エギングラインおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 太さは0.6~1号を選ぶ
      →初心者の方は1号がおすすめ。
    • 視認性の高いものを選ぶ
      →オレンジやピンク、ホワイトといった蛍光色や白色のもの、数種類の色で構成されたマーキングカラーがよい。
    • 有名メーカーのものを選ぶ
      →価格が安い無名メーカー商品は製造工程でのコストを削減してあり、PEラインの編み込みが弱かったり、表面のマーキング塗料がダマになっていたりすることもある。

    岩礁 エギ


    美味しいイカをエギという疑似餌で狙うエギングは春から秋にかけて大人気の釣り方。
    エギングにはエギのほか、専用のライン(釣り糸)も必要となり、専用のものを使っていないだけで大きく釣果が変わってくる釣りとなっています。

    本記事では釣り歴20年以上となる筆者がエギングラインの選び方やおすすめ品をご紹介してします。
    実際の釣り場での経験にもとづいて選び方や使い分けを意識したおすすめ品をピックアップしているので、ぜひ参考にしてください。

    エギングラインとは

    リール ライン

    エギングラインは「PEライン」という種類の釣り糸となっています。
    PEラインは素材の限界近く伸ばしきった原糸を、4~12本編み込んで作ってあるもの。
    非常にしなやかで細く、強度が高いといった特徴を持っています。

    また、原糸が伸ばしきってあるものなので、ほとんど伸縮しません。
    これによりエギングで重要な「ジャークアクション」を機敏に出すことが可能となります。

    実際に試すとわかりますが、ほかのナイロンラインやフロロカーボンラインといった釣り糸で、同じようにエギをアクションさせてもほとんど動きません。
    このエギングラインを選ぶ細かなポイントは下記にご紹介していきます。

    【こちらもCHECK】エギングに関連するおすすめ記事はこちら

    エギングとは?ロッドやリール&エギングの種類の解説や初心者向け動画も

    2018.04.02

    エギングリールおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.27

    エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.01.26

    エギングラインを選ぶときの3つのポイント

    ①太さは0.6~1号を選ぶ

    デュエル(DUEL) PEライン ハードコア X4 エギング 150m 0.6号 ミルキーピンク H3280-MP
    デュエル(DUEL) PEライン ハードコア X4 エギング 150m 0.6号 ミルキーピンク H3280-MP

    エギングラインは「号数」でその太さを表していて、標準的な太さは0.6~1号となっています。
    初心者の方は1号がおすすめです。
    エギングに慣れてきたら0.8号、もしくはより細い0.6号のものを使ってみると釣果を伸ばしやすくなります。

    細くなるほど丁寧に扱うことが必要となりますが、0.2号太さが違うだけでエギを投げられる飛距離や、風や波といった外的要因の影響をより小さく抑えることができるようになります。
    これは釣果に影響するので、覚えておきましょう。

    ②視認性の高いものを選ぶ

    釣り用品 ライン

    エギングは、イカがエギに抱きついてきたアタリをラインの動きで取るのが基本。
    そのため視認性の高いPEラインを選んで使っておくのがポイントになります。
    オレンジやピンク、ホワイトといった蛍光色や白色のもの、数種類の色で構成されたマーキングカラーがよいでしょう。

    ラインの色でイカに警戒されると誤解している方もいますが、ラインがどんな色をしていてもイカは気にしません。
    ですので、自分が見やすいラインを選ぶことが重要です。

    ③有名メーカーのものを選ぶ

    ダイワ ライン UVF エメラルダスセンサー 8ブレイド+Si 150m 0.8号
    ダイワ ライン UVF エメラルダスセンサー 8ブレイド+Si 150m 0.8号

    エギングラインとして販売されているもののなかにはとても巻き量が多く、価格が安い製品もあります。
    しかしできるだけ有名メーカーのものを使用することをおすすめします。

    価格が安いものは製造工程でのコストを削減してあり、PEラインの編み込みが弱かったり、表面のマーキング塗料がダマになっていたりすることもあります。
    このような商品は実際の釣り場において、ライントラブルが起きる原因となるので回避するようにしましょう。

    エギングラインおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはエギングラインのおすすめ人気ランキングTOP10を紹介します。
    筆者がエギングライン選びのポイントを踏まえたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 シマノ PL-E55N セフィア G5 PE 150m

    PTFEという比重のある素材を4本のPE原糸で編み込んだ仕様のエギングライン。
    ラインに重さがあるので、強風時でも扱いやすいことが魅力です。

    【こちらもCHECK】シマノファンならこちらの記事もおすすめ

    シマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.06.28

    シマノのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.27

    9位 ダイワ エメラルダスセンサー ホワイト+Si 150m

    表面にシリコン加工が施してあり、滑りがとてもよいダイワのエギングライン。
    ラインカラーはホワイトをメインに、3色のマーキングをローテーションしてあり飛距離や水深も図りやすい特徴を持っています。

    8位 林釣漁具製作所 餌木猿エギングPE 200m


    表面に滑りやすい加工がしてあり、遠投やエギを潮流でどんどん流していくような場合に適している製品です。
    150m巻きの多いエギングラインで200mのライン巻き量があるのは大きな魅力です。

    7位 ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEII 150m(フロートタイプ)


    イエローをメインとした視認性の高いエギングライン。
    水により浮きやすいPE素材を使用していますので、水面にラインを置いてからアタリを取るといったこともしやすいです。

    6位 ダイワ エメラルダスセンサーSSIII+Si 150m


    浮力のあるPEに、比重のあるポリエステルを編み込むことで少しだけ重さを持たせてあるエギングライン。
    潮馴染みがよく、風の影響を受けにくいので、深場を狙っていく場合や小さなエギを使うときにおすすめです。

    5位 ゴーセン えぎ人SP 100m


    エギングラインのコストをできるだけ抑えたい方におすすめの製品。
    視認性の高いイエロー、最低限必要となる100mの糸巻き量のエギングラインです。

    4位 モーリス バリバス アバニ エギング マックスパワー 150m


    市販されている釣り糸のなかで最もしなやかな仕様の8本編みエギングライン。
    価格は高めですが、その分使いやすさや強度はトップクラスのおすすめラインです。

    3位 ゴーセン エギファイヤー8BRAID 150m


    8本編みのエギングラインとしては最も安価な製品です。
    4本編みと8本編みの使用感の違いを実感してみたい方は最初にこのエギングラインを使ってみてください。

    2位 モーリス バリバス アバニ エギングプレミアム 120m PEにシュ! 10mLミニボトル試供品つき


    グリーン、ブルー、ホワイトの3色マーキングで見やすさ抜群のエギングライン。
    数量限定で、PEラインの滑りをよくできるコーティング剤もセットになっているので非常にお得です。

    1位 ラパラ ラピノヴァX エギング 150m


    オレンジとホワイトのマーキングで視認性を確保しているラパラのエギングライン。
    価格と品質のバランスがよく、使用している釣り人が多い人気の製品です。

    エギングライン使用上の3つの注意点と応用

    ①リーダーを必ず結ぶ

    デュエル(DUEL) リーダー ハードコア エギング フロロカーボン 30m 2号 ナチュラルクリアー H3375
    デュエル(DUEL) リーダー ハードコア エギング フロロカーボン 30m 2号 ナチュラルクリアー H3375

    エギングラインであるPEは滑りがよい特徴があるため、そのままエギに結びつけることは難しいです。
    エギングラインの先には「リーダー」といって先糸を結ぶことが必要となってきます。
    エギング用リーダーとしてフロロカーボン素材のものが市販されているので、そちらを購入しておきましょう。

    リーダーの太さは2.5~3号がどんなシチュエーションにおいても使いやすいです。
    また、リーダーを結ぶ結束方法はさまざまな種類が紹介されていますが、全部を覚える必要はなく、1~2種類の結び方を徹底的に覚えるのがおすすめ。

    筆者に関してはトラブルが少なく強度も高い「FGノット」のみを使っています。
    結び方については、自宅で練習しておき釣り場でスムーズに結べるようにしておきましょう。

    【こちらもCHECK】ノットPEとリーダーの結び方おすすめ解説動画はこちら

    ②糸絡みに要注意

    ライン 絡み

    エギングラインは緩めすぎたり、風に吹かれたりすると、ロッドにラインが絡んでしまうことがあります。
    ラインが絡んだことに気づかず、ロッドを煽ったり、リールを巻いたりするとトラブルの原因となりますので注意しておきましょう。

    糸絡みを起こさないためのコツは常にラインが張るように気を配っておくこと。
    具体的にはリールのベールを返したままにしないことや、エギやリーダーを結ぶときは風に背を向けておくといったことを心掛ければ大丈夫です。

    ③リールに巻くときは一度水に濡らしてから

    第一精工 高速リサイクラー2.0
    第一精工 高速リサイクラー2.0

    購入したエギングラインをリールに巻くときは、一度水に濡らしてから巻き始めるのがおすすめです。
    エギングラインの素材であるPEはとても熱に弱く、巻いている最中にラインスプールの縁に触れると簡単に弱ってしまいます。

    万が一、ラインスプールの縁に触れた場合でもラインを先に濡らしておけば、劣化が起きにくくなると覚えておきましょう。
    また、ラインを巻く専用のアイテムもあります。
    筆者自身も実際に使っていますが、非常に便利なのでそちらを購入して使うのもおすすめです。

    エギングラインの応用方法

    ライン

    エギングでは0.6~1号程度の太さがおすすめとご紹介しましたが、シチュエーションによっては1.5~2号と太いエギングラインを使ってみる応用法もあります。
    PEラインは細くて強度がある特徴のほかに、水に浮く特徴も持っています。

    この水に浮く特徴は太い号数になるほど増すので、細い号数の使用時よりエギをゆっくりと沈めることができたり、海藻の上にエギを乗せておくままにしたりといったことが可能となります。

    特に海藻の上にいることが多く、そこにゆっくりと沈んできてじっとしているエギに抱き着いてくることが多い春のアオリイカ狙いで効果的な方法です。
    基本的なエギングラインの号数を理解しつつ、場合によって応用して使ってみるのも、釣り人が多くなった昨今では釣果を出すために必要なことです。

    Amazonのエギングライン人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    エギングラインは選び方が大事

    岩礁 エギ

    エギングラインを選ぶ際に初心者に起きがちなのが、選び方のポイントを知らずに価格が安いものを買ってしまったことで、トラブルが頻発すること。
    トラブルが起きるたびに買い替えを余儀なくされます。

    有名なメーカーのものを購入しておき、使い方の注意点を踏まえておけば、釣行回数が多い方でも余裕で1年間は使用できるでしょう。
    また釣れたイカは持って帰って食べると美味しいので、クーラーボックスも購入しておくとよいですよ。

    本記事でご紹介した選び方やおすすめ品を参考に、エギングラインを選んでエギングにチャレンジしてみてください。

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    エギおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.10.17

    吊り秤おすすめ人気ランキングTOP5!デジタルも【2018年最新版】

    2018.07.15

    エギングリーダーおすすめ人気ランキングTOP10!結び方や長さも【2018年最新版】

    2018.05.09

    エギングタックルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.29

    釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキングTOP15!おしゃれ、小型なものや選び方も【2018年最新版】

    2018.03.15