エギングリールおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 大きさは2500~3000番がベスト
      →この大きさのリールは、ブラックバスやシーバス狙いにも応用できる。
    • 自重の軽いものを選ぶ
      →価格があがればあがるほど自重が軽くなる。
    • ダブルハンドルのモデルを選ぶ
      →ダブルハンドルは巻くときにブレが発生しにくいので、ラインのたるみを回収するのに便利。
    • 浅溝スプールを選ぶ
      エギングで使うPEラインは0.6~1号の太さが基準になるので、それにあわせて糸巻き量が少ない浅溝スプールを選ぶこと。
    • ハイギアを選ぶ
      →ールの品番にハイギアの頭文字である「H」が入っているので、それを目安にするとよい。

    イカ リール


    エギングリールはエギを使ってイカを釣るための専用のリール。
    エギングが流行するとともにエギングリールが各メーカーから発売され、いまではその種類が非常に細かく幅広いものとなっています。
    初心者の方や餌釣りのついでにエギングをやってみようとしている方は、迷ってしまうこともありますよね。

    本記事では釣り歴20年以上となる筆者がエギングリールの選び方のポイントや使用時の注意点、各メーカーからピックアップしたおすすめ品をご紹介します。

    エギングリールとは

    釣り 夜 釣り竿

    釣りで使われるリールにはいくつかの種類がありますが、エギングリールは「スピニングリール」がほとんどです。
    エギングでは遠くにエギを投げて、それをうまく動かしていく必要があります。
    スピニングリールは投げたときの抵抗が少ないため、エギをより遠くへと投げることが可能です。

    また、動かすことをエギングでは「ジャーク」と呼びます。
    それを長時間繰り返し行っていくには、重心がロッドの下側となるスピニングが有利となるので、エギングではスピニングがメインとなっています。

    エギング用の「ベイトリール」もありますが、ほとんど使われることがないことや使い方に慣れが必要となるので、考慮しなくてよいでしょう。

    【こちらもCHECK】エギングに関連するおすすめ記事はこちら

    エギングとは?ロッドやリール&エギングの種類の解説や初心者向け動画も

    2018.04.02

    エギングラインおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.26

    エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.01.26

    エギングリールを選ぶときの5つのポイント

    ①大きさは2500~3000番がベスト

    シマノ リール エギング 12 セフィアCI4+ C3000SDH
    シマノ リール エギング 12 セフィアCI4+ C3000SDH

    エギングリールをはじめとするスピニングリールは大きさが数字で表されていますので、これを目安に選んでいきましょう。
    エギングに関しては2500~3000番が、おすすめ。
    この大きさのリールは、ブラックバスやシーバス狙いにも応用している釣り人は多いです。

    【こちらもCHECK】スピニングリールに関連するおすすめ記事はこちら

    スピニングリールおすすめ人気ランキングTOP15!ハンドルノブやメンテナンス&使い方についても【2018年最新版】

    2018.02.15

    ②自重の軽いものを選ぶ

    リール

    エギングはロッドを鋭く煽ってエギをアクションさせる「ジャーク」を頻繁に行います。
    そのため腕に掛かる負担が減る、自重の軽いエギングリールを選ぶようにしておきましょう。

    自重の軽さはリールに使われている素材の軽さや、ブランキングの加工方法で決まります。
    基本的には価格があがればあがるほど自重が軽くなるので、予算内でできるだけ高いものを買うのがおすすめです。

    ③ダブルハンドルのモデルを選ぶ

    シマノ リール 夢屋 Mgダブルハンドル 45mm 30252 パーツ
    シマノ リール 夢屋 Mgダブルハンドル 45mm 30252 パーツ

    エギングリールは、ハンドルノブが2つついた「ダブルハンドル」を選ぶこともポイント。

    ダブルハンドルは巻くときにブレが発生しにくいのが特徴で、回転させると慣性で回り続けようとしてくれるので、ラインのたるみを回収するのに便利です。
    2つのハンドルノブがバランスを取ってくれるので、止めた状態においては勝手に回ることがほとんどありません。

    シングルハンドルだとハンドルの重みで勝手に回ってしまうことがあります。
    それによってエギが不自然に動くとせっかく抱きつこうとしていたイカが離れていってしまうこともあるので、ダブルハンドルのエギングリールを購入するようにしましょう。

    ④浅溝スプールを選ぶ

    ダイワ(Daiwa) スプール スピニングリール(2000サイズ)用 SLPW RCSエアスプール2 2004 ゴールド
    ダイワ(Daiwa) スプール スピニングリール(2000サイズ)用 SLPW RCSエアスプール2 2004 ゴールド

    エギングで使うPEラインは0.6~1号の太さが基準になるので、それにあわせて糸巻き量が少ない浅溝スプールを選んでください。
    浅溝スプールは見た目で判断できますが、通販で購入する場合はシャロースプール仕様となっていることを確認してから購入しましょう。

    品番にシャロースプールを表す「S」が入っていることもありますが、それを目安にしてしまうと、ギア比を表す「SH」と区別をつけにくいので注意してください。
    また、浅溝スプールを選ぶことでドラグの微調整も可能となります。
    イカがヒットしたときに、ラインを切られないようにすることができると覚えておくとよいですね。

    ⑤ハイギアを選ぶ

    湖 釣り リール

    エギングリールでは、ハンドル1回転あたりの巻き取り量が多い「ハイギア」のものを選ぶことが重要です。
    エギングにおいてはラインのたるみの処理がキーとなります。
    ハイギアのエギングリールは、ラインのたるみの処理を調整しやすいので、釣りが行いやすくなります。

    ハイギアのリールのデメリットである巻き取りの力の弱さは、イカがヒットしたときにはあまり影響がないので、デメリットとして捉える必要はないでしょう。
    大半の商品には、リールの品番にハイギアの頭文字である「H」が入っているので、それを目安にして選んでみてください。

    エギングリールおすすめ人気ランキングTOP15

    ここからはエギングリールのおすすめ人気ランキングTOP51をご紹介。
    筆者がエギングリール選びのポイントを踏まえたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    15位 シマノ 16 ヴァンキッシュ C3000HGSDH


    自重:195g
    ギア比:6.0(ハイギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:88cm
    ライン巻糸量:PE0.8号150m

    巻きの軽さにこだわったシマノクイックレスポンスシリーズのフラッグシップモデル。
    左右非対称でありながら高いバランスと強度を持った「NEWマグナムライトローター」と、ギアの歯を限界まで小さくすることに成功した「マイクロモジュールギア」によって、静かで軽い巻き上げを実現しています。

    また、表面上に特殊な撥水処理を施してあり、海水や雨水が掛かったときに水玉を形成してその場でほとんどが落ちます。
    そのためメンテナンス時に、汚れているといったことが少ないモデルですね。

    魚種を問わず使える設計としてあるので、エギングだけでなくシーバスでシンキングペンシルやワームを使った繊細な釣りにもおすすめです。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    44,450円

    14位 シマノ 18 ネクサーブ C3000DH


    自重:280g
    ギア比:5.0(ノーマルギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:71cm
    ライン巻糸量:PE1号400m

    「とにかく価格を抑えたい」、「エギングに必要最低限の機能だけあればよい」といった方には本製品がおすすめ。
    勝手に回転しないダブルハンドル、ライントラブルを軽減しつつ飛距離を安定して出すAR-Cスプールを搭載。
    エギングに問題なく使うことができますよ。

    ただし、スプールの溝が深くそのままではエギングで使うPEラインが巻けません。
    自分でナイロンラインを使った量増しで、糸巻き量を調整する必要性があると覚えておきましょう。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    5,195円

    13位 シマノ リール 17 サハラ C3000DH


    自重:280g
    ギア比:5.0(ノーマルギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:73cm
    ライン巻糸量:PE1号400m

    内部を上位機種と近い構造としてある「Gフリーボディ」を採用した、リール自体のバランスがよくて、かつ低価格な製品。
    スピニングリールのスプールを上下させるためのウォームシャフトを手元に近づけることによって、重心のバランスを取りやすくし、操作感の向上や持ち重りの少なさを実現しています。

    実際にリールだけを持ってみると、Gフリーボディ搭載の製品とそうでないものでは、自重が同じであったとしても体感する軽さはまったく違います。
    ぜひ一度手に取ってその軽さを体感してもらいたい製品です。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    7,339円

    12位 シマノ 18 ステラ C3000SDHHG


    自重:215g
    ギア比:6.0(ハイギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:89cm
    ライン巻糸量:PE0.8号150m

    シマノスピニングリールで最も高い性能を持つフラッグシップモデル。
    エギングだけでなく、シーバスやブラックバスでも活躍してくれる製品です。
    従来のマイクロモジュールギアを、さらに精度の高い設計とした「マイクロモジュールギアⅡ」を初搭載しているので、静穏性の高さは抜群です。

    さらに各パーツのクリアランスを徹底的に見直しているので、従来モデルよりも力の伝達効率が高くなっています。
    同じ大きさのリールのなかでは最も軽いことも魅力で、現在考えられる最高の性能を持ったリールが欲しい方にはおすすめです。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    71,250円

    11位 アブガルシア 17 カーディナル II SX2500SD


    自重:278g
    ギア比:5.1(ノーマルギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:73cm
    ライン巻糸量:PE0.8号140m

    スプール形状の工夫によって、滑らかにラインが放出されるエギングリール。
    最低限エギングに必要な機能を備えつつ、低価格なので初心者の方におすすめです。

    スプール形状は違うものの、替えスプールもついているので、ナイロンラインやフロロカーボンラインを巻いておけば、餌釣りやルアー釣りにも使うことができるお得な製品となっています。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    4,370円

    10位 シマノ リール エギング 13 セフィアBB C3000HGSDH


    自重:255g
    ギア比:6.0(ハイギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:88cm
    ライン巻糸量:PE0.8号150m

    シマノのエギングブランド・セフィアシリーズで最も低価格のエギングリールです。
    イカがエギに掛かってからはスムーズな巻き取りを実現する「X-SHIP」によって、ムダなポンピングなしでバレを防いで寄せてくることができます。
    急なジェット噴射に対しても「ラピッドファイアドラグ」がラインブレイクを防いでくれますよ。

    また、回転の軽さを生み出す「マグナムライトローター」を搭載。
    ハンドルの巻きはじめでは軽い立ち上がり、止めたいときにはスッと止まるようになっています。
    丸型のラウンドノブは握る方向を選ばないので、巻きたいときに手を掛けやすい設計ですね。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    13,195円

    9位 ダイワ 15エメラルダス エア 2508PE-DH


    自重:225g
    ギア比:4.8(ノーマルギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:72cm
    ライン巻糸量:PE0.8号150m

    ダイワ・エメラルダスブランドの最上位機種のエギングリールです。
    構造上巻きあげの力が強いため、大型となりやすいアオリイカやコウイカを狙うときにおすすめです。

    メインテクノロジーとなるのはメインシャフト部に採用されている「マグシールド」。
    磁性を持ったオイルを使用することで、内部への海水やほこりの浸入を防ぎ、リールの性能を落とさない設計としてあります。

    ほかにも軽く硬いカーボン素材の「ZAION」をボディに採用。
    ABS-ⅡやツイストバスターⅡなどによって疲労が溜まりやすく、トラブルが起きがちなエギングを快適に行うことが可能となっています。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    40,532円

    8位 ダイワ 17エメラルダス MX 2508PE-H-DH


    自重:215g
    ギア比:5.6(ハイギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:84cm
    ライン巻糸量:PE0.8号150m

    ダイワのエギングブランドであるエメラルダスシリーズのミドルクラスエギングリールです。
    激しいジャークを伴うエギングにおいて、長時間使用しても軽快な操作を約束してくれる自重の軽さと巻き上げの軽さが魅力。
    「ATD」といって滑り出しのよいドラグを採用しているので、細いPEラインも問題なく使用できます。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    21,812円

    7位 ダイワ 16 クレスト 2506H-DH


    自重:295g
    ギア比:5.3(ハイギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:80cm
    ライン巻糸量:PE0.8号140m

    基本性能を充実させつつ、コストを抑えてあるエギングリール。
    インフィニットストッパーを搭載することで耐久性が向上しているので、ジャーク時のハンドルガタを気にせず、釣りをしていくことが可能です。
    シルバー、ゴールド、ブラックのボディカラーデザインは、どんなロッドと組み合わせても違和感がないでしょう。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    4,766円

    6位 ダイワ 17エクセラー 2506H-DH


    自重:285g
    ギア比:5.6(ハイギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:84cm
    ライン巻糸量:PE1号100m

    防水テクノロジーの「マグシールド」を搭載していながら価格は1万円前後としてある製品。
    ボディ内部に海水やほこりが浸入してしまうことがほとんどないので、長期間使っても使用感が変わらないのが魅力。
    巻き上げの強さも十分あるので、イカの種類や大きさ問わず使用できるリールです。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    9,965円

    5位 ダイワ 18 フリームス LT2500S-DH


    自重:220g
    ギア比:5.3(ノーマルギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:75cm
    ライン巻糸量:PE0.6号200m

    2018年に始まったダイワの「LTコンセプト」を採用した製品です。
    従来のモデルに比べて、一回りコンパクトになりつつも、各部の強度も高くなっています。

    なかでも注目したいのが「LC-ABS」という長いストロークを持ったスプール形状。
    従来の商品よりも飛距離が約5パーセントアップするので、力を抜いてキャストできます。
    トラブルの防止や長時間の釣りで役立ってくれますね。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    12,846円

    4位 シマノ 15 セフィアSS C3000HGSDH


    自重:220g
    ギア比:6.0(ハイギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:88cm
    ライン巻糸量:PE0.8号150m

    ワンランク下のモデルであるセフィアBBよりも、約30g軽量なミドルクラスのエギングリール。
    パワーの伝達効率のよさが魅力の「X-SHIP」に加えて、シマノのリールに幅広く搭載されている強度の高い「HAGANEギア」によって、どんなに大きなイカがヒットしたとしても安心して巻き上げてくることが可能です。

    また、軽い巻き上げを実現する「マグナムライトローター」をシマノ独自のカーボン素材であるCI4+とすることで、さらに自重を軽くして感度を向上させるといった工夫も見られます。

    さらにこのモデルはハンドルをギアに直接ねじ込むタイプとなっています。
    そのため、エギングのように激しいジャークを繰り返す釣りでも、ハンドルが緩んだりガタついたりといったことがほとんどないですよ。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    18,468円

    3位 ダイワ 16 リーガル 2506H-DH PE付


    自重:295g
    ギア比:5.3(ハイギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:80cm
    ライン巻糸量:PE0.8号130m

    エギングをこれから始めようとする初心者の方におすすめの低価格なエギングリール。
    エギングで必要となるダブルハンドルに、最初から0.8号のPEラインが巻いてあるので、購入してすぐ使うことができます。

    低価格商品ながら、ABSⅡやクロスラップ、ツイストバスターⅡなどのダイワテクノロジーはしっかり搭載。
    トラブルを軽減する工夫もばっちりの安心の設計です。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    5,413円

    2位 ダイワ 16 エメラルダス 2508PE-H-DH


    自重:250g
    ギア比:5.6(ハイギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:84cm
    ライン巻糸量:PE0.8号150m

    高いコストパフォーマンスが魅力のダイワのエギングリール。
    基本性能が充実しているので、実釣においての使いやすいリールです。

    ダブルハンドルモデルは細身のI型EVAノブとしているので、指先でつまみやすい設計となっています。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    14,889円

    1位 シマノ 17 セフィアCI4+ C3000SDH HG


    自重:195g
    ギア比:6.0(ハイギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:88cm
    ライン巻糸量:PE0.8号150m

    自重195gと非常に軽量なシマノのエギングリール。
    セフィアシリーズの上位機種となっていて、自重をはじめとする性能がとても充実しています。

    とても軽いカーボン素材「CI4+」を回転をつかさどるローター部分と、自重を大きく決めるボディ、さらにハンドルにまで採用してあります。
    CI4+は振動の伝達率も非常によいので、イカがエギを軽く触っただけでも感じ取ることが可能です。

    さらにリール内部のバランスを再設計した「Gフリーボディ」構造によって、より手元に近い部分に重心をもってくることを実現。
    快適な使用感を生み出してくれています。

    少し価格が高めではありますが、これを買っておけば間違いなしといった製品です。

    Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

    26,382円

    【こちらもCHECK】17 セフィア CI4+おすすめ解説動画はこちら

    エギングリールを使用上の5つの注意点

    ①スプール上からの衝撃を絶対与えない

    海釣り 釣り竿 リール

    エギングリールをはじめスピニングリールは、スプールの上から衝撃を与えないようにしてください。
    スピニングリールはスプールを上下させるために、内部にピンがあります。
    このピンに負荷が掛かると、傷が入ったり曲がったりしてしまい、リールを回したときのゴロ感に繋がってしまいます。

    特に準備や片付けをしたりするときに、リールを落下させないように気をつけておきましょう。

    ②ラインを巻くときは下巻きを必ず行う

    ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 3号 クリアー
    ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 3号 クリアー

    エギングリールに使うPEラインは0.6~1号の細いものを使いますが、これをスプールに巻くときには必ず下巻きを行いましょう。
    下巻きとはメインとなるPEラインを巻く前に、底上げをしたり、滑り止めをしたりする役割を持たせるもので、安くて細いナイロンラインを使います。

    PEラインは金属に対して非常に滑りやすい特徴を持っています。
    そのため、そのまま巻くことは難しく、巻けたとしても水を含むとスプール上で回転してしまい、釣りができない状態となりかねません。

    なお下巻きは、スプールの金属部分が全体的に隠れる程度で大丈夫です。
    ナイロンラインの太さは2~3号を持っておくと、ほかの釣りにおいての下巻きにも使えます。
    300mや500m単位で販売してあるものを1つ購入しておくとよいでしょう。

    【こちらもCHECK】下巻き方法解説動画はこちら

    【こちらもCHECK】PEラインに関連するおすすめ記事はこちら

    PEラインおすすめ人気ランキングTOP15!リーダーや結び方も【2018年最新版】

    2018.01.30

    PEライン1号おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.22

    ③ライン絡みに注意

    リール

    エギングではイカのアタリを待ったり、ジャークアクションを加えたりするので、それに伴ってラインがたるんでしまうことが多いです。
    そのたるみを出しすぎると、ライン絡みのトラブルが起きてしまうので注意しておきましょう。

    エギングリールでラインが絡みやすいのはスプール内部とハンドル部分。
    いずれもラインが絡んでしまったときは、丁寧にほどいていきましょう。

    また、ほどいたラインが傷ついていた場合はそこを切ってしまい、仕掛けを結びなおすことをおすすめします。

    ④水洗いと陰干しをする

    シャワー

    エギングリールを釣りで使ったあとには水洗いを行って、陰干しして乾燥させるようにしておきましょう。
    リールに海水や汚れが付着したままにしておくと、錆や塗装の剥がれといったことにつながるので注意してください。

    水洗いをするときは必ず流水で行うようにして、水に浸け込むといったことはしないことも重要です。
    水に浸け込むと、水圧で内部に水が入り込んでしまうので注意してください。

    乾燥させるときは、タオルや新聞紙の上に、ドラグノブスプール、ボディに分解しておくのがおすすめです。

    ⑤オフシーズンはオーバーホールへ出す

    リール パーツ

    エギングで必要となるロッドを煽ってエギを動かす「ジャークアクション」は、エギングリールに大きな負荷が掛かるものです。
    特にエギングリール内部の「インフィニットストッパー」という逆転防止のパーツに、ジャーク時の負荷はどんどん掛かります。
    故障するとリールが、正転逆転どちらにも回ってしまうようになります。

    1つのリールを長く使っていくためにも、オフシーズンはメーカーへオーバーホールに出すようにしてください。
    オーバーホールではメーカーのアフターサービス担当者の方が、リールを分解して交換が必要なパーツの確認やオイルの再注入などを行ってくれます。
    期間は約1ヶ月、費用は3,000円からといったところが相場です。

    イカを狙いやすいハイシーズンに、リールが使えないとなると大きな痛手となってしまいます。
    オフシーズンにエギングリールをオーバーホールに出しておき、トラブル未然に防ぎましょう。

    Amazon&楽天のスピニングリール人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    ポイントを抑えたエギングリール選びをしよう

    ライン リール

    エギングリールはできるだけ予算を抑えながら選ぶのはもちろんですが、長くエギングをしていこうと考えている方は、購入する際にミドルクラス以上のリールを購入するようにしましょう。
    ミドルクラス以上のリールならば、耐久性の面はもちろんリールを手放そうとしたときに、比較的よい価格で買い取りをしてもらえます。
    本記事を参考にして選んだエギングリールでぜひイカ釣りを楽しんでみてください。

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    エギおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.10.17

    フィッシングシューズおすすめ人気ランキングTOP9!選び方の解説も【2018年最新版】

    2018.10.02

    玉網(タモ網)おすすめ人気ランキングTOP15!軽さが優れているものも【2018年最新版】

    2018.05.23

    エギングリーダーおすすめ人気ランキングTOP10!結び方や長さも【2018年最新版】

    2018.05.09

    エギングタックルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.29