釣り糸(ライン)おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

小林大輝

ルアーフィッシング歴10年
釣具店勤務経験あり
大手セレクトショップ 元メンズフロア担当


北海道で培った10年以上のルアーフィッシングの経験を活かしネット上でライター活動をしています。
北海道で定番のトラウトやロックフィッシュはもちろん、バスやシーバス、ライトソルトルアーなど様々なルアーフィッシングに精通しています。
特にルアーについては、実釣経験に基づいた釣果アップにつながる”釣れるルアー”を紹介していきます。
さまざまなルアーや道具が販売されている中で、皆さんが本当に求めるモノをお伝えできればと思います。 また大手セレクトショップのメンズフロアでの勤務経験もあり、メンズファッションを中心にトレンドに沿ったファッションランキングの提案もしていきます!
    両軸リール

    ラインは釣りに必要不可欠なアイテムの一つ。

    ルアーフィッシングでは主にナイロン、PE、フロロカーボンの3種類が定番とされており、ターゲットやフィールドにあわせて使い分けることがほとんどです。

    価格はラインの種類によって異なりますが、ナイロンとフロロカーボンが1,000から2,000円前後。

    PEはやや高く2,000円以上の価格帯のものが多いです。

    汎用性の高いモデルから対象魚を限定した専用モデルまで非常に幅広くラインナップされており、リールの種類によって使い分ける釣り人も多い。

    今回はそんな釣りの大切なアイテムであるラインの種類や使い分け、おすすめラインをランキング形式で見て行きます。

    ラインとは?

    海釣り

    ラインとは釣りの際に使用する釣り糸です。

    ルアーフィッシングはもちろん、投げ釣り、船釣り、渓流釣りなどすべての釣りで使われる釣りに必要なアイテム。

    しかし非常に種類が多いため、購入する際はどれを買ってよいか迷ってしまう難しいアイテムでもあります。

    釣具店などの量販店ではそれぞれの釣りのスタイルにあわせて、さまざまなラインが販売されているため、その中から自分に合ったものを選ぶのがベストです。

    基本的にはナイロン、フロロカーボン、PEラインが定番とされていますが、近年はエステルラインやナイロンとフロロカーボンを組み合わせた新しい素材のラインも販売されておりその選択肢は年々増えてきています。

    今回はそんな自分に合ったラインを選ぶために、それぞれのラインの特徴と適した釣りについてルアーフィッシングを中心に見ていきます。

    【こちらもCHECK】釣り糸(ライン)の紹介をしているおすすめ記事はこちら

    エギングラインおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.26

    シーバスラインおすすめ人気ランキングTOP5!太さやナイロンも【2017年最新版】

    2017.12.08

    アジングラインおすすめ人気ランキングTOP10!理想の太さやフロロカーボンラインとは【2017年最新版】

    2017.11.21

    釣り糸の種類

    ルアーフィッシングで使用するラインはナイロン、フロロカーボン、PEの3種類。

    それぞれで特徴が大きく異なるため、自分の釣りやスタイルにあわせて適切なものを選びましょう。

    ナイロン

    釣り糸

    ルアーフィッシングのなかではもっとも定番とされるライン。

    ほかのラインに比べると伸びやすく、魚との慎重なやりとりが求められる釣りにおすすめ。

    トラブルが少なく扱いやすいラインであるため初心者にもぴったりです。

    ほかのラインに比べると価格も安く種類も豊富であるため、選ぶのが難しいと感じる方にはやや高めのモデルがおすすめ。

    低価格のナイロンは品質が大きく落ちるものが多いため100mで1,000円以上を目安にラインを選ぶと、使いやすいものが多いです。

    近年は300m、500m巻きで1,000円以下で購入できるラインも増えてきており、すべての素材のなかでもっともコストパフォーマンスが高いラインと言っても過言ではありません。

    【こちらもCHECK】初心者にも扱いやすいナイロン製ラインの紹介記事はこちら

    ベイトリールラインおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.02

    メバリングラインおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.15

    フロロカーボン

    テグス

    バスフィッシングなどで使用される、感度と耐久性が高いライン。

    障害物や水なかでのスレなどに強く、バスフィッシングやロックフィッシングなどの障害物から強引なファイトで釣り上げる釣りには相性が抜群。

    ナイロンに比べると伸びにくい素材であるため、ややトラブルが多く、汎用性が高いラインではありません。

    基本的にはナイロン同様100m1,000円以上のものがおすすめですが、ベイトリールなどのライントラブルが多いタックルと組み合わせる場合はコストパフォーマンスの高い安価なラインも人気です。

    バスフィッシング用のラインとして販売されているものが多いですが、ほかの釣りにも流用できるため選ぶ際はさまざまなアイテムを選択肢にいれましょう。

    【こちらもCHECK】バス釣りラインを選ぶならこちらの記事がおすすめ

    バス釣りラインおすすめ人気ランキングTOP10!太さや結び方についても【2017年最新版】

    2017.11.21

    PE

    スピニングリール

    ソルトルアーゲームで人気の高いポリエチレン繊維を織り合わせたライン。
    細いラインが編み合わさることで、通常のラインに比べて細く強い強度があります。
    そのため飛距離が非常に出やすく遠投が必要な釣りにはほぼ必須のラインです。
    またテンションをかけてる間の感度も高く、ルアーフィッシングに慣れている方からの人気はもっとも高い。

    細くやわらかい素材であるため、ライントラブルが起こると対処が難しい点は注意です。
    また根ズレや障害物に対しては非常に弱いラインであるため、使用する際はショックリーダーと呼ばれるラインを先端に結束するのが定番。

    価格もナイロンやフロロカーボンに比べると高価であるため初心者には不向きなラインです。

    ソルトルアー用として販売されているラインが多いですが、近年はバスフィッシングやトラウトフィッシングで使用されることも多く、注目度は年々増してきています。

    【こちらもCHECK】PEラインを選ぶならこちらの記事がおすすめ

    ショアジギングラインおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.19

    PEラインおすすめ人気ランキングTOP15!リーダーや結び方も【2018年最新版】

    2018.01.30

    PEライン1号おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.22

    ラインの太さは?

    ラインは使用するルアーや対象魚によって太さが大きく異なります。

    今回はルアーフィッシングのなかでも特に人気の高い分野に絞っておすすめのラインと太さを紹介します。

    バスフィッシング

    ブラックバス

    全国的に人気の高い淡水ルアーフィッシングの定番。

    スピニングタックルはもちろん、ベイトタックルが使用されることも多くそれぞれのスタイルにあわせてさまざまなルアーが使用されます。

    スピニング、ベイト問わずフロロカーボンがもっと相性がよいとされ、スピニングでは6lb前後、ベイトではルアーにあわせて10lbから20lbのものが使用されます。

    またスピニングタックルでは0.8号前後の比較的細めのPEラインを使用して遠投性能を高めるスタイルも人気です。

    コストパフォーマンスを重視する方はナイロンラインを使用することも多く、フロロカーボンと同じ太さを基準にナイロンで代用する初心者も多いです。

    ライトソルトゲーム

    メバル

    メバルやアジなどをライトタックルで狙うソルトルアーゲーム。

    身近な漁港で手軽に楽しめるため、注目を集めている釣りです。

    扱うルアーが小さく繊細なバイトを感じ取る必要があるため感度の高いフロロカーボンやPEラインがおすすめ。

    太さはフロロカーボンでは3lb以下、PEでは0.3号以下が定番とされています。

    近年は新素材を使ったエステルラインの登場により、それぞれのスタイルにあわせたラインの選択肢がもっとも多い釣りの一つです。

    トラウトフィッシング

    イワナやヤマメなどの渓流魚から、ニジマスやサクラマスの大型のマスを狙うトラウトフィッシング。

    トラウトは非常に口がやわらかく慎重なやりとりが必要な釣りであるためナイロンラインが人気。

    渓流などの30cm以下の小型の肴がターゲットになるフィールドでは4lb前後の細めのライン。

    本流や湖などで大型のトラウトを狙う際は6lb以上の太めのラインがおすすめです。

    湖などではトラウトのサイズが大きくなることや、遠投が釣果アップにつながるため0.8から1号のPEラインを使うアングラーも多いです。

    エギング

    アオリイカ

    エギと呼ばれる疑似餌でイカを狙うエギング。

    シャクリと呼びれる、珍しいアクションでアプローチする必要があるため、伸びが少ないPEラインがもっとも相性がよいです。

    基本的には0.8号が定番とされていますが、大型の親イカが対象となる夏シーズンには1号以上の太めのものが使用されることも多いです。

    ほかのルアーフィッシングに比べると、初心者から上級者までほぼすべてのアングラーがPEラインを使用しているため、専用ラインが豊富。

    リーダーにはフロロカーボンが使用されることが多いです。

    シーバス

    シーバス

    スズキを狙ったソルトルアーゲームの王道シーバスフィッシング。

    大きめのルアーを使用した遠投がメインになる釣りであるため飛距離が出やすいPEラインが定番。

    サイズが大きい魚であるため、定番は1号とされていますが、軽めのルアーを使用する際は0.8号まで落とすアングラーも多いです。

    PEラインの扱いが不安な方や低予算で楽しみたい方にはナイロンラインもおすすめ。

    8lb前後のモデルであれば、大型のシーバスとのファイトも可能です。

    ライトジギング

    魚

    船釣りのルアーフィッシングでもっとも人気の高いライトジギング。

    対象魚が大型になる可能性が高いため、PEラインがベーシック。

    魚種にあわせてスピニング、ベイトの2種類が使用されるためラインの太さも非常に幅広いです。

    もっとも汎用性が高い太さは1.5から2号とされており、さまざまな魚種を一つのラインで楽しむためにはおすすめです。

    ロックフィッシング

    シマゾイ

    ワームなどのソフトルアーで根魚を狙うロックフィッシング。

    近年はトーナメントが盛んに開催されるなど注目が集まってるソルトルアーゲームです。

    バスフィッシングと同様障害物の近くで釣りをすることが多いためスピニング、ベイト問わずフロロカーボンが定番。

    スピニングでは6lb、ベイトでは12から20lbが定番とされています。

    プレッシャーの高いフィールドを攻略するためにスピニングリールにPEラインを使うアングラーも増えてきており、こちらは0.8号前後がおすすめです。

    釣り糸(ライン)おすすめ人気ランキングTOP15

    今回はルアーフィッシングにおすすめのラインをランキング形式で紹介します。

    ナイロン、フロロ、PE、価格帯に分けた人気ラインを多数紹介するため、自分に合ったラインを探している方はぜひ参考にしてくださいね。

    15位 クレハラインフロロマイスター 320m

    フロロカーボンラインの人気メーカークレハが販売している320m巻きのフロロカーボンライン。

    1,000円以下の価格帯で大容量のラインとなっているため、ラインを頻繁に巻き替える方から人気の高いモデル。

    バックラッシュなどのトラブルのリスクが高い、ベイトリールに使用するラインを探している方にもおすすめです。

    320m巻きのラインのなかでは品質も高く、コストパフォーマンス抜群のフロロカーボンラインです。

    こんな方におすすめ

    • 安価なフロロカーボンラインを探している方
    • コストパフォーマンスの高いフロロカーボンラインを探している方

    14位 ダイワ ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m

    釣り具メーカーの最大手ダイワから販売される安価なナイロンライン。

    500m巻きで1,000円以下という圧倒的な低価格が魅力。

    通常のナイロンラインとしてだけではなく、スプールの糸巻き量を調整するための下巻きに最適なラインとして非常に人気が高いアイテム。

    PEラインなどを使用する際に下巻きが必要な場合は、安価なこちらのモデルがおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 下巻き用の安価なナイロンラインを探している方

    13位 サンヨーナイロン ライン APPLOUD GT-R ULTRA 600m

    トラウト用のナイロンラインを販売している、サンヨーナイロンのナイロンライン。

    600m巻きの大容量モデルになっており、淡水でのルアーフィッシングはもちろん、ソルトゲームなどの投げ釣りにも人気の汎用性の高いナイロンラインです。

    さまざまな釣りで使える、コストパフォーマンスの高いナイロンラインを探している方には間違いなくおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 汎用性の高いナイロンラインを探している方
    • コストパフォーマンスの高いナイロンラインを探している方

    12位 ラパラ PEライン ラピノヴァX マルチゲーム 150m

    ラパラから販売されるコストパフォーマンスの高いPEライン。

    品質に若干の差があるものの、1,000円台で購入できるPEラインのなかでは抜群の人気を誇るアイテム。

    やわらかく扱いやすいラインであるため、PEラインの扱いに慣れてない方でも快適に扱えます。

    0.8号で150m巻きとして販売されているため、ダイワ、シマノの2500番台リールと相性抜群です。

    こんな方におすすめ

    • コストパフォーマンスの高いPEラインを探している方
    • 初心者にも扱いやすいPEラインを探している方

    11位 シマノ PEライン パワープロ Z 150m

    釣り具メーカーの最大手シマノが販売しているコストパフォーマンスの高いPEライン。

    同価格帯のラパラのラピノヴァに比べて品質のムラが少なく、同価格帯ではもっとも品質の高いPEラインと言っても過言ではありません。

    やや硬めであるため、PEラインに慣れてない方には不向きなラインですが、慣れている方には上位モデルと遜色のない使用感を期待できます。

    ホワイト、オレンジ、グリーンなどカラーバリエーションも豊富でフィールドや視認性にあわせて使い分けられる点も魅力。

    こんな方におすすめ

    • コストパフォーマンスの高いPEラインを探している方
    • カラーバリエーションの豊富なPEラインを探している方

    10位 サンライン フロロカーボンライン シューター スナイパー 300m

    ルアーフィッシング用のさまざまなラインを販売するサンラインの300m巻きのフロロカーボンライン。

    バスフィッシングの定番フロロカーボンとして人気の高いモデルで、ロックフィッシングなどにも頻繁に使用されます。

    300m巻きとして販売されているため、釣行頻度が高くマメにラインを巻き替えることの多いベイトタックルを使った釣りなどにおすすめ。

    100m毎にマーキングがされているため、ラインの管理もしやすいです。

    こんな方におすすめ

    • ルアーフィッシング用のフロロカーボンラインを探している方
    • ベイトリール用のフロロカーボンラインを探している方

    9位 ユニチカ ライン シルバースレッド S.A.R.300m

    ユニチカから販売されている300m巻きのナイロンライン。

    1,000円台の大容量ナイロンラインのなかでは非常の伸びがあり、ナイロンの特性をしっかりと発揮できる人気のライン。

    ソルトルアーフィッシングはもちろん、投げ釣りから淡水でのバスフィッシングまで汎用性が高い点も魅力です。

    アングラーからの満足度も高くこの価格帯のナイロンラインのなかでは間違いなくおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 伸びのあるナイロンラインを探している方
    • コストパフォーマンスの高いナイロンラインを探している方

    8位 クレハライン シーガーでは、ありません! 100m

    クレハから販売されている100m巻きのフロロカーボンライン。

    100m1,000円以上が相場のフロロカーボンラインにおいて、500円以下の価格帯で購入できるお手ごろ価格が最大の魅力。

    クレハの上位クラスのモデルに比べると劣る点はありますが、ラインを消耗品と割り切り、低予算でタックルを組みたい方にはぴったりのラインです。

    海釣りでのチョイ投げや五目釣りなどに手軽に使えるラインを探している方にもおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 低価格のフロロカーボンラインを探している方
    • 五目釣り用のラインを探している方

    7位 モーリス ナイロンライン バリバス ソルトウォーター VEP 150m

    モーリスから販売されているソルトウォーター用のナイロンライン。

    150mで1,000円台とやや高めの価格設定ですが、ナイロンラインのなかでは非常に根ズレに強く、障害物が多いエリアでソルトルアーゲームを楽しみたい方にも人気。

    透過性の高いソルティーブルーカラーが採用されているため、プレッシャーが高いフィールドでも人気のラインです。

    メインラインとしてはもちろん、コストパフォーマンスの高いナイロンリーダーを探している方にはリーダーとしてもおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 耐久性の高いソルトウォーター用ナイロンラインを探している方
    • ショックリーダーとしても使用できるナイロンラインを探している方

    6位 よつあみ G-SOUL X4 UPGRADE 150M 18LB

    よつあみから販売されている4本編みPEライン。

    よつあみのPEラインは日本の釣り具メーカーのなかでも非常に品質が高く、やや価格が高めではあるもののさまざまな釣りで使用されるルアーフィッシング用ラインの人気メーカーです。

    X4シリーズはそんなよつあみのPEラインのなかでは価格が安く、購入しやすい価格帯。

    価格が安く品質の高いPEラインを探している方にはおすすめです。

     

     

    こんな方におすすめ

    • 品質の高いPEラインを探している方
    • さまざまなルアーフィッシングに使用できるPEラインを探している方

    5位 ダイワ PEライン シーバス モアザン 12ブレイド 150m

    釣り具メーカーの大手ダイワから販売されている12本編みの高級PEライン。

    ダイワの特殊技術によって12本の糸を編みあわせて作り上げた、極上のPEラインです。

    そのスペックは強度、耐久性、感度など、すべてにおいて高い水準を実現しておりシーバスだけではなくソルトルアーゲーム全般におすすめのライン。

    非常に高価なラインであるため障害物の激しいフィールドでの使用には不向きですが、抜群の使用感はほかのPEラインを大きく凌ぐトップクラスのアイテムです。

    こんな方におすすめ

    • ハイクオリティのPEラインを探している方
    • 使用感のよいPEラインを探している方

    4位 クレハライン シーガー R-18 フロロハンター 100m

    フロロカーボンラインを販売する人気メーカークレハから販売されているフロロカーボンライン。

    バスフィッシングを中心に、さまざまなルアーフィッシングに使えるフロロカーボンラインのスタンダードモデル。

    障害物の多いエリアでも安心して使える強度と遠投性能を極限までアップされたしなやかさは、ベテランアングラーでも間違いなく満足していただける人気のフロロカーボンラインです。

    こんな方におすすめ

    • さまざまなルアーフィッシングで使用できるフロロカーボンラインを探している方
    • フロロカーボンの定番モデルを探している方

    3位 デュエル カーボナイロンライン CN500 500m 3号

    デュエルから販売されている格安のナイロンライン。

    500m巻きで400円台という圧倒的なコストパフォーマンスの高さと、実釣でも問題なく使える品質の高さを兼ね備えており、さまざまな釣りにおすすめのラインです。

    通常のナイロンラインに比べると伸びにくく強度が高いフロロカーボンとのハイブリッドモデルになっているため、障害物の多いエリアで積極的に使える点も魅力。

    すべての素材のラインのなかでももっとも安価なラインといっても過言ではありません。

    こんな方におすすめ

    • 価格の安価なナイロンラインを探している方
    • 強度の高いナイロンラインを探している方

    2位 クレハライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m

    フロロカーボンラインに定評のあるクレハから販売されているフロロカーボンライン。

    シリーズのなかでも最上位に位置するリミテッドは、耐久性、感度がハンターに比べても非常に高くバスフィッシングで使われるフロロカーボンラインのなかでも最高クラスのクオリティです。

    多くのバスプロにも愛される、その性能はバスフィッシングはもちろんさまざまな釣りに対応するまさに最高のフロロカーボンライン。

    価格はやや高いものの、高品質のモデルを探している方にはぴったりです。

    こんな方におすすめ

    • 品質の高いフロロカーボンラインを探している方
    • 強度の高いフロロカーボンラインを探している方

    1位 よつあみ ライン G-soul X8 UPGRADE150m

    品質の高いPEラインを販売するよつあみの8本編みのPEライン。

    4本編みのX4に比べるとやや価格が高いものの、大手メーカーの高価格帯のPEラインにも見劣りしない品質と性能の高さはソルトルアー、トラウト、バスとさまざまな釣りで応用できます。

    2,000前後の予算で高品質のPEラインを探している方には間違いなくおすすめのラインです。

    視認性のよいライトグリーンカラーはデイゲームはもちろん、ナイトゲームでも使いやすいまさに王道のPEライン。

    こんな方におすすめ

    • 品質の高いPEラインを探している方
    • さまざまな釣りで使用できるPEラインを探している方

    ラインの結び方は?

    ラインにはさまざまな結び方があります。

    ルアーやスナップとライン、ラインとショックリーダー。

    それぞれの使い方にあわせた結び方を覚えることで、ラインの特性をより活かすことができるのです。

    今回はそんな結び方の中から誰でも簡単にできる方法を紹介します。

    ユニノット

    ラインとルアーやスナップなどを結ぶ際の結束方法。

    ルアーフィッシングに必要な強度を保ちながらも簡単にできる結び方として多くの釣り人に使われています。

    ラインをアイに通して、本線に4から5回巻きつけて結ぶだけのシンプルな結び方であるため、初心者にもおすすめ。

    ルアーフィッシングをはじめる方は間違いなくマスターしなければいけない結び方です。

    出典:シーガー公式動画

    FGノット

    メインラインとショックリーダーを結ぶ際には、ライン同士をしっかりと結束する必要があります。

    ユニノットに比べると難しい結束方法が多いですが、ラインブレイクを防ぐためにも自宅などでしっかりと結び方を覚えましょう。

    FGノットはソルトルアーゲームなどでリーダーを結ぶ際に定番とされる結び方。

    一見難しく感じてしまうノットですが、慣れればフィールドでも簡単にできるようになるため、動画などを参考に練習しましょう。

    中途半端な結び方だと、高切れやファイト中のブレイクにもつながるため、妥協せずにしっかりと結ぶことが大切です。

    出典:デュエル公式動画

    Amazon&楽天の釣り糸(ライン)人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    釣りにあわせたライン選びで快適な釣りを楽しもう!

    リール

    ラインは釣りの生命線とも言える大切なアイテムの一つ。

    ナイロン、フロロカーボン、PEのそれぞれの特徴やメリット、デメリットをしっかりと理解することでそれぞれの釣りにあわせた適切なライン選びができるようになります。

    今回のランキングでは汎用性が高く、どんな釣りにも対応できるラインを中心に紹介してきましたが、それぞれの釣りにあわせた専用ラインも多数販売されているため、より専門性の高いラインを探している方にはそちらもおすすめです。

    同じフロロカーボンラインだけで見ても、価格帯によって品質は大きく異なり、アイテムによって特徴やメリットも違います。

    多くのラインを実際の釣行で使うことが、自分に合ったラインを見つけるための一番の近道。

    自分の釣りに合ったライン探しで迷っている方はぜひランキングを参考に、さまざまなラインを使って見てくださいね。

    【あわせて読みたい】釣り用品を紹介しているおすすめ記事はこちら

    石鯛リールおすすめ人気ランキングTOP4【2018年最新版】

    2018.09.28

    【釣り】リールの種類を徹底解説!ベイトリールからスピニングリールまで

    2018.08.31

    ダウンショットシンカーおすすめ人気ランキングTOP5!使い方や重さについても【2018年最新版】

    2018.05.26

    玉網(タモ網)おすすめ人気ランキングTOP15!軽さが優れているものも【2018年最新版】

    2018.05.23

    釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキングTOP15!おしゃれ、小型なものや選び方も【2018年最新版】

    2018.03.15

    ABOUTこの記事をかいた人

    小林大輝

    ルアーフィッシング歴10年
    釣具店勤務経験あり
    大手セレクトショップ 元メンズフロア担当


    北海道で培った10年以上のルアーフィッシングの経験を活かしネット上でライター活動をしています。
    北海道で定番のトラウトやロックフィッシュはもちろん、バスやシーバス、ライトソルトルアーなど様々なルアーフィッシングに精通しています。
    特にルアーについては、実釣経験に基づいた釣果アップにつながる”釣れるルアー”を紹介していきます。
    さまざまなルアーや道具が販売されている中で、皆さんが本当に求めるモノをお伝えできればと思います。 また大手セレクトショップのメンズフロアでの勤務経験もあり、メンズファッションを中心にトレンドに沿ったファッションランキングの提案もしていきます!