壁掛け型ホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

選び方のポイント

  • サイズを選ぼう
    →設置場所のサイズを測り、設置場所まで運べるかを考えてから購入する。
  • マグネット対応かどうかをチェック
    →マグネット対応のものとそうでないものがあるので注意。
  • ホワイトボードの向きを考える
    →縦横どちらにも対応するものを買えば、購入後に向きを決めることもできる。
会議室 ホワイトボード

ホワイトボードは、気軽に書き込んだりプリント類をマグネットで留めるなど、用途にあわせて自由に使うことのできる便利なボードです。
設置場所や設置方法によって種類が異なるので、本記事ではそのなかでも壁掛け型のホワイトボードについて紹介していきます。

壁掛け型ホワイトボードとは?

教室 ホワイトボード

壁に設置した金具に掛けて使用するタイプを、壁掛け型ホワイトボードと呼びます。
スペースにあわせてちょうどよい大きさのホワイトボードを選べば、場所を取ることもなく使いやすいです。
専用のマーカーペンを使用して自由に書いたり消したりすることができ、マグネットをつけることのできるホワイトボードならプリント類を貼りつけることもできます。

【こちらもCHECK】ホワイトボードに関連するおすすめ記事はこちら

ホワイトボードマーカーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.18

カレンダー型ホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.15

ホワイトボードクリーナーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.11

壁掛け型ホワイトボードを選ぶ3個のポイント

壁掛け型ホワイトボードは種類が豊富なので、実際に選ぶときのポイントを3つご紹介します。
選ぶのに迷ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

① サイズを選ぼう

ビジネスマン ホワイトボード

まず目測を誤って違うサイズのものを買ってしまわないように、ホワイトボードを掛けようと思っている場所のサイズは、きちんと測ってから購入するようにしましょう。
大判サイズのホワイトボードを設置しようと思っている場合は、どのようにして設置場所まで運ぶのかも考えてから購入するようにすると安心です。

② マグネット対応かどうかをチェック

ホワイトボード 紙 マグネット

ホワイトボードの材質によっては、マグネットが使用できるものとできないものがあります。
マグネットが使えるものを選んでおくと、プリント類をマグネットで留めたり、マグネットつきのマーカーやイレーザーもホワイトボードにくっつけた状態で保管することができるので場所もとらず、なくす心配もありません。

③ ホワイトボードの向きを考える

ホワイトボード シンプル

ホワイトボードを壁に掛けるとき、縦にするか横にするかで悩むことってありますよね。
あらかじめ決まっていれば問題はないのですが、もしどうしても決まらないようであれば、縦横どちらにも対応しているものを選んでおくと安心です。

壁掛け型ホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP10

ここまでは壁掛け型ホワイトボードを選ぶときのポイントについて説明してきました。
ここからは、おすすめの商品を紹介していきます。
商品によって特徴に違いがあるので、最適なものをぜひ選んでみてくださいね。

10位 プラス ホワイトボード 壁掛け マーカー・イレーザーセット

サイズ:604×16×454mm
重量:1.17kg
材質:アルミほか

ホワイトボードの表面がなめらかなので、とても書きやすくて消しやすいと人気の商品です。
フレームには丈夫で軽いアルミを使用、縦置き、横置きのどちらにも対応しています。
マーカーとイレーザーが1つずつついていて、はめ込み式のペントレイと、壁に設置するときの吊り金具も2個ついているので、すぐに使うことができます。

Amazon商品価格(2018年4月8日現在)

2,484円

9位 アイリスオーヤマ ホワイトボード アルミ

サイズ:90×60×1.2cm
重量:1.8kg
材質:アルミニウム、ABS樹脂、スチール、ポリプロピレン

シンプルなデザインが人気のアイリスオーヤマから販売されているアルミのホワイトボードです。
マーカーとイレーザー、ペントレーが1個ずつと、吊り下げ用の部品とフックが2個ずつついています。
フックと吊り下げ用部品は、設置場所に応じて使い分けることができます。

Amazon商品価格(2018年4月8日現在)

2,570円

8位 アスカ(Asmix)アルミフレーム ホワイトボード

サイズ:600×13×450mm
重量:-
材質:アルミ、ABS、紙、鉄板

アルミフレームを使用しているので軽くて丈夫、縦にも横にもできるように回転式フックがついています。
シンプルなデザインなのでインテリアの邪魔にならず、多くの店舗で利用されています。
マーカーとイレーザー、トレーが付属しているので、設置後すぐに使えるのがうれしいですね。

Amazon商品価格(2018年4月8日現在)

2,120円

7位 マグエックス ホワイトボードMX A2サイズ

サイズ:12×440×600mm
重量:1kg
材質:スチール、PP、ボール紙

A2サイズとほどよい大きさの壁掛け用ホワイトボードです。
縦にも横にも設置することができ、マグネットが3個、マーカーにイレーザー、トレイがセットとなっているので、すぐに使い始めることができます。
家庭でも人気の商品です。

Amazon商品価格(2018年4月8日現在)

958円

6位 Rabbitgoo ウォールステッカー ホワイトボード シート

サイズ:-
重量:-
材質:-

ステッカータイプのホワイトボードなので、狭いスペースに設置したいときや、壁に穴をあけたくないときにおすすめ。
貼りつけたい部分をきれいにしてから、ステッカーを貼るときれいに仕上がります。
専用のペンが1本ついてくるので、すぐに使うことができるのもうれしいですね。

Amazon商品価格(2018年4月8日現在)

1,150円

5位 ナカバヤシ 薄型アルミホワイトボード

サイズ:900×600×5mm
重量:3kg
材質:アルミ、スチール、MDF

マーカーとイレーザー、ペントレーが1個ずつついているナカバヤシのホワイトボード。
厚さはわずか5mmと薄く、どんな壁面に設置しても違和感や圧迫感がありません。
家庭やオフィス、店舗などさまざまな場所で活用できる人気の商品です。

Amazon商品価格(2018年4月8日現在)

3,378円

4位 オフィスコム ホワイトボード 壁掛け 無地

サイズ:1800×900mm
重量:5.8kg
材質:スチール、アルミ

オフィスを中心に人気のホワイトボード。
マグネットが使えるので、大切な書類や専用のマーカーペンを貼りつけておくことができます。
マーカーとイレーザーがついているので設置後すぐに使用することができ、家庭でも人気です。

Amazon商品価格(2018年4月8日現在)

8,618円

3位 ホワイトボード ウォールステッカー

サイズ:44.5x200cm
重量:-
材質:-

ステッカータイプのホワイトボードなので、壁に穴をあけたくない人におすすめ。
設置したい壁をきれいに拭いたあと、粘着力の強いのりを使用してくっつけていきます。
シート自体に磁性がないので、マグネットを使用することはできませんが、専用マーカーを使って何度も書いたり消したりできる使い勝手のよい商品です。
ステッカータイプなので、用途にあわせて好きな形にカットできると人気です。

Amazon商品価格(2018年4月8日現在)

1,099円

2位 カグクロ ホワイトボード 壁掛け 月予定

サイズ:604×16×454mm
重量:1.17kg
材質:鋼板、アルミほか

月予定が書き込めるように、最初から専用のラインが引かれているホワイトボード。
マグネットを使用できるので書類を貼ることもでき、オフィスで人気です。
書いたり消したりがしやすいオリジナルの鋼板を使用していて使いやすさも格別!
マーカーとイレーザーが1個ずつと、これらを収納できるはめ込み式のペントレイが1個、吊り金具が2個ついています。
スケジュール管理におすすめの商品です。

Amazon商品価格(2018年4月8日現在)

11,800円

1位 カグクロ ホワイトボード 壁掛け 無地

サイズ:1200×905mm
重量:7.1kg
材質:スチール、アルミ

無地のスチール製ホワイトボード。
マグネットなどでプリント類を貼りつけることができ、粉受けトレイはホワイトボードの端までしっかり設置してマーカーや専用イレーザーを置くことができるので、収納にも困りません。
設置にはスライド型の吊り金具を使用するので、左右の調節もしやすく、すべてが使いやすいと人気です。

Amazon商品価格(2018年4月8日現在)

10,152円

壁掛け型ホワイトボードの種類とすぐに使用できる付属品

壁掛け型ホワイトボードには、種類別に設置する方法がいくつかあります。
付属品も充実しているので、ここからは種類と付属品について、少し細かく説明していきます。

壁掛け型ホワイトボードの種類とは

ホワイトボード マーカー

一般的なものは設置したい場所に金具をとりつけ、固定して使用しますが、シートタイプのホワイトボードもあります。
シートタイプは、静電気で貼りつけることができるものと、シールで貼りつけるものがあるのですが、設置する壁面の材質や使用期間によって使い分ける必要があります。
静電気で貼りつけることができるものは、窓や机など設置場所が限られますが、気軽に何度でもはがすことができるので、いろいろな場所に貼りつけて使うことが可能。
一方シールタイプのホワイトボードは、一度貼ったらはがせないので、長期間その場所で使い続けなければなりません。
したがって、どのように使うかをあらかじめ考えたうえで、用途にあったものを選んでみてください。

設置後すぐに使用できる付属品とは

ホワイトボード マーカー 黒板消し

ほとんどのホワイトボードには付属品としてマーカーやイレーザーなどがついています。
このように付属品がついているものを購入すると、別売りのものをわざわざ買う手間も省けて、設置後すぐに使い始められますし、買い忘れの心配もありません。
壁掛け型のホワイトボードを購入する際は、付属品が充実しているものをぜひ選んでみてください。

Amazon&楽天のホワイトボード人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


壁掛け型ホワイトボードは設置場所を考えたうえで最適なものを選ぼう

ホワイトボード スケジュール

壁掛け型ホワイトボードは、どこに設置するのかをよく考えたうえで購入するようにしましょう。
一度設置すると長く使うことになるので、丈夫でシンプルな作りのホワイトボードを選ぶと、インテリアの邪魔にもならずおすすめです。
家庭やオフィス、店舗に限らず、いろいろな場所でとても便利に使えるものなので、この記事を参考に、用途や設置場所に適したホワイトボードをぜひ選んで使ってみてください。

【あわせて読みたい】文房具に関連するおすすめ記事はこちら

ホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.18

チョークホルダーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.15

0.3mmのシャーペンおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.10

シャーペンおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.09

極細ホワイトボードマーカーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.30

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。