クレンジングジェルおすすめ人気ランキングTOP15【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • ベースの洗浄成分で選ぶ
      →毛穴のつまりに悩んでいるならオイルベースタイプなど、自分の肌にあうものを選択。
    • プラスの効果で選ぶ
      →角栓を溶かす成分や肌の炎症を抑える成分など、細かい悩みにあわせてチョイス。
    • 肌へのやさしさをチェック
      →香料・着色料・アルコール(エタノール)が無配合だと肌にやさしい。
    洗顔

    毎日のメイク落としに欠かせないクレンジング選びに悩みを抱えていませんか?
    種類がたくさんありすぎで、クレンジングジプシーになっている……という悩みを抱える女性は多いですよね。

    そんな方に1度試してもらいたいのが、今回紹介するジェルタイプです!
    肌負担がないのにすっきりメイクが落ちると噂のクレンジングジェルの選び方や、正しい使い方を徹底解説していきます。

    2017年にどんなクレンジングジェルが人気なのか、どうして支持されているのかを初心者でもわかりやすく紹介。
    これで運命のコスメに出会えます!

    目次



    クレンジングジェルとはどういうもの?

    ジェル

    ぷるんとしたみずみずしいテクスチャーが特徴のクレンジングジェルは、クッション性が高く肌への摩擦を抑えられるのが特徴です。
    オイルやバームなどと比べると手指が直接肌に触れにくく、刺激に弱い肌でも使えます。

    洗浄力はオイルやバームタイプと比べるとマイルドですが、製品によって洗浄成分が違うためすべてのクレンジングジェルが肌にやさしいとは限りません。

    中にはオイルクレンジング顔負けのメイク落ちのものもあり、成分や口コミをチェックして選ぶ必要があるのです。

    初心者には難しい……と思われがちなジェルクレンジングですが、この記事ではジェルタイプが始めての方でも選び方に迷わないよう製品ごとのポイントを詳しく解説してきます!

    【こちらもCHECK】クレンジングに関連するおすすめ記事はこちら

    敏感肌向けクレンジングおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.29

    ミルククレンジングおすすめ人気ランキングTOP10!敏感肌&ニキビ向けも【2017年最新版】

    2017.11.29

    クレンジングクリームおすすめ人気ランキングTOP15!敏感肌向けや毛穴がきれいになるのは【2017年最新版】

    2017.11.29

    クレンジングジェルのメリット・デメリット

    ジェル

    クレンジングジェルを使ってみたい、そう思ったら知っておきたいのがメリット・デメリットです。
    しっかり理解しておくことで肌にあうものに出会えるようになり、「使ってみたけどイマイチだった…」とがっかりせずに済みます。

    抱えている肌悩みや普段使用しているメイクアップと照らし合わせながらチェックしてみましょう!

    クレンジングジェルのメリット

    クレンジング

    ぷるっとしたテクスチャーのクレンジングジェルは以下のようなメリットがあります。

    • オイルが毛穴に詰まりにくい(ニキビ肌に適している)
    • 肌への摩擦がとても少ない

    クレンジングジェルの中にはオイルフリーのものがあり、これがほかのタイプとは大きく違うポイントです。
    オイル配合のクレンジングは肌表面に油分が残るリスクがあり、その油分が毛穴に詰まるとニキビの原因になってしまいます。

    オイルフリーのジェルなら毛穴に油分が詰まる心配がなく、ニキビができやすい肌にも使えるのです。
    加えてクッション性が高く摩擦が少ないため肌荒れを起こしている肌でも刺激を感じずに洗浄できます。

    クレンジングジェルのデメリット

    クレンジング

    摩擦が少なく肌にやさしいイメージがあるクレンジングジェルには、デメリットも存在します。
    これだけは知っておきたい!というジェルならではのデメリットを解説していきましょう!

    • 製品によってはオイルが入っている
    • 洗浄成分によっては肌に負担がかかる
    • メイク落ちはオイルやバームに比べて劣る
    • 敏感肌には向いていない

    クレンジングジェルは水ベースでサラッとしているイメージですが、製品によってオイルが入っています。
    成分をしっかりチェックしないとオイルタイプなのかオイルフリーなのか判断できないため、間違って購入してしまうことも考えられるのです。

    オイルが入っているか無配合なのかによって使用感が違い、肌にかかる負担も変わるため洗浄成分を確認しなければならないのがジェルタイプの難しいところ。
    「私の肌にはオイルイン、無配合のどちらがいいの…?」と悩んでしまう方のために、次の項目では詳しい選び方を解説します。

    クレンジングジェルの3つの選び方

    クレンジング

    過去にジェルタイプにチャレンジしてみたけれど、なんだかしっくりこなかった…という経験がありませんか?

    もしかすると、肌質にあわせた選び方ができていなかったのかもしれません。
    ぴったりのクレンジングジェルに出会うための選び方のポイントを解説していきます。

    ① ベースの洗浄成分で選ぶ

    ジェル

    先ほどメリット・デメリットで挙げたように、クレンジングジェルにはオイルイン・オイル無配合かで洗い上がりが変わります。
    さらにベースが何かで細かく分類すると以下の3種類に分けられます。

    1. 水ベースのオイルインタイプ
    2. オイルベースタイプ
    3. オイルフリータイプ

    私の肌にはどのタイプがいいの?と疑問に感じたら、下のチェックリストで確認してみてください!

    オイルベースタイプが向いている方

    • 毛穴のつまりに悩んでいる

    水ベースのオイルインタイプが向いている方

    • ニキビができやすい肌
    • さっぱり感としっとり感どちらも求めている

    オイルフリータイプが向いている方

    • 石鹸で落ちる程度の軽いメイクをしている
    • まつげエクステをしている
    • 刺激に弱い敏感肌

    このように、それぞれ向いている肌質が違います。
    この記事のランキングではそれぞれベースになる洗浄成分が何か解説しますので、参考にしてみてください!

    ② プラスの効果で選ぶ

    クレンジングジェルは製品によってプラスの洗浄成分や美容成分が含まれています。
    角栓を溶かす成分や肌の炎症を抑える成分など、細かい悩みにあわせて成分配合が工夫されているのです。

    悩みに合っていないクレンジングジェルを使っても効果を実感できないため、まずはプラスの効果が自分の肌悩みに合っているかどうか確認しましょう!

    ③ 肌へのやさしさをチェック

    なるべく肌負担が少ないクレンジングジェルを使いたいのなら、刺激が懸念される成分を避けることが必要です。
    刺激リスクが考えられる香料・着色料・アルコール(エタノール)の3つが、含まれていない製品を選ぶといいでしょう。

    肌のバリア機能が弱っている場合はオイルフリーのタイプを選ぶのもポイントです。
    オイルインだと弱い肌には負担がかかりすぎ、刺激を感じてしまう場合があります。

    クレンジング ジェルおすすめ人気ランキングTOP15

    メリット・デメリットや選び方が分かったところで、2017年に注目を集める人気クレンジングジェルを15品紹介します。

    それぞれどんな洗浄成分がベースなのか、オイルは入っているのか、プラスの効果はどんなものか……
    ジェルタイプが初めての方でもわかるように解説していきましょう!

    15位 ビオレメイクとろりんなで落ちジェル

    庶民派ブランドのビオレが販売するクレンジングジェルが15位。
    ネーミングの通りサッとなでるだけでメイクが素早くなじみ、濃いメイクをしっかり落とすことができます。
    2016年に発売されて以降じわじわ人気が高まり、口コミサイトではクレンジングジェル部門の上位に度々ランクインしている実力派です。

    洗浄力高めでしっかり落ちる

    とろりんなで落ちジェルは水ベースのクレンジングですがオイルインタイプで、濃いメイクもしっかり落ちるクレンジング。
    「アイメイクやリップメイクもしっかり落ちる!」という口コミが並んでいるのは、このオイル由来の洗浄成分が含まれているからです。

    普段オイルクレンジングを使っているけど、冬場は少し乾燥を感じる……という場合にこのクレンジングを代わりに使うといいかもしれません。

    こんな方におすすめ

    • ばっちりメイクをジェルで落としたい
    • 普通肌、混合肌

    14位 ビフェスタ つる落ちクレンジング ジェリーリキッド

    たっぷり大容量で安いのに、しっかりメイクが落ちると人気なのがビフェスタのクレンジングです。
    リキッドのようなみずみずしさが特徴で、洗い上がりはさっぱりつるつるします。

    水ベースでさっぱり&コンニャクスクラブでつるつるに

    ビフェスタのつる落ちクレンジングジェリーリキッドは水ベースのさっぱり系のジェルです。
    オイルが配合されているものの洗浄力はマイルドで、ポイントメイクを落とすのには向いていません。
    口コミを見ると「マスカラは残った」「濃いリップは完全に落ちない」とあり、すっきり落とせるのはベースメイクまでと思ったほうがよさそうです。

    コンニャク由来のスクラブが配合されていてざらつく肌をなめらかに整えてくれるプラスの効果もあります。
    角質ケアしながらメイクを落とせるとても便利なクレンジングジェルです。

    こんな方におすすめ

    • 肌のざらつきが気になる
    • ベースメイクをしっかり落とせるジェルが欲しい
    • コスパのいいクレンジングジェルを探している

    13位 リ・ダーマラボ モイストゲル クレンジング

    通販でしか手に入らないリ・ダーマラボのクレンジングはドクターズコスメブランドです。
    99.3%保湿成分でできており、肌の潤いを残しながらメイクをオフします。
    洗い上がりはぬるつきやベタつきがないのにつっぱらず、不要な汚れだけ確実に落とす実力が評価されているクレンジングです。

    水ベースでさっぱりなのに、保湿オイルでしっとり

    このクレンジングはぷるんとした水ベースで、洗い上がりはさっぱりしています。
    水ベースの洗浄成分でやさしく洗い上げながら同時に美容効果のある保湿オイルで肌を整えるジェルです。

    つぶつぶを感じるスクラブが入っていてメイク落としをしながら角質ケアもできます。
    スクラブがしっかりしているため摩擦に弱い肌には適していません。
    バリア機能が弱った肌に毎日使うと赤みやヒリヒリを感じてしまう可能性があります。

    角質が厚くなってごわつく肌にはスクラブ感がちょうどよく、年齢を重ねて固くなってしまった肌をやわらかくするのに向いているクレンジングジェルです。

    こんな方におすすめ

    • 洗い過ぎないクレンジングジェルを使いたい
    • 年齢を重ねて肌が固くなってきた
    • スクラブを使ってもヒリヒリしない丈夫な肌

    12位 美人ぬか 純米化粧落とし

    コメヌカ由来の美容成分を豊富に含んだ美人ぬかシリーズから、しっとり仕上がるクレンジングジェルが販売されています。
    アミノ酸・ビタミンE・B群など美肌成分をふくむコメヌカエキスが、肌を美しく導きながらメイク汚れをしっかり落とすクレンジングです。

    水ベースでさっぱり&コメヌカ油でつっぱりを感じない

    美人ぬかのクレンジングジェルは水ベースのさっぱりしたクレンジングです。
    オイルインタイプのためメイクなじみが素早く、リキッドやクリームファンデーションもさっぱり落ちます。
    ウォータープルーフのアイメイクは落ちにくく専用リムーバーが必要です。

    ジェルらしくさっぱりした洗い上がりですが、保湿成分であるコメヌカ油が入っていてつっぱりを感じません。
    オイルだと乾燥する、でもクリームやミルクタイプ特有のベタつきが気になる……と悩む方におすすめです。

    こんな方におすすめ

    • クレンジング後のつっぱりが気になっている
    • さっぱり落ちるのに乾燥しないクレンジングが欲しい
    • メイクを軽く済ませることが多い

    11位 菊正宗 日本酒のメイク落とし

    空前の大ブームを巻き起こしている日本酒コスメブランド、菊正宗のメイク落としが11位にランクイン。
    ほんのり日本酒の香りがしますが肌になじませているうちに消える程度です。
    日本酒由来のアミノ酸が含まれ、肌を整えながらクレンジングします。

    水ベースでサラッとしたクレンジング

    菊正宗のクレンジングジェルは水ベースのオイルインタイプ。
    落としすぎない洗浄力にこだわっているため洗い上がりのつっぱりを感じにくいのが特徴です。
    軽いメイクならしっかり落ち、肌の潤いを残しながらクレンジングできます。

    たっぷり入っていてコスパがいいため体に塗った日焼け止めを落とすのにも使えて便利。
    メイク落としの肌負担が気になっている方におすすめできるクレンジングジェルです。

    こんな方におすすめ

    • オイルやバームだと洗いすぎを感じる
    • やさしい洗い上がりのクレンジングジェルが欲しい

    10位 シンデレラタイム ブースターセラム ナノクレンジングゲル 敏感肌用

    名前もパッケージもかわいいシンデレラタイムのクレンジングゲルは、乾燥肌用・ニキビ肌用・敏感肌用の3種類ラインナップがあります。
    そのなかでも人気を誇っているのがこちらの敏感肌用のタイプです。
    アルコール・合成香料・着色料不使用で肌に負担をかけずにクレンジングできます。

    オイルフリーのマイルドなクレンジングジェル

    今まで紹介してきた11位以下のクレンジングジェルとは違い、こちらはオイルが無配合のタイプです。
    さっぱりしていて洗浄力がマイルドですが、ナノ化されたクレンジング成分が毛穴の中の汚れまでしっかり落とします。
    ナノ化技術でメイクや汚れに素早くなじみするっと落としてさっぱり仕上がるのが特徴です。

    プラスの効果として肌のターンオーバーをサポートする成分が配合されており、くすみや肌のざらつきに悩むなら試してみる価値があります!

    こんな方におすすめ

    • まつげエクステをしている
    • ニキビができやすい
    • 毛穴が詰まりやすい
    • 刺激に弱い敏感肌

    9位 レパルテ クレンジングジェル

    さっぱりしているのに余分な皮脂をしっかり落とし、毛穴に入り込んだメイクもオフできるのがレパルテのクレンジングジェルの特徴です。
    必要以上に落とさないことをコンセプトに開発され、クレンジングジェル選びに悩む女性を救ってきました!

    オイルフリーなのに驚きのメイク落ち!

    レパルテはオイルフリー処方でまつげエクステをしている方でも使えます。
    必要以上に落としすぎない植物由来の洗浄成分を使用しており、さらに沖縄産のクチャ(泥)を配合しているのが特徴です。

    泥の吸着力で毛穴の汚れをキャッチし、皮脂詰まりを起こしてざらつく肌をなめらかに整えてくれます。
    高い品質が評価されまつげエクステサロンのスタッフも愛用しているクレンジングジェルです。

    こんな方におすすめ

    • ニキビができやすい肌質
    • 皮脂分泌が活発
    • まつげエクステをしている

    8位 サンタマルシェ ディープクレンジング

    緑のボトルが印象的なサンタマルシェのディープクレンジングは、緑茶由来の抗酸化成分ポリフェノールをたっぷり含んでいます。
    紫外線のダメージをやわらげたり美肌を保つ成分で、疲れが蓄積した肌を整えながらメイクをオフできるクレンジングです。

    オイルフリーでやさしくメイクオフ

    サンタマルシェのクレンジングジェルは100%オイルカットです。
    洗浄力は控えめで軽いメイクをオフするのに向いています。
    リキッドやクリームファンデーションはやや落ちづらい傾向にあり、パウダーやミネラルメイクファンデーションは一度ですっきり落とせる洗浄力です。

    超微粒子化されたコンニャクスクラブが配合されており、重曹成分が固まったタンパク汚れをゆるめて落とします。

    こんな方におすすめ

    • 皮脂分泌が活発な方
    • まつげエクステをしている方
    • 肌のざらるきが気になる
    • 軽いメイクをすることが多い

    7位 ドクターシーラボ VC100 ホットピールクレンジングゲル

    ドクターズコスメの代表格であるドクターシーラボのホットクレンジングが7位。
    肌にのせるとじんわり温かくなり毛穴の中の汚れをじっくり浮かせて落とします。
    一本でクレンジング・ピーリング・温感パックができる優れものです。

    水ベースのオイルインタイプで、ピーリング作用がある

    このクレンジングジェルがほかとは違うのは、パパイン酵素が配合されていることです。
    古い角質や固まった皮脂汚れをオフすることができ、通常のクレンジングや洗顔では落ちない汚れを除去することができます。

    ピーリング作用があるため肌のざらつきが気になるときにスペシャルケアとして使うのがいいですね。
    毎日使うと角質を取りすぎてしまう可能性があり、肌の調子を見ながら使ってください。

    公式ホームページにはW洗顔不要とありますが、洗い上がりのぬるつきが気になる場合は洗顔をしてもOKです。
    洗浄力は適度にあり、ウォータープルーフマスカラ以外はすっきり落とせます。

    こんな方におすすめ

    • 毛穴の詰まりが気になる
    • 角質がたまってざらざらする

    6位 オルナ オーガニック クレンジング ジェル

    無着色・アルコールフリー・合成香料不使用で肌にやさしい成分配合のクレンジングジェルが6位。
    オーガニックハーブがふんだんに使われていて、肌の調子を整えながらメイクや汚れを落とします。

    水ベースでさっぱり、天然ハーブオイルでつっぱらない仕上がり

    オルナのクレンジングジェルは水ベースのジェルで、さっぱりベタつかない洗い上がりが特徴です。
    やさしい洗い心地で肌の潤いを取りすぎる心配がありません。

    オレンジ果皮油やラベンダー油が配合されているため、すすいだあとは乾燥しにくくつっぱらないのもおすすめポイント。
    口コミやレビューをチェックすると繰り返すニキビが落ち着いてきたという使用感が寄せられています。

    こんな方におすすめ

    • オーガニックコスメに興味がある
    • 大人ニキビに悩んでいる

    5位 ナーセリー Wクレンジングジェル ゆず

    ナーセリーのクレンジングジェルはエステサロンで使用する業務用に開発された製品です。
    工場から直接仕入れて販売しているため高品質なのにリーズナブルなのがポイント。

    ゆずのさわやかな香りとジェルならではのぷるんとした感触が心地よく肌を洗い上げ、さっぱりメイクを落とします。

    水ベースのさっぱり系クレンジングジェル

    必要な潤いを落としすぎないサラッとした水ベースで、ヤシ油由来のマイルドな洗浄成分でできています。
    プロも納得の品質で肌がつっぱりません。
    洗浄力がマイルドなため濃いポイントメイクは専用リムーバーで落としておく必要があります。

    ファンデーションやアイブロウなどはしっかり落ち、肌の汚れも同時にオフできるクレンジングジェルです。

    こんな方におすすめ

    • 柑橘系の香りが好き
    • さっぱりしてつっぱらない使用感を求めている
    • 軽いメイクをすることが多い

    4位 マナラ ホットクレンジングゲル

    毛穴ケアできるクレンジングと言えばマナラのホットクレンジングゲル!というほど有名なのがこちら。
    じんわり温かくなる使用感がクセになる心地よいクレンジングです。

    毛穴の黒ずみやポツポツをケアするのに特化しており、「何をしても取れなかった毛穴の汚れが一度で取れた!」と話題になっています。

    オイルベースの毛穴専用クレンジング

    マナラのクレンジングは油分を基本としたジェルで、オイルを固めたジェルクレンジングだと言えます。
    毛穴の汚れを浮かして溶かすことに特化しており、メイクオフする力はとても控えめ。
    顔全体のクレンジングに使うより、鼻やあごなど角栓がたまりやすい部分に集中ケアとして使用する女性もいるようです。

    肌の乾燥が気になるのに毛穴がざらざらする……という場合は、顔全体をほかのクレンジングで洗い部分ケアとしてマナラのホットクレンジングゲルを使ってみてください。

    こんな方におすすめ

    • 鼻の黒ずみ・角栓のつまりが気になる
    • ホットクレンジングを試してみたい

    3位 スキンビル ホットクレンジングジェルN 200g (2016年リニューアル版)

    続いてランクインしたのもホットタイプのクレンジングジェルです。
    スキンビルのクレンジングは、ネットショップで常にクレンジングジェルランキングの上位に食い込む超人気コスメ。

    リーズナブルにホットクレンジングができると話題になっています。

    オイルベースのこってりクレンジング

    オイルベースで固めのテクスチャーで、しっかり肌にとどまり毛穴の汚れをオフできるクレンジング。
    4位のマナラホットクレンジングゲルと働きはほぼ一緒ですが、こちらの方がリーズナブルで続けやすく人気が集中しています。

    美容成分がたっぷり含まれているのも人気の秘密で、肌をしっとりさせながら毛穴の汚れを浮かせてオフする効果が印象的。
    メイクを落とす力は弱いため、軽いメイクをしている方におすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 手軽な値段で毛穴クレンジングをしたい
    • ホットクレンジングに興味がある

    2位 ポアトル スーパークリアジェル

    育つ一方の角栓をどうにかしたい…と悩む女性を救ってきたのがポアトルのスーパークリアジェルです。
    あごや鼻などの部分専用クレンジングジェルで、顔全体のメイク落としはできません。
    頑固な角栓がこれで取れた!という口コミが並ぶ超人気コスメです。

    皮脂吸着成分配合で毛穴をお掃除

    ポアトルが角栓除去能力に優れているのは、3つの皮脂吸着成分が配合されている点にあります。
    竹炭・シリカ・セルロースを配合し皮脂が詰まった毛穴をごっそりクレンジングできるのが特徴です。

    角質柔軟成分のヨーグルトエキスを配合しているため、角質が固まって毛穴をふさいでしまうことへの対策として期待できるもの人気の秘訣。
    何をしても角栓が取れないと悩むなら、思い切って試してみてください!

    こんな方におすすめ

    • ポツポツ毛穴をなんとかしたい
    • 部分ケアをリーズナブルに続けたい

    1位 キュレル ジェルメイク落とし

    堂々の1位は敏感肌でも使えるブランドのキュレルジェルメイク落としです。
    発売は2008年で長い間人気が絶えずアマゾンのクレンジングジェル部門では常にトップを争っています。
    大手口コミサイトである@コスメでもTOP10入りの常連でベストコスメ受賞歴がある王道コスメです。

    炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kを配合

    キュレルのジェルメイク落としは、クレンジング剤としては珍しくグリチルリチン酸2Kを配合しています。
    これは肌の炎症を抑える成分で、薬用成分として指定されているものです。
    肌荒れを繰り返しがちな敏感肌でも使いやすく、やさしくメイクを落とします。

    オイルベースのジェルで、アイライナーやマスカラ以外はしっかり落とせる程度の洗浄力。
    落としすぎないジェルクレンジングを探している方にはぴったりです。

    こんな方におすすめ

    • 季節の変わり目や生理前に肌が荒れやすい
    • 敏感肌でも使えるクレンジングが欲しい

    クレンジングジェルを使用するうえでの4つの注意点

    クレンジング


    スキンケアで大切なステップであるクレンジングは、正しく使うことで本来の効果を発揮します。
    間違った使い方をすると汚れが落ちなかったり肌を傷つけてしまうため、注意点を守って使いましょう。

    注意点① 使用量を守る

    洗顔・女性(白バック)


    ジェルタイプのクレンジングはオイルやバームなどと比べるとすべりが若干悪く、使用量を少なめにすると摩擦を生んでしまいます。
    ジェルはクッション性が高く肌にやさしい形状なのですが、量が少ないと摩擦が発生しジェル本来のやさしさが発揮されません。

    パッケージに記載されている量を守り、肌の乾燥がひどい場合は多めに使ってクレンジングをしましょう。

    注意点② こすらずに使う

    クレンジング


    汚れをしっかり落とそうとついつい力が入っていませんか?
    メイクの粒子と混ざった状態のクレンジングは、雑にこすると肌表面の角質を傷つけてしまいます。
    角質が傷つくと肌のバリア機能が低下し刺激に弱くなるため注意しましょう。

    なでるようなやさしいタッチでメイクを浮かして落とすようにしてください。

    注意点③ 少しずつ洗い流す

    クレンジング

    ジェルは水になじむスピードがやや遅いため、少しずつ水となじませて洗い流しましょう。
    顔全体をばしゃっと流すのではなく、手のひらの水分を肌にくるくるなじませながら洗い流すとすっきり落とせます。

    注意点④ ポイントメイクは専用リムーバーで先に落とす

    クレンジング

    もしオイルフリーのクレンジングを使う場合は、先にポイントメイクを専用リムーバーで落としておきましょう。
    油分がないクレンジングジェルは洗浄力が非常にマイルドで、ポイントメイクが残ってしまいます。

    オイルインのクレンジングジェルを使う場合も、なるべく専用リムーバーで落としておくのがいいですね。
    ウォータープルーフのマスカラやティントタイプの口紅は、オイルインのクレンジングジェルを使っても落ちない場合があります。

    Amazon&楽天のクレンジングジェル人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    クレンジングジェルで1日の汚れをすっきりオフしよう!

    クレンジング

    クレンジングジェルは細かく分けると3つの種類があり、それぞれ質感や働きが違うため自分の肌にあったものを選ぶのがやや難しく中級者向けです。

    化粧品の成分はよくわからない……という初心者の方でも、水ベース、オイルベース、オイルフリーかどうかきちんと見極めてどんな効果があるのかチェックすればOK!

    すっきり落とせるのにベタつかない洗いあがりは肌の負担を減らし、スキンケアの質を高めてくれます。

    オイルやバームでは落としすぎが気になる、でもクリームやミルクはベタついて使いたくない……そんな方にジェルクレンジングはおすすめです。
    さっぱりなのにつっぱらないクレンジングジェルを使いこなして、トラブルのない肌を目指しましょう!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】スキンケアに関連するおすすめ記事はこちら

    洗顔パウダーおすすめ人気ランキングTOP5!泡立て方の解説も【2019年最新版】

    2019.02.03

    化粧水のおすすめランキング!正しい塗り方やコットンパック&毛穴ケアについても【2018年最新版】

    2018.07.30

    クレンジングフォームおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.01

    クレンジングウォーターおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.18

    洗顔料おすすめ人気ランキングTOP15【2017年最新版】

    2017.11.30

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。