ポートレートに最適なカメラおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

水澤敬

プロ写真ライター

カメラ・写真関連の月刊商業誌で15年ほどの編集歴があり、常に新しい製品やテクノロジーに触れてきました。
業界経験・人脈を活かし、現在はフリーライターとして活動中。
カメラ以外の商品レビューなども幅広く手がけています。

    選び方のポイント

    • 焦点距離が85mmあたりを基本に考える
      →人物ポートレートの焦点距離は85mmあたりが基本。フルサイズ一眼なら85mm、APS-Cセンサーの一眼レフなら50mmのレンズを使う方針でカメラを選ぶ。
    • 撮影レスポンスや肌の再現性に優れたカメラを選ぶ
      →人物は肌の美しさが重要になるため、肌の再現性に優れたカメラを選ぶこと。
    カメラ ポートレート 男性

    ポートレートは「肖像写真」と訳されることがあります。
    広義では「人物写真」ということになるのですが、単純にポートレート=人物写真と呼ぶことはできません。
    旅行先の記念写真をポートレートと呼べないように、人物が写っていればポートレートというわけではないのです。

    それではポートレートを撮影するためには、どのようなカメラ機材が必要となるのでしょうか?
    実はポートレート用のカメラというものはありません。

    ただカメラメーカーやカメラの種類によっては、ポートレートに向く機種というのも存在します。
    長年カメラ雑誌の編集として、たくさんのカメラや交換レンズの新製品に触れてきた筆者が、自信を持っておすすめできるポートレートに最適なカメラをご紹介します。
    これからポートレート撮影を始めようと考えている方は、ぜひカメラ選びの参考にしてください。

    ポートレートとは

    男性 髭 腕組み

    いちばん身近な被写体は「人物」。
    その人物を撮影するなかで被写体を魅力的に写し、作品性が高い写真がポートレートです。

    ただポートレートの範囲は広く、顔がまったく写っていないものや一部しか写っていないものでも、人物が主題であればポートレートということになります。

    「それなら旅行先での記念写真だってポートレートじゃないか」という意見もありますが、高い作品性と美しい写真こそがポートレートの醍醐味なのです。
    そのためにカメラやレンズはポートレートに向いた製品を選ぶ必要があるのです。

    それではポートレート撮影に適したカメラ選びのポイントについて、解説していきましょう。

    【こちらもCHECK】カメラに関連するおすすめ記事はこちら

    おしゃれなカメラおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.05

    デジタル一眼レフ&ミラーレス一眼カメラ人気ランキングTOP10!初心者用も【2017年最新版】

    2017.12.14

    初心者にもおすすめのコンパクトデジタルカメラ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.10.26

    ポートレートに最適なカメラを選ぶためのポイント

    ①背景がきれいにボケる焦点距離のレンズにあわせる

    カメラ レンズ

    ポートレートの定番は、背景が大きくボケて主題の被写体が際立った写真。
    こうした写真を撮影するためには、やはりデジタル一眼レフと交換レンズが必要です。
    コンパクトデジカメやスマートフォンのカメラでは、構造上どうしても背景を大きくボカした写真は撮ることが難しいのです。

    ポートレート向きの焦点距離は85mmあたりと言われています。
    そのため焦点距離85mmあたりで撮影できるレンズから選ぶのが近道となります。

    予算との相談となりますが、理想は85mmの単焦点レンズとフルサイズのデジタル一眼レフの組み合わせ。
    ただし価格が跳ね上がってしまいますので、これからポートレート撮影を始めようということであれば、50mmの単焦点レンズにAPS-Cセンサー搭載のデジタル一眼レフを組み合わせるのが現実的です。

    最近ではミラーレスカメラも選択肢としてラインナップが増えてきました。
    マイクロフォーサーズのミラーレスカメラ(オリンパス、パナソニック)では35mm判換算の焦点距離が2倍程度となりますので、必然的に選ぶレンズは40~45mmあたりの製品となります。

    どのタイプのカメラを選ぶにしても、背景を大きくボカした定番のポートレートを撮影したいなら、単焦点レンズが必須です。

    なお、ボケの大きさという観点からみれば、フルサイズ機>APS-Cセンサー搭載のカメラ>マイクロフォーサーズのミラーレス、という順になります。
    ただし注意していただきたいのはミラーレスというのはカメラの構造の名称であり、センサーのサイズとは関係ないということです。

    そのためミラーレスカメラでもフルサイズやAPS-Cサイズのセンサーを搭載した機種もあります。
    ポートレートを撮りたいという動機からカメラを選ぶなら、カメラの構造による種類で選ぶよりは搭載されたセンサーサイズで選ぶとよいかもしれません。

    ②人肌を再現する画像処理能力

    女性 笑顔ポートレート


    デジタルカメラというのは、撮影した画像をカメラ内でデジタル処理して記録する仕組みになっています。
    このデジタル処理の過程で、「画像処理エンジン」という機械が記録した画像に味付けをして保存するのです。

    この味付けはカメラメーカーごとにノウハウや傾向があり、特に人物の肌の色再現性はかなり違いがあります。
    フィルムメーカーである富士フイルムは高い人肌の色再現性ノウハウを持っているので、同社のカメラはポートレートに向いていると言ってもいいでしょう。

    このほかカメラメーカーとして長い歴史のあるキヤノン、ニコンや独自のCMOSセンサー開発力を持つソニーなどもポートレートに強いカメラを販売しています。

    これらのメーカー製のカメラをポートレート撮影用に購入することを検討してみてください4。

    ポートレートに最適なカメラおすすめ人気ランキングTOP5

    それでは実際に発売されているカメラで、ポートレートに最適な機種のおすすめ5機種を紹介します。
    なおミラーレスカメラを含むデジタル一眼レフに関しては、すべてレンズ抜きのボディのみご紹介しています。
    レンズについては、それぞれのメーカーに適した交換レンズを文末にピックアップしますので、そちらをご参照ください。

    5位 Canon EOS Kiss M

    イメージセンサー:APS-CサイズCMOSセンサー
    画素数:2,410万画素
    撮影感度:ISO200-25600
    レンズマウント:キヤノンEF-Mマウント
    手ブレ補正:手ブレ補正機能つきレンズで対応
    サイズ:幅116.3mm×奥行58.7mm×高さ88.1mm 重さ351g

    キヤノンのデジタル一眼レフ・EOS Kissシリーズ初のミラーレスカメラです。
    ミラーレスカメラですが、搭載する撮像センサーのサイズはAPS-Cで同社のデジタル一眼レフにも採用されている大型のものです。
    手軽に背景をボカしたポートレートが撮影できますが、交換レンズ「EF-M」シリーズのラインナップが多くないため、撮影経験が豊富な方は少し物足りなく感じるかもしれません。

    4位 SONY α7 III

    イメージセンサー:フルサイズ ExmorR CMOSセンサー
    画素数:約2420万画素
    撮影感度:ISO100-51200
    レンズマウント:ソニーEマウント
    手ブレ補正:ボディ内手ブレ補正
    サイズ:幅126.9mm×奥行62.7mm×高さ95.6mm 重さ565g

    ソニーのフルサイズミラーレスカメラ・α7シリーズの最新モデルです。
    レンズ交換式のミラーレスカメラながら、フルサイズセンサー搭載という独自路線を切り拓いているソニーの自信作。
    最新の画像処理エンジン「BIONZ X」によって、従来機からさらに色再現性が向上し、ポートレート撮影の微妙な肌の色を忠実に再現できます。

    また「瞳AF」という被写体が動いても常に瞳にピントをあわせ続ける機能によって、自然なポーズでのポートレート撮影が可能となっています。

    3位 Nikon D850

    イメージセンサー:フルサイズCMOSセンサー
    画素数:4575万画素相当
    撮影感度:ISO64-25600
    レンズマウント:ニコンFマウント
    手ブレ補正:手ブレ補正機能つきレンズで対応
    サイズ:幅146mm×奥行78.5mm×高さ124mm 重さ915g

    ニコンのフルサイズ一眼レフではプロユースのD5に次ぐハイエンドモデルがこのD850です。
    4575万画素の高画質とニコンが培ってきた画像処理により、人物撮影にも大きな威力を発揮する本格派デジタル一眼レフとなっています。
    プロの写真家も作品撮りで使うほどの高い基本性能が魅力になっています。

    もちろんポートレート撮影だけではなく、風景撮影や4K動画の撮影にも使えるマルチプレイヤーなので、初心者からハイアマチュアまで幅広くおすすめできる一台。
    ただ高性能なぶん、少し高価となっているのが難点です。

    2位 FUJIFILM X-A5

    イメージセンサー:APS-CサイズCMOSセンサー
    画素数:2424万画素
    撮影感度:ISO200-12800
    レンズマウント:FUJIFILM Xマウント
    手ブレ補正:手ブレ補正機能つきレンズで対応
    サイズ:幅116.9mm×奥行40.4mm×高さ67.7mm 重さ:311g

    富士フイルムのミラーレスカメラ・Xシリーズのエントリーモデルです。
    前述したように、富士フイルムは銀塩カメラ時代からフィルムメーカーのトップ企業として、色づくりに関して定評があります。
    それは上位から下位の機種まで反映されており、このX-A5にも受け継がれているのです。
    ミラーレスカメラの特長である小型軽量を活かし、スナップポートレートなどでも大活躍してくれることでしょう。

    なお組み合わせる交換レンズは、XF50mmF2 R WRがおすすめです。

    1位 FUJIFILM X-H1

    イメージセンサー:APS-CサイズCMOSセンサー
    画素数:2430万画素
    撮影感度:ISO200-12800
    レンズマウント:FUJIFILM Xマウント
    手ブレ補正:ボディ内手ブレ補正
    サイズ:幅139.8mm×奥行85.5mm×高さ97.3mm 重さ:623g

    富士フイルムのXシリーズがワンツーフィニッシュです。
    このカメラの売りは、なんといってもフィルム時代に培われた色再現技術の高さ。
    撮影者の意図にあわせた色調・階調表現は、まるでフィルムで撮影されたかのような美しさで、特にポートレートに大きな力を発揮します。

    富士フイルムの人物における色再現力は、単に忠実に記録するといったものではなく、人間が好ましいと思う記憶色を上手に演出することにあります。
    ミラーレスカメラ「Xシリーズ」は、開発当初から一貫してAPS-Cセンサーにこだわり続けており、その集大成ともいえるX-H1はレスポンスや画質などのバランスが秀逸なカメラです。

    ポートレートに最適なおすすめ交換レンズ

    上記でご紹介したポートレートに最適なカメラには、交換レンズが必要となります。
    基本的に各メーカーとも純正の交換レンズを発売しているので、フルサイズ一眼レフであれば85mmの単焦点レンズを、APS-Cサイズのデジタル一眼レフなら50mm(54mmや56mmなども可)の単焦点レンズという選択肢が最優先されます。

    ただしメーカー純正の交換レンズは少し高価な製品が多く、これからポートレート撮影を始めたい人にはちょっとハードルが高くなってしまうかもしれません。

    ここではメーカー純正レンズよりも比較的リーズナブルで、背景を大きくボカしたポートレート撮影に最適のおすすめサードパーティー製レンズをご紹介します。
    中にはメーカー純正レンズよりと同等レベルの描写力を持つ製品もありますので、選択肢として検討してみてはどうでしょうか。

    SIGMA 85mm F1.4 DG HSM|Art

    レンズ構成枚数:12群14枚
    最短撮影距離:85cm
    フィルターサイズ:φ86mm
    最大径×長さ:Φ94.7mm×126.2mm 重さ1,130g

    レンズメーカー・シグマのフルサイズデジタル一眼用ポートレート向けレンズです。
    超高画素デジタル一眼レフに対応した画質を実現しており、ニコンD850などの4000万画素オーバー機でも大きく美しいボケを再現できます。
    各メーカー純正の85mm単焦点レンズに比べ、実売で70,000円ほど安価で購入できるのも魅力です。

    TAMRON SP45mm F1.8 Di VC

    レンズ構成枚数:8群10枚
    最短撮影距離:29cm
    フィルターサイズ:φ67mm
    最大径×長さ:Φ80.4mm×89.2mm 重さ520g

    こちらもレンズメーカーのタムロンから発売されている大口径単焦点レンズです。
    フルサイズでは表示通り45mmの焦点距離ですが、APS-Cセンサーのデジタル一眼レフでは70mm相当という中望遠域の焦点距離になります。
    ポートレートに向いている理由はF1.8という明るいレンズのためで、背景の美しいボケ味はプロ写真家にも人気のある交換レンズです。

    【こちらもCHECK】カメラバッグに関連するおすすめ記事はこちら

    ショルダータイプのカメラバッグおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.22

    カメラ用リュックサックおすすめ人気ランキングTOP13!防水や登山、一眼レフも【2018年最新版】

    2018.04.16

    カメラバッグおすすめ人気ランキングTOP15!バックパックや可愛い&おしゃれなカメラバッグも【2018年最新版】

    2018.02.27

    Amazon&楽天のカメラ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    ポートレートに最適なカメラと交換レンズを組み合わせる

    女性 マフラー ポートレート

    ポートレート撮影の入門編としては、とにかく背景を大きくボカすことに尽きます。
    大きなボケを生かした作品は、カメラの構造上どうしてもスマホカメラやコンパクトデジカメでは撮れません。
    被写体も際立つため、作品としての美しさが表現しやすいのもポートレート写真の魅力です。
    春から初夏にかけては屋外でポートレートを撮影するのに最適な季節です。
    新しく購入したカメラ&レンズを持って、ポートレート撮影会などに参加するのもよいですね。

    【あわせて読みたい】カメラ用品に関連するおすすめ記事はこちら

    カメラレンズケースおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.06.22

    カメラ用の三脚おすすめ人気ランキングTOP15!コンパクトで軽量なアイテムについても【2018年最新版】

    2018.03.05

    カメラ用ストロボ(フラッシュ)おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.05

    カメラレンズおすすめ人気ランキングTOP15!種類や掃除も【2018年最新版】

    2018.03.01

    おしゃれな女子用カメラリュックサックおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.04

    ABOUTこの記事をかいた人

    水澤敬

    プロ写真ライター

    カメラ・写真関連の月刊商業誌で15年ほどの編集歴があり、常に新しい製品やテクノロジーに触れてきました。
    業界経験・人脈を活かし、現在はフリーライターとして活動中。
    カメラ以外の商品レビューなども幅広く手がけています。