ダメージケアシャンプーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 成分で選ぶ
    →ラウロイルメチルアラニンNaなど、髪に負担をかけにくいアミノ酸系洗浄成分の有無をチェック。
  • 髪質にあわせて選ぶ
    →サラサラに仕上げたいなら、ノンシリコンタイプや、メドウフォームやキトサンなどの成分を含んだシャンプーがおすすめ。
  • 価格で選ぶ
    →無理して高価なシャンプーを購入しても続けられなければ意味がないので、お財布と相談して継続しやすいものをチョイス。

抜け毛 シャンプー まとめ
女性ならサラサラとしたきれいな髪に憧れるもの。
しかし、カラーリングやパーマをする機会が多い方は、ダメージを受けてパサついた髪に悩むこともあるでしょう。

そのようなときは、ヘアケアトリートメントなどと一緒に、ダメージケアができるシャンプーを使うのがおすすめです。

ダメージケアシャンプーとは?

シャンプー
ダメージケアシャンプーは、傷んだ髪のケアに効果的な成分を配合し、健やかな状態を保てるアイテム。
カラーリングやパーマ後の傷ついた髪をしっかりとケアすることができます。

また、髪を巻くなどヘアアレンジをすることが多い方も気づかぬうちにダメージが蓄積している場合があるので、シャンプーできちんとケアすることが大切です。

【こちらもCHECK】シャンプーに関連するおすすめ記事はこちら

ヘアカラーシャンプーおすすめ人気ランキングTOP10!市販品もランクイン【2018年最新版】

2018.01.11

【美容師が選ぶ】市販の女性用シャンプーおすすめランキングTOP10!人気なのはひまわり?【2018年最新版】

2018.01.02

美容師が選ぶ市販のメンズシャンプー人気ランキングTOP15!コスパ最強は?【2018年最新版】

2017.11.06

ダメージケアシャンプーを選ぶ3つのポイント

ポイント① 成分で選ぶ

シャンプー ボトル
ダメージケアシャンプーの多くは、髪に負担をかけにくいアミノ酸系の洗浄成分を使用しています。
アミノ酸は地肌を構成する成分と同じで、潤いを残して優しく洗い上げることが可能です。

具体的には「ココイルグルタミン酸」や「ラウロイルメチルアラニンNa」、「コカミドプロピルベタイン」といった名称で配合されていることが多いので、成分表をチェックしてみましょう。

ポイント② 髪質にあわせて選ぶ

ドライシャンプー ヘアケア まとめ
シャンプーは、自分の髪質にあうものを選ぶことが大切です。

例えば、サラサラに仕上げたい場合はノンシリコンタイプや、メドウフォーム、キトサンなどの成分が含まれたものがおすすめ。
しっとり仕上げたいなら、リピジュアやホホバ油、ジメチコンやグリセリンといった保湿成分が豊富なものが適しています。

また、ハリやコシを高めたいなら、ペリセアやゼイン、ケラチンなどが含まれたものがいいでしょう。

ポイント③ 続けやすい価格で選ぶ

女性 シャンプー 泡

ダメージケアシャンプーの価格は、安いものだと350円ほど、高いものだと10,000円ほど。
しかし通常のシャンプーよりも割高なことが多いです。

無理して高価なシャンプーを購入しても続けられなければ意味がないので、お財布と相談して継続しやすいものを選びましょう。

ダメージケアシャンプーおすすめ人気ランキングTOP5

ここまでダメージケアシャンプーの選び方を紹介してきました。
ここからはおすすめ商品を具体的に解説するので、選択する際の参考にしてみてください。

5位 ベルーガ アミノ酸シャンプー アミノダメージケア

この商品は18種類ものアミノ酸を配合しているのが大きな魅力で、洗うたびに髪内部の芯まで集中補修&保湿。
洗浄力が強過ぎず、髪の潤いをしっかりとキープしながらすっきりと洗い上げ、ハリやコシのある健康的な髪に導きます。

Amazon商品価格(2018年3月31日現在)

1,944円

こんな方におすすめ

  • 見た目がかわいいものがいい
  • 髪や地肌に負担をかけたくない
  • 髪がパサつきやすい

4位 スカルプシャンプー ノンシリコン

美容師が開発に携わったこのシャンプーは、頭皮をすっきりと洗いつつ髪にはしっとりとした潤いを残すことが可能。
アデノシンやサンショウ果皮エキス、ホップ花エキス、センブリエキスといった頭皮ケア成分を含んでいるので、ベタつきが気になる男性にもおすすめです。

ヘマチンが配合されているので髪が退色しにくくなり、カラーリングやパーマの持ちもよくなります。
アンバームスクの香りに癒されながらケアできるのも魅力。

Amazon商品価格(2018年3月31日現在)

2,700円

こんな方におすすめ

  • サロン仕様の商品が欲しい
  • 髪のベタつきが気になる男性
  • カラーリングをする機会が多い

3位 ロクシタン ファイブハーブス ディープダメージケアシャンプー

人気ブランド「ロクシタン」のこのシャンプーは、オリーブオイルを配合しているので洗い上がりはしっとり。
クリームのような濃厚な質感なのでシャンプー中にリッチな感覚が続くうえに、ダメージの蓄積した髪も優しく洗い上げることが可能です。

Amazon商品価格(2018年3月31日現在)

3,888円

こんな方におすすめ

  • ロクシタンの商品が好き
  • 髪の潤いを維持したい
  • テクスチャーも重視したい

2位 ジュレーム アミノ ダメージリペアシャンプー

CMでもおなじみのジュレームのシャンプーは、ドラッグストアで手軽に購入できます。
18種類のアミノ酸を配合しているので、傷んだ髪を素早くケアできるのが魅力。
泡立ちがよいことと、芳醇な果実の香りもポイントです。

仕上がりの異なるディープモイストタイプとモイスト&スムースタイプがあるので、好みで使い分けましょう。

Amazon商品価格(2018年3月31日現在)

884円

こんな方におすすめ

  • ジュレームのシャンプーが気になる
  • コスパを重視する
  • 爽やかな香りが好き

1位 アロマキフィ ダメージケアシャンプー

アロマキフィのこのシャンプーは、アミノ酸とタンパク質からつくられた泡によって傷んだ髪を毛先までしっかりと補修できます。
10種類ものオーガニックハーブエキスが配合されているので、頭皮環境を整えて気になるにおいをケアできるのも特徴。

ブルガリア産のダマスクローズとエジプト産のジャスミンという100%純粋なオイルで香りづけられていて、リッチな雰囲気を味わえます。

Amazon商品価格(2018年3月31日現在)

1,296円

こんな方におすすめ

  • リッチな香りが好き
  • 頭皮のベタつきが気になる
  • 泡立ちがいいものが欲しい

ダメージケアシャンプーを使用する際の3つの注意点

① 予洗いをしっかり行う

シャワー 泡 洗い流し
シャンプーをする前にお湯で髪をしっかりすすぐと、汚れを7~8割落とすことができ、より頭皮を清潔に保てます。
また、シャンプー前にくしでとかすことで、髪に余計な負担をかけずに洗えるので覚えておきましょう。

② 直づけしない

ドライシャンプー とは
シャンプーは、直接地肌につけると負担が大きいで、軽く泡立ててから髪になじませるようにしましょう。
また、爪を立てずに優しく指の肌で洗い上げることも大切です。

③ 洗い残しのないようにすすぐ

シャワー シャワーヘッド
シャンプーで髪を洗ったら、しっかりとシャワーや洗面器に張ったお湯で泡を流すようにしましょう。
十分にすすがないと、髪に残ったシャンプーが炎症などのトラブルを引き起こすことがあるからです。
しっかり落としたと感じても、そこからもう少し洗うようにしたいですね。

【こちらもCHECK】シャンプーのやり方に関連する動画はこちら

美容師が正しいシャンプーを教えるよ!

美容師が正しいシャンプーを教えるよ!

Amazon&楽天のシャンプー人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

ダメージケアシャンプーで優しく髪を洗い上げよう!

白髪染め 女性
今回は、ダメージケアシャンプーについておすすめの商品やその使い方を紹介してきました。

ダメージケアシャンプーは、カラーリングなどで傷んだ髪を補修できる商品ですが、洗い方を間違えると地肌に負担をかけてしまうので要注意です。

優しく丁寧に洗うことを心がけて、健やかなサラツヤ髪を目指しましょう!

【あわせて読みたい】ヘアケアに関連するおすすめ記事はこちら

プチプラのヘアオイルおすすめ人気ランキングTOP5!サラサラで香りのいいものは?【2018年最新版】

2018.01.20

石鹸シャンプーおすすめ人気ランキングTOP15!デメリットとリンス不要&抜け毛についても【2017年最新版】

2017.12.21

はちみつシャンプーおすすめ人気ランキングTOP5!効果はどのくらい?【2017年最新版】

2017.12.04

市販のアミノ酸系シャンプーおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

2017.11.17

リンスインシャンプーのおすすめ人気ランキングTOP15 メリット&デメリットについても【2017年度最新版】

2017.11.17

ABOUTこの記事をかいた人

小熊 くるり

日本化粧品検定1級

スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を書いていきたいです。