アジングとは?ロッドやリール&仕掛けの解説や初心者向け動画も

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。
    アジ

    アジをルアーで狙う「アジング」は、年々釣り人口が増えている人気の釣り方。
    アジングがしやすい時期はほかの魚が釣りにくくなる冬から早春にかけてがメインとなるので、釣れ始めると多くのルアーフィッシャーマンがルアーでアジを狙います。

    本記事ではアジング歴10年以上となる筆者が必要となる道具や釣り方のポイントなど、アジングに必要な情報を一挙にご紹介します。
    ほかのアジング関連のおすすめランキング記事とともにご覧ください。



    アジングとは

    アジ


    アジをルアーで狙う「アジング」。

    もともとアジは、サビキ釣りやウキ釣りなどで餌を使って狙うことがほとんどでした。
    しかし一部のルアーアングラーが2005年ごろからアジをルアーで狙えることに気づき、2007~2008年にかけて各メーカーがアジング専用のタックルのラインナップを充実させてから、アジングは一気に広がりを見せるようになりました。

    現在では釣具店やメーカーでは欠かせないカテゴリーとなっていて、冬から早春にかけてよいスポットには多くのアジングアングラーが集まるようになっています。

    【こちらもCHECK】アジングに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングタックルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.12

    アジングセットおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.12

    アジとは

    アジ

    アジは日本の食卓でもおなじみの魚で、知らない方はまずいないでしょう。
    アジングの対象となるのは10cmほどの小さなものから、最大で40cmほどのものまでさまざま。
    サイズが大きければ引きの強さを味わえ、小さなサイズであれば攻略が難しく、そういった点を楽しむためにアジングをする方も多いです。

    また釣り人の間でアジはとても唇が弱いことでも知られていて、針掛かりが浅いとやり取りの最中や釣り上げる瞬間に外れてしまうことが多いです。
    アジングでは疑似餌を使い、より状況にあったタックルやルアーを選ばないと掛かっても外れることが多発してしまいますが、そういった攻略難易度の高さもアジングの人気の秘密と言えます。

    アジングで釣れる魚は?

    アジング カサゴ

    アジングではアジをメインに狙っていきますが、ほかの魚もかなりの頻度で釣れるため初心者でも楽しみやすいです。

    アジ以外にメバルやカサゴ、小型のハタなど「根魚」に分類される魚が釣れることが多く、いずれも美味しいので釣れたときにはクーラーボックスに入れて持ち帰り、刺身や味噌汁にして食べるのがおすすめ。

    アジングに必要な道具は?

    アジング 道具

    アジングで必要となる道具はさまざまで初心者の方は分からなくなってしまうことも多いでしょう。
    ここでは、ロッドやリールなどアジングに必要な道具をご紹介します。
    より詳しい選び方や使用時の注意点などについては、各アイテムのランキング記事を参考にしてください。

    ロッド

    アブガルシア(Abu Garcia) アジング ロッド スピニング ソルティーステージ KR-X アジング SXAS-6102LSS-KR
    アブガルシア(Abu Garcia) アジング ロッド スピニング ソルティーステージ KR-X アジング SXAS-6102LSS-KR

    アジングでは小型のルアーを使うので、やわらかいロッドを使うのが基本となっています。
    ただやわらかいだけでなく、先の方が曲がりやすく真ん中から根元に掛けては張りがあるロッドのほうが使いやすいです。

    基本的には長さが7.6フィート前後で、硬さがUL(ウルトラライト)かL(ライト)のロッドだと万能に使えるのでおすすめです。

    【こちらもCHECK】アジングロッドに関連するおすすめ記事はこちら

    コンパクトロッド(パックロッド)おすすめ人気ランキングTOP15!スピニングタイプやベイトタイプも【2018年最新版】

    2018.04.25

    アジングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!選び方や注意点も【2018年最新版】

    2017.12.08

    リール

    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ジョイナス 2000 糸付 2号-150m
    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ジョイナス 2000 糸付 2号-150m
    アジングでは、ロッドやラインとのバランスを取りやすい小型のスピニングリールを使います。
    選び方の目安は大きさを表す数字が1000~2000番の浅溝スプールのもので、ドラグの微調整ができるもの。

    また、メーカーによっての特徴に違いがあるので、その点を踏まえて選ぶことも大切です。

    【こちらもCHECK】アジングリールに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングリールおすすめランキングTOP10!シマノやダイワが人気?【2017年最新版】

    2017.11.17

    ライン

    ダイワ(Daiwa) ナイロンライン アジング メバリング 月下美人 TYPE-N 150m 約0.8号 3lb ライムグリーン 900782
    ダイワ(Daiwa) ナイロンライン アジング メバリング 月下美人 TYPE-N 150m 約0.8号 3lb ライムグリーン 900782

    アジングでは小さなルアーをより遠くへ投げて操作していくために細いラインが使われます。

    アジングのラインは4種類あり、それぞれの特徴を理解しながら使うようにしましょう。
    初心者の方は4ポンドのナイロンラインで始めてみてから別の種類のラインを使ってみると、上達が早いのでおすすめです。

    【こちらもCHECK】アジングラインに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングラインおすすめ人気ランキングTOP10!理想の太さやフロロカーボンラインとは【2017年最新版】

    2017.11.21

    リーダー

    デュエル(DUEL) ショックリーダー ハードコア パワー タイラバ カーボンナイロン 20m 1.0号 4lb ナチュラルクリアーH3635
    デュエル(DUEL) ショックリーダー ハードコア パワー タイラバ カーボンナイロン 20m 1.0号 4lb ナチュラルクリアーH3635

    アジは小さくても鋭い歯を持っており、擦れに弱いラインだと大きいサイズが掛かったときに切られてしまいがち。
    それを防ぐためにアジングではラインの先端に「リーダー」と呼ばれる擦れに強い太めの先糸を結んで使うことが基本となります。

    アジング用リーダーはフロロカーボンリーダーの3~6ポンドを使ってみるとよいです。
    細いラインとリーダーを結ぶのは難しいので、初心者の方は自宅で練習し、釣り場で確実に結束できるようにしておきましょう。

    【こちらもCHECK】アジング用リーダーに関連するおすすめ記事はこちら

    アジング用リーダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.18

    ルアー

    シマノ メタルジグ ルアー ソアレ A-JIG 3.5g SS-335M 07Tブルーキャンディ
    シマノ メタルジグ ルアー ソアレ A-JIG 3.5g SS-335M 07Tブルーキャンディ

    アジングではワームをメインにスプーンやメタルジグといったさまざまな素材や重量のルアーが使われます。
    特にアジングにおいては少しの重さや色の違いで釣果が左右することが多いので、どのような種類があるのかを理解して揃えておくとよいでしょう。

    また、釣れるアクションの付け方やより遠くに飛ばすにはコツがあるので、下記リンクからアクセスできるアジングルアーのランキング記事を参考にしてください。

    【こちらもCHECK】アジングルアーに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングスプーンおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.18

    アジング向けメタルジグおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.17

    アジングルアーおすすめ人気ランキングTOP10!仕掛けや重さの違いは?【2017年最新版】

    2017.10.27

    アジングの仕掛けの種類

    アジ

    アジングでメインとなるワームには5つの仕掛けが使われ、それぞれの特徴を知って使い分けることで釣果を得やすくなります。
    仕掛けのことをルアーフィッシングでは「リグ」と呼ぶのであわせて覚えておきましょう。

    ここではアジングで使う5つの仕掛けの種類と特徴をご紹介します。

    ジグヘッドリグ

    ジグヘッドリグは重りと針が一体になっているもので、アジングで広く使われています。
    ジグヘッドリグには細かな重さの違いでラインナップがあり、重り部分の形状はメーカーごとに工夫を施して販売しています。

    ジグヘッドリグは単体のほか、ほかの仕掛けと組み合わせて使うこともできるので、できるだけ多くの重さと形状を揃えておきましょう。

    【こちらもCHECK】アジングジグヘッドに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングジグヘッドおすすめ人気ランキングTOP10!重さや形状も【2017年最新版】

    2017.12.04

    キャロライナリグ

    アジング仕掛けのなかで最も重さがあり遠投できるのが、キャロライナリグ。
    アジがいるポイントが遠い場合や、風が強くて仕掛けを投げづらい場合に活躍してくれます。

    キャロライナリグは専用のウエイトをラインに取りつけて使用し、「バックスライド」という動きをしてくれる細長いタイプがおすすめです。

    フロートリグ

    フロートリグは水面に浮くタイプのウエイトを使った仕掛けで、遠投しながら表層付近を狙っていくことができます。
    少しだけ浮力を抑えているもののほうが、風や波の影響を受けにくく使いやすいので覚えておきましょう。

    【こちらもCHECK】フロートリグに関連するおすすめ記事はこちら

    フロートリグおすすめ人気ランキングTOP5!フロートリグとは?【2018年最新版】

    2018.05.18

    スプリットショットリグ

    小型の重りを使用しており深場攻略がしやすい仕掛けが、スプリットショットリグ。
    ラインにストッパーを通して重りをセットするので、重量の変更がすぐにできるのが特徴です。

    バスフィッシングで使われるような、ラインに噛ませて使うタイプはアジングには適していないので、アジング用のスプリットショットリグを選ぶようにしましょう。

    Fシステムリグ

    Fシステムリグはジグヘッドリグの操作性を保ちつつ、遠くへ投げることができるアジング仕掛けです。
    出回っている専用のウエイトがまだ多くありませんが、使うと非常に便利ですので必ず1つは持っておきましょう。

    【こちらもCHECK】アジング仕掛けに関連するおすすめ記事はこちら

    アジング仕掛けおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.22

    アジングにあると便利なもの

    アジング 釣り人

    アジングは、最低限ロッドやリールなどのタックル一式があれば楽しむことができますが、それ以外にもあると便利な道具があります。
    ここではおすすめの6つを厳選してご紹介していきます。

    クーラーボックス

    ダイワ(Daiwa) クーラーボックス 釣り ライトトランク4 VSS3000RJ ゴールド
    ダイワ(Daiwa) クーラーボックス 釣り ライトトランク4 VSS3000RJ ゴールド

    釣れたアジを持ち帰るときに必須であるのがクーラーボックス。
    アジングで釣れるメインサイズは20~30cmなので、容量が20L程度の小さめのクーラーボックスで十分です。
    保冷力があり、持ち運びやすくフタが開けやすいものを選んで購入しましょう。

    【こちらもCHECK】釣り用クーラーボックスに関連するおすすめ記事はこちら

    おしゃれな釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.03

    釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキングTOP15!おしゃれ、小型なものや選び方も【2018年最新版】

    2018.03.15

    釣り用バッグ・ルアーケース

    ジークラック(GEECRACK) ジークラック ライトゲームポーチ2 ブルー.
    ジークラック(GEECRACK) ジークラック ライトゲームポーチ2 ブルー.

    アジングでは小さなルアーや細かな重りを持って移動しながら釣りをすることも多いので、小型の釣り用バッグでルアーケースに入れて持ち歩くのがよいでしょう。
    アジングでの釣り用バッグは、ショルダーバッグタイプで外側にD環や収納ポケットが多いものが使いやすく、ルアーケースにおいては仕切り板が多く付属していて収納スペースを細かく仕切って利用できるものがおすすめです。

    【こちらもCHECK】釣り用バッグに関連するおすすめ記事はこちら

    釣り用バッグおすすめ人気ランキングTOP15!防水も【2018年最新版】

    2018.03.16

    フィッシンググリップ(魚つかみ)

    第一精工 ワニグリップMC  ブラック
    第一精工 ワニグリップMC ブラック

    釣ったアジをつかむのに便利なのがフィッシンググリップです。
    アジは小さくても鋭いとげや尻尾の付け根に硬い「ゼイゴ」を持っているので、素手で触ると怪我をしてしまうこともあります。
    そのため、フィッシンググリップのなかでも魚の体をはさむタイプを持っておくと便利です。

    【こちらもCHECK】フィッシンググリップ(魚つかみ)に関連するおすすめ記事はこちら

    フィッシンググリップ(魚つかみ)おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.05

    フィッシングナイフ

    G・サカイ ニューサビナイフ 6 仔鯱ザイテル 黒 11510
    G・サカイ ニューサビナイフ 6 仔鯱ザイテル 黒 11510

    フィッシングナイフは、釣れたアジを捌いて持ち帰るときに必須のアイテムです。
    アジングにおいては携帯性に優れたフォールディングナイフやアーミーナイフが便利で、バッグに一つ入れておきたいですね。

    【こちらもCHECK】フィッシングナイフに関連するおすすめ記事はこちら

    フィッシングナイフおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.15

    ヘッドライト

    Litom LEDヘッドライト 明るさ168ルーメン センサー機能 防水仕様

    Litom LEDヘッドライト 明るさ168ルーメン センサー機能 防水仕様

    アジングは夜に行うのが基本なので、ヘッドライトは必需品。
    ヘッドライトの価格はさまざまですが、明るさを表す「ルーメン」の値が大きく、動いてもズレにくいものを選ぶと釣りがしやすくいです。

    【こちらもCHECK】夜釣り用ヘッドライトに関連するおすすめ記事はこちら

    夜釣り用ヘッドライトおすすめ人気ランキングTOP25【2017年最新版】

    2017.11.01

    レインウェア

    雨が降ったときに体が濡れないようにしてくれるレインウェアも、1着は持っておくことをおすすめします。
    アジングは冬から早春にかけてがメインシーズンとなり、夜釣りが基本となるので風よけとしてもレインウェアは役立ってくれます。

    レインウェアは上下セットになっているものがほとんどで、現在では内側の湿気は逃がして外部からの水の浸入を防ぐ「透湿防水」の生地を使用しているものが安く販売されていておすすめです。

    アジングの人気スポット(場所)

    アジングスポット

    アジング初心者のなかには、いざ道具を揃えても「どこで釣りをしたらよいかわからない」と悩む方も多くいることでしょう。
    そこでここでは、釣りやすい場所選びのポイントとともにアジングの人気スポットをご紹介します。

    防波堤

    アジング初心者がチャレンジしやすいのが防波堤です。
    常夜灯がついているところが多いので夜間でも釣りがしやすく、車を釣り場近くに止められてアクセスが容易といった特徴があります。

    アジは回遊性が高い魚で流れのある場所を好むので、できるだけ外洋に面している防波堤を選ぶといいでしょう。
    さらにその防波堤のなかでも、内側より先端に近いところで釣りをすると釣果を得やすいです。

    一方で防波堤は釣りがしやすいため人も多く、ワームやスプーン、ジグヘッドなどの仕掛けをたくさん準備していき、釣り人同士で交換しながら試すと釣果アップにつながります。

    岩場(磯)

    岩場(磯)は潮流が速いことが多く、大型のアジが狙いやすいスポット。
    仕掛けは遠投できるキャロライナリグやフロートリグがおすすめです。
    移動するときはヘッドライトが必須で、足元に注意しながらゆっくりと進んで怪我のないようにしてください。

    砂浜(サーフ)

    砂浜はルアーフィッシングではサーフとも呼ばれる、魚たちが捕食を行いやすいスポット。
    状況によって釣果にムラが出やすいですが、ハマればほかの場所よりも圧倒的な釣果を出せるのでアジングにおいても注目です。

    砂浜は夜だけでなく朝や夕方の薄暗い時間帯でも釣りやすいので、状況によってほかのスポットと使い分けるのもよいでしょう。

    アジングの時間帯や天候について

    アジング 釣り人 夕方

    初心者はいつアジングをしたらよいか悩むことも多いと思います。
    ここではアジングに適した時間帯や天候についてご紹介します。

    アジングの基本は夜釣り

    前述の通り、アジングはアジの警戒心が弱くなりやすい「夜釣り」が基本となります。
    夜は常夜灯の周りにアジの餌となるプランクトンや小魚が集まり、それにつられてアジも集まりやすくなるので狙いどころも絞りやすいです。
    流れに沿って行動するアジもいますが、それらは初心者には把握が難しいので常夜灯周りがおすすめ。

    夜釣りは周囲が暗く気温も下がるので、ヘッドライトやレインウェアを準備して臨むようにしましょう。

    昼間のアジングは難しい

    もちろんアジングは昼間でも行うことができますが、難易度は夜釣りに比べて高いです。
    昼間に釣るためのコツは、できるだけ小さなルアーを使って速いスピードでアジを誘うこと。

    また、海藻や岩の周りや足元にできる影を狙うのもコツとなりますので、覚えておくとよいでしょう。

    雨天のアジングについて

    アジをはじめ魚は雨が降ったときに活性が高くなりやすいので、雨天のときは比較的釣りやすくなります。
    雨天は釣り人にとってはあまり好ましい状況ではないですが、夜でも昼でも晴れているときよりも釣果を伸ばしやすいです。

    雨天時にアジングをする場合には、防水性機能を持つ釣りバッグとレインウェアを用意していきましょう。
    また足元が滑りやすくなるので、移動時は注意してください。

    アジの締め方と持ち帰り時の注意点

    アジ さばく

    釣ったアジは締め方と持ち帰り時の注意点を押さえておくことで、より美味しく食べることができます。

    締めるときはアジが生きている状態だと血が抜きやすく鮮度を保ちやすいので、基本として覚えておきましょう。
    締め方の流れとしては、まずエラブタと背骨に沿って体表に出ている「側線」の交わる部分を、フィッシングナイフで背骨まで貫いてください。

    そうするとアジの動きが止まるので、次にエラを切り落とします。
    エラを切り落とせばアジのような小さな魚であれば十分に血は抜けます。
    あとは海水で血を洗い流してから袋に入れてください。

    持ち帰り時には常温では身が傷んでしまうので、氷を入れたクーラーボックスに入れましょう。
    クーラーボックスに入れる際は、氷とアジが直接接触しないように注意。
    具体的な対策としては、氷を袋に入れ、その上に新聞紙を数枚置き、さらにその上に袋に入れたアジを置くようにするのがおすすめです。

    【こちらもCHECK】アジの締め方と持ち帰り方法を動画でもチェック


    アジング初心者の心得と注意点

    初心者マーク

    最後にアジング初心者に必ず覚えてほしい心得&注意点を3つ挙げます。
    アジングを楽しむために必要なことなので、ぜひ覚えておいてください。

    タックルの破損には注意

    アジングのタックルにはやわらかいロッドや小型のスピニングリールを使うので、破損にはくれぐれも注意しましょう。
    特に夜釣りが基本となるアジングでは、ルアーを投げるときに周りにある障害物に気づかずにタックルをぶつけて破損させてしまうといったことが多いので気をつけたいです。

    釣果情報は必ずチェック

    アジング初心者が釣果を得るには最新の釣果情報をチェックしておくことが一番の近道。
    アジは回遊魚で、発表されて4~5日ほど経った情報をもとにしても釣れないことが多々あります。
    そのため初心者の方は、できるだけ発表後2日以内の最新情報をチェックして釣行するようにしたいです。

    悪天候時は釣りをしない

    アジングだけに限らず、雨風が強いときは釣行を控えるようにしましょう。
    特に海辺の釣りでは周囲に雨風を遮るものが少ないので、悪天候時は突風によって体のバランスを崩したり、足元が濡れていて滑ったりといったアクシデントが起きがちです。

    事前に天気予報をしっかりチェックして悪天候時は釣行を控え、釣りの最中に天候が急変したときはすぐに中止するように心しましょう。

    アジングは必要な道具を揃えて楽しもう!

    アジング リール

    今回は、初心者に向けのアジング情報を全般的にお届けしました。
    必要な道具や釣り方のポイントから、心得&注意点までを覚えておくことで、安全かつ楽しくアジングを行うことができます。
    本記事とおすすめランキング記事を参考にして、アジングを思う存分満喫してください!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    【あわせて読みたい】釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

    今日からはじめる穴釣り入門!ロッド選びから時期や仕掛けまでを徹底解説

    2018.08.27

    コマセミキサーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.11

    ラバージグおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.16

    おしゃれな釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.03

    釣り用ネット(ギャフ)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.02