エギングリーダーおすすめ人気ランキングTOP10!結び方や長さも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 太さは1.5~3号を選ぶ
      エギングリーダーの太さはエギの大きさによって1.5~3号を使い分けるのがポイント。
    • ラインスプールは薄く小さなものを選ぶ
      →薄くて小さなラインスプールに巻きつけてあるエギングリーダーを選び、糸止めタイプはスプールバンドがついているものをチョイス。
    • 硬さに違いがあることを理解して選ぶ
      →硬いものは擦れに強く大きなエギでも機敏なアクションが望め、やわらかいものは小型エギに向くなど、フロロカーボンの釣り糸は硬さに違いがある、ということを理解しておこう。
    エギングリーダー

    アオリイカやコウイカなどを狙うエギングのメインラインにはPEが使われますが、その先端に必要となるのがエギングリーダーです。
    エギングにとってエギングリーダーは釣果を左右するとても重要なもの。
    製品を使い分けることが釣果アップにつながるので、本記事では釣り歴20年以上となる筆者が、エギングリーダーの選び方やおすすめ商品を紹介していきます。
    ぜひ参考にしてみてください。



    エギングリーダーとは

    エギングリーダー 釣り竿
    エギングリーダーとは、PEラインとエギを繋ぐフロロカーボン素材のラインのことです。

    PEラインにそのままエギを結束することは非常に難しく、できたとしても擦れに弱いので、岩やエギのカンナで傷が入って切れやすくなったり伸びもほとんどなかったりするので、エギングリーダーでショックを吸収する必要があるのです。

    またリーダーだけを交換していけば、メインのPEラインがほとんど短くならず長期間使えるといったメリットもあります。

    【こちらもCHECK】エギングに関連するおすすめ記事はこちら

    エギングとは?ロッドやリール&エギングの種類の解説や初心者向け動画も

    2018.04.02

    エギングタックルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.29

    エギングリールおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.27

    エギングリーダーを選ぶときの3つのポイント

    ここからはエギングリーダーを選ぶときのポイントについて紹介していきます。

    太さは1.5~3号を選ぶ

    エギングリーダー

    エギングリーダーの太さはエギの大きさによって1.5~3号を使い分けるのがポイントです。
    エギに対してリーダーが太いとアクションの機敏さが失われてイカが釣れる確率が低くなってしまいます。

    エギの大きさが2~3号であればリーダーは1.5~2.5号、3~4号であれば2.5~3号がおすすめです。
    ほんのちょっとの違いですが、水の抵抗が大きく変わればエギのアクションにもその分影響が及ぶので、選ぶときの参考にしてみてください。

    ラインスプールは薄く小さなものを選ぶ

    クレハ(KUREHA) リーダー シーガー バトルエギリーダーII 30m 3号

    クレハ(KUREHA) リーダー シーガー バトルエギリーダーII 30m 3号

    薄くて小さなラインスプールに巻きつけてあるエギングリーダーを選びましょう。
    大きなラインスプールだと持ち運ぶのも不便ですし、結ぶときの利便性も落ちるので、薄くて小さなもののほうがよいです。
    また糸止めタイプは細いエギングリーダーをしっかりと止められないことがあるので、スプールバンドがついているものを選ぶようにしてみてください。

    硬さに違いがあることを理解して選ぶ

    サンライン (SUNLINE) ソルトウォータースペシャル エギリーダーBS [1.75号/30m] / 山田ヒロヒト監修エギング用リーダー

    サンライン (SUNLINE) ソルトウォータースペシャル エギリーダーBS [1.75号/30m] / 山田ヒロヒト監修エギング用リーダー

    エギングリーダーをはじめとするフロロカーボンの釣り糸は、製造工程の違いから多少硬さが異なります。
    硬いものは擦れに強く大きなエギでも機敏なアクションが望めるのに対し、やわらかいものは小型エギに向くといった特徴があり、もちろんその中間のものもあります。
    具体的にどの製品にどのような特徴があるのかについては、おすすめ人気ランキングで紹介していくので参考にしてみてください。

    エギングリーダーおすすめ人気ランキングTOP10
    ここからはエギングリーダーのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介します。
    筆者がエギングリーダー選びのポイントを踏まえたうえでセレクトしているので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 東レ ソラローム スーパーエギングリーダー 30m

    非常に硬く擦れに強い岩場やテトラ帯でも安心して使える東レのエギングリーダーです。

    また硬さは伸びの少なさにもつながっていて、大きめの3.5~4号のエギを使うときでも、期待通りの機敏なアクションが望めるのでおすすめです。

    Amazon商品価格(2018年3月25日現在)

    648円

    9位 ダイワ エメラルダス リーダー 35m

    中間的な硬さで、海藻がある場所で使いやすいエギングリーダー。
    海藻に馴染みやすいカラーになっているのでイカに警戒されにくいのが特徴です。
    巻糸量がほかのメーカーに比べて5m長くなっているので数回分お得なのがうれしいですね。

    Amazon商品価格(2018年3月25日現在)

    1,030円

    8位 モーリス ショックリーダー バリバス アバニ エギング プレミアム フロロカーボン 30m

    非常に硬くて擦れに強いエギングリーダー。
    価格がほかと比べて多少高めですが、岩場での使用や大型のイカを狙うときに安心して使える製品です。
    スプールバンドつきなので、リーダーがばらけてしまうこともありません。

    Amazon商品価格(2018年3月25日現在)

    1,445円

    7位 ダイワ エメラルダス リーダー エクストリームII 40m

    ダイワのエギングリーダーで最も強度が高い製品です。
    薄型ラインスプールにゴムバンドの糸止めがついていて、さらに指を傷めることなくリーダーが引き出せるように、中央部に工夫がしてあります。
    価格は高めですが、その分性能や使い勝手がよいです。

    Amazon商品価格(2018年3月25日現在)

    1,456円

    6位 ゴーセン エギファイヤーリーダー 30m

    フロロカーボンの表面をチタンポリマーでコートしてある比較的やわらかく、しなやかなエギングリーダー。
    コーティングにより水切れがよいので、エギを俊敏に動かすことができます。
    価格が安くて購入しやすいのも魅力ですね。

    Amazon商品価格(2018年3月25日現在)

    535円

    5位 クレハ シーガー バトルエギリーダーII 30m

    「FNT製法」によって小さなラインスプールでも巻き癖がつきにくいエギングリーダー。
    中間的な硬さでPEラインとの結束がしやすく、初心者にもおすすめです。
    スプールバンドは号数別に色を変えてあるので識別しやすく、またラインスプール同士を連結できるので非常に便利です。

    Amazon商品価格(2018年3月25日現在)

    750円から

    4位 ユニチカ キャスライン エギングリーダーII 30m

    低粘度と高粘度ポリマーを組み合わせた多層構造のエギングリーダー。
    多層構造により通常のフロロカーボンよりも少し硬めで重く、エギをあまり浮き上がらせずに使用できます。
    またラインスプールにとうもろこし由来のバイオマスを使っているのも魅力の一つです。

    Amazon商品価格(2018年3月25日現在)

    1,014円

    3位 モーリス ショックリーダー バリバス アバニ エギング フロロカーボン 30m

    フロロカーボンを使っているエギングリーダー。
    しなやかなのでフォール時の姿勢に影響を与えにくく、秋のアオリイカやヒイカ狙いで小型のエギを使うときにおすすめです。

    Amazon商品価格(2018年3月25日現在)

    972円

    2位 デュエル ハードコア エギングリーダー 30m

    中間的な硬さで汎用性の高いエギングリーダー。
    リーダーを出したところでしっかり止められるジャストストッパー仕様を採用しているので、ラインスプールのエッジでリーダーが擦れて劣化したり、塩がついたりするのも防ぐことができます。
    カラーもナチュラルなので光の乱反射が起きず、イカに認識されづらいのもうれしいポイント。

    Amazon商品価格(2018年3月25日現在)

    444円

    1位 シマノ ショックリーダー セフィア EX フロロカーボン 30m

    直線強度と結束強度が両方とも強いおすすめのエギングリーダー。
    表面にシリコンコーティングが施されているので水さばきもよく、キレのよい動きでイカを誘うことができます。

    Amazon商品価格(2018年3月25日現在)

    734円

    エギングリーダー使用上の3つの注意点

    ここからは使用する上での注意点について紹介していきます。

    結び方はしっかりと

    エギングリーダー ライン 結ぶ

    エギングリーダーとPEラインを結ぶにはやはり練習が必要です。
    しっかり結んでおかないと、エギを投げたりイカが掛かったりしたときに結び目が抜けてしまいます。

    結び方にはさまざまな種類がありますが、初心者の方であれば簡単な「電車結び」から始めてみるとよく、慣れてきたら強度が高くてトラブルも少ない「FGノット」を練習してみましょう。
    電車結びでは巻きつける回数を5回ほど、FGノットでは編み込みの回数を12回程度にすると強度が安定します。
    自宅で落ち着いて、できるまでぜひ練習してみてください。

    【こちらもCHECK】PEラインの結び方に関連するおすすめ動画はこちら

    長さは最低でも1m以上取る

    メジャー

    エギングリーダーはあまり短いと擦れやショックを吸収できないので、1m以上は取るようにしましょう。
    最低でも1mあれば十分機能してくれますが、私は1.5mを基準にしています。

    この1.5mの長さを図るときは、「両手を広げた長さ」で取るようにしていて、これを釣りの用語で「1ヒロ」と言います。
    1ヒロのほかにも「矢引き」や「半ヒロ」といった自分の体をものさしとして図る方法をよく使うので覚えておくと便利です。

    弱ったら結び替える

    エギングリーダー ライン 結ぶ

    エギングリーダーは擦れや伸縮によって弱るので、劣化の兆候が見られたら結び替えましょう。

    擦れの見極め方はリーダーを指ではさんで滑らせてみれば感触でわかりますし、また伸縮による劣化であればリーダーが白っぽく変色していないか、あるいは手で引き伸ばしても縮れたままになるかをチェックするとわかります。

    リーダーが弱ったまま使っていると突然切れて、さまざまなトラブルを引き起こすので、交換時期を見逃さないように注意してください。

    Amazon&楽天のエギングリーダー人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    最適なエギングリーダー選びをしよう

    エギングリーダー
    前述した選び方を踏まえながら、使うエギやシチュエーションにあったエギングリーダーを選べば釣果は伸ばすことができます。
    同じように見えるエギングリーダーですが、実際に使ってみるとそれぞれに特長があるので、ぜひ本記事を参考にエギングリーダーを選んで、釣りを存分に楽しんでみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    エギおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.10.17

    コンパクトロッド(パックロッド)おすすめ人気ランキングTOP15!スピニングタイプやベイトタイプも【2018年最新版】

    2018.04.25

    エギングラインおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.26

    エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.01.26

    シーバスロッドおすすめ人気ランキングTOP10!ダイワとシマノやエギングも【2017年最新版】

    2017.12.11