ホワイトボードクリーナーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • クリーナーの種類を選ぶ
    →シートタイプかスプレータイプのどちらかを選ぶこと。
  • 帯電防止剤入りを選ぶ
    →帯電防止剤は、書き心地やホワイドボードの寿命に好影響を与える。
  • 配合成分から選ぶ
    →アルコール系とアルカリ電解水の長所を比較検討することが大事。

スプレー 散布
ホワイトボードの使用方法や頻度によってはイレーザーではきれいにできないことがあります。
そんなときに活躍するアイテムがホワイトボードクリーナー。

本記事ではホワイトボードクリーナーの選び方やおすすめの商品をランキング形式で紹介していきます。

ホワイトボードクリーナーとは

スプレー ボトル

ホワイトボードクリーナーは、アルコール類や電解水、専用の薬剤などを配合したホワイトボード用洗浄アイテムです。
このアイテムには、スプレータイプやミストタイプ、シートタイプなどさまざまな種類が存在するので、用途にあわせて使い分ける必要があります。

【こちらもCHECK】ホワイトボードに関連するおすすめ記事はこちら

ホワイトボードマーカーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.18

ホワイトボードシートおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.09

極細ホワイトボードマーカーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.30

ホワイトボードクリーナーを選ぶ3個のポイント

ポイント① クリーナーの種類を選ぶ

ボトル スプレー

ホワイトボードクリーナーは、シートタイプかスプレータイプのどちらかから選びましょう。

シートタイプの使用方法は、洗浄成分が染みこんだシートでホワイトボードを拭くだけです。
ただしスプレータイプよりも、値段が高い傾向にあり、保管方法にも注意を払わなければなりません。

スプレータイプは、ホワイトボードに直接スプレーしたあとで、乾いた布でふき取りきれいにするアイテム。
シートタイプと比べるとコスパはよいですが、スプレー以外の道具も用意しなければならない分手間がかかります。

性能面は変わりませんので、用途や好みにあわせて選ぶようにするとよいです。

ポイント② 帯電防止剤入りを選ぶ

女性 手

ホワイトボードクリーナーは、静電気を防止する効果のある帯電防止剤が配合されているクリーナーを選んでください。
この成分はほこりの付着を防止できるため、書き心地やホワイドボードの寿命に好影響を与えます

ポイント③ 配合成分から選ぶ

スプレー ボトル

ホワイトボードクリーナーの配合成分は、アルコール系とアルカリ電解水の2種類に分けられます。

アルコール成分はアルコール、エタノール、エチルアルコールなどが該当。
これらが配合されている商品は、帯電防止剤や抗菌剤などが配合されているものも多くあります。

アルカリ電解水とは、アルカリ性の高い水を配合し、洗浄力と抗菌力を高めています。
安全性が高くアルコール独特のにおいがないというのが長所です。

商品を選ぶ際は、それぞれの長所を比較検討したうえで選ぶようにしましょう。

ホワイトボードクリーナーおすすめ人気ランキングTOP5

ここからは、選ぶポイント踏まえて厳選したホワイトボードクリーナーを、ランキング形式で紹介していきます。

5位 マグエックス ホワイトボード用クリーナー

成分:発酵アルコール、精製水、重曹電解水、帯電防止剤
容量:60mL
仕様:ミストタイプ

クリーナー独特のにおいがないミストタイプのホワイトボードクリーナー。
ブラックボードにも使用できる対応範囲の広さがウリの商品です。

Amazon商品価格(2018年4月6日現在)

309円

4位 コクヨ ホワイトボード用クリーナー

成分:エチルアルコール、LPG
容量:180ml
仕様:スプレータイプ

主成分にエチルアルコールを配合したスプレータイプのホワイトボード用クリーナー。
汚れを落としたあとの、筆記性・消去性の維持がウリの商品です。

Amazon商品価格(2018年4月6日現在)

495円

3位 コクヨ ホワイトボード用クリーナー

成分:エタノールほか
容量:60mL
仕様:ミストタイプ

帯電防止剤が配合されているミストタイプのホワイトボードクリーナー。
液だれの心配もないので、シチュエーションを選ばず使用できます。

Amazon商品価格(2018年4月6日現在)

355円

2位 レイメイ藤井 ボードクリーナー 小

成分:アルコール類、アルカリ電解イオン水
容量:6mL
仕様:スプレータイプ

ブラックボート対応のスプレータイプクリーナー。
人体に影響しない天然系成分を配合している点もうれしいですね。

Amazon商品価格(2018年4月6日現在)

433円

1位 プラス ホワイトボードクリーナー シートタイプ

成分:アルカリ電解水、
容量:20枚入り
仕様:シートタイプ

マイナスイオンのパワーでホワイトボードの汚れをしっかり落とすシートタイプのクリーナー。
20枚入りの袋が12セット、シートサイズも200×300mmと大きいので、コスパは抜群です。

Amazon商品価格(2018年4月6日現在)

4,802円

【こちらもCHECK】プラス ホワイトボードクリーナーのおすすめ紹介動画はこちら

ホワイトボードクリーナーでホワイトボードの性能を維持しよう

ホワイトボード 女性 解説

ホワイトボードを使用する際は、ホワイトボードクリーナーもセットで用意することが重要。
定期的なお手入れは、ホワイトボードの寿命を延ばすことに大きく貢献します。
ホワイトボードクリーナーを活用して、ホワイドボードの性能を維持してあげましょう。

【あわせて読みたい】オフィス用品に関連するおすすめ記事はこちら

おしゃれなホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.18

トレーシングペーパーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.30

ホッチキス(ステープラー)おすすめ人気ランキングTOP15!止め方や止める位置についても【2018年最新版】

2018.04.30

システム手帳のアクセサリおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.04.28

ビジネスマンに最適な電卓おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.21

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。