折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキングTOP20!軽量や電動タイプもご紹介【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

津田 良和

週に100キロ走るほどのロードバイク好き

週に一度100kmほど走るロングライドをやっています。
素敵なサイクルライフを送るための役に立つ情報を発信していきます。

    選び方のポイント

    • 折り畳みのしやすさで選ぶ
      →自分が自転車に乗る目的と照らしあわせてみよう。
    • 走行性能で選ぶ
      →パーツにもこだわろう。
    • デザインで選ぶ
      →愛着の持てるものを選ぼう。
    • 購入場所で選ぶ
      →購入後のメンテナンスにも影響が。
    折りたたみ自転車

    ちょっとした移動から、街乗り、休日のサイクリングまで、普段の暮らしのなかで自転車を利用する機会は多いですが、いざ自転車を選ぶ際にどんなものに乗ったらよいか悩むこともあると思います。
    シティサイクルよりはスイスイ走る自転車がよいでしょうし、もしかしたらロードバイクほど本格的なものは気が引けてしまうかもしれません。
    さまざまな場所を自転車で走りたいと思っている人におすすめなのが、「折りたたみ自転車」です。

    折りたたみ自転車は、小さなタイヤで小回りが効く上に、折りたためば持ち運べるフットワークの軽さが魅力で、ちょっとしたサイクリングであれば場所を選ばずに走ることができます。
    小柄な見た目はおしゃれで、自転車にファッション性を求める人にも向いています。

    折りたたみ自転車は、メーカーや性能によってその特徴は大きく異なるので、いざ購入を検討してもどれを買って良いかわからないことでしょう。
    そこで今回は、折りたたみ自転車のおすすめ商品をランキング形式で紹介します。
    軽量なものから電動アシストがついているものまで幅広く取り上げているのでお気に入りの一台が見つかりますよ。

    目次



    折りたたみ自転車ってどんなもの?

    折りたたみ自転車

    折りたたみ自転車とは、読んで字のごとく折りたたんでコンパクトにすることができる自転車のこと。
    電車や車に乗せるなど持ち運びやすいのがメリットで、場所を選ばずサイクリングを楽しむことができます。

    また、折りたたみ自転車の多くは、タイヤが小さいため小回りが効き、走り出しや急停車も容易なので初心者でも楽に操作できるのが魅力です。
    ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ寄りな自転車に乗るのは気が引けるという人なら、折りたたみ自転車なら気軽に利用できるのでおすすめです。

    ロードバイク&クロスバイクの記事はこちら!

    ロードバイク用自転車タイヤおすすめ人気ランキングTOP15!価格や交換時の空気圧チェックについても【2018年最新版】

    2018.09.28

    クロスバイクのおすすめ人気ランキングTOP15!初心者に最適なメーカーは?【2017年最新版】

    2017.12.06

    ロードバイクおすすめ人気ランキングTOP10!初心者向けや選び方も【2017年最新版】

    2017.11.17

    折りたたみ自転車の4つの選び方

    ①折りたたみのしやすさなどで選ぶ

    折りたたみ自転車を車に入れる女性

    折りたたみ自転車を購入するのであればまず“折りたたんだ際の形状”と“折りたたむのが簡単か”を確認しましょう。

    せっかく遠出するために自転車をたたもうとしても、それが難しければストレスにしかなりません。
    折りたたみ自転車を選ぶときにはいかに折りたたみが容易であるかや、たたんだときの形状はどのようになるのかなど、事前に把握しておく必要があります。
    折りたたむと“縦長”になるものと“四角形”になるものがあります。
    折りたたみ時のサイズや形状などを、自分が自転車に乗る目的などと照らしあわせて選ぶようにしましょう。

    ②走行性能で選ぶ

    折りたたみ自転車に乗る女性

    折りたたみ自転車とはいえ、快適に走れるものがベストなので、走行性能も大切です。

    例えば、車体の重量によって走るときに必要な力が変わり、軽ければ軽いほど楽に走行できます。

    また、変速やタイヤなど、走るためのパーツも見るといろいろなことがわかってきます。
    そして、楽に走れるものを選びたい人には、電動アシストがついているものを購入するという選択肢もあります。
    カタログなどを確認して、こういった折りたたみ自転車の走行性能を比較することも大切なことです。

    ③デザインで選ぶ

    緑色の折りたたみ自転車

    本来価格やスペックで折りたたみ自転車を選ぶべきではありますが、デザインも選択時の大切なポイントです。

    折りたたみ自転車を購入して長く使うモチベーションになるのは、最終的には“いかに自分の自転車に愛着を持っているか”だと思います。
    その上で自分好みのデザインの自転車を選ぶことは、結構重要なことでもあります。
    やっぱり気に入ったルックスの折りたたみ自転車を買えば、より傷つけたくないと思うので、お手入れを欠かすこともなくなるでしょう。

    折りたたみ自転車に乗りたいけど長続きしないでお金をムダにするのが不安という方は、デザインで選んでみてはいかがでしょうか。

    ④購入場所で選ぶ

    自転車店

    折りたたみ自転車を選ぶときには、どのような場所で選ぶかがとても重要になってきます。
    購入場所によって、買うことができる折りたたみ自転車がおおよそ決まってくることに加え、購入後のメンテナンスにまで影響が及ぶからです。
    ここでは、折りたたみ自転車の主な購入場所とそれぞれの特徴を紹介していきます。

    ①スポーツ自転車専門店

    取り扱っているメーカーやモデルが多く、さまざまなレベルにあわせて折りたたみ自転車を購入することができます。
    購入後のメンテナンスも安心して任せることができます。

    ②メーカー専門店

    「ビアンキショップ」や「ジャイアントショップ」などがこれにあたります。
    ここでは、取り扱っているメーカーは1つしかありませんが、そのメーカーであれば幅広いアイテムを取り扱っています。
    特定のメーカーの折りたたみ自転車に一目ぼれしたのであればメーカー専門店がおすすめです。
    メンテナンスもそのメーカーに詳しい人が対応してくれるので安心です。

    ③大衆自転車店

    シティサイクルからスポーツサイクルまで幅広いタイプの自転車を取り扱っている自転車店です。
    街乗りなどであれば、それにあった折りたたみ自転車を購入することができ、メンテナンスも行ってくれます。
    ただし、走行性能の高い自転車の取り扱いは少ないので覚えておきましょう。

    ④ネット通販

    自宅にいながら自転車を手軽に購入できる反面、組み立てやメンテナンスは基本的に自分で行わなければならないです。
    自転車の知識が豊富な上級者向けの購入方法です。

    初心者であればできるだけ店頭での購入をおすすめします。
    サドルの高さからハンドルの位置まで自分の体に合うように細かくセッティングをしてくれる上に、メンテナンスも対応してくれるのは、ビギナーにとっては大きなメリットとなります。

    折りたたみ自転車おすすめランキングTOP20

    サイクリングを愛する筆者がおすすめする折りたたみ自転車をランキング形式でご紹介します。
    TOP20のあとには、“電動”と“軽量”というテーマでも折りたたみ自転車を選んでいるのでお見逃しなく!

    20位 SUISUI KH-DCY310

    カーナビやDVDプレーヤーなどのメーカーでもあるKAIHOUが手掛けた電動折りたたみ自転車です。
    搭載バッテリーは、4時間の充電で21kmの走行をアシストしてくれます。
    価格もお手ごろで乗りやすいので、街乗りや日常で自転車を利用する方にとってはぴったりです。

    19位 デイトナ ポタリングバイク(Daytona Pottering Bike) 電動アシスト自転車

    クラシックなスタイルと電動アシスト付きの快適な走行性が持ち味のミニベロです。
    軽くて丈夫なアルミフレームを採用しながらも、折りたたんでコンパクトに収納できるのがポイントです。
    電動アシストも一度の充電で約50㎞の走行が可能で、坂道もストレスなく走ることができます。
    街中を快適に走りたいのであればおすすめの一台です。

    18位 ストライダ(STRIDA) STRIDA LT CREAM

    自転車には見えない独特の形状が個性的なミニベロ「ストライダ」。
    独自のトライアングルフレームは軽量化のためにムダを極力省いた設計となっており、快適な走行を実現します。
    形状を見てきちんと乗れるのか不安になった方もいるかもしれませんが、ディスクブレーキを採用しているので制動力は抜群で安定した走行が可能です。
    もちろん、折りたたんでコンパクトに収納することもできます。

    17位 KHS F-20R

    折りたたむ部分の強度が気になるという人には、こちらの商品がおすすめです。
    KHSの折りたたみシステムは、フレームを成形してから切断し、留め具を取り付けるという製法で剛性を向上させ、折りたたみ部分の精度が非常に高くなっています。
    折りたたみ自転車には珍しいブルホーンハンドルも目を引く個性的な自転車です。

    16位 Birdy Classic

    折りたたみ自転車の中では軽量な10.9kgという軽さが魅力の18インチのホイール採用モデルです。
    独自の折りたたみシステムによって、非常にコンパクトにすることができます。
    折りたたみ作業も、慣れればわずか10秒程度で行えます。

    15位 BIKE FRIDAY Pocket Rocket

    走行性能と折りたたみ性能を高い水準で実現した自転車で、重量もわずか8.9kgという軽さを誇っています。
    折りたたみ自転車とは思えない優れた走行性能は、乗る人を必ず満足させてくれます。
    職人のハンドメイドで仕上げた味のある見た目も魅力的です。
    携帯性も申し分なく、場所を選ぶことなく走り回ることができるでしょう。

    14位 LXBIKE-F1

    航空機に使われるようなグレードの軽量のアルミニウム合金を使用することによって、電動アシストがついているにもかかわらず14.8kgという軽さを実現した折りたたみ自転車です。
    1回の充電で40~50㎞は走ることができるので、ちょっとした遠出でも、自転車を車に乗せて現地でのサイクリングでも、十分に走ることができます。
    バッテリーもパナソニック製のものを採用しているので安心感がありますね。

    13位 ヴァクセン 20インチ 折りたたみ自転車

    生活雑貨を主に扱っているメーカーが手掛けた、リーズナブルな価格と十分なスペックを持つコストパフォーマンスに優れた折りたたみ自転車です。
    ルックスもスポーツ寄りになりすぎず、街乗りでも気軽に乗ることができます。

    12位 パスピエ20R

    走行性能と安全性を高い水準で実現したこちらの電動折りたたみ自転車は、シマノ製の変速パーツを採用し、すべての部品にJISマークを取得したものを使用しているので、安心して走ることができます。
    折りたたみ自転車に安心感とコストパフォーマンスを求めるのであればこちらがおすすめです。

    11位 BROMPTON M3L

    イギリスの折りたたみ自転車メーカー「プロンプトン」は、フレームに刻まれた「MADE in ENGLAND」が示すように英国仕様のミニベロです。
    独自の折りたたみシステムによって、非常にコンパクトな形にできるので、持ち運びがとても楽です。
    カラーバリエーションも豊富で、デザインも選び放題なブランドです。

    【こちらもCHECK】BROMPTONのレビュー動画はこちら

    10位 ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) アーバン フラミンゴ 105

    自転車用品メーカー大手のドッペルギャンガーが販売しているのは、折りたためるミニベロです。
    独自のフレームデザインと大型のチェーンリングによって、快適な乗り味を実現しています。

    9位 Raychell FB-206R-EA

    レイチェルが製造している電動アシスト付き折りたたみ自転車は、シマノ製のギアを採用しているので、スポーティに走れます。
    折りたたみ自転車にしては珍しいフロントバスケットがついているタイプなので、街乗りや日常利用にも便利です。

    8位 ミムゴ FEILD CHAMP ノーパンク電動アシスト FDB20E

    こちらの電動アシスト付き折りたたみ自転車は、タイヤチューブの中に液体ポリウレタン・ストマーを注入することによって、パンクしない弾力性のあるタイヤを使用しており、通常の空気が入っているタイヤとは異なりパンクの心配をなくしたのが最大の特徴です。
    自転車に乗っていて絶対にパンクしたくないという人にぴったりで、電動アシストがついているので走行性能も上々ですよ。

    7位 ナノー(NANOO) ナノー 12インチ

    イタリアの自転車ブランド「ナノー」が販売しているのは、タイヤサイズがわずが12インチの非常にコンパクトなミニベロです。
    慣れれば15秒ほど折りたためる使い勝手の良さも魅力です。
    タイヤの小ささに負けない快適な走行性能も特徴的で、あらゆるシーンで楽しむことができます。

    6位 フィアット 14インチ コンパクト折りたたみ 小径自転車

    自動車メーカーのFLATが販売しているのは、おしゃれなルックスをした折りたたみ自転車です。
    見た目だけではなく、わずか8.5kgという高級ロードバイク並みの軽さとコンパクトさが魅力で、ギアもシマノ製のものを使用しているので、走行性能も高いです。

    5位 ダホン ミューSP9

    ダホンのテクノロジーが詰め込まれたスタンダードモデルのミニベロです。
    ブランドの代名詞的存在と言えるこちらの一台は、さまざまなシチュエーションに対応できるうえに、折りたたむことで持ち運びも可能なので、どんな場所でも楽しむことができます。

    4位 YS-11ハイブリッド

    電動アシストがついている自転車は重いイメージがありますが、こちらは重量が12.8kgと通常の折りたたみ自転車と変わらない重さなので、バッテリーを搭載していても乗り味が軽いです。

    軽くて、コンパクトで電動アシストまで付いているどんな場面でも使えるオールマイティな折りたたみ自転車です。

    3位 ルノー マグネシウム6

    14インチのホイールとハイエンドロードバイク並みの7.0kgという軽量さが魅力の折りたたみ自転車です。
    軽さの点ではこの折りたたみ自転車が圧倒的といえるでしょう。
    折りたたんで片手で楽々と持ち運べるので、シーンを選ばずあらゆるところで走ることができます。
    折りたたみ自転車に軽さと携帯性の高さを求めているのであれば、こちらがおすすめです。

    2位 DAHON Curve D7

    人気折りたたみ自転車メーカー「ダホン」が販売している「Curve D7」は、同社の魅力がギュッと凝縮した16インチの小径タイヤと、小さなボディながらも高いハンドリング性能が特徴的な一台です。
    泥除けとチェーンガードが搭載されているので、普段着でも汚れを気にせず楽しめますよ。

    1位 ターン(tern) ヴァージュ Verge X11

    人気スポーツ自転車ブランド「tern」を代表するモデルがこちらの「ヴァージュ」で、11段階の変速とディスクブレーキで、快適な走行性能と制動力を実現しています。
    また、フレームのジョイント部分から折りたたむことができるので、非常にコンパクトになり、持ち運びにも便利です。
    美しいデザイン性と高い機能性を兼ね備えた、オールマイティに使えるミニベロです。

    電動折りたたみ自転車おすすめランキングTOP7

    ここからは電動折りたたみ自転車の人気おすすめランキングをご紹介していきます!

    7位 SUISUI KH-DCY310

    カーナビやDVDプレーヤーなどを製造しているメーカーでもあるKAIHOUが手掛けた折りたたみ電動自転車です。
    4時間の充電で21kmの走行をアシストしてくれるバッテリーを搭載しています。
    価格もお手ごろで乗りやすいので、街乗りや日常で自転車を利用する方にとってはぴったりです。

    6位 デイトナ ポタリングバイク(Daytona Pottering Bike) 電動アシスト自転車

    クラシックなスタイルと電動アシストによる快適な走行性が持ち味のミニベロです。
    軽くて丈夫なアルミフレームを採用しながらも、折りたたんでコンパクトに収納できるのがポイントです。
    電動アシストも一度の充電で約50㎞の走行が可能で、坂道もストレスなく走ることができます。
    街中を快適に走りたいのであればおすすめの一台です。

    5位 LXBIKE-F1

    航空機に使われるようなグレードの軽量アルミニウム合金を使用することによって、電動アシストがついているにもかかわらず14.8kgという軽さを実現した折りたたみ自転車です。
    1回の充電で40~50km走ることができるので、ちょっとした遠出でも、自転車を車に乗せて現地でのサイクリングでも十分に活用できます。
    バッテリーもパナソニック製のものを採用しているので安心感があります。

    4位 パスピエ20R

    走行性能と安全性を高い水準で実現したこちらの電動折りたたみ自転車は、シマノ製の変速パーツを採用し、すべての部品にJISマークを取得したものを使用しているので、安心して走ることができます。折りたたみ自転車に安心感とコストパフォーマンスを求めるのであればこちらがおすすめです。

    3位 Raychell FB-206R-EA

    レイチェルが製造している電動アシスト付き折りたたみ自転車は、シマノ製のギアを採用しているので、スポーティに走りをすることができます。折りたたみ自転車にしては珍しいフロントバスケットがついているタイプなので、街乗りや日常利用にも利便性が高いです。

    2位 ミムゴ FEILD CHAMP ノーパンク電動アシスト FDB20E

    タイヤチューブの中に液体ポリウレタン・ストマーを注入することによって、パンクしない弾力性のあるタイヤを使用しており、通常の空気が入っているタイヤとは異なりパンクの心配がないということが最大の特徴です。
    サイクリング中に絶対にパンクしたくないという人にはぴったりでしょう。
    走行性能もアシストがついているので快適に走ることができます。

    1位 YS-11ハイブリッド

    電動アシストがついている自転車は重いというイメージがありますが、こちらの自転車は重量が12.8kgと通常の折りたたみ自転車と変わらないので、バッテリーを搭載していても軽い乗り味が魅力です。
    軽くてコンパクトで、電動アシストまで付いているどんな場面でも使えるオールマイティな折りたたみ自転車です。

    軽量折りたたみ自転車おすすめランキングTOP7

    続いては、持ち運びに便利な”軽量”タイプの折りたたみ自転車をランキング形式でご紹介していきます!

    7位 ストライダ(STRIDA) STRIDA LT CREAM

    自転車には見えない独特の形状が個性的なミニベロ「ストライダ」。
    独自のトライアングルフレームは軽量化のためにムダを極力省いた設計となっており、快適な走行性能を実現しています。
    見た目が個性的で、しっかり乗れるのか不安になった方もいるかもしれませんが、ディスクブレーキを採用しているので制動力は抜群で安定した走行が可能です。
    折りたたんでコンパクトに収納することもできます。

    6位 KHS F-20R

    折りたたむ部分の強度が気になるという人みは、こちらの商品がおすすめです。
    KHSの折りたたみシステムは、フレームを成形してから切断し、留め具を取り付けて剛性を向上させる製法を取り入れているので、折りたたみ部分の精度が非常に高くなっています。
    折りたたみ自転車には珍しいブルホーンハンドルも目を引く個性的な自転車です。

    5位 Birdy Classic

    18インチのホイールで折りたたみ自転車の中では軽量な10.9kgという軽さが魅力的な商品です。
    独自の折りたたみシステムによって、非常に小さくすることがかできます。
    慣れれば10秒程度で折りたためて便利です。

    4位 BIKE FRIDAY Pocket Rocket

    走行性能と折りたたみ性能を高い水準で実現した折りたたみ自転車で、重量もわずか8.9kgという軽さを誇っています。
    折りたたみ自転車とは思えない走行性能の高さは、乗る人をきっと満足させてくれますよ。
    職人のハンドメイドで仕上げた味のあるデザインも魅力的です。
    携帯性も申し分なく、場所を選ぶことなく走り回ることができるでしょう。

    3位 ナノー(NANOO) ナノー 12インチ

    イタリアの自転車ブランド「ナノー」が販売しているのは、タイヤサイズがわずが12インチの非常にコンパクトなミニベロです。
    折りたたむことも可能で、慣れれば15秒ほどでできる容易さも魅力です。
    タイヤの小径さには負けない快適な走行性能も特徴的で、あらゆるシーンで楽しむことができます。

    2位 フィアット 14インチ コンパクト折りたたみ 小径自転車

    自動車メーカーのFLATが販売しているのは、おしゃれなルックスをした折りたたみ自転車です。
    見た目だけではなく、わずか8.kgという高級ロードバイク並みの軽さとコンパクトさが魅力で、ギアもシマノ製のものを使用しているので、走行性能も兼ね備えています。

    1位 ルノー マグネシウム6

    14インチのホイールとハイエンドロードバイク並みの7.0kgという軽さが魅力の折りたたみ自転車です。
    軽さでいえばこのモデルが圧倒的といえるでしょう。
    たためば片手で楽々と持ち運ぶことができるので、シーンを選ばずあらゆるところで走ることができます。
    折りたたみ自転車に軽さと持ち運びが楽なものを求めているのであれば、こちらがおすすめです。

    折りたたみ自転車の使用上の4つの注意点

    ①長距離走行には向いていない

    海辺にある折りたたみ自転車

    ロードバイクやクロスバイクに比べて折りたたみ自転車は長距離走行には適していません。
    理由としてはタイヤが小さいので速度を維持するのに向いておらず、速度を一定に保つためにペダリングを持続させなければならないからです。

    そのため、疲労しやすいという点でも、折りたたみ自転車は長距離走行には向いていません。
    折りたたみ自転車の中にはスポーティなタイプで走行性能に優れたモデルが多数取り揃えてありますが、長距離のサイクリングなどがやりたいのであれば、ロードバイクやクロスバイクを購入されることをおすすめします。

    折りたたみ自転車はあくまで街乗り+その延長線上ぐらいのレベルで使用するのが一番快適です。

    ②日々のメンテナンスを欠かさない

    折りたたみ自転車をメンテナンスする男性

    専門的なメンテナンスであればショップの店員さんにお任せすればよいのですが、日々の軽いメンテナンス程度は自分でできるようになっておきましょう。
    特に、洗車は折りたたみ自転車を維持するためにはとても重要で、洗車を怠ると、折りたたみ自転車全体が汚くなってしまいますし、乗り心地もかなり悪くなります。
    そのため、フレームの掃除やコンポーネントの掃除、注油などは定期的にやるようにしましょう。
    ブレーキなどの制動系のチェックも欠かさずにしたいですね。

    折りたたみ自転車は気軽に乗ることができる分、メンテナンスに目がいかなくなってしまいがちですが、快適に長く乗るためには日々のメンテナンスが必要となってくるので、忘れずに行うようにしましょう。

    ③公共交通機関に乗せるときは事前にルールを確認する

    折りたたみ自転車はコンパクトにできるので、電車などに乗せて遠くにでかけることもできますが、
    こういった公共交通機関に折りたたみ自転車をのせる際には、事前に鉄道会社のルールを確認しておく必要があります。

    例えば、自転車の全長や大きさの制限、自転車を完全に輪行袋で覆わないといけないなどの規定があります。
    そのため、折りたたみ自転車を電車などに乗せるときには使用路線のルールを調べておきましょう。
    混雑した電車ではほかの乗客の迷惑にもなるので、なるべく空いている時間帯に利用するという配慮も大切です。

    ④交通ルールを順守する

    折りたたみ自転車 男性

    最近では交通ルールやマナーについての問題意識が高まっていますが、まだまだ交通ルールを守っていない自転車乗りが多く見受けられます。
    折りたたみ自転車とはいえ交通ルールを破ったときに周りに与える心象もいっそう悪くなります。
    もちろん、悪く思われないようにするために交通ルールを守るのではなく、安全のためにルールとマナーをキチンと守ることが重要です。

    特に車道の左側通行や一時停止、二段階右折や手信号など、自転車を購入された際は、今一度自転車の交通ルールについて確認しておくべきです。
    自転車に乗る皆さんの一人一人がこういったことを守っていくことが今後の自転車社会にとって影響を与えるということを肝に銘じてください。

    Amazon&楽天の折りたたみ自転車人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    折りたたみ自転車でいろいろな場所を走り回ろう

    黄色い折りたたみ自転車

    折りたたみ自転車は、日常のちょっとした移動から、電車や車に乗せて遠出して現地をサイクリングするといった用途まで幅広い乗り方が楽しめるアイテムです。

    折りたたみ自転車を購入すれば、いろいろなところに出かけてみたくなってくること間違いありませんので、ぜひ一度購入を検討してみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】自転車に関連するおすすめ記事はこちら

    ビンディングシューズおすすめ人気ランキングTOP12【2018年最新版】

    2018.08.10

    ママチャリおすすめ人気ランキングTOP15!安い&コスパのいい商品も【2018年最新版】

    2018.05.28

    ボトルケージおすすめ人気ランキングTOP15!カーボン製とペットボトル対応も【2017年最新版】

    2017.12.01

    明るい自転車ライトおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.17

    室内向け自転車スタンドおすすめ人気ランキングTOP10!コスパ最強は?【2017年最新版】

    2017.11.10