カレンダー型ホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

選び方のポイント

  • マグネットに対応しているものを選ぶ
    →このタイプの商品ならば、スケジュールと同時に、やらなくてはいけないことや忘れてはいけないことも管理できる。
  • 付属品を考慮する
    →付属品が充実したアイテムは、追加購入することなく使い始められる。
  • 設置場所にあわせたサイズを選ぶ
    →場所を取らない壁掛けタイプでも、設置する壁面のサイズを計測することが重要。
ホワイトボード 女性 解説

ホワイトボードの活用方法のひとつとしてスケジュール管理があります。
カレンダー型のホワイトボードは、オフィスを中心に商用利用されることが多いですが、カレンダー代わりに取り入れている一般家庭も実は多いようです。
本記事では、カレンダー型のホワイトボードのなかでも人気のある商品をランキング形式で紹介するので、ぜひ参考にしてください。

カレンダー型ホワイトボードとは?


カレンダー型ホワイトボードは、ホワイトボードにカレンダーの機能をつけたものです。
カレンダータイプや月間予定表タイプなど種類は豊富にありますが、どのタイプも日付や曜日を自由に書き込めるので、一度購入すると何年にもわたって使い続けることができます。

【こちらもCHECK】ホワイトボードに関連するおすすめ記事はこちら

ホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.18

壁掛け型ホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.15

ホワイトボードシートおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.09

カレンダー型ホワイトボードを選ぶ3個のポイント

① マグネットに対応しているものを選ぶ

女性 ホワイトボード

カレンダー型ホワイトボードの利便性を向上するためには、書類をはじめとする忘れてはいけないものをマグネットで貼りつけられる商品を選ぶのがおすすめです。
このタイプの商品ならば、スケジュールと同時に、やらなくてはいけないことや忘れてはいけないことも管理できます。

② 付属品を考慮する

ホワイドボード イレーザー

カレンダー型ホワイトボードの多くは、マーカーやイレーザーなどが付属しています。
付属品が充実したアイテムは、追加購入することなく使い始められるので、とてもお得です。
カレンダー型ホワイトボードを購入する際は、付属品も注目しましょう。

③ 設置場所にあわせたサイズを選ぶ

予定表 サラリーマン

カレンダー型ホワイトボードは、設置場所を考えてから購入するようにしましょう。
場所を取らない壁掛けタイプでも、設置する壁面のサイズを計測することが重要です。

カレンダー型ホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP10

カレンダー型ホワイトボードを選ぶときのポイントを抑えつつ、今人気のホワイトボードを紹介していきます。
用途や設置場所を考えながら、カレンダー型ホワイトボードをぜひ選んでみてくださいね。

10位 サンケーキコム ホワイトボード 月行事予定表

サイズ:1800×900mm
重量:9000g
材質:スチール、樹脂、アルミ、ダンボール
カレンダー仕様:月間予定表
付属品:マーカー(黒、赤)、イレーザー、マグネット(4個)

オフィス用としては定番のカレンダータイプのホワイトボードです。
月々の予定を確認しやすいので、仕事の効率アップと社員管理にぴったりと人気があります。
専用マーカーとイレーザー、マグネットまで付属しているので、設置後すぐに使用できる点もうれしいですね。

9位 カグクロ ホワイトボード 壁掛け 月予定

サイズ:1200×905mm
重量:7.1kg
材質:スチール、アルミ
カレンダー仕様:月予定
付属品:-

場所を取らない壁掛けタイプのホワイトボードです。
横幅をたっぷりとっているので、見やすさと書き込みやすさは抜群。
スライド型の吊り金具は、調節も自由自在。
簡単に取りつけれる点も好評な一品です。

8位 マグエックス アプライ マンスリースケジュールボード

サイズ:300×420×7mm
重量:-
材質:-
カレンダー仕様:月間予定表
付属品:マーカー(黒)、マグネット(6個)、トレイ、吊り下げ紐

A3サイズの月間予定表です。
マグネットで書類を貼りつけられるので、さまざまな用途で活躍してくれますよ。

7位 カグクロ ホワイトボード 壁掛け 月予定

サイズ:1800×905mm
重量:10.5kg
材質:スチール、アルミ
カレンダー仕様:月予定
付属品:-

大人数のスケジュール管理にも活用できるワイドサイズのカレンダー型ホワイトボード。

壁掛けタイプなので、壁面さえ空いていれば、いつでもすぐに設置できます。
ホワイトボードのサイズにマッチした粉受けトレイは、マーカーやイレーザーの保管にも役立ちますよ。

6位 Bestool 磁気 月予定表 マンスリーボード ホワイトボード カレンダー 冷蔵庫用

サイズ:42.8×30.5cm
重量:-
材質:-
カレンダー仕様:月予定表
付属品:-

取り回しを重視する方は最適な、冷蔵庫に気軽に貼りつけられるマグネットタイプ。
冷蔵庫用となっていますが、磁力のあるところならどこでもくっつけて使えますよ。

5位 ホワイトボード カレンダー VANZEV マグネットシート 強力 スケジュール表 冷蔵庫 スチール対応 マーカー3本セット イレーザ付

サイズ:41×30cm
重量:273g
材質:-
カレンダー仕様:月間予定表
付属品:イレーザー、マーカー(黒、橙色、青)

書きやすく消しやすい特殊ラミネート加工がウリのホワイトボード。
付属品も充実しているので、利便性を重視する方には最適な商品です。

4位 サイズラミネートホワイトボードシート月間スケジュール表

サイズ:61x91cm
重量:-
材質:ラミネート
カレンダー仕様:月間スケジュール
付属品:ボード消し、マーカー(5個)、画鋲(8個)

品質の高いラミネート加工が施された月間スケジュール対応ホワイトボード。
好きなところに貼りつけられるシートタイプなので、設置場所選びも苦労しません。
付属の画鋲が、用途の幅を広げてくれる点も見逃せませんね。

3位 ナカバヤシ スケジュールボード 月間予定表 アルミフレーム

サイズ:900×600mm
重量:-
材質:アルミ、スチール、ダンボール
カレンダー仕様:月間予定表
付属品:マーカー(黒、赤)、イレーザー、マグネット

月間予定表が書かれているホワイトボードです。
画鋲で固定できる取り回しのよさもウリな商品となります。

2位 レイメイ藤井 ホワイトボード スケジュール管理

サイズ:63×3.3×51cm
重量:1.2kg
材質:-
カレンダー仕様:月間予定表
付属品:吊り下げ紐、マグネット6個

文房具メーカーレイメイ藤井の月間予定表対応型ホワイトボードカレンダー。
週休二日制に対応しているデザインは、オフィス用として最適と人気があります。

1位 ナカバヤシ ウッドずっとカレンダー ホワイトボードカレンダー

サイズ:340×12.5×340mm
重量:510g
材質:天然木、スチール、MDF
カレンダー仕様:カレンダー対応
付属品:マーカー(黒・赤)、イレーザー、吊紐、金具、ネジなど

抜群の使い心地を誇るホワイトボードカレンダーです。
イラストを描いたりシールを張ったりとカスタマイズしやすいシンプルなデザインがポイント。
家庭用のホワイトボードをお探しの方には、おすすめの一品です。

カレンダー型ホワイトボード使用上の注意点

予定表 サラリーマン

カレンダー型ホワイトボードを使用する際は、月が変わるタイミングで曜日と日付が一致しているか確認するようにしてください。
曜日を書き込む必要があるタイプは、先月の状態から更新することをわすれがち。
スケジュール管理に大きく影響を及ぼしてしますので、管理者を決めるといった対策を取るようにしましょう。

【こちらもCHECK】カレンダー・手帳に関連するおすすめ記事はこちら

おしゃれな卓上カレンダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.07

卓上カレンダーおすすめ人気ランキングTOP15!かわいいカレンダーも紹介【2018年最新版】

2018.07.01

おしゃれな手帳おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.30

カレンダー型ホワイトボードでスケジュール管理を容易にしよう

予定表 女性

カレンダー型ホワイトボードは、多くのオフィスや店舗、家庭で利用されているほど便利なアイテム。
設置場所と用途を、購入前にしっかり考えて、スケジュール管理しやすいホワイトボードを入手しましょう。

【あわせて読みたい】オフィス用品に関連するおすすめ記事はこちら

便利文房具グッズおすすめ人気ランキングTOP10!ビジネス向け商品も【2018年最新版】

2018.05.29

製図用品おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.15

リングファイルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.11

極細ホワイトボードマーカーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.30

ビジネスマンに最適な電卓おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.21

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。