エギングとは?ロッドやリール&エギングの種類の解説や初心者向け動画も

アオリイカ 回遊

餌を使わず美味しいイカを狙えることで人気となっている釣りがエギングです。
以前は一部の釣り人だけが行っているものでしたが、今では海釣りを楽しむ多くの人がエギングでイカを狙っています。

本記事では釣り歴20年以上となる筆者が、エギングで必要となる道具や釣り方のポイントなどエギングに必要な情報をご紹介します。
ほかのエギング関連のおすすめランキング記事とともにご覧ください。

エギングとは

ルアー セット


エギングとは「エギ」を使って行う釣り方のことをいいます。

エギはもともと漁師の人が使っていた漁具で、海底を引っ張るだけのためだったものでした。
これを釣りで使いやすいように改良したのが現在販売されているエギです。

エギングが流行するまでイカを釣る際は活きたアジを使った「泳がせ釣り」や、餌を「スッテ」という仕掛けに巻きつけて狙うものでした。
しかし餌を必要としないエギングでの釣り方が確立されたことによって、ブームが起こり現在にいたっています。

エギングは初心者から上級者まで楽しめる釣りなので、現在ではすべてのメーカーが商品展開しているほど人気があります。

【こちらもCHECK】エギングに関連するおすすめ記事はこちら

エギングリールおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.03.27

エギングラインおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.03.26

エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.01.26

エギングで釣れるイカの種類は?

アオリイカ 水中

エギングという釣り方で最も一般的に狙うイカは「アオリイカ」という種類ですが、ほかにも釣れるイカの種類はたくさんあります。
全国的に狙える下記イカは、いずれも食べると美味しいです。

  • ヤリイカ
  • スルメイカ
  • ヒイカ
  • コウイカシリヤケイカ
  • モンゴウイカ

また、ごく一部ですがエギングで最大20kg以上にもなるソデイカを狙う釣り人もいます。

エギングで釣れるイカはご紹介したように非常に種類が豊富で、季節によって変わるので1年を通して楽しむことができます。
使う道具に関しては多少の違いはあるものの、基本的には共通で使うことができると覚えておきましょう。

エギングの種類

タコ釣り 仕掛け

岸からでも船からでも楽しむことができるエギングの種類の名称を解説します。

岸から行うエギングは「陸っぱり(おかっぱり)」と呼ばれています。
釣り場までエントリーしやすいので、こちらの方法で釣りをするという方が多いです。

船からのエギングは「船エギング」や「ティップランエギング」と呼ばれています。
船代が掛かりますが、釣れるスポットまで船長が連れて行ってくれるので、初心者で釣果をあげやすい方法となっています。

エギングに必要な道具は?

床 陳列 釣り用具

エギングで必要となる道具をいざ選ぼうとしたときに、初心者の方はどのように選んだらよいかわからないこともありますよね。
ここではエギングに必要な道具の選び方を紹介します。
より詳しい選び方や使用時の注意点については、各アイテムのランキング記事を参考にしてみてください。

エギングロッド

ダイワ(Daiwa) エギングロッド スピニング 8.6ft エメラルダス アウトガイド 86M エギング 釣り竿
ダイワ(Daiwa) エギングロッド スピニング 8.6ft エメラルダス アウトガイド 86M エギング 釣り竿

エギングでは、エギを操作するために専用のエギングロッドを使います。
エギングロッドを選ぶときには、岸釣りの場合は長さが8~9フィート、船からの場合は8フィート以下のものがおすすめです。

ロッドの硬さに関してはイカの種類や大きさにあわせて選んでみてください。
なお自重が軽くラインが絡みにくいガイドを使用したエギングロッドを選んでおくと、疲労軽減、集中力の維持につながるので釣果が上がります。

【こちらもCHECK】エギングロッドに関連するおすすめ記事はこちら

エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.01.26

エギングリール

シマノ リール エギング 17 セフィアCI4+ C3000SDH HG
シマノ リール エギング 17 セフィアCI4+ C3000SDH HG

エギングリールを選ぶときに、重要となるのが大きさです。
数字が2500~3000番と表示されているものを選ぶとよいでしょう。

リールの自重に関してはエギングロッドと同じく、軽いものを選ぶのがポイントです。
また持つところが2つある「ダブルハンドル」モデルを選ぶと、巻きブレが発生しにくくなるので、ラインのたるみを回収するのに便利です。

【こちらもCHECK】エギングリールに関連するおすすめ記事はこちら

エギングリールおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.03.27

エギングライン

ゴーセン(GOSEN) PEエギファイヤー8BRAID 150m 0.8号
ゴーセン(GOSEN) PEエギファイヤー8BRAID 150m 0.8号

エギングでは「PEライン」という種類の釣り糸を使います。
太さは0.6~1号のものが主流となっていますが、初心者の方は1号を使ってみてください。

また、エギングはイカがエギに抱きついたことを、ラインを見て判断していくのが基本なので、視認性の高い色で作られているエギングラインを使うのがおすすめです。
さらに選ぶ際は、有名メーカーの製品を使うようにしておきましょう。

価格が安い無名メーカー製はPEライン自体の編み込みが弱かったり、表面のマーキング塗料がダマになっていたりすることがあるので、おすすめできません。

【こちらもCHECK】エギングラインに関連するおすすめ記事はこちら

エギングラインおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.03.26

エギングリーダー

ユニチカ(UNITIKA) キャスライン エギングリーダーII 30m 1.75号
ユニチカ(UNITIKA) キャスライン エギングリーダーII 30m 1.75号

エギングラインをそのままエギに結ぶことは難しいので、ラインを使う際に必須となるのがエギングリーダー。

エギングリーダーは「フロロカーボン」という硬く摩擦に強い素材で作られています。
1.5~3号まで太さのエギングリーダーを、エギの大きさによって使い分けることを想定しつつ、薄型で小さなラインスプールになっているものを選ぶと使いやすいです。

エギ

Re (アールイー)ルアー エギ イカ釣り エギング セット 蛍光 発光 夜光 海 イカ アオリイカ 釣り 初心者 ビギナー 入門 推奨 エギング 3.5号 10本 セット ケース付 フィッシング
Re (アールイー)ルアー エギ イカ釣り エギング セット 蛍光 発光 夜光 海 イカ アオリイカ 釣り 初心者 ビギナー 入門 推奨 エギング 3.5号 10本 セット ケース付 フィッシング

エギは多くの種類があるので、エギングの道具選びで最も迷ってしまうものでしょう。

エギを選ぶときは狙うイカや釣る場所によって大きさを選ぶ必要があります。
さらにはイカの好みにあわせてカラーを使いわける必要があるので、複数の色を準備しておくことが基本です。

同じ大きさであっても沈むスピードが違うものや、音が鳴るようにラトルが入っているモデルなどがあるので、それらを使い分けると釣果を伸ばすことができます。

エギングにあると便利な道具は?

ルアー 釣り用収納ボックス


エギングはタックルやエギが一式あれば釣りを楽しむことができますが、タックル以外にも持っておくと便利な道具が非常に多いです。
ここではエギングにあると便利な道具をご紹介します。

クーラーボックス

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 30L フィクセル ライト 300LF-030N 釣り用 ピュアホワイト
シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 30L フィクセル ライト 300LF-030N 釣り用 ピュアホワイト

エギングで釣れるイカを持ち帰る際に必要となるのがクーラーボックス。
エギングで必要となるクーラーボックスの容量に関しては、20~30L程度あれば十分です。
ほかの釣りでも使いまわすことを考慮して、保冷力があるタイプを購入しましょう。

【こちらもCHECK】クーラーボックスに関連するおすすめ記事はこちら

おしゃれな釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.04.03

釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキングTOP15!おしゃれ、小型なものや選び方も【2018年最新版】

2018.03.15

釣り用バッグ・ルアーケース

アブガルシア(Abu Garcia) ワンショルダーバッグ2 ブラック
アブガルシア(Abu Garcia) ワンショルダーバッグ2 ブラック

エギングでは移動しながら釣りをすることが多いので、邪魔にならない作りのバッグがおすすめです。
ショルダータイプやウエストタイプといった釣りの動作を邪魔しない釣り用バッグがよいでしょう。

エギを収納するためのルアーケースについては、複数のカラーを入れることになるので、容量が大きなものを選んでおくとよいでしょう。

【こちらもCHECK】釣り用バッグ・ルアーケースに関連するおすすめ記事はこちら

ルアーケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.03.16

釣り用バッグおすすめ人気ランキングTOP15!防水も【2018年最新版】

2018.03.16

スナップ

ダイワ イージースナップ (10個入)
ダイワ イージースナップ (10個入)

エギングではエギのカラーや大きさのローテーションが必須となります。
そこで活躍するのが「スナップ」という小型の金属パーツ。

スナップはラインを結び替えることなくエギをスムーズに交換することができる非常に便利な道具です。
価格も数百円と安いので持っておくことをおすすめします。

【こちらもCHECK】スナップに関連するおすすめ記事はこちら

釣り用スイベル・スナップおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.02

イカ締めピック

プロマリン(PRO MARINE) イカ締めピック&ギャフ ATK180
プロマリン(PRO MARINE) イカ締めピック&ギャフ ATK180

釣れたイカをそのままクーラーボックスに入れると鮮度が落ちてしまったり、墨を吐いてしまったりするので、締めるためのイカ締めピックもあると便利です。
フィッシングナイフでも応用できますが、小型のイカを締める際は、こちらの方が使い勝手がよいのでおすすめです。

フィッシングナイフ

シマノ スライドナイフ ブラック CT-031I
シマノ スライドナイフ ブラック CT-031I

釣れたイカを捌いたり締めたりする際にあると便利な道具がフィッシングナイフ。
イカは比較的捌きやすいので、小型のフィッシングナイフで十分です。
ほかの釣りでも使えますので、ぜひ使い勝手がよいものを一つ購入しておきましょう。

【こちらもCHECK】フィッシングナイフに関連するおすすめ記事はこちら

フィッシングナイフおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.01.15

釣り用バケツ

ダイワ(Daiwa) トーナメント キーパー バッカン FD45(B) ブラック
ダイワ(Daiwa) トーナメント キーパー バッカン FD45(B) ブラック

イカを活かしておいたり、吐いた墨を洗い流したりする際にあると便利な道具が釣り用バケツです。
釣り用バケツはロープがついていて折りたたみができる「反転式」のものがおすすめです。

【こちらもCHECK】釣り用バケツに関連するおすすめ記事はこちら

バッカンおすすめ人気ランキングTOP15!選び方やサイズも【2018年最新版】

2018.03.20

レインウェア

ダイワ(Daiwa) フィッシングジャケット レインウェア ゴアテックス C-ニット バッカーテクノロジーレインジャケット DR-1207J ブラック M
ダイワ(Daiwa) フィッシングジャケット レインウェア ゴアテックス C-ニット バッカーテクノロジーレインジャケット DR-1207J ブラック M

雨が降ったり寒いときに備えてレインウェアを用意してください。
釣りをしていると天候が急変してしまうことがあります。
上下セットの、「透湿防水」になっているモデルならば、蒸れにくいので快適に過ごすことができるのでおすすめです。

【こちらもCHECK】釣り用ウェアに関連するおすすめ記事はこちら

釣り用ファッションウェア(服装)おすすめ人気ランキングTOP15!男性向けや女性向けも【2018年最新版】

2018.03.26

偏光サングラス

Torege 偏光レンズ スポーツサングラス 超軽量 アルミニウム・マグネシウム合金 UV400 紫外線カット スポーツサングラス/ 自転車/釣り/野球/テニス/スキー/ランニング/ゴルフ/ドライブ M291
Torege 偏光レンズ スポーツサングラス 超軽量 アルミニウム・マグネシウム合金 UV400 紫外線カット スポーツサングラス/ 自転車/釣り/野球/テニス/スキー/ランニング/ゴルフ/ドライブ M291

エギングで釣果を伸ばすためには偏光サングラスが必須です。
偏光サングラスを掛けておくと、水面の反射が抑えられるので、イカやラインを確認しやすくなります。
保護具の役割も果たしてくれるので、ぜひ用意しておきたい道具の一つです。

エギングの基本操作

スピニングリール


エギングはエギをうまく操作して、イカにアピールしていくのがポイント。
基本の組み合わせは、ロッドを煽ってエギを鋭く動かす「ジャーク」と、落とし込んでいく「フォール」の組み合わせです。

どの種類のイカも、フォール時にエギに抱き着いてきます。
エギに抱き着いたアタリはラインに出ることがほとんどで、勝手に引き込まれていくようなことがあれば、それが合図となると覚えておきましょう。

【こちらもCHECK】エギングの基本操作おすすめ解説動画はこちら

エギングの人気スポット(場所)

空撮 海 防波堤

エギングは釣れる場所と釣れない場所がはっきりしやすいので、釣りやすい場所の条件を知っておくことが釣果を左右します。
ここではエギングの人気スポットを、よりよいポイント選びの目安とあわせてご紹介します。

防波堤

エギングで最も人気となるスポットが防波堤です。
足場がよく、イカも集まりやすい防波堤は、初心者の方におすすめ。

エギングは、湾の奥にあるような防波堤や川が近くに流れ込んでいるような場所は、イカが釣れる確率が低いです。
外洋に面していて水深があり、海藻が多く生えている防波堤が釣れる可能性は高いと覚えておきましょう。

磯は大きなイカが釣りやすく、陸っぱりからも船からも狙うことができるスポットです。
ただし、根掛かりが多くなりがちなスポットでもあります。
エギが引っ掛かったときでも回収できるよう、3号程度の太いエギングリーダーを使っておくとよいでしょう。

サーフ

回遊してくるイカを狙える人気スポットがサーフ。
潮通しがよく、小さな石が多いようなサーフは、エギングが行いやすいのでおすすめです。
サーフでエギングをするときは、とにかく広範囲を探っていくことが必要になります。
活性の高いイカを探すことを意識し続けることが攻略の鍵です。

エギングの時間帯や天候について

海 夕焼け 灯台

初心者の方は、エギングに最適な時間帯や天候についてわからないことも多いでしょう。
ここではエギングにおける時間帯や天候についての情報をご紹介します。

エギングは昼でも夜でも楽しめる

エギングは昼でも夜でも楽しむことができます。
初心者の方においては昼のエギングが安全に楽しめるでしょう。

昼のエギングで釣り方をしっかり覚えてから、夜のエギングにチャレンジするとトラブルなく楽しんでいくことができます。
夜のエギングにおいてはヘッドライトが必須となると覚えておきましょう。

【こちらもCHECK】夜釣り用ヘッドライトに関連するおすすめ記事はこちら

夜釣り用ヘッドライトおすすめ人気ランキングTOP25【2017年最新版】

2017.11.01

潮が大きく動くときが狙い目

エギングは潮が大きく動くときが狙い目。
具体的には潮汐表を見て「大潮」や「中潮」となっている日を選ぶほうが初心者の方は釣りやすいです。

また、満潮と干潮の間の時間帯で流れが発生しているときは、イカの活性が上がり回遊してくる可能性が高くなるので、狙い目となると覚えておきましょう。

雨と風はエギングの大敵

エギングの天候で一番よいのは無風の晴れの日。
エギをアクションさせたり、アタリを取ったりしやすいのがその理由です。

逆に雨が降っていたり、風が吹いていたりするとエギングは非常に行いにくいです。
特に大雨が降ったときは、海水中の塩分濃度が一時的に下がってしまうので、イカが非常に釣れにくい状態となります。
初心者の方は天候が安定しているときに、釣行するようにしましょう。

イカの締め方と持ち帰り時の注意点

バケツ アオリイカ

釣れたイカは締めてから持ち帰るのが基本となります。
締めるときはイカの目と目の間にある急所を、イカ締めピックやフィッシングナイフをさして締めるようにしてください。
イカを締めると全体の色が、真っ白に変化するので、締める際はイカの色を目安にしましょう。

持ち帰るときにはクーラーボックスに入れますが、あまり冷えすぎないようにしておくのがポイントです。
冷やしすぎると、イカの身が冷凍焼けを起こすので注意してください。
また、氷が溶けた水にイカの身が接すると、身の鮮度が落ちてしまうので、袋を2重にするなど対策するようにしておきましょう。

【こちらもCHECK】イカの締め方に関連するおすすめ解説動画はこちら

エギング初心者の心得と注意点

釣果 イカ

最後にエギング初心者の方に覚えておいてもらいたい心得と注意点をご紹介します。
エギングで釣果を上げ、釣りを楽しむために必要なことなので、覚えておきましょう。

ライン同士やエギの結び方はしっかり覚えておく

エギング初心者の方が最も苦戦するのが結び方。
結び方に関しては釣り場で実践しながら覚えるのは難しいので、自宅で練習してみてください。
結ぶスピードに関しては初心者の方はあまり考えなくてよいので、確実に結ぶことを意識して覚えていきましょう。

【こちらもCHECK】エギ(ルアー)と糸の結び方おすすめ解説動画はこちら

エギのカラーローテーションは必須

エギングではエギのカラーが釣果に大きく影響を与えるので、基本となる色を揃えておきましょう。
基本となる色はピンク、オレンジ、オリーブの3色。
どの色がよく釣れるか当日に試しながら釣りをしてみるのがおすすめです。

基本的には晴れているときはピンク、曇りや水が濁っているときはオレンジ、イカの活性が低いときや夜のエギングではオリーブから始めてみるとよいでしょう。

基本はご紹介したようなものとなりますが、エギの色は表面の布、塗装、下地のテープによって違いがあるので、いろいろなものをご自身で試してみてください。

イカ墨はすぐ洗い流すのがマナー

イカはどの種類でも墨を持っており、釣り上げたときにはそれを吐き出すことが多いです。
イカ墨はすぐに洗い流さないと固まってしまうので、釣り用バケツで洗い流すことを徹底してください。

特にコウイカやモンゴウイカ、シリヤケイカは体の中に蓄えている墨の量がとても多いので、海中で吐き出させてから釣り上げることもポイントと覚えておきましょう。

エギングで美味しいイカを釣り上げよう

イカ


今回はエギングで必要となる道具や、釣りに役立つ情報をお届けしました。
道具やエギングをするスポット選びは釣りにおいて重要なポイントです。
ぜひ本記事とおすすめランキング記事を参考にして、エギングで美味しいイカを釣り上げましょう。

【あわせて読みたい】釣り道具に関連するおすすめ記事はこちら

穴釣り用タックルおすすめ人気ランキング!仕掛けとセット品も【2018年最新版】

2018.07.30

吊り秤おすすめ人気ランキングTOP5!デジタルも【2018年最新版】

2018.07.15

コンパクトロッド(パックロッド)おすすめ人気ランキングTOP15!スピニングタイプやベイトタイプも【2018年最新版】

2018.04.25

アジングとは?ロッドやリール&仕掛けの解説や初心者向け動画も

2018.03.19

リールケースおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.12