釣り用ネット(ギャフ)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • ネットは枠の大きさで選ぶ
      →枠の大きさは50cm以上のものがおすすめ。
    • ギャフは対象魚によって最適な形状が異なる
      →大物狙いの場合は1本で鉤状のもの、イカ類で使うときは複数の掛け針がついたものを選ぶ。
    • 柄の長さも大切
      →釣り場では想像以上に水面まで距離があるので、柄が長いタイプがおすすめ。
    釣り用ネット(ギャフ)

    釣りをしている方なら誰もが大きな魚を釣り上げたいと思うでしょう。
    その大きな魚が掛かったときに必要となるのが釣り用のネットやギャフです。
    釣り用ネット(ギャフ)を持っていなかったために、大きな魚を目の前で逃してしまうことも少なくありません。

    本記事では釣り歴20年以上となる筆者が釣り用ネット(ギャフ)の選び方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

    釣り用ネット(ギャフ)とは

    釣り用ネット(ギャフ)

    釣り用のネットとギャフにはそれぞれに適した使い方があります。
    自分が狙う魚によって使い分けるといいでしょう。

    釣り用ネットは80cm程度までの魚をすくうのに向いていて、一般的な釣りであればこちらがおすすめです。

    一方ギャフは魚の大きさを選ばず使えるので、10kg以上の青物やマグロを船の上から狙うときに適しています。
    また、触腕が釣り用ネットの枠や網に絡みついて取り込めなくなることがあるのでイカ類もギャフの使用がおすすめです。

    釣り用ネット(ギャフ)を選ぶときの3つのポイント

    ① 釣り用ネットは枠の大きさと網の深さで選ぶ

    釣り用ネット(ギャフ)

    釣り用ネットは枠の大きさと網の深さに着目して選ぶことが大切。
    枠の大きさは取り込める魚の大きさに関わってくるので、基本的には50cm以上のものをおすすめします。

    また釣り大会でプロが使うようなトーナメント用の網もあります。
    トーナメント用の網は浅く一般的には使いにくいので、念のため覚えておくといいでしょう。

    ② ギャフは対象魚によって形状を選ぶ

    釣り用ネット(ギャフ)

    釣り用ギャフには「1本で鉤状(曲がった形)のもの」や、「複数の掛け針がついたもの」があります。
    大物狙いの場合は1本で鉤状のもの、イカ類で使うときは複数の掛け針がついたものを選ぶのが基本です。
    またあまりにも安価なものは、さびが発生しやすいので注意してください。

    ③ 岸釣りでは柄の長いものを選ぶ

    ダイワ(Daiwa) 玉網(タモ) プログランド 磯玉網 60-60
    ダイワ(Daiwa) 玉網(タモ) プログランド 磯玉網 60-60

    釣り用ネットやギャフについている「柄」も選択時の基準となります。
    岸釣りの場合は、長めのものを選ぶことをおすすめします。

    足場の高さが潮の満ち引きによって変わったり、自分が立てる位置から水面が遠かったりと、釣り場では思っている以上に水面まで距離があります。
    そのため、短いよりは長いものを買っておくのがおすすめです。

    柄が長くなると価格が上がるので、短い(安い)ほうを選んでしまう方も多いですが、水面まで届かなければ意味がありません。
    筆者の経験上の目安としては、岸からだと最低でも4m、できれば5m以上あったほうがよいと感じます。

    釣り用ネット(ギャフ)おすすめ人気ランキングTOP5

    ここからは釣り用ネットとギャフのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。
    選び方のポイントを踏まえたうえでセレクトしているので、ぜひ参考にしてみてください。

    5位 ベルモント アルミスライドハンドギャフ690 MR-255

    船からの大物狙いに最適な釣り用ギャフ。
    柄まで一緒になっている釣り用ギャフは数が少なく、そういったタイプが欲しい方におすすめです。

    4位 昌栄 ラバーランディングネット ライト(ケース付)

    船からのシーバスやマダイ釣り、管理釣り場でのトラウトフィッシングにおすすめのネット。
    網の素材がラバーになっているため釣った魚を傷つけにくくなっています。
    深さがあって魚が飛び出しにくいのも特徴。

    3位 プロックス オールインワンソルト 500

    枠を折りたたんで持ち運びできるネット。
    移動することが多い岸からのルアーフィッシングにおすすめです。

    2位 第一精工 オートキングギャフ 500

    岸からのイカ狙いで必須の専用ギャフ。
    背負ったまま移動できるのが便利です。
    ギャフの掛け針部分はカバーつきで安全性を確保しています。

    1位 ダイワ ランディングポール 2 磯玉網 60-60

    使い勝手の高さでロングセラーとなっているダイワ製ネット。
    網の枠のサイズが60cm、全長が6mあるので、岸からの釣りに幅広く対応できます。

    釣り用ネット(ギャフ)を使用する際の注意点

    置き場所に注意

    釣り用ネット(ギャフ)

    釣りをする際、ネット(ギャフ)は、手の届く範囲内で自分で踏む心配がない場所に置いておきましょう。
    釣りに夢中になるとテキトーな場所に置く方が多いですが、魚が掛かってからの自由度はあまり高くないので要注意です

    また、踏むと割れたり曲がったりしてしまうので、注意してください。

    Amazon&楽天の釣り用ネット(ギャフ)人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    釣り用ネット(ギャフ)は1つ持っておこう

    釣り用ネット(ギャフ)

    釣り用のネット(ギャフ)があれば、無理やり大きな魚をロッドだけで引っ張り上げることがなくなるため、ロッドの破損防止にもつながります。
    陸からでも船からでも必須となるので、本記事を参考にぜひ1つ購入してみてください。

    【あわせて読みたい】釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

    ストリンガーおすすめ人気ランキングTOP5!使い方の解説も【2018年最新版】

    2018.09.28

    用途別釣り用バケツおすすめ人気ランキングTOP10!水くみや折りたたみの解説も【2018年最新版】

    2018.09.25

    吊り秤おすすめ人気ランキングTOP5!デジタルも【2018年最新版】

    2018.07.15

    フィッシンググリップ(魚つかみ)おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.05

    PEラインおすすめ人気ランキングTOP15!リーダーや結び方も【2018年最新版】

    2018.01.30