいものを選んでいくようにしたいですね。

【こちらもCHECK】ヘアケアに関連するおすすめ記事はこちら

頭皮マッサージグッズおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.08.10

シアバターとは?効果や使い方についても

2018.07.25

プチプラのヘアオイルおすすめ人気ランキングTOP5!サラサラで香りのいいものは?【2018年最新版】

2018.01.20

ヘアケアグッズの種類

美容品 ボディスクラブ カラフル

ヘアケアグッズは、シャンプーやコンディショナー、パックなど髪の毛に関係するものや、頭皮ケアに使うマッサージ剤、スタイリング剤などの整髪料のことを指します。

洗浄するもの、守るもの、整えるものと、ヘアケアグッズはアイテムによって効果がまったく違います。
髪悩みを考慮して自分に必要なものを理解することが、ヘアケアグッズ選びのポイントになりますね。

シャンプー

シャンプー ボトル

ドラッグストアなどで手軽に買えるシャンプーを使っている方がほとんどではないでしょうか。

皮膚に疾病を抱えている方やアレルギーを起こしたなど特別な理由がなければ、ドラッグストアで手軽に買えるシャンプーは便利です。
コマーシャルなどによって好印象を持ってる方も多いでしょう。

しかし、安価で売られているシャンプーは洗浄力が高すぎるという欠点があることを理解している方は少なく、頭皮や髪に悪い影響が出ていることに気がついていない場合があります。

ヘアケアはきれいな髪を維持することが目的の一つですから、成分にも気をつけて選んでいきましょう。

【こちらもCHECK】シャンプーに関連するおすすめ記事はこちら

【美容師が選ぶ】市販の女性用シャンプーおすすめランキングTOP10!人気なのはひまわり?【2018年最新版】

2018.01.02

はちみつシャンプーおすすめ人気ランキングTOP5!効果はどのくらい?【2017年最新版】

2017.12.04

美容師が選ぶ市販のメンズシャンプー人気ランキングTOP15!コスパ最強は?【2018年最新版】

2017.11.06

コンディショナー

シャンプー 石鹸 ボトル

現在コンディショナーと呼ばれているものの効果は、「リンス」ととほぼ同じ。
時代の変化で呼び方が変わったと考えていいでしょう。

主に髪の表面をコーティングする作用があり、髪を洗ったあとに開きがちなキューティクルを保護します。
そのため、クシ通りや手触りがよくなる成分を含んでいる傾向にあります。

表面をコーティングするだけなので、時間を置いても効果は変わりません。
髪になじませたら、すぐにすすいでもかまわないのがコンディショナーです。

【こちらもCHECK】コンディショナーに関連するおすすめ記事はこちら

コンディショナーおすすめ人気ランキングTOP15!使い方やトリートメントとの違いも【2018年最新版】

2018.03.09

トリートメント

オーガニックハンドクリーム

トリートメントはコンディショナーと違って、髪の内部に作用して傷んだ部分の補修を目的に作られています。

傷んだ部分の補修だけでなく、保湿成分などを浸透させるものも多くなっているので、髪質にあわせて選びやすいですね。
トリートメントの作用を持ったヘアパックなども商品化されています。

髪の傷みが気になる場合は、トリートメントで内部の補修をしてからコンディショナーでコーティングする方法がおすすめです。
コンディショナーをトリートメント前に使ってしまうと、内部に補修作用が伝わらないので注意してください。

髪の内部の傷みを補修すると、パサつきや見た目の輝きも変わるので、傷みに悩んでいる人には使って欲しいグッズです。

【こちらもCHECK】トリートメントに関連するおすすめ記事はこちら

アルガンオイルとは?使い方や気になる効果についても

2018.07.26

アウトバストリートメントおすすめ人気ランキングTOP25!ミルクタイプやオイルタイプも【2018年最新版】

2018.03.23

トリートメントおすすめ人気ランキングTOP15!カラーや洗い流さないものも【2018年最新版】

2018.01.26

スタイリング剤

スキンケア用品

スタイリング剤には、クリームタイプやオイルの髪質に作用するものから、スプレーやワックスなどヘアスタイルに変化を持たせるものまで、多くの種類があります。

スプレー一つをとっても、寝ぐせなおしや、熱からの保護、スタイリングと役割はさまざま。
目的に応じて使うものが違ってくるので、スタイリング剤の特徴を見極めて利用しましょう。

スタイリング剤の種類

  • ヘアウォーター:寝ぐせをなおしやすくする水分が主体のスタイリング剤。
  • ヘアクリーム・ミルク:やわらかい感覚で、パサつきを抑えて潤いを与える。
  • ブロー用スタイリング剤:髪の表面に適度なコーティングをすることで、ブローのときの熱や摩擦から髪を守り、セットしやすく髪の形を整えるセット維持作用がある。
  • ヘアワックス:髪を固めすぎずに、流れを出したり思うような形が作れる。
  • ヘアスプレー:仕上げに使われるものが多く、整えたヘアスタイルをキープさせる。
  • これは主流として商品になっている一部です。
    まだまだスタイリング剤の種類は多く発売されています。

    スタイリングの作用

    水分を含んだ髪はやわらかくなっているので、この水分を利用してクセをつけやすい状態にして、スタイリングしていきます。

    髪についているスタイリング剤の影響でヘアスタイルを維持することができたり、クセの強弱を選ぶことも可能です。

    しっかり固めるタイプのスプレーやジェルなどはクシを通したりするとキープ力を失いますが、ワックスやクリームタイプは固めることなく油分で整髪するので、整えやすいなどの特徴があります。

    【こちらもCHECK】スタイリング剤に関連するおすすめ記事はこちら

    ヘアウォーターおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.23

    ヘアワックスおすすめ人気ランキングTOP15!メンズ&レディースの使い方も【2018年最新版】

    2018.01.27

    レディースヘアワックスおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.21

    養毛剤や育毛剤などの頭皮ケア

    髪5

    年齢を重ねるとホルモンのバランスが乱れるので、抜け毛や薄毛に悩まされます。

    ストレスによる新陳代謝の低下や不安定な睡眠で起こる成長ホルモンの弊害など、あらゆる原因を考慮しつつ抜け毛や薄毛の対策をしていくことになります。

    養毛剤

    養毛剤とは、健康的な地肌を作ることで、脱毛を抑えながらしっかりした髪の毛を作っていくアイテムです。

    地肌の環境を整えるものが多く、栄養成分や血行をよくする成分などで抜け毛が多くなる原因の硬くなった頭皮をやわらかくしたり、皮脂を抑えて抜け毛を抑えてくれたりします。

    マッサージなどの際に使用することを想定しているため、作用はおだやかで、医薬品ではなく化粧品に分類されるものが多いですね。
    ヘアケアグッズとしては使いやすいものになっていますよ。

    育毛剤

    育毛剤とは髪の毛の成長に働きかける成分が主体になっているもので、抜け毛を抑えながら、毛根や毛母細胞を活性化させて髪の育成を補助するもの。

    こちらのタイプは医薬品や医薬部外品に指定されるものが多く、成分は頭皮の内部に浸透しやすいものが配合されています。

    成分がデリケートな皮膚にあわない場合もあるので、注意しながら使う必要があります。

    【こちらもCHECK】養毛・育毛に関連するおすすめ記事はこちら

    メンズ用育毛シャンプーおすすめ人気ランキングTOP15!乾燥肌&脂性肌用や効果の解説も【2018年最新版】

    2018.07.31

    【厳選】市販のスカルプシャンプーおすすめ人気ランキングTOP15!効果や使用方法についても【2018年最新版】

    2018.07.30

    ヘアトニックおすすめ人気ランキングTOP15!効果や使い方も【2018年最新版】

    2018.03.22

    髪質の特徴

    人それぞれに髪の質が違うのは当然のことですが、その質にあわせたヘアケアグッズを使わないと期待よりも効果がイマイチということになってしまいます。

    しかし、どうして髪質は人によって違ってくるのでしょう?
    硬い髪ややわらかい髪などの特徴もみていきましょう。

    やわらかい・細い

    髪の毛には層によってできていますが、キューティクル、コルテックス、メデュラという3つの成分で構成されています。

    髪の毛の3つの層

    • キューティクル:髪の毛を外部のダメージから保護する性質を持つ成分
    • コルテックス:髪の主成分
    • メデュラ:髪の毛の中心にしか存在しない成分

    やわらかく細い髪の人は、キューティクルやコルテックスの層が薄い傾向にあります。
    このため、ハリやコシが足りないように感じるのです。

    髪の中に詰まっているコルテックスが少ないことや隙間が原因で、やわらかく細い髪になるので、ヘアケアグッズはキューティクルを保護したり、内部に栄養素を補充したりしてくれるものを選んでいきましょう。

    硬い・太い

    硬く太い髪の毛の方は、やわらかい髪とは逆にキューティクルの層やコルテックスが多くなっています。

    キューティクルの層も厚さがあり、傷みから守る作用は大きくなっていますが、コルテックスがたっぷり詰まっていることで太さが出て、髪色によっては重いイメージを与えることにもなるようです。

    カラーやパーマで痛みがひどい

    女性ならカラーリングやパーマをかけたおかげで、髪の傷みがひどくなった経験がある人も多いでしょう。
    髪は傷んでしまったら、元の状態には戻せないというのが現実。

    髪の毛は死んだ細胞なので、自力で回復する機能を持っていません。
    放っておくとダメージは増えるばかりなので、トリートメントなどの成分によって栄養素を補給する必要があります。

    きれいな髪に戻したい場合には、カラーリングやパーマを止めることが一番の方法。
    どうしてもカラーリングやパーマをする必要がある場合は、成分に注意してダメージが受けにくいものを選ぶ、美容院で適切な薬剤を使って施術してもらいながらケアもしてもらうなど、対策を取るようにしましょう。

    ヘアケアグッズおすすめ人気ランキングTOP15

    ヘアケアグッズは紹介しきれないほどの種類があるので、自分がどんなシーンで使いたいのかによっては選ぶものが変わってきますので、多くのグッズを揃えている女性は多いでしょう。

    「こんなグッズも欲しかった!」「こんな便利なものがあるの!」と、知らない便利なものに出会えたらうれしいものですよね。

    ここからはヘアケアグッズとして主に使いやすいものや人気のものを、ランキング形式でご紹介していきます。

    15位 ケープ 手ぐしが通せる まとまりスタイル用

    これまでのフィニッシュスプレーは、しっかり固まるタイプが多かったのですが、こちらは手ぐしが通せるスプレーになります。

    一度スプレーしても、髪に指を通すことができるのに、スタイリングもキープ。
    固めたヘアスタイルにありがちな違和感を感じさせずに、自然なスタイルを維持できます。

    無香料タイプなので、自分がつけたいフレグランスの邪魔をしないタイプです。

    こんな方におすすめ

    • ヘアスタイルはしっかり作りたいけれど固めすぎたくない
    • ふんわりと自然な仕上がりにしたい
    • 無香料なフィニッシュスプレーを探している

    14位 ミルボン ニゼル ドレシアコレクション ジェリーM

    美容室で使われることの多いミルボンの、とても扱いやすい「濡れ感」を演出できるスタイリングジェリーです。

    輝くような濡れ感と動きが表現できる、ジェリータイプのヘアワックス。
    微細化した固形ワックス成分の「ゴールドキャンデリラ」が、髪表面にある微細なでこぼこを埋めて平らにし、天然オイル成分の「シュガースクワラン」が髪表面に広がって、反射光により「濡れ感」を表現してくれます。

    パーマスタイルも濡れ感を出しながら一日キープできるので、しっかり固めたくはないけれど落ち着かせたいスタイルによくあいます。

    主な成分

    水、ミネラルオイル、BG、シア脂油、シア脂、キャンデリラロウ、スクワラン、センチフォリアバラ花水、PEG-14M、(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMP、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリル酸メトキシエチル)コポリマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、PEG-50水添ヒマシ油、PPG-4セテス-1、PPG-4セテス-20、PPG-8セテス-20、セテス-10、PG、エタノール、AMP、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン、香料、赤227

    こんな方におすすめ

    • 濡れ感を出したい
    • パーマなどのウェーブを持続させたい
    • スタイリングしやすいものを探している

    13位 フィアンセ フレグランスヘアミスト

    こちらは、いやなにおいを髪に寄せつけない作用がある、セットのスタイリングにもフィニッシュにも使えるヘアミストです。

    髪をダメージから守りながら、優しく香るフレグランスヘアミストを採用。
    ピュアシャンプーの香りがとても印象のよい爽やかさを演出します。

    ドライヤー前後に使用することでトリートメント成分を補充できるので、パサつきを抑えることが可能。
    朝の寝ぐせなおしのほか、髪に香りづけをしたいときにはフィニッシュとしても使える万能ミストです。

    主な成分

    水、エタノール、グリセリン、BG、加水分解ダイズタンパク、ユズ果実エキス、加水分解シルク、ポリクオタニウム-51、ヒアルロン酸Na、ツバキ種子油、マカデミア種子油、オリーブ果実油、カキタンニン、加水分解コンキオリン、ポリウレタン-14、メドウフォーム油、グリシン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、PEG-50水添ヒマシ油、クエン酸Na、PEG-12ジメチコンなど

    こんな方におすすめ

    • タバコのにおいをカットしたい
    • 香水などのきつい香りは苦手
    • ミストタイプのスタイリング剤が欲しい

    12位 ナプラ N. ポリッシュオイル

    こちらは、オイルタイプの洗い流さないトリートメントで、カラーリングやパーマで傷んでパサついた髪を潤しながらまとめてくれる商品。

    ツヤも出すことでダメージを感じさせない髪に変化させてくれるので、スタイリングもしやすくなります。
    天然の植物油とシアバターが配合されているぜいたくなオイルは、髪だけでなく肌の潤いの補給にも使える便利なグッズです。

    マンダリンオレンジやベルガモットの天然アロマの香りがふんわりと香るのもうれしいですね。

    主な成分

    ゴマ油、サフラワー油、ヒマワリ種子油、ホホバ種子油、シア脂油、マンダリンオレンジ果皮油、オレンジ果皮油、オレンジ果皮油、ベルガモット果実油、パルマローザ油、ビターオレンジ油、アルテミシアパレンス油、トコフェロール、香料

    こんな方におすすめ

    • 髪だけでなく地肌にも使えるオイルがいい
    • 植物成分のヘアケアグッズが欲しい
    • 柑橘系の香りが好き

    11位 クリア スカルプ&ヘア スパークリング エステ

    こちらは女性用のスカルプケアが自宅でできる、スパークリングフォームです。

    ヘッドノズルからパチパチはじける泡が気持ちよく、頭皮の奥3層にまで浸透することで、ビタミンE誘導体やナイアシンアミドが血行を促します。
    この商品は、健康的な頭皮を作りハリのある美しい髪を作りたい方にも好評。

    お風呂あがりの頭皮全体をマッサージすることで、より効率よく頭皮の環境を整えることが可能です。

    主な成分

    グリチルリチン酸2K、酢酸トコフェロール、ニコチン酸アミド、I-メントール、PCA、乳酸Na液、DL-PCA・Na液、ヒマワリ油-2、加水分解コラーゲン液、トコフェロール、グリシン、水酸化Na、トウガラシエキス、プロリン、アルギニン、PG、ヒスチジン、トレオニン、ユビデカレノン、L-イソロイシン、メンチルグリセリルエーテル、アラニン、エタノール、セリン、合成スクワラン、L-フェニルアラニン、POE水添ヒマシ油、アスパラギン酸、オクテニルコハク酸コーンデンプンAl、L-バリン、香料、など

    こんな方におすすめ

    • 抜け毛が多くなってきた
    • 頭皮のケアをしていきたい
    • 気持ちよく地肌のマッサージができるものがいい

    10位 ローズ ド マラケシュ ジェル ド ラベンダー

    こちらはワックスに分類されていますが、髪だけでなく全身どこにでも使える良質のオイル成分のワックス。

    パサついた髪はしっとりとサラサラに、乾燥してカサつく肌にも潤いを与えて水分の蒸発をガードするなどの効果が好評です。
    よく伸びるので、少量でも気になる部分に対応できるのもうれしいポイント。

    人口の香料では出せない自然な香りが全身に広がります。

    主な成分

    アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)、ミツロウ、ステアリン酸グリセリル、トコフェロール、ラベンダー油

    こんな方におすすめ

    • 髪だけでなく肌も乾燥している
    • 体にも使える質のよいオイルが欲しい
    • 自然なアロマオイルの香りが好き

    9位 アリミノ スパイスシャワーフリーズ

    こちらの商品は、ハードなスタイリングを維持させたい人におすすめのフィニッシュスプレー。

    スプレーしてから乾くまでの時間があるために、微妙なセッティングが可能です。
    乾いてからはガッチリキープしてくれるので巻き髪を絶対崩したくない場合や、短い髪をセットするときにはとても役に立ちます。

    主な成分

    エタノール、DME、LPG、コポリマーAMP、水、スクワラン、フェニルメチコン、PEG-8、香料

    こんな方におすすめ

    • ハードなキープ力が欲しい
    • 短い髪や前髪をしっかり固めたい
    • 髪をアップにしておくれ毛を処理したい

    8位 MAKEGINA シャンプー&トリートメントセット

    植物を主成分にした洗浄成分と、保湿成分に植物オイルを配合した洗浄と保湿力が自慢のシャンプーとトリートメントのセットです。

    一種の硫酸系の洗浄成分も配合されていますが、ベタインと呼ばれる性質のよいアミノ酸系の成分も含まれているので、べたつきがちな地肌の人でも、刺激を抑えながら余分な皮脂を洗いながせます。

    髪の補修成分もマカダミアナッツ油やヒマワリ油、はちみつやシアバターとぜいたくな内容。

    内部にもしっかり成分を浸透させることでパサついた髪を、しっとり仕上げてくれますよ。

    シャンプーの主な成分

    水、パレス-3硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、サピンヅストリホリアツス果実エキス、スクワラン、ツバキ種子油、マカデミアナッツ油、ヒマワリ種子油、ハチミツ、コプチスチネンシス根茎エキス、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン

    トリートメントの主な成分

    水、グリセリン、セテアリルアルコール、ジメチコン、PPG-25ブチルリン酸、ベヘントリモニウムクロリド、ハチミツ、γ-ドコサラクトン、シア脂、ヒマワリ種子油、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン、ヒドロキシプロピル加水分解シルク、加水分解コラーゲン

    こんな方におすすめ

    • 地肌がべたつきがち
    • 仕上がりをしっとりさせたい
    • 女性らしい香りが好き

    7位 ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン

    ヘアケアのトータルブランドであるミルボンの、ミルクタイプの洗い流さないトリートメントです。

    べたつきもなく髪になじませてから乾かすと、しっとりサラサラを演出してくれるアウトバストリートメントになります。

    香りがいいのも特徴で、この香りのファンだという人は多いですね。

    主な成分

    水、シクロメチコン、ジメチコン、DPG、セテス-150、タマリンドガム、ラウレス-2、ラウレス-9、ステアルトリモニウムクロリド、加水分解バオバブエキス、カルボキシメチルジスルフィドケラチン、ポリクオタニウム-65、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、セラミド2

    こんな方におすすめ

    • オイルタイプのトリートメントは苦手
    • 軽くしっとりする仕上がりが欲しい
    • 香りのよいものがいい

    6位 ロレッタ メイクアップワックス4.0

    こちらはスタイリングワックスですが、重くなりがちなワックスのイメージを一掃する軽い仕上がりが特徴。
    キープ力を落とすことなく、毛先の遊びも楽しめるワックススタイリング剤。

    少量でも伸びがよく、ベタつきもありません。
    作ったウェーブや質感を一日中キープでき、ダマスクローズオイルの香りが気分を上げてくれる商品です。

    主な成分

    水、パルミチン酸エチルへキシル、マイクロクリスタリンワックス、ヒドロキシステアリン酸、セテス-10、セテス-6、パラフィン、BG、コメヌカロウ、コメ胚芽油、水添ポリイソブテン、ステアリン酸グリセリル、マレイン酸変性エステルガム、ミリスチン酸オクチルドデシル、コポリマー、ダマスクバラ花油、PEG-90M、水酸化Na、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

    こんな方におすすめ

    • 重くなりすぎないワックスが欲しい
    • 髪質が硬くて太い
    • ローズ系の香りが好き

    5位 BOTANIST ボタニカルシャンプー&トリートメント

    こちらは植物の力で地肌や髪を、整えていくシャンプーとトリートメントのセットです。
    チェリーやピーチ、ストロベリーなどのフレッシュな香りも魅力。

    植物性の成分が主体なので、痛みを補修しながらおだやかに健康的なヘアケアができる商品です。

    シャンプーの主な成分

    水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、デシルグルコシド、コカミドMEA、サトザクラ花エキス、モモ葉エキス、ウメ果汁、加水分解ヒアルロン酸、サトウキビエキス、加水分解コラーゲン

    トリートメントの主な成分

    水、ジメチコン、セテアリルアルコール、グリセリン、ベヘントリモニウムクロリド、マカデミアナッツ油、オレイン酸オレイル、ビスセテアリルアモジメチコン、セタノール、ベヘントリモニウムメトサルフェート、ステアルトリモニウムクロリド、イソアルキルアミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

    こんな方におすすめ

    • 植物性のボタニカルなものを使いたい
    • 女性らしい香りが好き
    • しっとりした洗いあがりがいい

    4位 カールエックス グラマラスカール

    毎日のブローやアイロンで傷んだ毛先のダメージを補修しながら、自然なカールが作れる巻き髪用のスタイリングローションです。

    熱を通す前に使用すると、ケラチンが作用して固めることなくしっかり巻き髪をキープできます。
    湿った状態でアイロンやカーラーを長めに使用することで、よりしっかりしたカールが作れます。
    傷んだ髪や細くてやわらかい髪には特に作用するのでおすすめですよ。

    主な成分

    水、BG、加水分解ケラチン(8羊毛)、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コムギタンパク、ポリクオタニウム-51、尿素、ラウリル硫酸Na、ジメチコン、ラウレス-2、ラウレス-21、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

    こんな方におすすめ

    • 髪質が細くてやわらかい
    • ふんわりカールを長くキープさせたい
    • ダメージを今以上増やさずスタイリングしたい

    3位 マシェリ パーフェクトシャワー

    こちらの商品は、朝の寝ぐせなおしにスプレーすることで、補修成分や濃密パールハニージュレが髪にツヤを与えるグッズです。

    髪の毛1本1本が扱いやすい状態になるので、寝ぐせをなおす時間も短縮できます。
    気になる部分や髪全体にスプレーし、自由にスタイリングすることも可能ですよ。

    静電気やドライヤーのダメージからの保護やスモーキーカットの効果もあるので、身近にタバコを吸う人がいても髪の毛ににおいがつきにくいのもポイント。

    主な成分

    水、エタノール、PG、ステアルトリモニウムクロリド、乳酸Na、ヒドロキシエチルウレア、乳酸、ハチミツ、ヒアルロン酸Na、加水分解コンキオリン、グリセリン、イソプロパノール、PEG-10メチルエーテルジメチコン、乳酸アンモニウム、BG、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料

    こんな方におすすめ

    • 寝ぐせなおしに時間をかけたくない
    • サラサラな仕上がりのヘアウォーターがいい
    • タバコなどのにおいをカットしたい

    2位 ロレッタ ベースケアオイル

    こちらは洗い流さないオイルトリートメントで、タオルドライあとのドライヤーで乾かす前に毛先を中心に塗布して乾かすと、しっとりまとまるオイル。

    オイルですが、乾くとサラサラの仕上がりになるのが特徴で、天然ローズの香りが包み込んでくれます。

    主な成分

    シクロペンタシロキサン、ジメチコノール、パルミチン酸エチルヘキシル、安息香酸アルキル、ダマスクバラ花油、香料

    こんな方におすすめ

    • パサつきが気になる
    • 花の香りが好み
    • オイルタイプのトリートメントを使ってみたい

    1位 ルベル IAU イオ クレンジング リラックスメント

    こちらは、アミノ酸系で洗浄力はおだやかながらに地肌はすっきり、なめらかに洗いあげてくれるシャンプーとトリートメントのセットです。

    クリーミーな泡で地肌をマッサージするように洗うと、本来の正常な状態の地肌に整えつつ、トリートメントなどの成分を取り込みやすくします。

    ノンシリコンで洗浄成分は植物系の肌に刺激の少ない成分。
    地肌を保護する甘草エッセンスが、健康的な毛を生み出す土台を補助してくれる機能性の高いセットですね。

    香りも自然なローズグリーンで、爽やかな洗いあがりが楽しめます。

    シャンプーの主な成分

    水、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドメチルMEA、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン、グリチルリチン酸2K、香料

    トリートメントの主な成分

    水、ハチミツ、セテアリルアルコール、シクロぺンタシロキサン、水添ポリイソブテン、ステアリルアルコール、ジメチコン、べヘントリモニウムクロリド、脂 肪酸、イソステアリン酸ヘキシルデシル、ジステアリルジモニウムクロリド、カラメル、トコフェロール、香料

    こんな方におすすめ

    • どちらかというとドライな地肌
    • やわらかい髪やダメージを受けた髪
    • 地肌ケアをしていきたい

    ヘアケアグッズ使用上の注意点

    さまざまな種類があるヘアケアグッズですが、これまでに見たことも聞いたこともないようなグッズはまだまだあります。
    新しく見つけたグッズを使っていく際に気になるのは、自分にあうかあわないかという点ですが、これはグッズの口コミだけではわからないのが現実。

    ある種の髪質にはとてもよく作用しても、自分の髪質にはあわないなどということはよくあるものです。

    ヘアケアグッズを選んで使っていく際の注意点をいくつかあげていきます。

    • 地肌に直接触れるものは、かゆみや赤みが出たらすぐに中止する
    • 髪の質によってはオイルタイプなど過剰に使いすぎると不愉快なべたつきが出る場合もあるので、少量から使う
    • スプレー式のものは密室では成分によって呼吸が苦しくなることもあるので、換気に気をつける
    • 固めたり、セット効果の作用が高いものは、しっかり毎日のシャンプーで成分を洗い流す

    シャンプー使用時の注意点

    トリートメント

    皮脂も残しておくこと

    シャンプーによって、分泌された皮脂を取り去って毛穴を清潔に保つのはとても重要なこと。
    シャンプーしないでいると、皮脂がべたつくだけでなく酸化してにおいを発生させる原因にもなります。
    しかし、気にしすぎて過剰にシャンプーすると頭皮の環境を悪くしてしまうのです。

    皮脂は日常生活の外部からのダメージを、受けにくくしてくれている一面もあります。
    頭皮に必要な皮脂を残しておくことも重要です。

    健康な地肌からきれいな髪が生まれるので、しっかり土台を作っていきましょう。

    泡立ちについて正しく理解する

    泡立ちがいいから効果を発揮しているという認識は誤りです。
    いいシャンプーとは必要な成分を頭皮に残しながら、要らないものだけを洗浄してくれるもの。

    みなさんは購入するときにメーカーや価格、香りで選んでいるはずですが、一度そのシャンプーの成分表に目を通してみましょう。
    シャンプーは基本的に水が一番多い配合になっているので「水」の表記がありますが、これは法律で配合成分の多い順番に記載すると決められているからです。

    この「水」の次に来るのが洗浄成分で、シャンプーですからこれは当然なのですが問題はこの洗浄成分が何でできているかによって、ケアに適したものかそうでないかが判断できます。

    • ラウレス硫酸Na
    • パレス硫酸
    • ラウリル硫酸

    これらの表記が水の次に書かれていたら、洗浄力が強すぎるシャンプーなので注意してください。

    硫酸系の成分は普通の台所洗剤にも匹敵するほどの洗浄レベル。
    しっかり洗えている感じがしますが、これはすっきり洗えているというよりも汚れ以上のものを落としすぎてしまっているのです。

    洗浄とケアは違うということを理解すると、長く美しい髪を維持することに役立つでしょう。

    【こちらもCHECK】シャンプーの方法おすすめ解説動画はこちら

    ドライヤー使用時の注意点

    自然乾燥のデメリット

    髪を乾かす際にドライヤーを使っていますか?
    私は自然乾燥なので使っていないという方は、傷みやすい髪を作る原因になるので注意してください。

    「ドライヤーの熱よりも自然乾燥の方が髪は傷まないのでは?」と考える方もいますが、これは大きな間違いです。

    ドライヤーでしっかり乾かさないと下記のようなトラブルの原因となります。

    • 地肌に雑菌が増殖しやすくなる
    • 雑菌と頭皮でにおいを発生しやすくなる
    • 摩擦を起こしやすい

    自然乾燥はあまりメリットがないので、短い髪の人でも地肌からしっかり乾かすようにしましょう。

    水分をふき取る

    水分を多く含んでいる場合は、しっかりとタオルで水分をふき取ることも重要です。
    ここで髪をこすりあわせると、この時点でキューティクルをはがしてしまうので、特に頭皮を中心にこすらず押さえるように水分を取るようにしましょう。
    ある程度タオルで水分を取っておいた方が、ドライヤーの時間も短く済むので便利ですよ。

    ヘアケアグッズには洗い流さないトリートメントがあります。
    こちらは髪になじませて膜を張ることで傷みにくくなりますし、乾いたあとの髪の質感にも変化があります。

    洗い流さないトリートメントはアウトバストリートメントとも呼ばれています

    寝る前のドライヤー

    ベッド 睡眠

    しっかりと乾かしていないと、枕などに接触することで髪が傷んでしまいます。

    キューティクルをしっかり閉じるためにも、ドライヤーでしっかり乾かすことは重要です。
    根元が湿っていると雑菌が繁殖しやすくなります。

    朝起きたときに頭皮がべたついていたり、においが気になる場合は、しっかり乾かせていないことが原因かもしれませんので一度見なおしてみましょう。

    【こちらもCHECK】ドライヤーのかけ方おすすめ解説動画はこちら

    Amazon&楽天のヘアケアグッズ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    自分にあったヘアケアグッズで誰もが振り向く髪に

    モデル 髪

    美しく輝く髪は女性の象徴ともいえる大切な一部ともいえます。
    そんな髪を作り出すには、髪の表面をコーティングするだけではなく地肌から健康的になることも大切。

    シャンプー選びなどの重要性をしっかり理解して、先々に維持できる地肌や髪を作っていきたいですね。

    髪を修復したり足りなくなった栄養素を補給すること、髪にダメージを与えないようにしていくことが、美しい髪を保つポイントです。

    きれいな輝く髪は人が振り返るほどの魅力がありますから、自分の髪を大切にいたわるためにも毎日のケアに最適な商品を選んでいってくださいね!

    【あわせて読みたい】ヘアアイテムに関連するおすすめ記事はこちら

    ウィッグスプレーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.06.28

    ヘアピンおすすめ人気ランキングTOP15!アレンジや留め方&種類も【2018年最新版】

    2018.04.30

    ヘアアイロンおすすめ人気ランキングTOP15!使い方や温度についても【2018年最新版】

    2018.03.29

    【美容師が選ぶ】市販の女性用シャンプーおすすめランキングTOP10!人気なのはひまわり?【2018年最新版】

    2018.01.02

    【カラーリスト厳選】市販のヘアカラーおすすめランキングTOP10!人気カラーのピンクやグレー&メンズ用も【2018年最新版】

    2018.01.01

    ABOUTこの記事をかいた人

    大垣妙子

    元エイジングケアクリニック主任 日本眼科医会認定OMA

    クリニック退職後も美容やエイジングケアに関する記事を多く執筆しています。
    ブランドのイメージだけで間違ったスキンケアを行う女性が多いので、実はこのような選び方が良い!というサポートができれば嬉しいです。