テープのりおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。

    選び方のポイント

    • 粘着力を選ぶ
      →使用頻度の多い対象を考えてから、粘着力の強さを選ぶことが大切。
    • コスパで選ぶ
      →使用頻度によってはスティックタイプよりも、コスパが悪くなってしまう可能性あり。

    テープのり アイキャッチ


    文房具用品として子供から大人までさまざまな人が使用することの多いテープのり。
    販売しているメーカーや種類も豊富にあり、使いやすさを追求して日々進化しています。
    本記事では、そんなテープのりのおすすめの商品を、ランキング形式で紹介します。

    テープのりとは?

    のり

    テープのりは、用紙類を張りつける接着用文房具のひとつです。
    ドイツで1980年代に商品化され、2000年代後半に日本でも普及されるようになりました。

    メリットは、手を汚さずに糊づけできることやスティック糊のように粘着部分がふやけることがないこと、きれいに貼りつけられることです。
    逆にデメリットは、広範囲への糊づけには適さないことが挙げられます。

    【こちらもCHECK】テープに関連するおすすめ記事はこちら

    テープカッターおすすめ人気ランキングTOP15!電動も【2018年最新版】

    2018.05.31

    テープのりを選ぶ2個のポイント

    ① 粘着力を選ぶ

    両面テープ

    テープのりの粘着力は、商品によって差があります。
    のりの粘着力は、使い心地にも影響し、強ければよいというものでもありません。
    使用頻度の多い対象を考えてから、選ぶことが大切です。

    ② コスパで選ぶ

    テープのり

    テープのりの平均価格は300円前後と、それほど高価なものはありません。
    しかし、使用頻度によってはスティックタイプよりも、コスパが悪くなってしまう可能性があります。

    コスパを意識する場合は、のりの部分だけを詰め替えできるカードリッジタイプがおすすめです。

    テープのりおすすめ人気ランキングTOP10

    ここまでは、テープのりを選ぶときのポイントについていくつか紹介してきました。
    ここからは、おすすめの商品をランキング形式で紹介していきます。

    10位 【マーベル】修正テープ&テープのり

    サイズ:135×60×16mm
    本体素材:-
    粘着剤:-
    数量:1

    アメリカンコミックのマーベルヒーローズデザインのテープのり。
    修正テープの機能を併せ持つ利便性抜群の商品です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    450円

    9位 ニチバン テープのり tenori イチオシ 3個パック

    サイズ:6mm×3.5m
    本体素材:プラスチック
    粘着剤:アクリル系
    数量:3

    小さなメモ類から大きなものまで簡単に貼りつけられるスタンプタイプのテープのり。
    スタンプできる回数は約500回とコスパは抜群です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    875円

    8位 コクヨ テープのり ドットライナー スタンプ

    サイズ:8.4mmx6.5m
    本体素材:R-PS、R-ABS
    粘着剤:-
    数量:1

    スタンプタイプながら、従来のように引いて貼りつけられる便利なテープのりです。
    本体のかわいいセイウチのイラストは、若い女性を中心に人気です。

    使い方にもよりますが、最大600回スタンプできますよ。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    600円

    7位 コクヨ テープのり ドットライナーノック

    サイズ:23×116×17mm
    本体素材:-
    粘着剤:-
    数量:1

    ペンケースにもスムーズにおさまるノック式タイプのテープのり。
    粘着力が強いので、少ない量でもしっかりと貼りつけられます。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    215円

    6位 プラス プリット テープのり ノリノプロ (強力に貼れる) 本体 22m×8.4mm 10個セット 39-252×10

    サイズ:93×24×45mm
    本体素材:-
    粘着剤:強粘着
    数量:10

    幅8.4mm、長さ22mとロングサイズのテープのりです。
    先端部分には、つねにきれいにのりを出すクリーンローラーシステムを搭載。
    テープの絡まりという悩みを、パワーギア機能によって解消しています。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    2,730円

    5位 トンボ鉛筆 テープのり ピットパワー

    サイズ:28×20×75mm
    本体素材:-
    粘着剤:-
    数量:3

    従来のトンボ鉛筆の商品よりも、粘着力を20%も高めたテープのり。
    テープをつけると、すぐにしっかり接着するので、書類といった重要物を郵送する際の封かんにもぴったりです。

    紙質問わず使用できるのもうれしいポイントですね。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    642円

    4位 トンボ鉛筆 テープのり ピットスライド 3色

    サイズ:29×22×65mm
    本体素材:-
    粘着剤:-
    数量:3

    2012年にグッドデザイン賞とレッドドット賞を受賞した、3色セットのテープのり。
    コンパクトなスライド式ボディは、使いやすさも抜群です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    432円

    3位 コクヨ テープのり ドットライナー 強接着タイプ

    サイズ:-
    本体素材:植物由来プラスチック、再生樹脂
    粘着剤:非溶剤系のり
    数量:1

    環境に配慮した素材を使用したつめ替えタイプのテープのり。
    先端部分のローラーのおかげで、テープを出す際は、力を入れる必要なし。
    ポップアップ式なので、誰でも簡単につめ替えられますよ。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    203円

    2位 トンボ鉛筆 テープのり ピットパワーエッグ 3個

    サイズ:-
    本体素材:-
    粘着剤:-
    数量:3

    初めてテープのりを使う方におすすめの商品がこちら。
    3種の機能性テープを搭載しているため、さまざまな用途に対応できます。
    手ブレを補正する「フィットヘッド」、持ちやすさを追求した「エッグボディ」と初心者を意識した仕様が盛りだくさんな一品です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    409円

    1位 コクヨ テープのり ドットライナー ハート柄

    サイズ:94×50×23mm
    本体素材:R-PS、R-ABS、再生樹脂
    粘着剤:非溶剤系のり
    数量:1

    詰め替え用のテープもついているお徳用セット。
    ピンクのハート柄のり面や紙の変色の原因を抑えるのりなど、あらゆる仕様にこだわりが感じられる一品です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    701円

    テープのりをきれいにはがすときは?

    修正テープ

    テープのりをはがした際に、跡が残ってしまうことがあります。
    そんなときは、消しゴムで優しくこするのがおすすめです。

    テープのりそのものをはがしたいときは、ハンドクリームを使ってみましょう。
    粘着部分にハンドクリームを塗って、少し時間を置いてからこするときれいに剥がせますよ。

    Amazon&楽天のテープのり人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    テープのりで作業効率をあげよう

    ノート 文房具 イラスト

    テープのりは、手にしっくり馴染むものを選ぶことが大切。
    理想の一品を購入して、作業効率をあげましょう。

    【あわせて読みたい】文房具に関連するおすすめ記事はこちら

    スタンプ台おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.06.04

    シャーペンおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.05.09

    バインダーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.30

    大容量ペンケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.30

    万年筆おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.20

    ABOUTこの記事をかいた人

    水崎 まよ

    元文房具店勤務

    文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
    文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
    新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。