シーバス用ワームおすすめ人気ランキングTOP10!ワームを使った釣り方も【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 形状を選ぶ
      →例えば、小魚がエサとなっているときは「シャッドテールワーム」を選択。
    • 釣り方はただ巻きかワインドであることを意識
      →「ただ巻き」の場合はシャッドテールワームやピンテールワームを。
    • ワームにあったジグヘッドかどうか
      →シャッドテールワームやピンテールワームにはただ巻きに適したものを、ワインド用ワームにはワインド用のジグヘッドを使用。
    • カラーは数種類用意しておくと安心
      →シーバスワームにはたくさんのカラーがあり、使い分けることで釣果アップに繋がる。

    魚 釣り


    シーバスのルアーフィッシングで必須となるワーム。
    人気が高まっている現状のシーバスが釣れるフィールドにおいては持っておいて損しないルアーとなっています。

    シーバスで使われるワームですが、シーバスがエサとしている小魚やエビ、イカやゴカイなどそれぞれにあわせたり、時には反射食いを狙っていく使い方をするためさまざまな種類があります。
    本記事においてはシーバス釣り歴10年を越える筆者がシーバスワームの選び方からおすすめの商品までをご紹介。
    シーバス釣りでさらに釣果を伸ばすために役立つ情報をお伝えしていきます。



    シーバスワームとは

    エコギア(ECOGEAR) ルアー パワーシャッド 4インチ 159 カタクチ
    エコギア(ECOGEAR) ルアー パワーシャッド 4インチ 159 カタクチ

    シーバス釣りではハードルアーが使われることが多いですが、それだけでは釣果が得られない状況もあります。
    そのようなときにワームを持っておき、場面をしっかり選んで使うことで釣果を上げることができます。

    シーバスワームは主に巻くこととロッドでアクションを加えて使うことが前提となっていて、ほかのルアー釣りのように底を這わせたりする使い方をすることはほとんどないので覚えておきましょう。

    シーバスワームはほとんどが細身で作られていて、比較的小型なためスピニングタックルで使われることが多いです。

    【こちらもCHECK】シーバスに関連するおすすめ記事はこちら

    シーバスルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類やカラーも【2018年版】

    2018.01.11

    シーバスロッドおすすめ人気ランキングTOP10!ダイワとシマノやエギングも【2017年最新版】

    2017.12.11

    シーバスリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワも【2017年最新版】

    2017.12.11

    シーバスワームを選ぶときの4つのポイント

    ① 種類を知って選ぶ

    ワームセット シャッド テール 6.5cm 30個 ジグヘッド 3g 5個 ロックフィッシュ 釣り に

    ワームセット シャッド テール 6.5cm 30個 ジグヘッド 3g 5個 ロックフィッシュ 釣り に

    シーバスワームには形状が違う種類があり具体的には以下になります。

    • シャッドテールワーム
    • ピンテールワーム
    • ワインド用ワーム

    シャッドテールワームは小魚がエサとなっているとき。
    ピンテールワームはエビやゴカイがエサとなっているとき。
    ワインド用ワームは昼間に深場を狙うときにそれぞれ適しています。

    使い方や適している場所がそれぞれ違いますので、選ぶときには各1種類ずつは揃えておくことをおすすめします。

    ② 釣り方はただ巻きかワインドであることを意識

    釣り竿 リール

    シーバスワームの釣り方は、「ただ巻き」もしくは「ワインド」といった使い方をします。
    ただ巻きは名前の通り巻いてくるだけの使い方で食性に訴えかけやすく、シャッドテールワームやピンテールワームが適しています。

    ワインドはロッドを鋭く連続的に煽ってワームを上下左右にアクションさせる反射食いを誘う釣り方です。

    どちらも動かすスピードや深さを意識していくことで釣果を伸ばすことができます。
    先に紹介した種類以外のワームはあまりシーバス釣りでは適していませんので、選ぶときには注意しましょう。

    ③ ワームにあったジグヘッドがあることを理解しておく

    釣り ルアー

    シーバスワームはジグヘッドで使うことが前提となっています。
    ジグヘッドとは重りとフックが一体になっているルアーフィッシング用のハリのことを言います。

    このジグヘッドにはただ巻きに適したものと、ワインドに適したものがあります。
    ただ巻き用のジグヘッドは重りが弾丸型でフックが1本のものが多く、ワインド用は重り部分が三角形でトリプルフックがついているものが多いのが特徴です。

    シャッドテールワームやピンテールワームにはただ巻きに適したものを、ワインド用ワームにはワインド用のジグヘッドを使うことを理解しておきましょう。
    また、重さを変えるとシーバスの反応が変わることも多いので、重さは数種類用意しておくとよいでしょう。

    ④ カラーは数種類用意

    Altruism ソフトルアー セット 海 バス ルアー シーバス バイブレーション ルアー トップウォーター AL0609 (多色)
    Altruism ソフトルアー セット 海 バス ルアー シーバス バイブレーション ルアー トップウォーター AL0609 (多色)

    シーバスワームにはたくさんのカラーがあり、使い分けることによって釣果アップに繋がります。
    基本的にはシーバスが小魚を追っているときや水が澄んでいるときにはラメが入ってキラキラしているカラーがよく、濁っている場合や深場狙い、また夜に釣りをするときにはホワイトやピンクなどの膨張色がおすすめです。

    これにあわせてまったくエサに似つかない色をしているイエローやグリーンを持っておくと、釣れないときに試してみると意外と釣果が得られたりします。
    シーバスワームではカラーを数種類用意しておくのが効果的です。

    シーバスワームおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはシーバスワームのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者がシーバスワーム選びのポイントを踏まえたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 バークレイ バヒッド80

    トリプルフックを2本搭載してあるシーバスワーム。
    ワームでありつつ、シーバスの体当たりするようなバイトも掛けていくことができます。
    ほかのワームでフッキングできないときに持っておくと重宝するワームです。

    9位 バークレイ ガルプ! サンドワーム

    ゴカイをイメージしたにおい付きワーム。
    シーバスは春先にゴカイを偏食することが多く、その時期に特におすすめです。
    保管時には液が漏れないようにしっかりと密閉して保管してください。

    8位 コアマン アルカリ

    機械ではなく、熟練の職人が手作業で作っているハンドメイドのワーム。
    スローに引くと無警戒で泳ぐ小魚を、速く引くと左右に振れるアクション、ロッドでアクションを加えると左右にダートするといった多彩な使い方ができます。
    ハンドメイドのため、多層に渡るカラーリングも魅力的なシーバスワームとなっています。

    7位 フィッシュアロー フラッシュJハドル

    リアルな見た目と特殊なテール形状が特徴のワーム。
    テールがプルプルと震えて、ボディーはローリングアクションを起こしてくれます。
    ただ巻き用のジグヘッドリグを組みあわせて、プレッシャーの高いエリアで使うのがおすすめのワームです。

    6位 マーズ R-32

    ナイトゲームで特に力を発揮してくれるピンテールタイプのワーム。
    軽めのジグヘッドリグで、ゆっくりと巻いてくるだけでシーバスを誘ってくれます。
    イカや小さな小魚を捕食しているときにはとてもおすすめです。

    5位 バディーワークス フラッグシャッド

    ボディーに入ったスリットが特徴のシャッドテールワーム。
    スリットによってアクションは大きくなり、シーバスが喰いついてきたときには折れ曲がってフッキングしやすくなります。
    ゆっくり引いてもアクションしてくれるので、シーバスが低活性なときにおすすめです。

    4位 オンスタックルデザイン マナティー

    ワインド釣法専用のシーバスワーム。
    専用ジグヘッドと組み合わせることで、大きく鋭い上下左右へのダートアクションが可能となります。
    リズムよく3~5回連続的にアクションさせつつ、途中にシーバスが喰い付くタイミングを与えながら使っていくことが釣果を上げるコツとなります。

    3位 エコギア バルト

    大きなテールアクションが魅力のシャッドテールワーム。
    ボディーをうねらせるように大きくアクションしますので、ベイトフィッシュが大きなときや濁りが入ったときに効果的です。

    使うときには重めでフックが大きめのジグヘッドと組みあわせて、ただ巻きで使うのがおすすめです。
    リアルな見た目で使う釣り人側からしても集中力が保ちやすいワームとなっています。

    2位 ダイワ モアザン ミドルアッパー

    非常にやわらかい素材が特徴のシーバスワーム。
    ただ巻きではテールが細かく震え、ダート型ジグヘッドを組み合わせると左右へのダートアクションでシーバスを誘います。

    シーバスが喰い付いたときにはワームが折れ曲がってくれるので、フッキング率が高めです。
    特に日中の釣りで効果的となるワームです。

    1位 エコギア パワーシャッド

    カラーもサイズも豊富なソルトウォータールアー全般で活躍しているシャッドテールワーム。
    張りのあるボディーとテールの動きが連動してシーバスにアピールしてくれて、ラメが多く入っているモデルでは小さな音も発生してくれます。
    使うときにはただ巻きでの使用がおすすめの、昼でも夜でも使えるおすすめのシーバスワームです。

    楽天のシーバス用ワーム人気ランキング

    楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    シーバスワームを使用するうえでの2つの注意点

    ① サイズが小さなワームは細いラインで使う

    クレハ(KUREHA) リーダー シーガー プレミアムマックス ショックリーダー30m 9.5lb 2号
    クレハ(KUREHA) リーダー シーガー プレミアムマックス ショックリーダー30m 9.5lb 2号

    サイズが小さなシーバスワームを使うときには細いラインを使います。
    太いラインを使うとラインが水の抵抗を大きく受けてしまい、ワームが上側を向いてしまってうまくアクションしてくれないようになります。

    シーバスがヒットしたときにはある程度の強度が必要となりますので、最低でも8ポンド程度の太さを使います。
    シーバスがヒットしたらリールのドラグをうまく使いつつ、取り込む時にはネットを使うようにしましょう。

    ② ワームはほかの釣り以上に真っ直ぐセット

    ピック


    マーズ(MARS) マーズピック

    シーバス釣りではワームをセットするときに特に注意して真っ直ぐにセットするようにしましょう。
    きれいに真っ直ぐセットできているかどうかは投げてみて高速で巻いたときに左右どちらにもぶれずに自分に真っ直ぐに向かってくるかどうかで確認できます。

    ワームを真っ直ぐにセットするにはワームにジグヘッドを当ててフックを出す場所の検討をつけてからセットすることです。

    セットするための穴を開けることができるサポートツールも販売されていますので、そういったものを使うと非常に便利です。

    シーバスワームは使い方が大事

    釣り 魚 釣果


    シーバスワームは使う場面をしっかり選んで使うことで釣果を伸ばすことができます。
    ハードルアーよりもワームはシーバスに対してのアピールが弱いので、使う場面によってはシーバスに気付かれずに釣れないといったこともありますので注意が必要です。

    しかしながら、人が多くシーバスの警戒心が高いような地域では必ず持っておかないと釣果0が続いてしまうなんてことも起こり得ます。

    ワームとハードルアーそれぞれのメリットを意識してみることで、シーバスの釣果はおのずとついてくることでしょう。
    おすすめランキングを参考にしながら、シーバス釣りで必須となるワームを揃えて使ってみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    釣り用具に関する記事はこちら

    ワームケースおすすめ人気ランキングTOP5!安さも【2018年最新版】

    2018.04.13

    シャッドテールおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.09

    シーバスルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類やカラーも【2018年版】

    2018.01.11

    シーバスリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワも【2017年最新版】

    2017.12.11

    シーバスラインおすすめ人気ランキングTOP5!太さやナイロンも【2017年最新版】

    2017.12.08