ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10!ダイワやシマノの選び方も【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 1.5号以上のPEラインがしっかり巻けるものを選ぶ
      →最低でも1.5号の太さのPEラインを300メートル巻くことが出来るリールを選ぶべき。
    • ハイギア以上のモデルを選ぶ
      →速く巻き取ることができるリールが有利。
    • ハンドルはギアに直接固定できて大きなノブがついたものを選ぶ
      →大きな握り込みやすいハンドルノブがついたものを選ぶ。
    • ダイワは3,500~5,000番を選ぶ
      →険しい磯などで太いラインを使って釣りをするときにおすすめ。
    • シマノは4,000~6,000番を選ぶ
      →防波堤や砂浜からライトショアジギングを楽しむときにおすすめ。

    釣り 夕日


    比較的軽めのメタルジグを使って行うライトショアジギング。
    本格的な船からのジギングや、ショアジギングに比べてチャレンジしやすいのが特徴です。

    ライトショアジギングには釣りにあった適切なリールが必要となります。
    初心者の方にとってはこのライトショアジギング用にどのようなリールを選べばよいのかわからない方も多いでしょう。

    本記事ではライトショアジギング歴10年以上となる筆者が経験を踏まえて、ライトショアジギングリールの選び方からおすすめまでをご紹介していきます。
    ぜひ最後まで目を通して参考にしてみてください。



    ライトショアジギングリールとは

    釣り リール


    ライトショアジギングリールはまずスピニングリールしか使われないと考えておきましょう。
    もう一つのタイプであるベイトリールではトラブルが起きる可能性などを考えると非常に使い勝手が悪いからです。

    ライトショアジギングでは使うメタルジグやタックルこそ比較的ライトなものにはなりますが、ヒットしてくる魚はヒラマサやブリ、サワラといった青物、マハタやキジハタといった根魚などの強い引きをするものとなります。
    そのため、ライトショアジギングではタックルにあわせつつ、できる限り力のある大きさのリール選択がおすすめ。

    【こちらもCHECK】リールに関連するおすすめ記事はこちら

    シマノのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.27

    ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.26

    ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!使い方やメンテナンスについても【2018年最新版】

    2018.02.16

    ライトショアジギングリールを選ぶときの5つのポイント

    ① 1.5号以上のPEラインがしっかり巻けるものを選ぶ

    ヤマトヨテグス(YAMATOYO) ライン ファメル PEショアジギング 200m 2号 25LB
    ヤマトヨテグス(YAMATOYO) ライン ファメル PEショアジギング 200m 2号 25LB

    ライトショアジギングではPEラインという糸を使います。
    PEラインは太さに対してほかのラインよりも強度があり、やわらかいので飛距離が出る特徴があります。

    ライトショアジギングでは飛距離が第一に釣果に関わってきますので、PEラインを使用することが前提となります。
    最低でも1.5号の太さのPEラインを300メートル巻くことが出来るリールを選ぶべきです。

    巻くことができるラインの太さに関しては、リール本体やカタログ等の表示を参考にして選んでいきましょう。

    【こちらもCHECK】ベイトリールラインに関するおすすめ記事はこちら

    ベイトリールラインおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.02

    ② ハイギア以上のモデルを選ぶ

    シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 ツインパワーSW 6000XG
    シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 ツインパワーSW 6000XG

    リールには「ギア比」というものがあり、この数字が大きいほど、ハンドルを回転させたときに巻き取れるラインの量が多くなります。
    同じ大きさであってもギア比の違いによって適した釣りが変わってきます。

    ライトショアジギングではルアーを投げて引いてくるときにも、魚がヒットしたときにも速く巻き取ることができるリールが有利です。
    そのため、ライトショアジギングリールを選ぶときにはハイギア以上のモデルを選ぶのがおすすめ。

    ハイギアやスーパーハイギア、エクストラハイギアといったモデルがありますので、各メーカーのスペック表を参考にして選んでみてください。

    ③ ハンドルはギアに直接固定できて大きなノブがついたものを選ぶ

    先に解説したギア比ですが、ハイギア以上のギア比になると力の伝達効率が落ちるので、巻くためには力が必要となります。
    そのため、力が入れやすいハンドルがついたモデルを選ぶのもポイント。

    まずはハンドルを直接ギアに固定するタイプを選ぶようにしましょう。
    ハンドルの反対側からスクリューで固定するタイプは、使っているたびにスクリューが緩むためライトショアジギングではおすすめできません。
    さらに大きな握り込みやすいハンドルノブがついたものを選ぶようにしましょう。

    丸や楕円形状のもの、T字ハンドルでも大きめのものがついているものが使いやすいので覚えておくとよいです。

    ④ ダイワは3,500~5,000番を選ぶ

    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 3500
    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 3500

    リールの販売メーカーとして国内で有名なメーカーの1つがダイワ。
    ダイワにはライトショアジギング用以外にも多くのスピニングリールが販売されています。

    基本的にはダイワのライトショアジギングリールとしては3,500~5,000番がおすすめです。
    ダイワのリールは構造上巻き取りの力が強めでもあるので、比較的険しい磯などで太いラインを使って釣りをするときにおすすめです。

    ⑤ シマノは4,000~6,000番を選ぶ

    シマノ リール 16 ナスキー 4000XG
    シマノ リール 16 ナスキー 4000XG

    リールだけでなく自転車などのギア製造でも有名なメーカーがシマノです。
    シマノのラインナップからライトショアジギングリールを選ぶときには4,000~6,000番を目安に選んでみてください。
    シマノのリールはドラグの効きがスムーズなことが多いので、防波堤や砂浜からライトショアジギングを楽しむときにおすすめです。

    ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはライトショアジギングリールのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者がライトショアジギングリール選びのポイントを踏まえたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 ダイワ BG3500H

    自重:400グラム
    ギア比:5.7(ハイギア)
    ライン巻糸量:2号300メートル

    大型ギアを搭載したパワー重視の低価格帯リール。
    高剛性のアルミボディーにしっかりとした効きを約束してくれるドラグを搭載しているリールとなっています。

    ライトショアジギングでキャスト時に気になるベールリターンについても気を配ってあるリールです。

    9位 ダイワ ソルティガ4500H

    自重:610グラム
    ギア比:5.7(ハイギア)
    ライン巻糸量:3号400メートル

    過酷な環境下でも耐久性低下が少ないダイワのフラッグシップモデル。
    ギアにはダイワで最も強度の高い「ハイパーデジギア」を使用し、水や埃の浸入を防ぐ「マグシールド」をボールベアリングにまで採用してあります。

    ライトショアジギングのなかでも大型魚がヒットする可能性が高い場所や、上級者にはぜひ使ってもらいたいリールとなっています。

    8位 ダイワ ブラスト4000H

    自重:415グラム
    ギア比:5.7(ハイギア)
    ライン巻糸量:2.5号300メートル

    ダイワのフラッグシップモデルのソルティガの機能を搭載してモデルチェンジされたリール。
    水の浸入を防ぐ磁性を持った流体オイルを使用した「マグシールド」、回転の軽さを生み出す「エアローター」など、ライトショアジギングの負荷を考慮しつつもできるだけ快適さを求めたリールとなっています。

    7位 シマノ ステラSW 5000XG

    シマノ リール 13 ステラ SW5000XG

    シマノ リール 13 ステラ SW5000XG

    95,216円(03/28 17:27時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    自重:435グラム
    ギア比:6.2(エクストラハイギア)
    ライン巻糸量:2号350メートル

    他を圧倒する強度を持つシマノのソルトウォーターリールのフラッグシップモデル。
    X-RIGID GEARというギアや、X-TOUGH DRAGというドラグなど、最も高い性能を表す「X」がついた機能が満載のリールです。

    強度面の高さがある一方で、滑らかさも持っており上級者にはぜひ手にしてもらいたい最上級モデルとなっています。

    6位 ダイワ ソルティガ BJ 3500SH

    自重:430グラム
    ギア比:6.2(スーパーハイギア)
    ライン巻糸量:2号300メートル

    「モノコックボディ」を採用したコンパクトでありつつパワーのあるリール。
    モノコックボディによって、内部のドライブギアを最大限にできていますので、従来よりも巻き取りのパワーが向上されています。
    ハンドルノブにはラウンドタイプのEVAラージを採用してありますので、力強い巻き取りが可能です。

    5位 シマノ バイオマスターSW 6000HG

    自重:450グラム
    ギア比:5.7(ハイギア)
    ライン巻糸量:2号440メートル

    人気が高いバイオマスターシリーズのソルトウォーター専用モデル。
    防水性能はIPX8に相当しており、水が非常に侵入しにくくなっています。
    採用してあるラバー製のエッグノブは滑りにくくライトショアジギングには最適です。

    4位 シマノ ツインパワーXD 4000XG

    自重:290グラム
    ギア比:6.2(エクストラハイギア)
    ライン巻糸量:1.5号320メートル

    非接触の構造でありつつ、水の内部侵入を防ぐ「Xプロテクト」が採用されているリール。
    撥水処理がされていますので、汚れが付きにくいといったメリットもあります。
    バランスのよいボディー構造でタックルバランスもよくなるリールとなっています。

    3位 ダイワ ヴァデル3500H

    自重:410グラム
    ギア比:5.7(ハイギア)
    ライン巻糸量:2号300メートル

    高精度で力強い巻き取りができる「デジギアII」を採用してあるリール。
    ピニオンギアとドライブギアのバランスを取ることで、耐久バランスを向上させており、持ち運びがしやすいように折りたたみ式のアルミマシンカットハンドルを採用してあります。

    2位 シマノ サステイン4000XG

    シマノ リール サステイン 4000XG

    シマノ リール サステイン 4000XG

    25,346円(03/28 15:44時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    自重:285グラム
    ギア比:6.2(エクストラハイギア)
    ライン巻糸量:1.5号320メートル

    強さの中にも軽さを求めたシマノのミドルクラスリール。
    スプール内部を2点のベアリングで支えてあるので、ドラグの効きが非常によいです。
    ほかにもしっかりとした剛性を持つボディーなどの機能が満載のリールとなっています。

    1位 ダイワ セルテートHD 4000SH

    自重:405グラム
    ギア比:6.2(スーパーハイギア)
    ライン巻糸量:2.5号300メートル

    ショアからの釣りで高い評価を受け続けているリール。
    ライトショアジギング以外にも広く使われているシリーズとなっています。
    特にこの「HD」はヘビーデューティーモデルとなっており、「モノコックボディ」の採用をすることによってパワーを向上させてあります。

    ライトショアジギングリールを使用するうえでの注意点

    投げるときには絡みに要注意

    紐 カラフル

    ライトショアジギングでは40グラム以上のメタルジグを使うため、キャスト時の衝撃が強めです。
    ラインが穂先に絡んでいたりすると、ロッドの破損やルアー自体が自分に飛んできたりすることがあり非常に危険。
    投げるときにはしっかりと確認をしつつ、できるだけゆっくりとした動作で投げるのがよいでしょう。

    ライトショアジギングリールでたくさんの魚を釣ろう

    魚 ぶり


    ライトショアジギングではリールの選び方をしっかり行い、注意点を意識しながら釣りをすると非常に楽しい釣りができます。
    釣れる魚は多彩で引きが強く、いずれも食べて美味しいので釣りから帰ってからも楽しめます。
    今回の記事を参考におすすめランキングの中から自分にあったライトショアジギングリールを選んで、ぜひチャレンジしてみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    エギングリールおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.27

    ショアジギングラインおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.19

    リール用オイル(グリス)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.15

    ショアジギングタックルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.22

    夜釣り用ヘッドライトおすすめ人気ランキングTOP25【2017年最新版】

    2017.11.01