A5ルーズリーフおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • ルーズリーフの罫線の種類から選ぶ
    →A罫やB罫など行間の幅が違うものから選ぶと、さまざまなシチュエーションで活用可能。
ルーズリーフ メモ

A5の用紙サイズのルーズリーフは、持ち歩きやすいと人気のサイズです。

本記事では、A5ルーズリーフを選ぶポイントやおすすめの商品を厳選してランキングで紹介します。
これからA5ルーズリーフをはじめて使うという人や、もっといいA5ルーズリーフはないかと探している人はぜひ参考にしてください。

A5ルーズリーフとは?

ルーズリーフ

A5ルーズリーフは、専用バインダーにはさんで使う用紙のことを言います。
バインダーに適した穴が開いていて、穴の形は綴じ具の種類によって角穴と、丸穴のものがあります。
A5はA4よりも少し小さめなので、持ち歩く場合にかさばることがなく使いやすいです。

【こちらもCHECK】ルーズリーフ・バインダーに関連するおすすめ記事はこちら

ルーズリーフおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.30

B5ルーズリーフおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.04

A5用ルーズリーフバインダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.02

A5ルーズリーフを選ぶポイント

ノート

A5ルーズリーフは、ノートと同じくルーズリーフの罫線の種類から選んでみましょう。
A5ルーズリーフには、ノートと同様のラインが引かれているものから、方眼タイプ、無地タイプなど種類がいくつかあります。

罫線の種類は、A罫やB罫など行間の幅が違うものから選ぶと、さまざまなシチュエーションで活用できます。

A5ルーズリーフおすすめ人気ランキングTOP5

A5ルーズリーフには、種類があります。
ここからはおすすめのA5ルーズリーフをランキングで紹介します。

5位 マルマン 手帳用リフィル 2018年 1月始まり マンスリー

紙質:-
紙厚:-
罫内容:ダイアリー
枚数:-

システム手帳のようににスケジュール管理ができる月間ダイアリータイプのA5ルーズリーフ。
月間ダイアリーは、13ヶ月分にあたる計46枚入っています。
ほかにも、首都圏と近畿圏の鉄道路線図もついているので、手帳用リフィルとして使用している人も多いです。

Amazon商品価格(2018年3月28日現在)

950円

4位 コクヨ Campus ルーズリーフ さらさら書ける 5mm方眼罫

紙質:上質紙
紙厚:0.10mm
罫内容:5mm方眼罫
枚数:60枚

紙質が「サラサラ書ける」「しっかり書ける」の2種類存在するコクヨの人気商品です。
5mm方眼なので、文字だけではなく図形やイラストなど、さまざまな用途に対応できます。

Amazon商品価格(2018年3月28日現在)

127円

3位 マルマン ルーズリーフ A5 5mm 方眼罫

紙質:国産厚口中性紙
紙厚:-
罫内容:5mm方眼罫
枚数:50枚×5セット

どんな筆記具を使用しても、文字が裏抜けしずらく、にじみも少ないA5ルーズリーフ。
国産木材を使用した厚口中性紙は、書きやすさ抜群、長期間きれいな状態で保存できるといいとこずくめな一品です。

Amazon商品価格(2018年3月28日現在)

910円

2位 コクヨ キャンパス ルーズリーフ サラサラ書ける ドット入り罫線A罫

紙質:上質紙
紙厚:0.10mm
罫内容:ドット入りA罫
枚数:100枚

サラサラとした書き心地で、たくさんの文字を書いても疲れないと学生を中心に人気のA5ルーズリーフ。
読み返しやすいドット入りA罫タイプという点も、人気の秘訣です。

Amazon商品価格(2018年3月28日現在)

167円

1位 コクヨ キャンパス ルーズリーフ サラサラ書ける ドット入り罫線

紙質:上質紙
紙厚:0.10mm
罫内容:ドット入りB罫
枚数:100枚

行間が細めのドット入りB罫のA5ルーズリーフ。
サラサラとした書き心地が使いやすいと人気があります。

Amazon商品価格(2018年3月28日現在)

168円

A5ルーズリーフの罫種の紹介

A5ルーズリーフには複数の罫線があります。
用途や文字の大きさによって罫線をわけると使いやすいので、どのような罫線があるのかを把握しましょう。

A罫は、行間が広めタイプのA5ルーズリーフ

ボールペン ノート

ラインの行間が広めなので、太めの筆記具で書く習慣のある人や、余裕を持ってルーズリーフを使いたいという人に人気があります。
行の縦幅はどのメーカーのB罫線でも7mmと統一されています。

ノートでは一般的なB罫は行間が細め

ルーズリーフ バインダー とは


ノートの罫線のなかでは、一番オーソドックスなのがこの行間細めのB罫です。
行の縦幅は6mmと、A罫と比べるとせまいですが、きっちりと文字を書いていきたいという人に人気があります。
A罫と比べるとB罫のA5ルーズリーフには種類が豊富にあるので、好みのルーズリーフを見つけることができます。

無地や方眼は文字を書く以外の用途に便利

ノート ボールペン


無地や方眼タイプのA5ルーズリーフは、文字以外に、図形やイラストなどさまざまなものを書き込めると人気があります。
方眼タイプは、ルーズリーフに書かれている方眼を目印にラインを引いたり、文字を書くなど用途が広がるので罫線の入っているルーズリーフとあわせて利用している人も多いです。

Amazon&楽天のルーズリーフ人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

A5ルーズリーフは何に使うのかで選ぶと確実です

ルーズリーフ 長所 短所

A5ルーズリーフは、用途を考えてから選ぶと、作業効率をあげられます。
ルーズリーフバインダーには、種類の異なるA5ルーズリーフを同時に収納できるので、インデックスを利用しながらオリジナルのノートとして活用してみてくださいね。

【あわせて読みたい】文房具に関連するおすすめ記事はこちら

A4ルーズリーフおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.10

B5用ルーズリーフバインダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.09

バインダーファイルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.09

バインダーノートおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.30

おしゃれなバインダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.26

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。