シャーペンおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 太さと重さのバランスがよいものを選ぶ
    →使いやすさに関わるので、選ぶ際は太さと重さのバランスがよいものを探す。
  • 材質を決める
    →材質は重さや金額に関わるので、好みや用途にあわせて選ぶ。
  • グリップで選ぶ
    →グリップ部分はやわらかいものから硬くて滑らないものなど、バリエーションも豊富。
メモ シャーペン

シャーペンは、学生から社会人まで多くの人が使用する筆記具です。
本記事ではシャープペンを選ぶポイントやおすすめ商品を紹介します。
シャーペン購入の参考にぜひ参考にしてくださいね。

目次

シャーペンとは?

本 シャーペン

シャーペンは、シャープペンシルまたはシャープとも呼ばれ、鉛筆の芯を細くした形状の芯を本体である繰り出し式の機械にセットし、鉛筆のように使う筆記具です。
シャープペンシルの語源は、アメリカで1837年頃に最初に発売されたシャープペンシル「Eversharp」と言われます。

日本に本格的にシャープペンシルが輸入されるようになったのは1870年代後半。
同時代に、東京の金属細工職人たちが輸入品を参考に作成したものが、初の国産シャープペンシルとなります。

その後、1900年代はじめには、シャーペンを作る機械が導入され本格的に量産され、輸出されるようになりました。
1915年には、シャープの創始者である早川徳次氏が「早川式繰出鉛筆」という繰出鉛筆の金具を考案するなど、今のシャーペンの姿に近いものが作られるようになったのです。

【こちらもCHECK】シャーペンに関連するおすすめ記事はこちら

0.3mmのシャーペンおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.10

高級シャーペンおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.04

シャーペンを選ぶ3個のポイント

ポイント① 太さと重さのバランスがよいものを選ぶ

書類 ペン

シャーペンの太さは握りやすさに影響するので、重要視しなければなりません。
太さを検討する際は、手の大きさを目安にするとよいです。

また、重さも使いやすさに関わるので、選ぶ際は太さと重さのバランスがよいものを探しましょう。

ポイント② 材質を決める

シャーペン

シャーペンは、プラスチック製のものが圧倒的に多いです。
なかには金属のみで作成したものや、プラスチックの材質にワンポイントとして金属を使用しているものもあります。
シャーペン本体の材質は、重さや金額に関わるので、好みや用途にあわせて選ぶようにしましょう。

ポイント③ グリップで選ぶ

文房具 ペン

グリップの使用感も、シャーペン選びでは重要です。
グリップ部分はやわらかいものから硬くて滑らないものなど、バリエーションも豊富。

自分はどのシャーペンのグリップが好みなのか、把握してから選ぶようにしましょう。

シャーペンおすすめ人気ランキングTOP15

ここからは、おすすめのシャーペンをランキング形式で紹介します。

総合ランキングに続いて、0.3mm高級シャーペンや新作のシャーペンも紹介します。

15位 ぺんてる シャープペンシル オレンズ05 XPP505-GD ミントグリーン

サイズ:13×9×146mm
重量:10g
材質:金属部分(真鍮、鉄、ステンレス) 樹脂部分(PP、再生PC)
芯径:HB

一度ノックをして芯を出すと、一般的なものよりも3倍長く書けるシャーペンです。
使用中に芯が折れにくく、使い心地も抜群。
一度に文字をたくさん書く人におすすめの商品です

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

296円

14位 三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル クルトガ 0.5 ブラック

サイズ:13.1×17.2×139.8mm
重量:20.6g
材質:-
芯径0.5mm

芯の偏りをなくす自動芯回転機構「クルトガエンジン」を搭載。
弾力性抜群のグリップ部分は、持ちやすく疲れにくいと評判です。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

606円

13位 パイロット シャープペン ドクターグリップ プレイボーダー

サイズ:Φ14.2×142mm
重量:19.8g
材質:樹脂、シリコンラバー
芯径:0.5mm

本体を振るだけで芯が出てくる機能を搭載したこちらの商品。
リング状のシリコンラバーグリップは、好みにあわせて自由に組み換えられます。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

368円

12位 ゼブラ シャープペン デルガード タイプ

サイズ:-
重量:-
材質:-
芯径:0.5mm

芯折れや、芯づまりを防止する機能を持つシャーペンがこちら。
デザイン性にも優れているので、こだわりのシャーペンを持ちたい方にもおすすめです。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

1,080円

11位 LAMY ラミー サファリ イエロー シャープペンシル

サイズ:14.1×1.1cm
重量:-
材質:ABS樹脂製
芯径:0.5mm

さまざまなデザイナーとコラボして、おしゃれで機能的なシャーペンを生み出す世界的筆記具メーカーのラミー。
1980年に開発されたサファリシリーズは、使いやすさ抜群の軽量シャーペンとして人気があります。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

1,890円

10位 パイロット シャープペンシル エストゥエンティ

サイズ:-
重量:-
材質:天然カバ材
芯径:0.5mm

使えば使うほどしっくりと手に馴染むシャーペン。
木目が特徴的なデザインも、個性的な商品を好む方にぴったりです。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

1,479円

9位 三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル スリム

サイズ:10.8×14.3×146.8mm
重量:13.5g
材質:-
芯径:0.5mm

グリップ部分に衝撃を吸収することのできる素材「アルファゲル」を使用したシャーペン。
疲れにくい低重心設計もうれしいポイント。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

578円

8位 ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ

サイズ:10×8×145mm
重量:11g
材質:アルミニウム、再生ABS(本体軸部分)リコンゴム(グリップ)
芯径:0.5mm

製図をはじめとする業務にも最適と絶賛されているシャーペンがこちら。
一度使うととりこになってしまう自然な使い心地に、リピーター続出。
細部にまでこだわっており、シャープの先端は、一定の芯を常に出すノック部機構を搭載。
ペン先も見やすさを考慮してマットブラックに仕上げています。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

694円

7位 ゼブラ シャープペン ニュースパイラルCC

サイズ:-
重量:18.5g
材質:-
芯径:0.5mm

早稲田大学教授の野呂影勇氏とゼブラのが人間工学にもとづいて共同開発したシャーペンです。
三角のラウンド形状になっているグリップ部分やスパイラルラインの軸部分が、快適な使い心地を実現しています。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

373円

6位 ぺんてる シャープペン グラフギア1000 0.5mm

サイズ:10×9×150mm
重量:20g
材質:アルミニウム(軸部分)、ステンレス(ノック部分)、シリコンゴム・真鍮(グリップ部分)
芯径:0.5mm

機能性、おしゃれ感を両立したぺんてるのグラフギア1000シリーズ。
すべりにくいラバーグリップや芯の硬度を表示する小窓など、製図に最適の機能が盛りだくさんの商品です。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

450円

5位 三菱鉛筆 シャープペン クルトガ 0.5 ブルー

サイズ:10.7×14.9×142.5mm
重量:9.8g
材質:-
芯径:0.5mm

自動芯回転機構「クルトガエンジン」を搭載した使いやすさ抜群のシャーペンです。
三菱鉛筆のシャーペンといえば、クルトガというほど人気の商品です。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

292円

4位 ゼブラ シャープペン デルガード 0.5 ブルー

サイズ:-
重量:-
材質:-
芯径:0.5mm

芯が折れない画期的なシャーペンとして有名な商品。
芯づまりにも対応しているので、重要な場面に持ち込むならこちらをぜひ選んでください。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

284円

3位 三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム

サイズ:13.7×18.5×148.8mm
重量:13.9g
材質:-
芯径:0.5mm

三菱鉛筆から販売されているボールペン内蔵の多機能ペン。
ボールペンの色は黒、赤、緑、青の4色。
これ一本で5本分の役割をこなせるので、持ち物を減らしたい方には最適な一品です。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

520円

2位 ステッドラー シャープペン 製図用 0.5mm

サイズ:-
重量:-
材質:-
芯径:0.5mm

文具メーカーとして有名なステッドラーから販売されている製図用シャーペン。
滑らない耐久性抜群のグリップ、小ぶりで軽めのため手の大きさを問わず安心して使えるコンパクトな本体と、使用感を考慮した仕様が随所に見受けられる商品です。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

361円

1位 ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm

サイズ:11×9×139mm
重量:13g
材質:ABS樹脂(本体軸部分)、シリコンゴム・真鍮(グリップ部分)
芯径:0.5mm

グッドデザイン賞を受賞したぺんてるのシャーペン。
製図用のシャーペンとして人気の高い「グラフ1000」シリーズと同様の性能なので、学生からビジネスマンまで多くの人が使用している人気のシャーペンです。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

550円

0.3mmの高級シャーペンおすすめ人気ランキングTOP3

おすすめのシャーペンをランキングで紹介しました。
ここからは、0.3mmの高級シャーペンに絞って紹介します。

3位 ぺんてる シャープペン シャープ ビターブラウン

サイズ:10×7×118mm
重量:7g
材質:アルミニウスなど
芯径:0.3mm

スリムボディが洗練された高級感を醸し出すぺんてるのアルミニウム製シャーペン。
先端部分にはキャップがついているので、シャーペン単体でバッグに入れてもバッグの中身を傷める心配はありません。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

16,153円

2位 Pentel Mechanical Pencil

サイズ:-
重量:-
材質:-
芯径:0.3mm

ピンクのカラーが女性に人気のぺんてるのシャーペン。
洗練されたデザインや、抜群の機能性など持ち手を選ばない一本です。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

22,095円

1位 Pentel High Grade Orenz 0.3 MM、メタルグリップMechanical Pencil ( xpp1003g-

サイズ:-
重量:-
材質:-
芯径:0.3mm

ブラックボディとメタルグリップが高級感を醸し出すorenzシリーズのプレミアムモデル。
高級なシャーペンが欲しいというときにおすすめの商品です。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

5,195円

新作シャーペンおすすめ人気ランキングTOP3

おすすめのシャーペンのランキングと、0.3mmの高級シャーペンのランキングを紹介してきました。
ここからは、新作のシャーペンのなかからおすすめの商品を紹介していきます。

3位 CROSS クロス シャープペンシル 0.7mm クラシックセンチュリー

サイズ:134×7.5mm
重量:-
材質:-
芯径:0.7mm

クロスから販売されている「クラシックセンチュリー」。
専用の収納箱がついているので進学や入学、卒業のプレゼントにも最適です。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

1,814円

2位 パイロット シャープペン0.3mmエアブランオンプドットHA-20R3-OD

サイズ:140×10mm
重量:-
材質:-
芯径:0.3mm

パイロットの0.3mm細書きタイプのシャーペン。
グリップ部分にシリコンラバーをつけることで、抜群の使い心地を実現。
チャームがとりつけられるホルダー穴もあるので、カスタマイズしたい方におすすめな一品です。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

216円

1位 クロス CROSS シャープペンシル 0.7mm クラシックセンチュリー

サイズ:133×8mm
重量:-
材質:-
芯径:0.7mm

書き心地がウリのツイスト式のシャーペン。
クロス専用の箱や取扱説明書もついているので、プレゼントとしても最適です。

Amazon商品価格(2018年3月27日現在)

2,980円

シャーペンの使用上の注意点

ペン 手帳

シャーペンは、芯の取り扱いに注意しなければなりません。
一般的なシャーペンの場合、筆圧や扱い方法によっては、芯がすぐに折れてしまったり詰まってしまったりすることも多いです。

どうしても筆圧の加減ができないという場合は、芯が折れにくい機能を搭載しているシャーペンを使用してください。

シャーペンに搭載されている機能

シャーペンにはさまざまな機能が搭載されているものが販売されています。
代表的な機能について説明します。

振り子式機能

シャーペン

シャーペンの本体を振ると芯が出てくる機能が、振り子式機能です。
シャーペンを作っているさまざまなメーカーが振り子式機能を導入しています。

発売当初は、一般的なシャーペンと比べると高価でしたが、最近では一般的なシャーペンと変わらない値段で販売されています。

  • パイロットのドクターグリップ、フレフレシリーズ
  • ゼブラのフリシャオートマチック
  • 三菱鉛筆のユニ、アルファゲル、シャカシャカ

中折れ式

ノート シャーペン

折れ曲がる部分を動かすことで芯が出される仕組みの中折式のシャーペン。
中折式は別名ボディノック式とも呼ばれ、一時期人気となりました。

  • トンボ鉛筆のオルノシリーズ
  • ロックトリングの900シリーズ
  • コクヨのミストラルシリーズ

芯が回転する

シャーペン

芯を均等に減らしていくことを目的に三菱鉛筆が開発した機能。
芯が回転することにより、芯の偏りや文字の太さに違いを防ぎます。

芯が折れない

ノート ペン

シャーペンの一番の問題、「芯が肝心なところで折れてしまうこと」を防ぐ機能がこちら。
2009年プラチナ万年筆から発売された「オ・レーヌ」を皮切りに、各文具メーカーは、芯の折れないシャーペンを開発しました。

  • パイロットのモーグルエアー
  • プラチナ万年筆のオ・レーヌ
  • ぺんてるのオレンズ
  • ゼブラのデルガード

Amazon&楽天のシャーペン人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

シャーペンは自分の筆圧と好みにあったものを選んで使おう

メモ帳 手帳 ペン 文房具
シャーペンは、自分の筆圧と好みにぴったりあったものを選ぶことが一番大切です。
理想のシャーペンは、何よりも愛着を持って使えます。
シャーペンは消耗品というイメージを捨て、こだわりを持って選びましょう。

【あわせて読みたい】文房具に関連するおすすめ記事はこちら

砂消しゴムおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.19

鉛筆おすすめ人気ランキングTOP15!濃さや持ち方も【2018年最新版】

2018.05.10

消しゴムおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.30

モンブランの万年筆おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.30

ラミーの万年筆おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.04.29

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。