猫用歯磨きグッズおすすめ人気ランキングTOP10!おもちゃやおやつになるタイプものまで【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木壱

多数の猫やうさぎの飼育経験多数!

猫7匹と暮らしており、主にペット関連の記事を執筆中です。
動物と通販が大好きで、愛猫たちのアイテムを選んでいるときが至福タイムです。
見た目は可愛いけれど、洗いにくいものも多いペットグッズ。
だからこそ飼い主目線でチェックして、本当におすすめできるものをご紹介したいと思います。

    選び方のポイント

    • 確実に磨けるブラシタイプ
      →猫用であっても大きすぎることもあるので、サイズをチェックする。
    • 歯磨き初心者はシートタイプから
      →慣れるまでは歯磨きシートで表面の歯垢を落とす。
    • 凶暴化するならおやつも有効
      →口の中を触ることができない場合はオーラルケア用のおやつも。
    猫 歯磨き

    「犬や猫は虫歯にならない」という話をよく聞きます。

    たしかに猫は虫歯になりにくいようですが、実は本当に怖いのは歯周病。
    痛みを感じにくいため発見が遅れ、気づいたときには歯茎の炎症により、歯を支える骨が溶けて重症化していることもあります。

    さらに全身にも影響を及ぼすと言われており、放置すると重篤な病気を併発する恐れも。
    最近では腎不全との関係も指摘されていて、食餌療法だけでなくオーラルケアへの関心も高まっています。

    今回はそんな猫の口内事情に触れつつ、おすすめの猫用歯磨きグッズを紹介します。
    選び方や注意点についても触れているので、愛猫の口と歯の健康管理に役立ててみてください!

    目次

    猫にも歯磨きが必要な理由

    歯磨きが大切なのはわかっていても、ただ歯を磨くだけだと歯周病は防げません。
    猫の口内環境や発症のメカニズムを把握し、歯周病のことも考えながら歯磨きをしてみてください。

    虫歯になりにくい口内環境

    猫 あくび

    猫の奥歯は上下がハサミのように咬みあう裂肉歯(れつにくし)というもので、その名の通り肉を引き裂くのに特化した形状をしています。

    人間は臼歯(きゅうし)の溝に歯垢がたまることで虫歯になりますが、猫の歯は尖っているため虫歯菌がとどまりにくいのが特徴です。

    虫歯菌のなかでもとくに知られているのがミュータンス菌。
    この菌は糖質をエサにして虫歯をつくります。
    猫が糖質を取らないことや、デンプンを糖質に分解する酵素が唾液中にないことなども、猫が虫歯にならない理由のようです。

    虫歯と歯周病の違い

    女性 猫

    虫歯と歯周病では、原因となる菌が異なります。
    虫歯のもととなるのがミュータンス菌なのに対し、歯周病はP.g菌(ポルフィロモナス・ジンジバリス)、T.d菌(トレポネーマ・デンティコーラ)、T.f菌(タンネレラ・フォーサイシア)などによって引き起こされます。
    とくに高頻度で検出されるのがP.g菌。
    酸素を嫌う性質なので、歯と歯茎の隙間で身を潜め、じわじわと歯周組織を溶かしていきます。

    わかりやすくいうと、虫歯は歯を溶かし、歯周病は歯を支える土台そのものを溶かすのです。

    また意外と知られていませんが、歯周病は人と動物との間でも感染すると言われています。
    咀嚼したものを与えることや過剰なスキンシップが、発症リスクを高めていると言えるかもしれません。

    ちなみに歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏などさまざまな呼び方がありますが、これらを総称して歯周病といいます。
    かつては歯茎に炎症が起きるのが歯肉炎、さらに進行して骨が溶けるのが歯周炎、重症化したものが歯槽膿漏と区別されていましたが、近年ではまとめて歯周病と呼ばれるようになりました。

    主な症状

    猫 歯 チェック
    • 歯茎の腫れ・出血
    • よだれ
    • 嘔吐
    • 歯が動く
    • 食欲不振
    • 犬歯が長くなった
    • 口臭

    食べるときに顔を傾けたり、時間をかけたりするようになったら要注意です。
    重症化すると歯が抜け落ちるだけでなく、口と鼻の間の骨に穴が開く口鼻瘻管(こうびろうかん)になることもあります。

    破壊されてしまった組織は二度と元には戻りません。
    歯周病の早期発見には、奥歯や歯茎を直接チェックするのが一番。
    口角の上下を軽く開き、歯との境目が赤くないか、歯の根元に歯石がないか確認してみてください。

    歯周病から派生する病気

    猫 獣医

    歯周病菌は、歯茎の血管を通じて全身をめぐります。

    体内に侵入した菌は免疫システムで排除されますが、厄介なのは菌が死滅するときに出す毒素。
    名前は「エンドトキシン」と言い、腎臓・心臓・肝臓など体のあちこちに炎症や血管のつまりを発生させます。
    インスリン不足を招く炎症性物質サイトカインも産出され、糖尿病の悪化にもつながるのです。

    また歯周病は免疫力とも深く関わっており、猫免疫不全ウイルス(FIV)や猫白血病ウイルス(FeLV)を発症した際も、歯周病になることが明らかになっています。

    歯磨きグッズの3つの選び方

    ① 確実に磨けるブラシタイプ

    歯ブラシ コップ

    しっかり歯を磨くなら、細かいところまで届く歯ブラシ一択でしょう。

    ただし人間用はNG!
    小さくてブラシがやわらかい赤ちゃん用であれば代用できますが、大人用の歯ブラシは歯茎を傷つける恐れがあります。
    歯磨き粉や電動歯ブラシなんてもってのほかです。

    ベストは動物病院やペットショップで扱っている猫用歯ブラシ。
    「犬猫用」として販売されていても、大きすぎる場合があるので、猫の口に入れやすい小さな歯ブラシを選びましょう。

    ② 歯磨き初心者はシートタイプから

    シート

    とはいえ、最初から歯ブラシで歯磨きするのは至難の業。
    よほど大人しい猫でなければ、歯ブラシをいきなり口に突っこむなんて到底できません。

    慣れるまでは歯磨きシートを活用するのもひとつの方法です。
    歯ブラシには劣りますが、表面の歯垢は充分落とせます。
    歯茎のマッサージも同時に行うとより効果的です。

    ③ 凶暴化するならおやつも有効

    猫 おやつ

    「口の中を触るなんて絶対無理!」というときは、オーラルケア用のおやつを取り入れてみるのもアリ。
    ウェットフードを食べたあとや、歯磨きのご褒美としてあげるのもいいですね。

    また猫が好む味のついた歯磨きペーストや、口に直接たらすジェルやスプレーも使いやすくておすすめです。

    猫用歯磨きグッズおすすめ人気ランキングTOP10

    どれを選んだらいいのかわからないという方のために、ここからはおすすめの猫用歯磨きグッズを紹介していきます。

    10位 ペットキッス ふくだけ歯みがきシート

    内容量:30枚
    サイズ:14×15cm
    原材料:レーヨン系不織布、グリセリン、保存料、pH調整剤、ピロリン酸Na、界面活性剤、キレート剤、ポリリジン
    原産国:日本

    トイレタリー用品や医薬品の大手メーカー、LIONの商品です。
    汚れを浮かすピロリン酸Naとキレート剤、さらにコーティング作用のあるポリリジンを配合。
    凹凸のあるストライプ構造シートが、歯の汚れをしっかりキャッチします。

    使い方は、指に巻きつけてふくだけととても簡単。
    はじめての歯磨きにも使いやすいですが、猫の口には少し大きく感じるので私は半分に切って使っていました。

    ネックとなるのは保存料と界面活性剤の存在。
    気になる人は、歯磨きのサブアイテムとして利用するのがよさそうです。

    9位 ペッツルート マタタビにゃん歯ブラシ

    重量:16g
    サイズ:柄 幅1.3×奥行き1.3×長さ16.5cm/ブラシ 直径1.2×長さ1.4cm
    原材料:ABS樹脂エラストマーナイロンまたたび粉
    原産国:日本

    円状ブラシのトップとサイドすべてに毛がついた立体的な歯ブラシです。
    抗菌セラミック配合のナイロン毛と、軟質樹脂毛(エラストマー)を交互に配置し、2種類の毛先で磨きやすさを向上させました。
    さらにブラシに配合したまたたびとミルクで、唾液の分泌を促進。

    ブラシを噛ませた状態で軽く回転させると、下の歯や裏側も同時に磨けてしまう優れものです。
    いきなり奥歯に突っこむと嫌われるので、最初は猫じゃらしのようにして慣らすのがベスト。

    ただ消耗品にしては高価なので、多頭飼いにとって経済的ではありません。

    8位 ビルバック C.E.T. 歯みがきペースト モルトフレーバー

    内容量:70g
    カロリー:1.9kcal/g
    原材料:ソルビトールリン酸水素カルシウム精製水含水二酸化ケイ素グリセリン甘味料(デキストロース大麦モルトシロップ)増粘安定剤(キサンタンガム)チオシアン酸カリウムグルコースオキシダーゼラクトペルオキシダーゼ保存料(安息香酸ナトリウム)
    保証成分値:タンパク質0.2%脂質6%水分30%

    原産国:アメリカ合衆国

    犬猫用の歯磨きグッズを数多く手がけているビルバックの製品です。
    殺菌作用をもつグルコースオキシダーゼラクトペルオキシダーゼという酵素を配合し、口内環境を整えます。
    そのまま食べてもOKな歯磨きペーストで、もちろん水ですすぐ必要もありません。

    フレーバーの種類も豊富でどのタイプも人気ですが、なかでも猫飼いの人に高評価なのはモルト(麦芽)です。
    やや粘性のあるペーストで、失敗すると口の周りがベタベタになるので注意してください。

    7位 トーラス 歯垢トルトル プラケアシート

    内容量:30枚
    原材料:水湿潤剤保存剤可溶化剤甘味剤植物抽出物pH調整剤研磨剤
    原産国:日本

    研磨剤(炭酸Ca)を配合したシートで、歯垢や汚れをしっかり落とせます。
    シート自体も厚みがあり、破れにくく使いやすいです。

    歯磨きシートはいろいろなメーカーから販売されていますが、意外とないのが香料不使用のもの。
    これは香料を使っておらず、さらに富士山の水を使用しているのが特長です。

    ただ、原材料の情報をもう少し詳しく記載して欲しいですね。
    安全性を前面に出すのであれば、保存剤や可溶化剤の薬品名も知りたいところです。

    6位 ビルバック C.E.T デンタルブラシ ミニ 3本入り

    サイズ:ヘッド 約2cm / 柄 約6cm
    原材料:プラスチック
    原産国:アメリカ合衆国

    普通の歯ブラシで磨きにくいときは、持ち手に対してブラシがまっすぐ生えたタイプを試してみましょう。
    この歯ブラシは綿棒のような感覚で使え、毛の形が奥歯まで入れやすい山切りになっているところが特徴です。

    ブラシの毛質はやわらかいですがやや太めなので、体が小さい猫には使いにくいかもしれません。
    私は巨体猫用に使っていますが、子猫のおもちゃ代わりにも使えて重宝しています。

    5位 リデンタ ウォータープラス 口臭ケア用液体ハミガキ

    重量:237mL
    原材料:精製水ハーブオイルユッカ抽出物安息香酸ナトリウム(1%未満)
    原産国:アメリカ合衆国

    飲み水に混ぜるだけのお手軽アイテム。
    無味、無臭なので猫に気づかれにくく、天然成分なのがうれしいですよね。
    237mL入りだけでなく、473mL、3750mLの大容量タイプもあります。

    気になるのは原材料のハーブオイルや安息香酸ナトリウム。
    公式HPでは安全性について問題ないと説明されていますが、不安に思う人は避けた方がいいでしょう。

    ただしリデンタの製品はどれも評価が高く(値段も高めですが)、歯周病をどうにかしたいのであれば試してみる価値はあります。

    4位 トーラス 歯磨きが苦手な子に 食後の歯磨きゼリー

    内容量:30mL
    原材料:タウリンオリゴ糖ビタミンB6ビタミンB2還元パラチノースクチナシエキスグルコン酸亜鉛フッカナトリウム鉄分イオン交換水
    原産国:日本

    このパッケージは、みなさんもペットショップやホームセンターでよく見かけるのではないでしょうか。
    左右の奥歯に数適たらすだけなので、歯磨きが苦手な猫向けのアイテムです。

    クチナシエキスやグルコン酸亜鉛など、8つの成分が歯と歯茎にアプローチ。
    味やにおいにクセがないのか、あまり嫌がりません。
    原材料も比較的シンプルで購入できる場所も多く、価格も手ごろなので個人的に使いやすい商品です。

    3位 マインドアップ 猫口ケアティースブラシ

    重量:4g
    サイズ:1.8×14.5×0.7cm
    材質:ABS樹脂、ナイロン
    原産国:日本

    ブラシの先端が15度傾斜していて、差し込む向きによって2通りの角度で磨けます。
    犬猫用歯ブラシでも猫には大きすぎるものが多いなか、このブラシは猫専用。
    ヘッドが小さく毛足も長くてやわらかいので、歯と歯茎の隙間にも入ります。

    ブラシ部分のスペアが1本ついていて、汚れてきたら交換可能です。
    2匹飼っているご家庭は使い分けしてもいいですね。
    口が小さい子猫や、歯磨き慣れしていない猫におすすめしたい歯ブラシです。

    2位 KPS マウスクリーナー

    内容量:237mL
    原材料:蒸留水、天然レッドビート抽出液、亜鉛、ビタミンB、グリセリン(コーン以外の野菜)
    原産国:アメリカ合衆国

    飲み水に入れるタイプで、「リデンタ ウォータープラス」と同じ使い方です。
    液体がピンク色で驚くかもしれませんが、これは赤カブの一種であるレッドビートの色。
    レッドビートに含まれるビタミンCが防腐剤の役目も果たしています。

    リデンタよりもにおいがきついのか、飲みたがらない猫もいますが、原材料はこちらの方がよい気がします。
    猫との相性さえあえば、すこぶる便利なアイテムになるのではないでしょうか。
    歯磨きさせてくれる猫には、このマウスクリーナーを含ませたガーゼでお手入れしています。

    【こちらもCHECK】KPS マウスクリーナーを紹介している動画はこちら

    1位 ビバテック シグワン 猫用歯ブラシ

    重量:16g
    サイズ:柄 幅1.2×奥行き1.2×長さ14cm/ブラシ 直径1.07×長さ1.4cm
    原材料:PET樹脂ナイロン
    原産国:日本

    「またたびにゃん歯ブラシ」と同じく、この歯ブラシも360度毛が生えています。
    見た目の違いはトップ部分に毛がない点。
    0.05mmの超極細毛を採用しているので、こちらの方が毛先が細いです。

    厳密にはもっと違うところがあるのでしょうが、正直いって磨きやすさに大差はないように感じます。
    ブラシにまたたびをつければほぼ同じです。
    使いやすさと価格面で判断した結果、この商品を1位に選びました。

    【こちらもCHECK】シグワン 猫用歯ブラシを紹介している動画はこちら

    歯磨き用おもちゃおすすめ人気ランキングTOP3

    3位 ドギーマン にゃんデント ヘチマでハミガキ

    重量:18g
    サイズ:10×奥行1.5×高さ18.5cm
    原材料:ヘチマポリエステルまたたびの実(粉末)
    原産国:タイ

    ヘチマの網目が歯間ブラシのような役割をしていて、遊びながら歯のケアができます。
    中にまたたびの粉を仕込めるので、たいていの猫は反応してくれるはずです。
    着色料など余計なものを使っていないところがうれしいですね。

    ただ耐久性は正直いって皆無なので、荒々しく扱われると瞬殺。
    我が家は7匹がかりで2日持ちましたが、ズタズタのボロボロにされました。
    手で持って遊んであげれば多少長持ちするでしょうが、消耗品と思ってあきらめるが勝ちです。

    2位 ペッツルート まゆ歯みがき スティック

    重量:10g
    サイズ: 長さ24cm
    原材料:竹綿またたびの実天然まゆ(絹100%)
    原産国:日本

    スティックに天然まゆ玉がついたおもちゃ。
    一見耳かきのような見た目ですが、まゆ玉の凹凸面が歯の汚れを絡めとってくれます。
    中に入ったまたたびの実がカラカラ音をたてて猫の五感を刺激。

    特筆すべきは、口の中に入れることを前提に、オール天然素材でできているところ。
    猫とひっぱりあいしているうちに歯磨きが完了し、猫も飼い主もストレスフリーです。

    1位 Leaf Corp 国産またたびの木 中枝

    内容量:7本
    サイズ:直径1.7×長さ12cm(天然素材のためバラつきあり)
    原材料:またたびの木
    原産国:日本

    またたびも原木なら立派な歯磨きグッズに。
    一般的なまたたびの木よりもやや太めで、思いきりかじることができます。
    あまり大きすぎると怖がる猫もいたので、これくらいのサイズが丁度よかったです。

    無添加・無着色で、しかも国産!
    下手なおもちゃで遊ばせるよりもよっぽど信頼できます。
    ジッパー式の袋入りで香りも飛びません。
    7本も入っていて多頭飼いにとってもありがたいアイテムです。

    歯磨き用おやつおすすめ人気ランキングTOP3

    3位 スマック またたび玉 オーラルケア

    内容量:12g
    カロリー:42kcal/12g
    原材料:穀類(とうもろこし小麦粉パン粉)肉類(ミートミールチキンレバーパウダー)フィッシュミール動物性油脂脱脂大豆ビール酵母またたび純末グロビゲンPGミント粉末植物発酵抽出エキスミネラル類(カルシウムリン亜鉛ヨウ素)アミノ酸類(メチオニンタウリン)ビタミン類(ADEKB1B2B6コリン)
    保証成分値:タンパク質30%以上、脂質10%以上、粗繊維3%以下、灰分9%以下、水分10%以下
    原産国:日本

    歯周病菌の毒素中和作用をもつグロビゲンPG(卵黄粉末)に、殺菌効果が期待できるミント粉末が入っています。
    またたびの粉末でコーティングしているので猫が大喜びすること間違いなし!
    コロンとした丸い形なので、うちの猫たちは転がしながら食べます。

    原材料に着色料や合成保存料などが見当たらないので、比較的安心して与えられるおやつです。
    穀物メインだったり、ミール類や動物性油脂が入っていたりと、不安要素があることは否めません。
    しかしお手ごろ価格で食いつきもいいので、ごくたまにあげるおやつとして重宝しています。

    2位 プロデン デンタルバイツ 猫用

    内容量:60g
    カロリー:0.83kcal/1粒
    原材料:海藻(アスコフィラムノドサム)、オーガニック小麦、オーガニックトウモロコシ、オーガニックライス、オーガニック大麦、 オーガニック小麦ブラン、オーガニックオリーブオイル、イースト、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸)
    保証成分値:タンパク質7%以上、脂質5.5%以上、粗繊維2.5%以下、粗灰分7%以下、水分10%以下
    原産国:フランス

    人工保存料・添加物・着色料を一切使わず、天然素材にこだわった安心おやつです。
    主原料のアスコフィラムノドサムは北欧を中心に自生している海藻で、サリチルレイトという抗炎症作用を含んでいます。

    粒の大きさは約8mmと、猫が食べやすいサイズ。
    我が家の猫たちの食いつきも抜群ですし、口コミでもおおむね好評です。
    食いつきについて不安があれば、10gのお試しサイズからトライしてみてもいいですね。

    ただし甲状腺機能亢進症や妊娠しているときの使用は控えるよう記載されているので、何かしらの持病があるときは一度獣医師に相談したほうが安心でしょう。

    1位 グリニーズ 猫用 香味サーモン味

    内容量:70g
    カロリー:350kcal/100g
    原材料:チキンミール、小麦、玄米、コーングルテン、鶏脂、オーツ麦繊維、タンパク加水分解物、サーモンミール、亜麻仁、乾燥酵母、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、カルシウム、クロライド、コバルト、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物)、着色料(スイカ色素、ゲニパ色素、ウコン色素)
    保証成分値:タンパク質27%以上、脂質12%以上、粗繊維10%以下、灰分8%以下、水分10%以下
    原産国:アメリカ合衆国

    粒の形状は魚のしっぽ型と歯ブラシ型の2タイプを採用し、歯垢と歯石の蓄積コントロールを狙います。
    種類は全部で6種類。
    私はいつもなんとなくサーモンを選びますが、どのフレーバーもおいしそうに食べてくれます。
    156gのジャンボパックも新たに登場して心強い限りです。

    通常のドライフードよりも大きな粒で、噛みごたえもばっちりです。
    歯がない猫や丸飲みする猫には不向きですが、まだ歯が健康な猫の歯周病予防には効果を発揮してくれるでしょう。
    国産の商品と比べて材料も優秀なので、いつものおやつに置き換えてみるのもアリです。

    正しい使い方と注意すべき3つのこと

    ① トラウマにさせない

    猫 歯みがき

    歯磨きを嫌がるからといって無理強いすると、歯ブラシを見ただけで逃げるようになってしまいます。
    私たちだって急に口の中に異物を入れられたら、いい気はしませんよね。

    まずは歯ブラシやシートに慣らすため、好物のスープを染み込ませてみましょう。
    猫がリラックスしているタイミングを狙うのも重要。
    口元にあてて抵抗しないようなら、少しずつ様子をみながら磨いてみましょう。

    歯の根元を軽くこするようにして、できるだけ短時間で終わらせます。
    少しでも嫌がる素振りを見せたらリリースしてください。
    くれぐれも焦りは禁物です。

    ② 週に1回でも効果あり

    猫 歯ブラシ ピンク

    歯垢はおよそ1週間で歯石になります。
    歯石の表面はザラザラしているためそこにまた歯垢がたまり、この一連の流れが繰り返されると悪循環に陥るのです。

    もちろんそれを避けるために、毎日歯磨きできるのが理想的ですが、猫にとってストレスになるようであれば週に1度でもかまいません。
    要は石灰化するまえにケアできればいいのです。

    歯石を取るための道具も売られていますが、素人判断で取ろうとするのは危険。
    ナメル質を傷つけて悪化させるケースもあります。
    歯石は雑菌の温床でもあるので、動物病院で歯石除去してもらいましょう。

    ③ おやつタイプはあげすぎに注意

    猫

    歯磨き効果があるからといって、毎日おやつをあげる必要はありません。

    喜ぶ顔を見るとついたくさんあげたくなりますが、カロリーの取りすぎはよくありません。
    肥満はさまざまな病気の引き金となるため、それぞれの適正量は必ず守りましょう。

    また固さや大きさがあっていないと、高齢や病気で歯が弱っている猫には負担となります。
    歯が欠ける、口の中を傷つける、そのまま飲みこんで気管につまらせるなど、思わぬ事故につながることも。
    ちゃんと噛めているか確認したうえで与えてください。

    【こちらもCHECK】猫用フードに関連するおすすめ記事はこちら

    猫草おすすめ人気ランキングTOP15!種類や食べすぎの危険性も【2018年最新版】

    2018.04.30

    ウェットタイプのキャットフードおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.30

    キャットフードおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.27

    Amazon&楽天の猫用デンタルケア用品人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    猫用歯磨きグッズをスキンシップの道具にする

    女の子 猫 歯みがき

    多頭飼いだとつい歯ブラシを使い回してしまいがちですが、それをしてしまうと、結果的に歯周病菌を移しあうことになってしまいます。
    感染を防ぐためにも、歯ブラシはできれば1匹に1本ずつ用意してあげてください。
    細かいことを言えば、おもちゃの共有も感染源になるのでしょうが、歯に直接触れる歯ブラシはとくに気をつけたいところです。

    また口のまわりを触ると怒ったり、極度に嫌がったりする場合、歯周病がかなり進行している可能性が考えられます。
    そのまま放置していても重症化するだけなので、すぐにでも動物病院で診てもらいましょう。

    生まれつき歯磨きが好きな猫はいません。
    苦痛にさせないためにも、生後6ヶ月を目安に子猫の頃から習慣づけておくのがベスト。
    「歯磨き=気持ちいい」と認識してもらうには、義務ではなくスキンシップの一つとして取り組むことが大切です。

    【あわせて読みたい】猫用グッズに関連するおすすめ記事はこちら

    猫のおやつおすすめ人気ランキングTOP15!無添加で安全性の高い商品も【2018年最新版】

    2018.08.24

    猫用ブラシおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.23

    猫用ベッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.08.03

    猫用おもちゃおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.08.02

    猫の首輪おすすめ人気ランキングTOP15!おしゃれで安全性が高い商品も【2018年最新版】

    2018.07.31

    ABOUTこの記事をかいた人

    鈴木壱

    多数の猫やうさぎの飼育経験多数!

    猫7匹と暮らしており、主にペット関連の記事を執筆中です。
    動物と通販が大好きで、愛猫たちのアイテムを選んでいるときが至福タイムです。
    見た目は可愛いけれど、洗いにくいものも多いペットグッズ。
    だからこそ飼い主目線でチェックして、本当におすすめできるものをご紹介したいと思います。