図面ケースおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

選び方のポイント

  • サイズをチェック
    →自分が持ち歩く図面にあったケースを選ぶことが大切。
  • 予算を検討
    →安いものであれば1,000円以内、高価なものでは3,000円弱。
  • 形状や材質をチェック
    →ボックス型か筒型か。プラスチックやポリプロピレンが材質であれば耐久性の面でも問題なし。
図面ケース

みなさんは図面ケースと聞いて、どれくらいの種類を思い浮かべることができますか?
主に建築関係など、図面を引く仕事に携わっている人が使用するものなので、使う機会がないとあまりピンときませんよね。

でも意外と種類が豊富で、図面のほかに書類や作品、小物などを収納できるものもあるのです。
本記事では図面ケースの選び方のポイントと一緒に、おすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。

図面ケースとは?

図面ケース

図面ケースとは、図面を持ち歩くために使用するケースのこと。
A3サイズ以上の大きいサイズの図面を扱う人にとっては必要不可欠と言えます。

図面ケースのほとんどは、持ち歩くことを考慮して作られているのもポイントです。

【こちらもCHECK】図面に必要な文房具おすすめ記事はこちら

砂消しゴムおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.19

鉛筆おすすめ人気ランキングTOP15!濃さや持ち方も【2018年最新版】

2018.05.10

三角定規おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.09

図面ケースの3つの選び方

種類が豊富な図面ケースは、いざ購入しようと思ったら意外と悩んでしまうもの。
そこでここからは、選ぶときのポイントを3つご紹介します。

ポイント① サイズをチェック

図面ケース

何より、自分が持ち歩く図面にあったケースを選ぶことが大切です。
ケースはA4サイズからA0サイズまであるので、図面が寄れたりせずスッポリ収まるものを選びましょう。

ポイント② 予算を検討

お金

しっかり予算を決めておくと、選ぶのに時間がかかったり、出費がかさんだりせずにすみます。
図面ケースは、安いものであれば1,000円以内、高価なものでは3,000円弱で購入できるので、予算を検討してください。

ポイント③ 形状や材質をチェック

建築 設計図

図面ケースの形は、ボックス型や筒型があります。
ボックス型のものには取っ手がついていますし、筒型のものにはショルダーがついているため、どちらも持ち運びに便利です。
使用している材質のほとんどは、プラスチックやポリプロピレンなので耐久性の面でも問題ありません。

図面ケースおすすめ人気ランキングTOP10

ここまでは図面ケースを選ぶときのポイントを説明してきました。
ここからは、おすすめの商品TOP10を紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

10位 セキセイ ドキュメントファイル アルタートケース A3

サイズ:3.4×49×36cm
素材:PP
収容可能図面サイズ:A3

軽量なボックス型図面ケースで、ワンタッチで開け閉めできる留め具を採用しているため使いやすいです。
A3サイズを折らずに収納できるので、大判の図面を持ち歩く人に人気。
丈夫なPP(ポリプロピレン)で作られており、図面を安心して持ち運べます。

Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

1,368円

9位 セキセイ ドキュメントファイル アルタートケース

サイズ:3×57×42cm
素材:PP
収容可能図面サイズ:四切サイズ

丈夫で水に強いポリプロピレンで作られている、四切サイズのボックス型ケース。
ワンタッチ式の留め具で図面などの出し入れも簡単です。

Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

1,523円

8位 マルマン ポートフォリオ 黒

サイズ:30×42cm
素材:-
収容可能図面サイズ:B4

B4サイズまでの図面などを収納して持ち歩くことができるケース。
保管用として使用することもできます。

Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

972円

7位 セキセイ ドキュメントファイル アルタートケース B3

サイズ:3×54×39cm
素材:PP
収容可能図面サイズ:B3

開閉しやすいワンタッチ留め具がついた、B3サイズ対応ケース。
ポリプロピレンでできているので丈夫で、水や汚れにも強いです。
軽量で持ちやすいのも魅力的。

Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

1,430円

6位 セキセイ ドキュメントファイル アルタートケース A4

サイズ:4×36×27.2cm
素材:PP
収容可能図面サイズ:A4

図面やファイルがたっぷり収納できるケースです。
取っ手部分がとても丈夫にできており耐荷重は5kgとなっています。
開閉しやすいワンタッチ留め具を採用するほか、開閉部はフラットに大きく開くように設計されているので、中身の出し入れが簡単です。
マチが十分にあり、小物も一緒に収納できるのがうれしいですね。

Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

666円

5位 コクヨ 図面ファイル スリム A2 2つ折り

サイズ:1.3×31.5×43.5cm
素材:-
収容可能図面サイズ:A2

超スリムで収納力抜群のA2サイズのファイル。
再生紙で作られた本体は、丈夫で安心して持ち歩くことができます。

Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

381円

4位 AMARISE 大きな図面も楽々収納!! 伸縮キャップロック式

サイズ:φ105×65×110mm
素材:プラスチック
収容可能図面サイズ:A0

図面の大きさにあわせてケースの長さを12段階(最長11cm)に調節できるのが特徴。
A1、B1、A0サイズの図面を折らずに持ち歩けるので、大きめの図面を引きく機会が多い人におすすめ。
肩掛けショルダーがついていて手がふさがらないうえに、汚れに強い丈夫な素材でできているのも魅力です。

Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

899円

3位 コクヨ 丸筒紙管 A2

サイズ:68×68×450mm
素材:紙管
収容可能図面サイズ:A2

文具メーカー大手のコクヨから販売されている、クロス加工が施された紙管の丸筒型ケース。
A2サイズまで折らずに収納することができ、トレーシングペーパーなら50枚~100枚、青焼きの図面なら25枚まで収納できます。
主に建築関係の仕事をしている人に重宝されていますよ。

Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

604円

2位 セキセイ ドキュメントファイル アルタートケース A2

サイズ:3.4×63.9×47.2cm
素材:PP
収容可能図面サイズ:A2

A2サイズまでの図面をきれいに収納することができます。
ポリプロピレンで作られているので、水や汚れにも強くて安心。
耐荷重は5kgとかなりの量を収納でき、図面以外にも小物を入れて持ち歩けるので使いやすいと人気です。

Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

1,991円

1位 セキセイ ドキュメントファイル アルタートケース A3

サイズ:3.4×49×36cm
素材:PP
収容可能図面サイズ:A3

こちらはA3サイズの図面まで収納できるケース。
開閉部分にはワンタッチ留め具を採用し、最大5kgまで収納可能です。
さらに蓋を開けるとフラットになるので中身の出し入れがしやすいのも魅力。
書類だけでなく小物も収納できる使い勝手がよいケースです。

Amazon商品価格(2018年3月26日現在)

1,381円

図面ケースの使用上の注意点

図面ケース

図面ケースは、説明書きなどを見て収納できる最大枚数や重量をチェックし、その値を超えないようにしてください。
適切な容量を守ることで、ケース本体や留め具、持ち手に負担がかかることなく、長く愛用することができます。
ケースは丈夫な作りになっていますが、できるだけ優しく扱うように心がけてください。

Amazon&楽天の図面ケース人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


図面ケースはこだわって選ぼう

図面ケース

図面ケースは設計の仕事に携わる人にとっては必要不可欠ですが、図面以外にも書類や作品、小物などが収納できるので、さまざまな場面で活用することができます。
まずはどのようなサイズの図面や書類を持ち歩くのかを考え、ケースを探してみてください。

一度購入すると長く使用することができるので、デザインや色などにもこだわって好みのものを探してみると、使うのが一段と楽しくなるはず。
この記事の内容を参考に、ぜひ自分にあったケースを見つけてみてください。

【あわせて読みたい】オフィス用品に関連するおすすめ記事はこちら

ホワイトボードシートおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.09

バインダーファイルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.09

書類入れおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.05

トレーシングペーパーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.30

針なしホッチキスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.04.24

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。