付箋(ふせん)おすすめ人気ランキングTOP15!ポストイットやメモも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。

    選び方のポイント

    • サイズを選ぶ
      →メモしたい内容から付箋の大きさを選ぼう。
    • 色や柄を選ぶ
      →事務用品のシンプルなものだけでなく、かわいい形のものもある。
    • 予算を考える
      →相場は100円~500円程度で、デザインの違いや枚数によって値段が変わってくる。
    ふせん アルファベット

    ちょっとしたメモを残したり、ページに貼って目印にしたりと、さまざまな用途に使用することのできる付箋(ふせん)は、学生からビジネスマンまで年齢や性別を問わず、今多くの人に人気です。

    付箋の種類はとても豊富で、オーソドックスなものからカラフルでデザイン性に優れたものまでたくさんあるので、本記事ではそのなかでもおすすめの商品を厳選してランキングで紹介していきます。

    目次

    付箋(ふせん)とは?

    手帳 ふせん

    付箋とは、メモ用紙の裏が部分的に粘着性になっているもので、書いたものを必要なところにペタっと貼りつけることができます。
    ついているのりは、貼ったり剥がしたりを繰り返すことができ、剥がした場所が汚れることもありません。
    少し前までなら付箋といえばポストイットというくらい、3M社から販売されている製品こそが付箋として扱われていました。
    しかし最近では紙の大きさはもちろん、色や柄など個性豊かなものが各社から販売されるようになり、選択肢も大幅に広がっています。

    【こちらもCHECK】付箋に関連するおすすめ記事はこちら

    かわいい付箋(ふせん)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.21

    付箋(ふせん)を選ぶ際の3個のポイント

    付箋は種類が豊富なので、どのような点に気をつけて選べばいいのでしょう。
    ここからは選ぶときに参考にして欲しいポイントを3つ説明していきます。

    ① サイズを選ぶ

    ふせん 大 小

    まずどのくらいの大きさの付箋が必要なのかを考えてみましょう。
    付箋をメモとして利用するのであれば、どのような内容を書くのかによって、大きさや種類を選ぶとよいです。
    書類や学校のノートなどに目印として付箋を貼る場合は、用途に適したサイズの付箋を選んでみてください。

    ② 色や柄を選ぶ

    ふせん カラフル

    付箋と言えば、薄いピンクやイエロー、ブルーのイメージを持つ人も多いでしょう。
    事務作業などで使用するものは、このようなシンプルなカラーのものが多いですが、このほかにも種類が豊富にあります。
    形も四角形だけではなく、柄にあわせたカットが施されたものなどバラエティ豊かなので、好みや用途にあわせて自由に選んでみましょう。

    ③ 予算を考える

    お金 豚の貯金箱

    付箋の値段は商品によって違いがありますが、安いものなら100円前後からあり、高いものでも500円程度で購入することができます。
    これらの値段の違いは、色柄や形などのデザイン、そしてセット枚数によって変わってくるので、自分の予算にあったものを選んでみてください。

    付箋(ふせん)おすすめ人気ランキングTOP15

    付箋を選ぶときのポイントを踏まえたうえで、ここからは、付箋おすすめ人気ランキングTOP15を紹介していきます。

    15位 スイーツ&フード ふせん 8種 セット

    サイズ:8.5×12cm
    材質:-
    枚数:30枚×8種類

    かわいい付箋が8種類×30枚セットとなった大容量パック。
    付箋の柄は、ケーキやドーナツ、コーヒーにポテトチップスといったみんなが大好きなおやつやスイーツで、見ているだけでワクワクしてしまいます。
    自分用としてももちろん、プレゼント用にも喜ばれること間違いなし。
    大容量なのに500円以下という値段も人気の秘密です。

    14位 サンスター文具 ライティア TODOふせん

    サイズ:110×75×7mm
    材質:紙
    枚数:160枚

    毎日使う文房具のちょっとした不便さを解消するために作られた、サンスター文具で人気の「Lightia(ライティア)」シリーズ。
    ちょっと変わったスタンド型の付箋は見やすく、毎日の事務作業を快適にしてくれるアイテムとして、主にオフィスで人気があります。
    書いてある作業が終了したらはがすようになっていて、作業効率のアップにも繋がります。

    13位 かわいい動物の付箋 (動物8種類セット)

    サイズ:-
    材質:-
    枚数:-

    動物柄のかわいい付箋セット。
    イラストになっている動物は全部で8種類、その日の気分にあわせて好きな動物の付箋を使うことが可能です。
    手帳やノートに貼りつけて使うと、メリハリがあってかわいいグッズに大変身!

    12位 カンミ堂 ふせん タテトコ 方眼罫 黄色

    サイズ:95×70×5mm
    材質:-
    枚数:25枚

    黄色の用紙に方眼罫が書かれているオーソドックスな付箋です。
    方眼罫があることで文字をきれいにそろえて書くことができる点も人気。
    デスク上で書類に埋もれて付箋を見失うことがないようにと、カンミ堂では新構造を採用。
    立体的な付箋を開発し、メモしたものを1枚単位で立たせることができるようになっています。
    シンプルだけど機能性抜群の使える付箋として人気です。

    11位 SLIFAKER ポスト・イット 付箋 ふせん 蛍光

    サイズ:8.5×8cm
    材質:-
    枚数:30枚×8セット

    蛍光色がかわいいと人気のあるこの付箋、ただかわいいだけではなく実用性も抜群です。
    形状の異なる付箋が8種類あり、それぞれ30枚ずつのセットとなっているため、全部で240枚という大容量の付箋。
    付箋の形は、雲や星、ハートにりんごなど、かわいいものを取り揃えています。
    紙質やのり部分の粘着性にもこだわっているので、とても使いやすいと人気です。

    10位 ヤマト 付箋 メモック ロールテープ カッターつき

    サイズ: 15mm×10m
    材質:上質紙
    枚数:10m×3巻

    ロールタイプのちょっと変わった付箋は、セロハンテープを使用する要領で使うことができると人気です。
    一般的な付箋の用途で使う以外にも、インデックスや表紙ラベル、仮止めのマスキングテープ代わりにもなる優れもの。
    アイデア次第で用途も広がります。
    1巻は10mと長く、カラーもローズ、ライム、レモンの3色。
    テープをカットするときに使用する専用カッターもついているので、使いやすくて便利です。

    9位 3M ポストイット ふせん 強粘着ノート シルエット

    サイズ:50x69mm
    材質:-
    枚数:30枚×3色

    3Mから販売されている付箋は、のりの粘着力が強く、しっかり貼りつけることができ、はがれにくいという特徴があります。
    型抜きされている付箋は、どれもおしゃれでかわいく、カラーもオレンジ・エレクトリックブルー・ライムの3色。
    それぞれ30枚ずつのセットとなっているので、全部で90枚の付箋を楽しむことができます。

    8位 ポスト・イット ふせん ノート スター

    サイズ:72x72mm
    材質:-
    枚数:225枚

    星の形のカラフルな付箋です。
    カラーはピンク・オレンジ・ライム・レッドそしてイエローの5色がセットとなっていて、見ているだけで元気になれそう。
    付箋の枚数は225枚と多く、たっぷり使うことができるお徳用サイズ。
    ポストイットの代表的な商品で、子供から大人まで愛用している人も多く、使いやすさも抜群です。

    7位 Myoffice かわいい 剥がれにくい 付箋 蛍光 メモパッド 7本セット

    サイズ:6~8cm
    材質:-
    枚数:-

    台紙サイズが8.3×8cmとちょうどよいサイズの付箋です。
    付箋のイラストによってサイズが6cm~8cmと、微妙に変わりますが使いやすさはどのイラストの付箋も同様。
    蛍光色でかわいい絵柄が7種類ランダムに入れられているので、どんなイラストがあるのか楽しみながら使うことができます。

    6位 ポスト・イット ふせん 見出し

    サイズ:3.5×1.8×7cm
    材質:-
    枚数:30枚×10色

    カラーは10色で各カラーにつき30枚ずつセットになっている、ポストイットから販売中の人気の付箋です。
    のりのついたメモ帳やインデックスとして使用するなど、使用方法はバラエティゆたか。
    鮮やかな色を集めてセットにしている付箋なので、オフィスや家庭、学校でも多く使用されています。

    5位 ニュークイン 付箋 ニュークイン カラフルインデックス

    サイズ:0.9×6×16.5cm
    材質:プラスチックフィルム
    枚数:5冊

    極細タイプのカラフルな付箋は、メモとして使う付箋とは違い、インデックスや、ラインマーカー代わりに貼りつけて使うことができます。
    自由に貼ったり剥がしたりを繰り返すことができるので便利。
    たくさんの付箋を貼りつけても、邪魔だと感じることのないデザインがとても人気となっています。

    4位 3M 付箋 ポストイット 強粘着ふせん

    サイズ:75x25mm
    材質:-
    枚数:90枚x5個

    3Mから販売している超粘着タイプの付箋は、カラー展開がイエロー・ネプチューンブルー・ピンク・アップルグリーンの4色と馴染み深いものとなっています。
    各カラーにつき90枚×5セットとなっているので、全部で450枚ものお徳用サイズ。
    平らな場所以外にもきれいに貼ることができる、3M独自のマイクロスフィアという球体でできている粘着剤のパワーは最強です。

    3位 3M 付箋 ポストイット 見出し お買い得パック

    サイズ:2.2×7.7×5.1cm
    材質:古紙パルプ100%再生紙
    枚数:100枚×10個

    付箋と聞いて最初に想像するのが、3Mから販売されているお馴染みのイエロー・ブルー・ピンク・グリーンのこのタイプではないでしょうか。
    1つのカラーにつき100枚×10個セットで販売されている大容量でお得なパックです。
    見出しやちょっとしたメモに使うことのできる50mm×15mmサイズの付箋は、用途がたくさんあるので、何枚あっても多過ぎるということがありません。

    2位 3M スリーエム 付箋 ポスト・イット ジョーブ 透明見出し

    サイズ:5.6×0.25×11.5cm
    材質:フィルム素材
    枚数:9色×20枚

    3Mから見出し用に販売された透明タイプの付箋です。
    最も幅の狭いタイプなので、気になるところのマーキングにも最適。
    フィルム素材で作られているので破れにくく、この付箋をつけた状態で上から文字を書くことも可能です。

    1位 ポスト・イット ノート 超徳用 パステル

    サイズ:7.5×4.5×7.5cm
    材質:-
    枚数:450枚

    5色のカラーがキューブ状になった付箋です。
    450枚もあるので、大容量タイプとしてオフィスなどで多く使用されています。
    カラーはパステル調なので、文字を記入してもカラーが邪魔することなく使いやすいのが特徴。
    付箋の元祖3Mシリーズの粘着力と書き心地のよさは満点です。

    付箋を使用するときの2つの注意点

    付箋を使用するうえでの注意点は2つあります。
    ほんの少し心がけることで使いやすさは格段にアップするので、この機会にぜひ気に留めてみてくださいね。

    ① メモ帳として使う場合

    コルクボード ふせんメモ

    付箋をメモ帳として使用する場合、はがさず束になった状態のままメモとして使う分には問題ありませんが、メモしたものをどこかに貼りつけて使う場合は注意が必要です。
    貼り方によってははがれてしまうこともあるので、しっかりとくっつける習慣を。
    特にオフィスで電話応対をしたときのメモを、上司のデスクの上に伝言として残す場合は、わかりやすいところに貼りつけて、すぐ剥がれないような配慮をすることが大切です。
    付箋は、裏側に粘着剤がついているので、デスクの上にサッと貼りつけておけば安心と思いがちですが、付箋の種類によっては粘着力の強さに違いがあるので、はがれ落ちてしまわないよう気をつけましょう。

    ② 見出しとして使う場合

    ノート リング ふせん

    付箋を見出しとして使う場合は、貼りつける位置に注意しましょう。
    貼る位置が書類やノートなどの端ギリギリだと、持ち歩いたときなどに落ちてしまうことがあります。
    はみ出てしまった付箋が折れて、きれいに見出しをつけたつもりが汚れてしまうこともあるので、見出しとして使う場合は貼る位置を考えて使うようにするとよいでしょう。

    付箋に似ているメモは別物?

    付箋に似ているメモやポストイットは、みんな同じものなのでしょうか。
    どのように区別したらいいのかわからないという人も多いですよね。
    ここではよく耳にするポストイットとはどういうものなのか、メモと付箋の違いについても説明していきます。

    ポストイットとは?

    アルファベット ふせん

    ポストイットと付箋はどちらも同じもので、作っている会社と呼び方が違うだけです。

    ポストイットは、付箋を最初に製品化した3Mというアメリカの化学メーカーがつけた名前で、3Mから販売されている付箋のことをポストイットと呼んでいます。

    3Mからポストイットが生まれた当初、テストとして販売された付箋は、なかなか人々に受け入れられませんでしたが、その後徐々に評価があがり、1980年には全米で発売開始されました。
    それ以降、世界中の人たちに愛されるヒット商品へと成長、今日にいたっています。

    ポストイットの定番といえば黄色の付箋ですが、最近では蛍光色のものが作られたり、サイズにバリエーションが加えられたりするなど、日々進化を遂げています。

    メモと付箋は違う?

    ふせん ノート

    メモと付箋は、使用方法は同じですが、気になるところに貼りつけることができる機能は、残念ながらメモにはついていません。
    したがって、メモと付箋はまったく別物として捉えられています。
    付箋が多くの人に利用されている理由のひとつに、好きな場所に気軽に貼ったりはがしたりすることができるという点があります。
    それに対してメモは付箋と違い、ややかしこまったシーンで使うことができるため、目的や用途、相手によって使い分けるようにしましょう。

    付箋の使い方

    付箋はメモ帳やインデックスとして使う以外にも、いろいろな使い方があります。
    上手に有効活用することで、毎日の事務作業や勉強の効率アップにも繋がりますし、またおしゃれでかわいくさまざまな用途に使うこともできるます。
    ここからはちょっと変わった付箋の使い方について説明していきます。

    スケージュール管理に活用する

    カレンダー

    付箋1枚につきひとつの予定を書き入れて、スケジュール帳に貼りつけていきます。
    もしも予定変更になった場合、カレンダーの変更後のところに貼り直せばよいので、予定が定まらない仕事を多く抱えている人はぜひ実践してみてください。
    スケジュール帳が乱雑になりにくいためおすすめですが、スケジュール管理で付箋を使用する場合は、粘着力がしっかりしているものを意識して選ぶと、はがれにくくて安心です。

    【こちらもCHECK】スケジュール管理グッズをお探しの方はこちらの記事もおすすめ

    おしゃれな卓上カレンダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.07

    ビジネス手帳おすすめ人気ランキングTOP10!使い方も【2018年最新版】

    2018.06.02

    ToDoリストとして活用する

    手帳 メモ

    スケジュール管理と似ていますが、毎日行わなくてはいけないことをTODOリストとして1枚の付箋に1項目ずつ記入し、常に目のつくところに貼りつけておきます。
    やらなくてはいけないことが終了したら、付箋を外せば視覚的にあとどのくらいの作業が残っているかが一目瞭然なため、仕事へのモチベーションや作業効率のアップに繋がります。

    パソコンのキーボードの掃除にも活用

    万年筆とキーボード

    付箋には、必要なことをメモして使用する以外にも、意外な使い方があります。
    それはパソコンのキーボードの掃除です。
    パソコンのキーボードのすき間は、思った以上に小さなホコリやゴミが溜まりがちですが、思うように掃除が行き届かない部分でもあります。
    そこで使ってみて欲しいのが、付箋の粘着部分です。
    付箋は薄くて細長いため、キーボードのすき間にも抵抗なくスッと入っていくことができ、粘着部分を入れて取り出すと想像以上のゴミが取れます。
    この方法は、仕事の合間の休憩時間や、ちょっとしたスキマ時間を利用して行うことができるので、ぜひ活用してみてください。

    賞味期限を書いて食材の保管に活用

    食材を保存するのはいいけれど、いつのまにか賞味期限切れになってしまったという人も多いはず。
    付箋に賞味期限を記入して、食材の見えるところに貼りつけておけば、食材をムダにすることなく効率よく使用することができます。

    コードやLANケーブルに巻きつける

    コンセント 電圧

    付箋は、電化製品をつなぐコードやLANケーブルを区別するのに使うこともできます。
    「紙でできている付箋は、使えないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
    何に使用しているコードなのかを付箋に記入し、コンセントの付け根の部分に付箋を巻きつけます。
    同じ場所にいくつもコードがある場合は、電化製品ごとに付箋の色を分けて使用するとさらに区別がしやすく便利です。
    電化製品のコードだけではなく、パソコンなどのLANケーブルに使用するのもよいでしょう。
    コードやLANケーブルは、数が多いとどうしても乱雑になりがちなので、付箋を使用してどれがどのケーブルなのかを目視でわかるようにしておくと、あとあと役に立ちます。

    Amazon&楽天の付箋人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    付箋は好みや用途、環境にあわせて使い分けよう

    付箋

    種類が豊富な付箋のなかから厳選して、おすすめの商品をランキングで紹介しきましたが、お気に入りのものは見つかりましたか?
    なかには、もうすでに使っているものもあったかもしれませんね。
    付箋は用途や環境にあったものを選んで使うととても便利なので、ぜひこの記事を参考に、生活に役立つ最適なものを選んで活用してみてくださいね。

    【あわせて読みたい】メモ・文具に関連するおすすめ記事はこちら

    最新文具おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.26

    テプラおすすめ人気ランキングTOP15!ラベルライターとの違いやガーリーシリーズも【2018年最新版】

    2018.05.24

    おしゃれな文房具おすすめ人気ランキングTOP14【2018年最新版】

    2018.05.18

    メモ帳おすすめ人気ランキングTOP15!革製の商品も【2018年最新版】

    2018.04.19

    かわいいメモ帳おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.17

    ABOUTこの記事をかいた人

    水崎 まよ

    元文房具店勤務

    文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
    文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
    新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。