トラウトリールおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 大きさは1000~2000番
      →トラウトで使うロッドとバランスを取りやすいので、スムーズに投げたり巻いたりといったことが可能となります。
    • 自重が軽いものを選ぶ
      リールの自重は使用されている素材によって決まりますので、どんな素材が使われているのかをカタログなどで確認してみましょう。
    • 釣り場にあわせてギア比を選ぶ
      →渓流なのか、もしくは管理釣り場なのか、釣り場にあわせてギア比を選ぶと釣果を伸ばしやすくなります。

    リール


    釣ってもよし、食べてもよしで近年人気のトラウトフィッシング。
    このトラウトフィッシングでは専用のトラウトリールを使うことで釣果を伸ばしやすく、快適な釣りが可能となります。
    本記事では釣り歴20年以上となる筆者がトラウトリールの選び方から、おすすめ品、使用時の注意点までをご紹介していきます。

    トラウトリールとは

    トラウトリール


    トラウトリールとはヤマメやイワナ、ニジマスなどのマス類を狙うためのリールです。
    マス類は釣りにおいてはトラウトと呼ばれることが多いので覚えておきましょう。

    基本的にトラウトリールは淡水での使用を主に考えてあり、小型で軽量なものが多いです。
    また細いラインを使いますので、ほかのリールに比べるとドラグ性能を重視してあるものが多いのも特徴といえます。

    【こちらもCHECK】リールに関連するおすすめ記事はこちら

    ベイトフィネスリールおすすめ人気ランキングTOP10!低価格な商品も【2018年最新版】

    2018.05.16

    アジングリールおすすめランキングTOP10!シマノやダイワが人気?【2017年最新版】

    2017.11.17

    メバリングリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワの特徴は?【2017年最新版】

    2017.10.26

    トラウトリールを選ぶときの3つのポイント

    トラウトリールは種類が多くて選ぶのも迷ってしまいますよね。
    そこでここでは選び方のポイントを紹介します。

    ① 大きさは1000~2000番

    リール


    トラウトリールはスピニングタイプが基本となり、選ぶときには1000~2000番と表示されている大きさを選ぶようにしましょう。
    この大きさはトラウトで使うロッドとバランスを取りやすいので、スムーズに投げたり巻いたりといったことが可能となります。
    あわせて浅溝スプールのものを選ぶようにしておくのがおすすめです。
    深溝スプールだと下巻きの必要性が出てくることや、ドラグの微調整が効きませんのでトラウトリールとしては向いていませんので注意しましょう。

    ② 自重が軽いものを選ぶ

    リール


    トラウトリールでは自重が軽いものを選ぶのも重要なポイント。
    リールの自重は使用されている素材によって決まりますので、どんな素材が使われているのかをカタログなどで確認してみましょう。
    軽い素材としては「カーボン素材」や「マグネシウム素材」が挙げられ、逆に「アルミ素材」は重たくなる傾向が強いので覚えておきましょう。

    ③ 釣り場にあわせてギア比を選ぶ

    リール


    トラウトを狙うときは渓流なのか、もしくは管理釣り場なのか、釣り場にあわせてギア比を選ぶと釣果を伸ばしやすくなります。
    渓流においては、流れの上流側に向かって投げていくことがほとんどとなりますので、流れよりも速く巻き取ってルアーをアクションさせられる「ハイギア」がおすすめです。
    管理釣り場においては、リールを巻くスピードが重要となることが多いので、一定の速度を保ってゆっくり巻きやすい「ローギア」がおすすめです。

    トラウトリールおすすめ人気ランキングTOP5

    ここからはトラウトリールのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。
    筆者がトラウトリール選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

    5位 ダイワ 17プレッソLTD 1025

    自重:155g
    ギヤ比:4.8(ローギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:60cm
    ライン巻糸量:2.5ポンド100m

    徹底的に軽量化を図ってあるダイワのフラッグシップモデル。
    トーナメンターの愛用者も多い、中級者以上の方におすすめのトラウトリールです。

    4位 シマノ 12 カーディフ CI4+ C2000SS

    自重:165g
    ギヤ比:5.0(ローギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:66cm
    ライン巻糸量:3ポンド100m

    管理釣り場専用にチューンナップされたシマノのトラウトリール。
    微調整がしやすい「エリアドラグ」搭載で、細いラインの使用も安心です。

    3位 ダイワ 14 プレッソ 2025H

    自重:185g
    ギヤ比:5.6(ハイギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:75cm
    ライン巻糸量:2.5ポンド100m

    ZAION製エアローター採用で上位機種に迫る軽い巻き心地を実現したトラウトリール。
    ギア比が高いこちらのモデルは渓流での釣りにおすすめです。

    2位 シマノ 17 ヴァンキッシュ FW 1000SHG

    自重:160g
    ギヤ比:6.1(ハイギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:80cm
    ライン巻糸量:3ポンド100m

    トラウトリールとしては上位の部類に入る製品。
    巻き始めの軽さが魅力となっていて、ギア比が高いので渓流でのトラウトフィッシングに向いているリールです。

    1位 ダイワ 16 イプリミ 1003

    自重:210g
    ギヤ比:4.8(ローギア)
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:60cm
    ライン巻糸量:3ポンド100m

    管理釣り場での使用に最適なエントリーモデル。
    低価格帯でありながら防水構造の「マグシールド」や、カーボン素材を使用した「ZAIONハンドルノブ」を搭載したおすすめのトラウトリールです。

    トラウトリールを使用するうえでの注意点

    メンテナンスやドラグの調整確認はこまめに

    釣り 釣り人


    トラウトリールはとても繊細に作られていますので、ラインローラーやハンドルノブのベアリングは2~3回の釣行ごとにオイルを差すのがよいでしょう。
    また、大きなトラウトがヒットしたときにラインを切られないようにする「ドラグ」もこまめに調整確認することをおすすめします。
    特に細いラインを使っていてドラグを弱く設定しているときは投げたり、巻いたりしているときの振動によって、徐々にドラグノブが緩んでいってしまうことがありますので注意してください。

    Amazon&楽天のリール人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    トラウトリールでトラウトフィッシングを楽しもう!

    トラウトフィッシング


    トラウトリールで狙えるトラウトたちは、きれいな模様や引きが強いことが魅力で、多くのファンが釣りを楽しんでいます。
    また釣れたトラウトは、持ち帰って塩焼きにして食べるととても美味しいです。
    クーラーボックスやフィッシングナイフを持っておき、鮮度を保った状態で持ち帰って食べてみると、釣りのあとの楽しみも増えるのでおすすめです。
    ぜひ本記事でご紹介した内容を参考に、トラウトリールを選んで釣りを楽しんでみてください。

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    サクラマスロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.09.14

    ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.26

    フィッシンググローブおすすめ人気ランキングTOP10!防寒も【2018年最新版】

    2018.05.31

    ロッドホルダーおすすめ人気ランキングTOP15!船用や車用も【2018年最新版】

    2018.04.13

    シャッド(ルアー)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.09