マグネットホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 設置場所からサイズを決める
    →マグネットホワイトボードはサイズが豊富にあるので、サイズを測ってから購入する。
  • マーカーやイレイザーなど付属品が充実
    →付属品がセットになっているものを買うとお得。
  • 予算から決める
    →家庭向けの用紙サイズなら、500円~1,000円程度で購入できる。
女性 ホワイトボード

ホワイトボードには種類がいくつかありますが、そのなかでも使いやすくて人気なのがマグネットホワイトボードです。

ここでは、マグネットホワイトボードのなかでも人気の商品を、10個厳選して紹介していきます。

マグネットホワイトボードとは?

オフィス ワークスペース

マグネットホワイトボードとは、専用のマーカーを使用して自由に書いたり消したりできるのはもちろん、マグネット機能も搭載しているホワイトボードのことを言います。
使用できるマグネットは、シンプルな色や形のものから、おしゃれなもの、かわいいものなど好みにあわせて選べます。
マーカーや専用イレーザー、小物を収納するポケットなどがマグネットに対応している場合、ホワイトボードに直接貼りつけることができるので、ホワイトボードに付属する小物類の収納場所にも困ることがありません。

【こちらもCHECK】ホワイトボードシートに関する記事はこちら

ホワイトボードシートおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.09

マグネットホワイトボードシートおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.30

マグネットホワイトボードを選ぶ3つのポイント

マグネットホワイトボードは、形や大きさなど種類が豊富にあるので、どれを選べばよいのかわからなくなってしまうことも。
ここからはマグネットホワイトボードを選ぶ際のポイントについて説明していきます。

ポイント① どこに設置したいのかでサイズを決める

打ち合わせ ビジネスマン

マグネットホワイトボードはサイズが豊富にあるため、まずはどこに設置したいのかを考えたうえで、ボードのサイズを決めましょう。
設置したい場所のスペースが広ければ、ホワイトボードのサイズも自由に選ぶことができますが、狭い場所で使う場合は、ぴったりサイズか、もしくはそれより小さめのものを探す必要があります。
設置場所に合ったサイズがあるかどうかがとても重要なので、事前にサイズを測ってから選びましょう。

ポイント② マーカーやイレイザーなど付属品が充実

ホワイトボードマーカー

ホワイトボードを使用する場合、専用マーカーやイレーザーなど、必要なものがいくつかあります。
これらが付属品として最初からついているものを選ぶと、あとから購入する必要もなく、すぐに使い始めることができるので便利です。
コスパ的にも付属品がついているのといないのとでは差が出てくるので、はじめは最低でもマーカーがついているものを選ぶとよいでしょう。

ポイント③ 予算をどれぐらいにするかを決める

電卓 ピンク メモ帳

マグネットホワイトボードの金額は、大きさによって違いがあります。
一般家庭などで使用する場合は、用紙サイズのことが多く、500円~1,000円前後のものが主流となっています。
ホワイトボードのサイズが大きくなればなるほど金額も高くなっていくので、ホワイトボードのサイズと予算のバランスを見て選ぶようにしてください。

マグネットホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP9

ここまではマグネットホワイトボードを選ぶときのポイントについて説明してきました。
ここからは、実際に多くの人が使用している人気のマグネットホワイトボードをランキングで紹介します。

9位 VANZEV ホワイトボード カレンダー マグネットシート

サイズ:41×30cm
重量:273g
材質:マグネット素材
付属品:イレーザーつきマーカー(3本)、イレーザー(1個)

冷蔵庫や黒板など、マグネットがくっつくスチール製の場所に簡単に貼りつけ可能です。
マグネットつきのイレーザーやマーカーなどが付属品としてついているので、購入後すぐに使い始めることができます。
文字を書きながら、忘れてはいけないメモをマグネットで自由に貼ったり剥がしたりでき、使いやすさは抜群です。

Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

1,960円

8位 IKEA SPONTAN ホワイト マグネットボード

サイズ:37×2×78cm
重量:2.3kg
材質:スチール、ポリエステルなど
付属品:-

IKEA(イケア)から販売されているマグネットホワイトボードで、インテリアとしても活躍。
さまざまなマグネットを使用して、必要なプリント類やメモ用紙を貼りつけることができます。
おしゃれに使いたいという人にぴったりの商品です。

Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

2,349円

7位 アスカ ホワイトボード セクションボード Lサイズ

サイズ:450×600mm
重量:-
材質:スチール、ABS
付属品:マーカー、イレーザー、ひも、金具など

書きやすい方眼タイプの目盛りがついているホワイトボードです。
縦横好きな方向に設置できてとても使いやすく、マグネットで紙類を貼るなど、さまざまな用途で使用することができます。

Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

1,457円

6位 プラス ホワイトボード 壁掛け

サイズ:600×450mm
重量:1.17kg
材質:アルミ、鋼板など
付属品: マーカー、イレーザー、ペントレイ、吊り金具

アルミフレームが丈夫でおしゃれなマグネットホワイトボードです。
使用するときに、必要な小物がすべて付属品としてセットになっているので、購入後買い足す必要がなく、すぐに使えてお得です。
書きやすくて消しやすいプラスオリジナルの鋼板は、ホワイトボードを快適に使うことができると人気があります。

Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

2,484円

5位 ホワイトボード Sサイズ 磁石が使える タテヨコ両用

サイズ:20×1×30cm
重量:-
材質:-
付属品:マーカー、イレーザー、トレー、マグネット、フック金具、吊紐、ネジ

縦にも横にも設置できる自由度の高いマグネットホワイトボード。
設置するときの場所を考え、フック金具やネジ、吊り下げ紐がついているだけでなく、マーカーやイレーザー、マグネット、トレイと付属品が充実しているのも魅力です。

Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

629円

4位 レイメイ藤井 ホワイトボード A4

サイズ:A4
重量:-
材質:PP、ダンボール、スチール
付属品:ボードマーカー

A4サイズと小さ目のホワイトボードなので設置場所を問わず、どこででも使用することができると人気があります。
A4サイズのほかにもA3、A2サイズがあり、用途に応じて買い足す人も多いです。

Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

699円

3位 マグエックス ホワイトボードMX

サイズ:12×440×600mm
重量:1kg
材質:マーカー、イレーザー、トレイ、マグネット
付属品:スチール、PP、ボール紙

A2サイズのマグネットホワイトボードで、一般家庭に設置する場合は少し大き目ですが、文字を書くこと以外にメモ類を貼りつけることもできるので、実際に使い始めるとちょうどよいと感じる人が多いようです。
付属品も充実していて使いやすいと人気があります。

Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

958円

2位 JTIRR フレキシブル磁気ホワイトボード ドライワイプホワイト

サイズ:30×42cm
重量:0.18kg
材質:PET、鉄粉シート、発泡アクリル樹脂
付属品:マーカー、マグネット、ホワイトボードワイプ

凹凸のない部分に簡単に貼りつけられるので、冷蔵庫に貼りつけて使用する人が多いです。
付属品も充実しており、購入してすぐに使い始めることができるため、はじめてホワイトボードを購入する人にもおすすめです。

Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

1,380円

1位 リヒトラブ ホワイトマグネットシート

サイズ:420×297mm
重量:-
材質:PET、CPE
付属品:-

シンプルなマグネットホワイトボードだからこそ、場所を選ばず設置できると人気があります。
好きなところに貼りつけて、自由自在にホワイトボードを楽しむことができる商品です。

Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

973円

マグネットホワイトボードの使用上の注意点

海外 教室 ホワイトボード

マグネットホワイトボードに専用マーカーで文字を書くときは、文字を書いてすぐに消したり、書いたまま長い間放置したりしないことです。
専用マーカーは手軽に使えて便利ですが、いつまでもホワイトボードをきれいに使い続けたいなら、マーカーの取り扱いには充分気をつけましょう。
定期的に専用クリーナーを使用してボード面をふき取るようにすると、新品のような状態を保ちながら長く使い続けることができます。

【こちらもCHECK】ホワイトボードに書いてしまった油性ペンを落とす裏ワザに関する動画はこちら

Amazon&楽天のホワイトボード人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

マグネットホワイトボードは長く愛用できるものを選ぼう

ホワイトボード 壁掛け

マグネットホワイトボードは、自由に書いたり消したりできる以外にも、マグネットを利用して、手紙やメモ、書類などを自由に貼りつけることができます。
工夫次第でいろいろな使い方ができ、一度購入すると長く愛用する人がほとんどなので、予算と相談しながら、納得のいく品質や好みのデザインのものを選んでみてください。

【あわせて読みたい】ホワイトボードに関連するおすすめ記事はこちら

ホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.18

ホワイトボードマーカーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.18

カレンダー型ホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.15

壁掛け型ホワイトボードおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.15

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。