スプーンルアーおすすめ人気ランキングTOP10!スプーンルアーとは【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 狙う魚種にあわせて適切なものを選ぶ
      →スプーンルアーはどんな魚でも狙うことができる仕様だが、魚種にあわせて適切なものを選ぶとより釣果が出やすい。
    • 重さを複数そろえる
      →魚はその日や時間帯によって泳いでいる層が違うので、重さを複数揃えておくのが重要。
    • カラーは銀をメインに多数そろえる
      →色わけをしておくと釣り場で使いわけがしやすく便利。

    ルアー


    疑似餌であるルアーのなかで最もシンプルな構造をしているのがスプーンルアー。
    スプーンルアーはルアーの起源であるとされ、釣れる魚種を問わないのが特徴となっています。

    そのため多くの製品があり、しっかり自分の用途にあったものを選ぶことが重要です。
    本記事では釣り歴20年以上となる筆者がスプーンルアーの選び方やおすすめ品、使用時の注意点をご紹介していきます。



    スプーンルアーとは

    ルアー

    スプーンルアーとは、食事で使用するスプーンがその名の由来です。
    湖のほとりで食事をしていた人が誤って水中にスプーンを落としてしまったところ、それに魚が喰いついたという話があるのです。

    いまでこそルアーには数多くの種類がありますが、その起源となっているスプーンルアーは魚種や場所を問わずに使用できる汎用性の高いルアーです。
    現在ではスプーンルアーを推奨されている魚種が、マスやサケなどのトラウト類をメインに、ブラックバスやアジといったものに限られるようになってきています。
    しかし、実釣性能は非常に高く、どんな魚種で使っても釣れるルアーなのでいろいろな場所で使ってみてもらうとよいと思います。

    【こちらもCHECK】ルアーに関連するおすすめ記事はこちら

    バイブレーションルアーおすすめ人気ランキングTOP5!バス用についても【2018年最新版】

    2018.07.28

    ソルトルアーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.13

    シャッド(ルアー)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.09

    スプーンルアーを選ぶときの3つのポイント

    狙う魚種にあわせて適切なものを選ぶ

    魚 ルアー


    スプーンルアーはどんな魚でも狙うことができるルアーですが、魚種にあわせて適切なものを選ぶとより釣果を出しやすいです。
    大きく分けると、管理釣り場用・河川用・ブラックバス用・アジング用といった4種類に現在市販されているスプーンルアーは分けられます。
    特に管理釣り場ではスプーンルアーが主に使われるので、数えきれないほどの多くの製品が市販されています。
    いずれも使う魚種やシチュエーションが、パッケージや商品説明中にありますので、そこから自分が使う場面にあったものを選ぶのがポイントです。

    重さを複数そろえる

    ルアー


    魚はその日や時間帯によって泳いでいる層が違うので、重さを複数揃えておくのが釣果を出すためには必要となります。
    例を挙げると管理釣り場やアジング用では1~5g程度、河川用やブラックバス用では7~35g程度の間で3種類ほどの重さを揃えるのがおすすめです。
    そろえるときには少し重すぎるかなと感じるようなものを入れておくと、釣り場において重宝することが多いので覚えておきましょう。

    カラーは銀をメインに多数そろえる

    ルアー


    スプーンルアーは光を反射して魚を誘ってくれる銀が基本カラーです。
    銀をメインにして、ほかのカラーもそろえて釣り場で使いわけると釣果を得やすくなります。
    カラーをそろえるときには、茶や濃い緑などの地味なもの、ピンクや黄色など派手なものと、明確に色が違うものを選ぶのがポイントです。
    さらに、誰も使わないようなカラーも持っておくのもおすすめで、釣り人が多くて誰も釣れていないときに使ってみると意外な釣果を出すことがありますので、参考にしてみてください。

    スプーンルアーおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはスプーンルアーのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者がスプーンルアー選びのポイントを踏まえて厳選したおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 ジャッカル ティモン ティアロ

    ルアーの重量:1.6g
    管理釣り場において人気のジャッカルのスプーンルアー。
    アクションの立ち上がりが速く、ルアーを見慣れているトラウトも思わず喰いついてしまう製品です。

    Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

    402円

    9位 ノリーズ ダイラッカ

    ルアーの重量:38g
    深い水深に潜むブラックバスを攻略しやすい、大きなサイズのスプーンルアー。
    落とし込んでいくときに不規則な動きを出して、バスが予想できないアクションで誘っていくことが可能です。
    遠くに投げることも可能ですが、使うときは20m程度投げて、操作しやすい範囲で使うのがおすすめとなっています。

    Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

    1,166円

    8位 メガバス ビアンカ

    ルアーの重量:28g
    きれいなカラーリングに目をひかれるメガバスのスプーンルアーです。
    最初から適切なフックが装着されていて、ライントラブル軽減のためのスイベルもついていますので、そのままの状態で使用できます。

    Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

    1,236円

    7位 ダイワ アジングスプーン

    ルアーの重量:1g
    アジを狙うために開発されたダイワのスプーンルアー。
    樹脂とウエイトを組みあわせて作ってあり、ゆっくりと巻きながらアジを誘くことができます。
    標準のフックはサクサス仕様で刺さりがよく、小魚やアミエビがベイトになっているときに使うのがおすすめです。

    Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

    518円

    6位 ダイワ Dスプーン

    ルアーの重量:35g
    水中で大きくきらめきながらバスを誘ってくれるダイワのスプーンルアー。
    開発中は釣り場にハンマーを持ち込み、釣れる形状を追求した製品となっています。
    日本のバス釣り場にあわせたカラーラインナップも大きな魅力です。

    Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

    945円~

    5位 ダイワ クルセイダー

    ルアーの重量:4g
    トラウト狙いにおすすめのスプーンルアー。
    渓流や管理釣り場での定番として人気が高く、安定したアクションは使いやすいと評判です。

    Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

    486円

    4位 デプス ガノブレード

    ルアーの重量:19g
    デカバス狙いに効果的な製品を作るデプスのスプーンルアー。
    開発に2年がかけられていて、バス釣りでの最適な使い心地を持たせてあります。
    ブラックバスの活性が下がっているときに、反射的に喰わせる「リアクションバイト」を誘発しやすい製品です。

    Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

    580円

    3位 フォレスト ミュー

    ルアーの重量:1.5g
    表層から底付近まで幅広く探っていくことができる管理釣り場用のスプーンルアー。
    高い実釣性能を持っていて、トーナメントで使用する釣り人も多い、おすすめの製品です。

    Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

    464円

    2位 ダイワ チヌークS

    ルアーの重量:7g
    ベーシックな形状で使いやすいダイワのロングセラー製品です。
    河川においてのトラウト狙いで特に使いやすく、これしか使わないといった釣り人もいるくらい信頼のおけるスプーンルアーとなっています。

    Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

    472円

    1位 スミス ピュア

    ルアーの重量:5g
    さまざまなテクニックを駆使して魚を狙うのに適したスミスの製品。
    発売から非常に息の長いスプーンルアーで、流れのある場所でも止水域でも使うことができる汎用性の高さが魅力です。

    Amazon商品価格(2018年4月11日現在)

    560円

    スプーンルアーを使用するうえでの5つの注意点

    結束はスナップを使う

    OWNER(オーナー) 72802 P-02 クイックスナップ 1.5
    OWNER(オーナー) 72802 P-02 クイックスナップ 1.5
    スプーンルアーを使用するときは、スナップを使って結束しましょう。
    購入時に「スプリットリング」という輪がついていることもありますが、それに結んでしまうとラインの強度をしっかりと保てなくなってしまいます。
    さらに、スプーンルアーの交換もしにくいので釣果に影響が出てきます。
    スプーンルアーの大きさによりスナップのサイズは変わってきますが、動きの自由度が保てる範囲で最も小さなものを使うのがおすすめです。

    替えのフックは常備しておく

    ダイワ(Daiwa) スプーン用フック シングル プレッソ BL S6P 釣り針
    ダイワ(Daiwa) スプーン用フック シングル プレッソ BL S6P 釣り針
    スプーンルアーはほとんどが金属でできていて、フックが干渉すると少しずつですが針先が鈍っていきます。
    針先が鈍ったフックでは魚が喰いついても掛かりにくく、せっかくのチャンスを逃しやすくなってしまいます。
    スプーンルアー用の替えフックは市販品が多くありますので、もともとついているフックと同じ大きさを購入しておくとよいでしょう。

    スプーンワレットで保管する

    スプーンルアーは「スプーンワレット」という専用のケースで保管するのがおすすめです。
    スプーンワレットは、スプーンルアーのフックをスポンジ状のフォームに引っ掛けて保管ができる便利なアイテムです。
    特に管理釣り場や渓流で使うスプーンルアーは、コンマ数gの違いで揃えていくことがほとんどなので、スプーンワレットの使用は必須となります。
    使用時には同じ重さで並べて、カラーのトーンが近いものを隣同士に並べておくとローテーションがしやすく、釣果を伸ばしやすくなります。
    また、いずれかのカラーをなくしてしまったときでも、スプーンワレット内の空きを目安に再度購入できるので便利です。

    変形に注意

    ルアー


    スプーンルアーはシンプルな構造ゆえに、ちょっとした変形によってアクションが簡単に変わってしまいます。
    キャストミスでぶつけてしまうのが変形の一番の原因となるので、障害物周りでの使用は避けながら使うことがおすすめです。
    さらにサイズが小さくなればなるほど、塗装が欠けたり剥がれたりするだけでもアクションは変わりやすくなります。
    特に価格が安い製品に関しては塗装の欠けや剥がれが発生しやすいので、購入時には注意したほうがよいでしょう。

    管理釣り場ではルールを確認して使う

    スプーンルアーを多用する管理釣り場ではルール(レギュレーション)が各場所によって定められています。
    ほとんどの場所が使うフックはカエシのないバーブレスフックが基本となっていることをはじめ、使ってよいスプーンルアーの重さやサイズが決められていることもあります。
    管理釣り場に行く際には、事前に公式のホームページ上でルールを確認しておき、自分が持っているスプーンルアーが使用可能かどうかをチェックしておくのがおすすめです。

    Amazon&楽天のスプーンルアー人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    スプーンルアーはどんな魚にも効果的

    スプーンルアーはご紹介してきたような魚種がメインにはなっていますが、ルアーで釣れる魚はすべて狙うことができます。
    使い方も狙った層まで落とし込んで、巻いたり止めたりするだけで魚を誘ってくれるので、初心者の方が最初に使うルアーとしておすすめです。
    ぜひ本記事でご紹介した内容をもとに、スプーンルアーを選んで使ってみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

    ワームケースおすすめ人気ランキングTOP5!安さも【2018年最新版】

    2018.04.13

    ナマズロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.13

    エギングとは?ロッドやリール&エギングの種類の解説や初心者向け動画も

    2018.04.02

    アジングとは?ロッドやリール&仕掛けの解説や初心者向け動画も

    2018.03.19

    PEラインおすすめ人気ランキングTOP15!リーダーや結び方も【2018年最新版】

    2018.01.30