日焼け止めスプレーおすすめ人気ランキングTOP15!効果や髪についても【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

大垣妙子

元エイジングケアクリニック主任 日本眼科医会認定OMA

クリニック退職後も美容やエイジングケアに関する記事を多く執筆しています。
ブランドのイメージだけで間違ったスキンケアを行う女性が多いので、実はこのような選び方が良い!というサポートができれば嬉しいです。

    選び方のポイント

    • シーンによって選ぶ
      →日常使いやリゾートなどでは選ぶ数値を変えた方がよい場合も。
    • 使用する目的で選ぶ
      →体や髪、顔など、どのパーツに使用したいのかで選ぶ。
    • 子供にも使いやすものを
      →じっとしていない子供にも簡単に扱えるものもあります。
    空 太陽

    日焼けしたブロンズ色の肌が美しい……と言われたのは、もうすでに数十年も前の話。
    今はいかに紫外線から肌を守るかを考える人が、老若男女を問わず多くなっています。
    紫外線によって受ける影響や、地球環境にも目が向いたことで、日焼けに対する意識が高くなっているのです。
    ここでは紫外線から肌をガードする「日焼け止め」について詳しく紹介していきます。

    目次

    日焼け止めをした方がいい理由とは?

    日焼け止めをした方がいいと言われるのには理由があります。
    ここからはその理由について見ていきましょう。

    年々紫外線が多くなっている

    海 日差し 水着


    現在日本では、札幌、つくば、那覇の3地点で紫外線を観測しています。
    地表に達する紫外線量は3地点とも増加傾向にあり、特につくばでは2010年以降、非常に多い紫外線を観測。
    一時よくいわれたオゾン層の破壊は年々ゆるやかな回復傾向にありますが、紫外線を遮る物質量の低下や天候の変化、特に雲の減少により、多くの紫外線を受けやすい環境に変化しているのです。

    肌の防御機能が作用する


    通常私たちが「シミ」と呼んでいるものは、紫外線を受けてメラニン色素が増えることで起きる現象です。
    毎日の生活のなかで浴び続けた紫外線が、メラニン色素を生成し、段々と表面の角質層に浮いてきてシミになります。

    なぜメラニン色素は色のついた肌を作り出してしまうのか

    浴びた紫外線が皮膚に与えるダメージは非常に大きく、皮膚の細胞を破壊してしまいます。
    そのため、細胞の破壊を阻止する防御機能としてメラニン色素を作り出し、肌の表面にシミが現れるのです。

    シミの濃度は薄いままの人や段々と濃くなる人などさまざまで、肌が白い人は特に影響を受けやすようです。
    またターンオーバー(新陳代謝)が乱れる年代にもシミは一段と濃くなります。

    【こちらもCHECK】日焼け止めに関連するおすすめ記事はこちら

    日焼け止めおすすめ人気ランキングTOP15【2017年最新版】

    2017.12.13

    【こちらもCHECK】美白に関連するおすすめ記事はこちら

    ハイドロキノンとは?市販の効果と副作用についても

    2018.10.03

    日焼け止めの種類

    陽射しがきつくなってくると売り場に並び始める日焼け止め。
    さまざまなタイプがありますが、ここからはどのようなタイプがあるのか紹介していきます。

    クリームタイプ

    オーガニックハンドクリーム

    一番多いのがクリームタイプ。
    しっかり肌に塗り込むことでムラなく紫外線カットができ、保湿力にも優れています。
    体専用のほかにも、化粧下地として顔に使えるものもあり、落ちにくいのが特徴。
    ただし紫外線カット作用が高くなるほど伸びが悪く、ムラもできやすいため注意が必要です。
    クリームタイプの上に化粧をすると、白浮きしたり厚化粧に見えてしまうというデメリットも。
    また油分が多く、皮膚にしっかり吸着するため毛穴に入り込みやすく、肌荒れやニキビの原因をつくることもあります。
    したがって、日焼け止めが肌に残らないようにしっかり落とすことが大切。
    商品によっては、ガード力が高くても簡単に落とせるものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

    クリームタイプで肌が荒れやすい人には、少し伸びがよいミルクタイプが向いているでしょう。

    【こちらもCHECK】クリームタイプの日焼け止めに関連するおすすめ記事はこちら

    日焼け止めクリームおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.19

    ジェルタイプ

    ジェル

    水分を多く含むジェルタイプは、塗ったあとのべたつきがなくサラっとしているので、日焼け止め特有のべたつきが気になる人におすすめ。
    透明で伸びがよいのでとても扱いやすいのがポイントです。
    足や腕、顔にも使え、気軽に毎日の紫外線対策ができます。
    ただし乾燥しやすく、界面活性剤が肌に刺激を与えやすいので、敏感肌の人は注意して使いましょう。

    敏感肌の方には化粧水のようなローションタイプが向いています。
    ただし紫外線カット作用は低いので、普段の生活で使う分には十分ですがレジャーには向きません。

    スプレータイプ

    美容品 スプレー

    近年とても進化したのが、このスプレータイプです。
    手で塗り込むタイプの日焼け止めは、オイル成分がべたべたと手に残り、不快な思いをした人も少なくないはず。
    スプレータイプは周囲への飛び散りは若干ありますが、手を汚すことなく、届きにくいパーツや髪の毛などにも利用できます。

    また最近は、化粧のあとに仕上げとして使えるものが増え、これなら化粧が厚塗りになる心配もありません。
    化粧直しのときも、再度シュッとスプレーすれば簡単に紫外線をガードできるので、今後はこのスプレータイプが注目されるでしょう。

    体などにはムラになりやすいので、手で伸ばすとよいでしょう。
    べたつきはクリームほどではありません

    日焼け止めの効果

    日焼け止めは、「焼けないようにする」のではなく、「浴びる紫外線の量を抑える」というのが正しい理解です。
    短時間だから平気だと思うかもしれませんが、実は3分紫外線を浴びると肌はダメージを受け始めます。
    可能な限り外へ出るときは日焼け止めを塗るようにしましょう。

    「UVカット」のUVとは、Ultraviolet(ウルトラバイオレット)の略です。太陽光線に含まれる紫外線は、UV-A(長波長)とUV-B(中波長)、UV-C(短波長)の3種類あり、UV-AとUV-Bが地上に降り注いでいます。

    数値によって変わる

    日焼け止めに表記されている数値は、高いものを選んでおけば問題ないというわけではありません。
    それぞれの数値の意味を知っておきましょう。

    SPF=UV-B紫外線防御指数

    よく目にするSPFとは「Sun Protection Factor」の略。
    UV-B(中波長)と呼ばれる紫外線のB波を、どれくらい長くカットし続けられるかを表します。
    基本目安として、素肌のままで紫外線を浴びたとき、約20分で赤みなどの日焼けができるとされます。
    この時間をどれくらいまで延ばすことができるのかを示した数字がSPFです。

    例えばSPF10の場合、何もつけていないときの10倍の時間、赤みなどが出にくいとされます。
    つまり20分×10で約200分(3時間20分)は日焼けしにくいということです。

    PA=UV-A防御指数

    PAとは「Protection Grade of UVA」の略称で、UV-A(長波長)と呼ばれる紫外線A波をカットする能力の高さを表します。
    紫外線のほとんどはUV-Aで、曇りでも降り注いでいたり通常のガラスを通過したりと、晴れの日だけに気をつけるUV-Bとは違い、年間を通して注意が必要となります。
    指数としては、

    • PA+でやや効果がある
    • PA++で効果がある
    • PA+++で非常に効果がある

    簡単でわかりやすいので、自分の生活スタイルや希望の紫外線対策にあわせて選びましょう。

    POINT 2013年の1月にPA++++が解禁されました。

    シーンにあわせて使い分ける

    日焼け止めの指標となる数値が商品に記載されていますが、高ければいいというものではありません。
    その数値の意味をしっかり理解すれば、ムダに肌に負担をかけるような日焼け止めを選ばなくても、しっかり紫外線対策ができるようになります。
    指数は高ければ高いほど紫外線をカットする成分が多く、肌への負担も大きくなるのが事実。
    日常生活と海や山とでは受ける紫外線の量が違いますから、シーンにあわせて選ぶことは、日焼け対策だけでなく、美肌を保つためにも重要なポイントになるのです。

    こまめな塗り直しを心がける

    どんな日焼け止めでも、衣類でこすれてしまったり汗をかいたりなど、塗った状態をそのまま維持するのは難しいこと。
    日焼け止めをもっとも効率よく失敗なく使用するためにも、こまめな塗り直しを心がけましょう。
    いくら数値があっていても、落ちてしまっては日焼け止め効果が期待できませんから、常に肌をガードできるように塗り直しは必須です。
    毎回塗りなおすのは面倒……そんなときにはスプレータイプが便利ですよ。

    日焼け止め スプレーおすすめ人気ランキングTOP15

    スプレータイプの日焼け止めは商品数が多いため、どのタイプが自分にあっているのかわかりにくく迷ってしまうことも。
    そこで今回は、作用や数値などから選びやすいようにランキング形式で紹介します。
    ぜひ参考にして、日焼けから守りたい部分をしっかりガードしていきましょう。

    15位 ヒガサンヌ メイクの上から使えるUVカットスプレー

    外出などに便利な、持ち運びやすい小型の紫外線カットスプレーです。
    SPF33・PA+++と日常使いでは問題のない数値。
    べたつかない軽いつけ心地のウォータリータイプで、メイクの上からも使用でき、外出先でも手軽にスプレーできるのが人気の理由です。
    保湿成分配合なので、肌に優しく、乾燥から守ってくれます。

    容量:37g (SPF33・PA+++)

    こんな方におすすめ

    • 日常に使いやすい数値のものが欲しい
    • 持ち歩きしやすいスプレー缶がいい
    • 乾燥が気になるので保湿成分が入っているとうれしい

    14位 ドクターシーラボ UVプロテクトスプレー100 日焼け止め

    髪からつま先まで全身に使えてムラなくスプレーでき、白浮きしにくいのが特徴。
    速乾性があるので外出時や外出先でも手軽にサッとスプレーできます。
    UV-A波とUV-B波をともにブロックしてくれて、塗りにくい背中にもしっかり届きます。
    日差しで傷みやすい髪の毛にもムラなくスプレーでき、皮脂吸着パウダーが汗や皮脂などのべたつきをガード。
    消臭効果のあるチャエキスを配合しているので、汗のにおいもシャットアウトしてくれます。
    ひんやりとした冷感タイプなので、暑いシーズンにぜひ使いたいスプレーです。

    容量:100g (SPF50+・PA++++)

    こんな方におすすめ

    • 髪に使ってもサラサラになるものがいい
    • 汗のにおいもカットできたらうれしい
    • ひんやりした紫外線カットスプレーが欲しい

    13位 紫外線予報 透明UVスプレー

    重ねても白くならない透明タイプで扱いやすいと人気の日焼け止めスプレー。
    SPF50+・PA++++と最強の数値で、ウォータープルーフですが入浴時の石鹸やボディソープで落とせるのがうれしいポイント。
    敏感肌の人でも使えるように、紫外線カット成分をシルクカプセルに閉じ込め、肌に直接触れないように工夫されています。
    顔にも髪にも毎日使え、洋服などにかかっても透明なので目立ちません。
    7種類の植物エキスを配合しており、オレンジ精油がおだやかに香ります。

    容量:150g (SPF50+・PA++++)

    こんな方におすすめ

    • 敏感な肌に使いやすいものがいい
    • 全身に使いたい
    • 透明感があるものがいい

    12位 フェルナンダ 【スプレータイプの日焼け止め】 フレグランスUVカットスプレー

    髪やメイクした顔にもスプレーできる、全身に使える日焼け止めです。
    汗や水にまけないウォータープルーフで、ひんやりした感触が気持ちよく、爽やかな女性らしい香りが特徴。
    紫外線吸収剤を特殊なカプセルに閉じ込めているので使い心地がサラサラ。
    化粧直しや外出先でも使いやすい商品です。

    容量:70g (SPF50+・PA+++)

    こんな方におすすめ

    • 香りも楽しみたい
    • メイクの上から使えるものがいい
    • 髪にも使えるものがいい

    11位 ハーバル ガーデン SPF スプレー

    子供の外遊びのときに手軽に使用できると人気の商品。
    紫外線防御指数は高くないですが、日常生活の紫外線をしっかりガードでき、また虫が嫌がるレモングラスやハッカ油を配合しているので、虫よけ効果も。
    パウダーインで肌のサラサラ感を持続、日焼け止め作用と虫よけ対策にもなるお得なアイテムです。
    出雲湯村の温泉水を使用し、肌に優しいヒアルロン酸やグリセリンを配合、親子に優しいのがポイントです。

    容量:120mL (SPF22・PA+++)

    こんな方におすすめ

    • 子供にも使えるものがいい
    • 虫よけ作用もあるとうれしい
    • 肌に優しく数値が高すぎないものを探している

    10位 ビベッケの全身まるごとサラサラUVスプレー

    全身を紫外線からガードできるスプレーです。
    SPF50+・PA++++と最強値ですが、ベビーパウダー配合でサラサラしており、べたつきをシャットアウト。
    顔や体、髪など全身まるごとこの一本で紫外線をブロックでき、メイク崩れも防ぎ、白浮きしない透明感と速乾性が特徴です。
    保湿成分のヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどが肌を乾燥から保護し、甘草根エキス、カミツレ花エキス、アロエベラエキスを配合した肌に優しい商品です。
    逆さにしても使用できるのでどんな部位にも使いやすく、無香料なのも人気。
    ウォータープルーフタイプですが専用のクレンジングは必要なく、オフするのも簡単です。

    容量:150g ( SPF50+・PA++++)

    こんな方におすすめ

    • 逆さまにしても使えるものがいい
    • 無香料なものがいい
    • 髪にも顔にも体にも、一本で全身の日焼けを防ぎたい

    9位 アロベビー UV&アウトドアミスト

    赤ちゃんや、敏感肌をいたわりたい方に最適なミストタイプの日焼け止めです。
    最強指数の日焼け止めが多いなかで、こちらは日常生活やちょっとしたお出かけに使える、刺激の弱い、指数があまり高くない商品です。
    1本で日焼け止めと虫よけ対策ができるのが大きな特徴。
    虫の嫌がるレモングラスなど天然アロマオイルを配合しているので、使用感や香りがサッパリしており、虫を寄せつけません。
    細かい粒子の紫外線散乱剤をミスト状にしたので、日焼け止めにありがちな白浮きがなく、こすらずお湯で簡単に流せるので、乳幼児や敏感肌の人が使ってもOK。
    乳幼児の顔に使用するときは、目に入らないように注意するか、手に取って塗ってください。

    容量:80mL (SPF15・PA++)

    こんな方におすすめ

    • 赤ちゃんや乳幼児に使えるものがいい
    • 指数はあまり高くなくていい
    • 手軽にオフできるものが欲しい

    8位 ナプラ ミーファ フレグランスUVスプレー マグノリア

    髪の日焼け対策に、美容室などですすめられることが多い髪専用日焼け止めスプレー。
    日焼け止めとは思えないフレグランスで、香りを楽しみたい方にぴったり!
    数種類の香りから選べますが、ここではマグノリアを紹介。
    オレンジフラワーとジャスミンの組みあわせがとても女性らしく、まるで本物のコロンのように香ります。
    オレンジオイルと6種のオーガニックエキスが配合されており、髪にツヤも与えながらも最強指数で紫外線から髪を守り、また頭皮もしっかりガードしてくれます。

    容量:80g (SPF50+・PA++++)

    こんな方におすすめ

    • 香りにこだわりたい
    • 髪専用の日焼け止めを探している
    • 頭皮の日焼けを防ぎたい

    7位 ラロッシュポゼ【敏感肌用*日やけ止めスプレー】UVイデア XL プロテクションミスト

    日焼け止めでトラブルを起こしやすい敏感肌の人に試して欲しい日焼け止めスプレーです。
    皮膚に密着しやすい日焼け止めは、敏感な肌に刺激を与えやすいので、指数の低いものしか使えなかった人も多いはず。
    そのような肌の人でも使える、最強の紫外線カット指数の日焼け止めが、ミストタイプで登場しました。
    細かく軽いミストが均一にムラなく塗れて気持ちよく、化粧直しにもシュッとスプレーするだけでOK。
    肌のバリア機能に作用する、ラロッシュポゼ ターマルウォーターの整肌成分を配合しているので、肌の弱い人に使ってみて欲しい一品です。

    容量:50g (SPF50・PA++++)

    こんな方におすすめ

    • 肌が敏感で作用の高い日焼け止めが使えなかった
    • 日焼け止めでかぶれることがある
    • 化粧の上から使いたい

    6位 ナヴィス リシャンお徳用UVスプレー

    軽めの細かい微粒子のスプレーなので、べたつきや重たさを感じずに使えます。
    大容量なので家族で使用してもたっぷり使えると好評。
    爽やかなソープの香りで全身に使用でき、髪の毛にもふんわりスプレーできるので髪や頭皮の紫外線対策にも使えます。
    スプレーしても白くならないのでどんな部位に使ってもOK。
    メイク仕上げにシュッとひと吹きすれば最強のUVカットができます。

    容量:250g (SPF50+・PA++++)

    こんな方におすすめ

    • メイク後に使えるものが欲しい
    • 白浮きしないタイプがいい
    • コスパも気になる

    5位 シィナイン アフロート ヘア&ボディUVコロンスプレーNo.9

    シャンプーやトリートメントで人気の、XY9 AFLOATから発売されている日焼け止めスプレーです。
    まるでコロンのような香りが特徴で、筆者も愛用しています。
    日焼け止めとは思えない軽やかな使い心地ですが、紫外線防御指数はSPF50+・PA++++と最強なので、香りも日焼けも気になる女性に一度試して欲しいスプレーです。
    体だけでなく髪や顔にも使用できるので、全身に心地よいリリーローズの香りをまとうことができます。
    オレンジ油の保湿成分を配合、髪のケアにも使え、髪の毛につきやすいたばこのにおいもガードできるコロンスプレーです。

    容量:80g (SPF50+・PA++++)

    こんな方におすすめ

    • 日焼け止めにありがちなべたつきが苦手
    • 香りのよいものを使ってみたい
    • 髪の毛の紫外線対策に特に気をつけたい

    4位 サヴァンナ50 UVカットスプレー ◆日焼け止めスプレー

    リキッドタイプやクリームタイプ特有の皮膚に密着したべたつき感のない日焼け止めスプレー。
    特殊な微粒子のパウダーで肌になじみやすく、スプレーにエアゾールを使用し噴射にムラをなくしたことで、サラサラの使い心地になっています。
    また髪にも使えて肌への刺激も少なく、白浮きもしないので使いやすいです。
    ヒアルロン酸やビタミンC誘導体、トレハロース、オウゴンエキスなどのスキンケア成分が配合されているのも、女性にはうれしいポイント。

    容量:100g (SPF50+・PA+++)

    こんな方におすすめ

    • 価格が高くても日常使いで使いやすものがいい
    • 髪にも使いたい
    • 美容成分が入っているとうれしい

    3位 資生堂プロフェッショナル デープロテクター UVスプレー

    髪の毛の紫外線ガードを積極的に考える人に、ぜひ試して欲しい商品です。
    炎天下の過酷な紫外線環境でも髪を守り、自然なツヤを与え、べたつかずになめらかな指通りを実現。
    トリートメント効果もあり、ウオータープルーフポリマー配合で湿気から髪を守ります。
    スタイリング済みの髪にシュッとスプレーすれば紫外線から髪をしっかりガードしてくれます。

    容量:100g

    こんな方におすすめ

    • 髪をしっかり紫外線からガードしたい
    • 髪に特化している商品を探している
    • 傷みやすい髪をいたわりたい

    2位 コーセー サンカット 日焼け止め 透明スプレー フルーティフローラル

    紫外線カット指数はSPF50+・PA++++と最強値なのに、べたつかず軽くてサラサラした使用感の日焼け止めスプレー。
    噴射がムラなく、しっかり肌に密着してくれるので子供にも使いやすいタイプです。
    肌だけでなく髪にも使え、みずみずしいフルーティフローラルの香りがとても爽やか。

    容量:50g (SPF50+・PA++++)

    こんな方におすすめ

    • 全身に使えるものがいい
    • 爽やかな香りが欲しい
    • 高い作用でべたつかないものがいい

    1位 アジャステ エアリータッチ UVスプレー [無香料]

    SPF50・PA++++と最強の指数値ですが、べたつきがなく大容量なのが特徴です。
    キメの細かい透明なミストタイプで、化粧水が原料になっているため白くダマにならず、速乾性があります。
    ベタつかずサラッとした肌感を保ち、顔や髪の毛、手足と全身に使えるところがうれしいポイント。
    7種の自然保湿成分と皮脂テカリ防止成分が配合されており、専用クレンジング不要で、汗や水にも落ちにくい仕様です。

    容量:200g (SPF50+・PA++++)

    こんな方におすすめ

    • コスパも気になる
    • 無香料で自分の香りを邪魔しないものがいい
    • 高い作用でべたつかないものがいい

    日焼け止めスプレー使用上の注意点

    便利で使いやすくなった日焼け止めのスプレータイプですが、気をつけておきたい注意点もあります。

    アルコール成分が入っているものもある

    アルコール成分やエタノールなどが含まれているものもあるので、アルコールに対して皮膚が過敏な人は、肌の様子を確認しながら使いましょう。

    近距離で使わない

    あまり近すぎる距離から1カ所に集中して長く使用すると、凍傷を起こす可能性がありますので、商品に記載された距離を守ってください。

    高温の近くで使用しない

    水分だけを利用したミストタイプもありますが、スプレーはエアゾールで噴射される商品が多いので、火のそばやドライヤーなど、高温になる場所での使用は避けましょう。
    火傷してしまう可能性があります。

    顔には特に気をつけたい紫外線対策

    シミは一番顔に出やすく一番気になる箇所でもあるので、紫外線対策は必須です。
    ここからは顔の紫外線対策について見ていきましょう。

    年間を通して紫外線対策が必要な顔

    シミが一番出やすいのは顔ですが、なぜ顔にシミが出やすいのか知っていますか?
    紫外線を浴びることが多い箇所であると同時に、ガードしにくいためです。
    体は衣類でガードできますが、顔は常に外気や天候にさらされています。
    ついうっかり短時間だからいいや……と、外出してしまうことも少なくありませんし、メイクをしない休日も欲しいですよね。

    しかし油断すると、将来シミになるメラニン色素を肌の奥で作ってしまうので、いかに簡単で使いやすく面倒に感じない日焼け止めを選ぶかが、シミを増やさないコツというわけです。

    常に紫外線にさらされる顔は影響を受けやすい

    多くの人が抱えるシミの悩みは、40歳前後から急激に増えてきます。
    これはターンオーバーの乱れで、通常なら角質層で排出されるメラニン色素が、肌にとどまってしまうことが原因です。
    また、色白の人や紫外線を浴びる機会が多い人は、メラニン色素の影響を受けやすく、若いときからシミができてしまいます。
    化粧で隠すのが難しいシミができてしまうと、見た目にも老けた印象になるので、シミの原因を作らないことが重要です。

    【こちらもCHECK】顔向けの日焼け止めに関連するおすすめ記事はこちら

    ニキビ肌向け日焼け止めおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.10

    顔用日焼け止めおすすめ人気ランキングTOP10!塗り方やスプレーを直接吹きかけるタイプも【2017年最新版】

    2017.12.21

    髪の変色を少なくするためにも髪にも紫外線ケアを

    紫外線を浴びやすい海や山で、髪の毛へのダメージを感じたことはありますか?
    紫外線は肌だけではなく髪へのダメージも大きいので、ヘアケアの観点からもしっかり対策することが重要です。

    紫外線による髪へのダメージの大きさ

    顔や体の日焼けには気を使っていても、顔以上に紫外線にさらされている髪の毛は忘れがちです。
    レジャーのあと髪がパサパサになることがありますが、これは髪の毛が紫外線を吸収してアミノ酸が酸化し、ケラチンが破壊されたために起こるのです。
    ケラチンの破壊は髪の毛を保護しているキューティクルをはがす原因にもなり、髪の毛内部の成分が流出し、保湿ができず切れ毛や枝毛を引き起こします。
    髪は自分で補修する機能を持っていないので、紫外線などのダメージを受けないようにしましょう。

    髪にはスプレーが便利

    ヘアスプレー 金髪 女性


    髪には日焼け止めクリームなどは塗れませんから、スプレータイプがよいです。
    最近では髪の毛専用のものに加え、体にも髪にも使える両用タイプも多く発売されています。
    外出時や外出先でシュッとスプレーするだけで、大切な髪を紫外線からガードしてくれるのでぜひ使ってみてください。
    また紫外線による抜け毛や、日焼けによる頭皮の炎症など、ダメージも減らすことができます。

    よく動く子供にはスプレータイプが使いやすい

    ミストスプレー

    外で動き回ることが多い子供にも、日焼け止めが必要ですよね。
    じっとしていない子供に日焼け止めをしっかり塗るのは大変な作業ですし、汗をかきやすいので、簡単に紫外線対策できるスプレータイプを使ってみてはどうでしょう。

    汗をかきやすいので何度も塗り直したい

    代謝が活発な子供は汗っかき。
    よく動くのでクリームタイプの日焼け止めは塗りにくく、またべたつきを嫌がりますよね。
    油断していると、肌が真っ赤な火傷状態になってしまうので、なんとか紫外線対策をしたいのですが、思い通りにいうことを聞いてくれないのが子供です。
    そんなときは何度でも塗り直せて便利なスプレータイプの日焼け止めがいいですよ。

    手がべたつかないので使いやすい

    日焼け止め特有のべたつきが嫌なのは、子供だけではなくママも同じです。
    紫外線防御指数の高いものほど扱いにくいですが、最近では指数が高くてもべたつきがなく、手軽に使えるスプレータイプが増えています。
    ガード力に優れている、どんなパーツにも使いやすい、汗などに負けないなど優秀なものが多いので、特徴を知って使いやすいものを選びましょう。

    Amazon&楽天の日焼け止め人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    日焼け止めスプレーでダメージ知らずの肌に!

    日焼け止め 海岸 親子


    近年ではしっかり肌を保護するために、年間を通して日焼け対策が必要になってきました。
    年齢を重ねてシミなどの肌トラブルを起こさないためにも、普段の生活から紫外線をカットすることがとても重要です。
    うっかり日に当たる時間が長くなると、皮膚の内部では紫外線から肌や細胞を守るために、メラニン色素が作られてしまうので、手軽で面倒でない商品を選びたいものです。
    日焼け止めスプレーは、べたつくこともなく簡単に全身をガードできるので、生活スタイルにも取り入れやすくなっています。
    日焼けをしたくないパーツや肌にあった商品をみつけて、少しでもダメージをなくしていきましょう!

    【あわせて読みたい】紫外線対策に関連するおすすめ記事はこちら

    UVカットのアームカバーおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

    2018.08.31

    飲む日焼け止めおすすめ人気ランキングTOP15!効果や副作用についても【2018年最新版】

    2018.02.20

    敏感肌向け日焼け止めおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.31

    日焼け止め効果のある化粧下地おすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.27

    ウォータープルーフの日焼け止めおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.11

    ABOUTこの記事をかいた人

    大垣妙子

    元エイジングケアクリニック主任 日本眼科医会認定OMA

    クリニック退職後も美容やエイジングケアに関する記事を多く執筆しています。
    ブランドのイメージだけで間違ったスキンケアを行う女性が多いので、実はこのような選び方が良い!というサポートができれば嬉しいです。