シャッドテールおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 狙う魚の大きさにあわせてサイズを選ぶ
      →ブラックバス狙いの場合は3~5インチ、シーバスやヒラメ狙いの場合は4~6インチ、メバルやカサゴなどロックフィッシュ狙いの場合は2~4インチがおすすめ。
    • テールの大きさを見て選ぶ
      →小さいテールと大きなテールの2種類を持っておくと状況にあわせて使い分けがしやすい。
    • 小魚に近いカラーを選ぶ
      →池であれば「ワカサギ」や「ブルーギル」、海であれば「イワシ」や「カタクチ」などの小魚の名前がついたカラーを選ぶのがおすすめ。

    ルアー


    ルアーフィッシングで使われるワームにはさまざまな種類がありますが、なかでも使いやすくて釣れるのがシャッドテールタイプです。
    数多くのシャッドテールタイプのワームが販売されているので、初心者の方はどの製品を使ったらよいか迷ってしまうこともありますよね。
    本記事では釣り歴20年以上となる筆者がシャッドテールの選び方やおすすめ品、使用時の注意点をご紹介していきます。

    シャッドテールとは

    ルアー


    シャッドテールは小魚が泳ぐ姿をイメージして作られたワームです。
    巻いたり沈んだりするときにテールに水の抵抗を受けて、振動を起こして魚にアピールします。

    シャッドテールはフィッシュイーターと呼ばれるブラックバスやシーバスなどを大小問わず釣ることができるので、初心者の方には特におすすめしたいタイプのワームです。
    選び方のポイントを踏まえつつ、自分が気に入ったものをぜひ使ってみてください。

    【こちらもCHECK】ワームに関連するおすすめ記事はこちら

    シーバス用ワームおすすめ人気ランキングTOP10!ワームを使った釣り方も【2017年最新版】

    2017.12.01

    バス釣り用ワームおすすめ人気ランキングTOP10!リグや仕掛けのポイントも【2017年最新版】

    2017.11.30

    アジングワームおすすめランキングTOP10!ケースやカラーの選び方も【2017年最新版】

    2017.11.13

    シャッドテールを選ぶときの3つのポイント

    ①狙う魚の大きさにあわせてサイズを選ぶ

    ティムコ(TIEMCO) ワーム PDLスーパーシャッドテール 3インチ クリスタルホワイト #16
    ティムコ(TIEMCO) ワーム PDLスーパーシャッドテール 3インチ クリスタルホワイト #16

    シャッドテールは1つの製品であってもさまざまな大きさが用意されていますので、狙う魚の大きさにあわせてサイズを選ぶようにしましょう。
    例としてブラックバス狙いの場合は3~5インチ、シーバスやヒラメ狙いの場合は4~6インチ、メバルやカサゴなどロックフィッシュ狙いの場合は2~4インチがおすすめです。
    もし迷った場合には最も汎用性の高い大きさの4インチを購入して使ってみてください。

    ②テールの大きさを見て選ぶ

    ルアー

    シャッドテールのアピールを生み出すテールですが、製品によって大きさはさまざまです。
    テールの大きさはそのままアピールの強さに関わってきますので、できれば小さいテールと大きなテールの2種類を持っておくと状況にあわせて使い分けがしやすいのでおすすめです。

    ③小魚に近いカラーを選ぶ

    魚


    シャッドテールのイメージは小魚なので、それに近いカラーを選ぶのが基本となります。
    池であれば「ワカサギ」や「ブルーギル」、海であれば「イワシ」や「カタクチ」などの小魚の名前がついたカラーを選ぶのがおすすめです。
    もちろんほかのカラーもシチュエーションによって効果的となりますので、慣れてきたらだんだんとカラーを増やしていくとよいでしょう。

    シャッドテールおすすめ人気ランキングTOP5

    ここからはシャッドテールのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介します。
    筆者がシャッドテール選びのポイントを踏まえて選んだものなので、ぜひ参考にしてみてください。

    5位 マーズ ボディキール 3インチ

    大きなテールで強いアピールを生み出す海用のシャッドテール。
    特にヒラメやマゴチ狙いで効果的な製品となっています。

    Amazon商品価格(2018年4月4日現在)

    734円

    4位 ケイテック スイングインパクトファット 3.8インチ

    針持ちがとてもよい、強度を持ったシャッドテールです。
    天然のイカフレーバーが素材に練り込まれていて、魚が喰いついてから離すまでの時間を伸ばすことができるようになっています。

    Amazon商品価格(2018年4月4日現在)

    602円

    3位 フィッシュアロー フラッシュJシャッド 3インチ

    ボディー内部にアルミホイルを入れてある珍しいタイプのシャッドテール。
    きらめきを増すとともに硬さも持っているので機敏なアクションで魚にアピールできます。

    Amazon商品価格(2018年4月4日現在)

    910円

    2位 エコギア パワーシャッド 4インチ

    海用のシャッドテールとして最も人気の製品です。
    ボディーのバイブレーションがとても細かく、イワシやシロギスなど細身の小魚をイメージさせやすい特徴があります。
    シーバスやヒラメ、ロックフィッシュまで数ある実績を残しているおすすめのシャッドテールです。

    Amazon商品価格(2018年4月4日現在)

    626円

    【こちらもCHECK】パワーシャッドおすすめ解説動画はこちら

    1位 O.S.P ドライブシャッド 4.5インチ

    ボディーの安定性が高く回転しにくいシャッドテール。
    ブラックバス用に作られていて自重もあるので、ベイトタックルで使用することも容易です。

    Amazon商品価格(2018年4月4日現在)

    831円

    【こちらもCHECK】ドライブシャッドおすすめ実釣動画はこちら

    シャッドテールを使用するうえでの注意点

    泳ぎが安定するフックを使う

    TAKAMIYA(タカミヤ) FALKEN R ラウンドジグヘッド KSE-700  3/16oz
    TAKAMIYA(タカミヤ) FALKEN R ラウンドジグヘッド KSE-700 3/16oz

    シャッドテールはテールによってアピールするワームですが、回転してしまいうまく泳がないこともあります。
    これを防ぐためには太い軸を持ったオフセットフックや、フックの向きが決まりやすいジグヘッドリグを使ってみるのがおすすめです。
    また、きれいにまっすぐセットするようにすることも、シャッドテールの泳ぎを安定させるコツなので覚えておきましょう。

    シャッドテールでさまざまな魚種を釣り上げよう

    釣果 ブラックバス


    シャッドテールを使えば池でも海でも釣果を出すことが可能です。
    初心者の方でもとても使いやすく、釣れやすいタイプのワームなのでボックスに欠かさず入れておきたいものです。
    ぜひ本記事でご紹介した内容やおすすめ品を参考に、シャッドテールを使ってのルアーフィッシングを楽しんでみてください。

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    シャッド(ルアー)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.09

    クランクベイトおすすめ人気ランキングTOP15!自作や使い方についても【2018年最新版】

    2018.04.04

    エギングとは?ロッドやリール&エギングの種類の解説や初心者向け動画も

    2018.04.02

    電動リールおすすめ人気ランキングTOP15!使い方やメンテナンスも【2018年最新版】

    2018.04.02

    アジングとは?ロッドやリール&仕掛けの解説や初心者向け動画も

    2018.03.19