玉網(タモ網)おすすめ人気ランキングTOP15!軽さが優れているものも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

小林大輝

ルアーフィッシング歴10年
釣具店勤務経験あり
大手セレクトショップ 元メンズフロア担当


北海道で培った10年以上のルアーフィッシングの経験を活かしネット上でライター活動をしています。
北海道で定番のトラウトやロックフィッシュはもちろん、バスやシーバス、ライトソルトルアーなど様々なルアーフィッシングに精通しています。
特にルアーについては、実釣経験に基づいた釣果アップにつながる”釣れるルアー”を紹介していきます。
さまざまなルアーや道具が販売されている中で、皆さんが本当に求めるモノをお伝えできればと思います。 また大手セレクトショップのメンズフロアでの勤務経験もあり、メンズファッションを中心にトレンドに沿ったファッションランキングの提案もしていきます!

    選び方のポイント

    • 柄の長さ
      →よく行くフィールドを基準にやや長めのモデルを選択すると安心。
    • 網の大きさ
      →自分が狙うターゲットにあわせてやや大きめサイズを選ぼう。
    • 軽さ
      →実際に手に取って試して、持ち運びやすいものを選びたい。
    玉網 クロ

    玉網は釣った魚を取り込む際に使われるランディングネットの一種。

    足場の高い防波堤はもちろん、消波ブロックの上やランディングが困難な河川など、使用されるフィールドは非常に幅広く、釣り人であれば1本は持っておきたいアイテムです。

    価格は5,000円以下の安価なモデルも販売されていますが、大手メーカーから販売されているものは10,000円前後が相場になっています。
    基本的には伸縮式がほとんどですが、ボートや船釣り用の折りたたみ式も販売されているため、自分の用途をしっかりと理解することも大切です。

    今回はそんな玉網のおすすめ人気ランキングを中心に、各メーカーから販売されているさまざまなモデルを見ていきます。

    目次

    玉網とは?

    玉網 モンゴイカ

    玉網は足場の高いフィールドで使用するランディングネットの一種。

    釣りでは、足場の高いフィールドで大物をかけた際に、取り込みが困難な状況も多いものです。
    ロッドにテンションをかけたまま無理に抜きあげれば、ラインブレイクやロッドの破損につながるリスクも高く、せっかくヒットした大物を逃してしまうことにもつながります。

    そんなときに役立つのが玉網です。

    玉網には1~5m前後の非常に長い柄がついており、足場の高いフィールドでも柄を伸ばして水面まで網を落とし込むことで、誰でも簡単にランディングができます。
    近年は伸縮性の高いモデルや携帯性の高いモデルも多数販売されており、海釣りはもちろんバスフィッシングなどで携帯しているアングラーも多いです。
    フィールドや対象魚を問わず、足場が高くてランディングが困難なフィールドで釣りをする際には、必ず用意しておきたい釣り具の一つ。

    またボートでのバスフィッシングや船でのジギングなどでは、伸縮しないタイプの玉網が使用されるケースも多くあります。
    こちらは最大でも2mまでしか対応しないものがほとんどで、折りたたみ式として販売されているモデルが人気です。
    ボート用の玉網を探している方は折りたたみ式も選択肢にいれておくとよいですね。

    【こちらもCHECK】釣り用ネットに関連するおすすめ記事はこちら

    釣り用ネット(ギャフ)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.02

    玉網選びの3つのポイント

    ここでは玉網選びで大切なポイントを3つ紹介します。

    玉網は基本的に、常に携帯して釣り歩くことになるアイテム。
    そのため長さはもちろん、コンパクトに収納できるかどうかという点にも注目してみましょう。

    ① 柄の長さ

    メジャー サイズ

    玉網を選ぶ際に大切なポイントの一つが柄の長さ。

    せっかく玉網を購入しても、自分の使うフィールドに適した長さでなければ、取り込みの際に網が水面まで届かないといったことにもなりかねません。
    1本の玉網ですべてのフィールドをカバーすることは難しいですが、よく行くフィールドを基準にやや長めのモデルを選択すると安心です。

    一般的に、頻繁に玉網が使用される防波堤などでは3〜5m前後の長さが最適とされており、海釣りを中心に使用する方はこの長さを基準に考えるのもおすすめ。

    ボートで使用するために、折りたたみ式の購入を考えているなら、伸ばした状態で2m前後の長さが定番となっています。
    足場の高いフィールドに比べるとボートの場合、水面までの長さはそれほど必要ないため、長いモデルを選択するとかえってかさばって使いにくいことも多いため注意しましょう。

    長さの基準がわかりにくい場合は、近くの釣具店などに相談すれば、近隣のフィールドにあわせた玉網の長さを教えてもらえたり、実物を触って確認できたりします。

    ② 網の大きさ

    メジャー 目盛り

    玉網を選ぶ際には柄の長さだけでなく、網の大きさも意識しましょう。

    玉網はそれぞれのモデルで網の大きさが異なるため、自分が狙うことになるターゲットにあわせた大きさのものを選びましょう。
    ランディングの際はやや大きめの網のほうが快適に取り込みができるため、ギリギリのサイズ感よりもややゆとりを持たせたサイズ感がおすすめ。
    対象魚はもちろん、外道としてヒットする可能性がある魚のことも意識しておくと、不意の大物にもしっかりと対応できます。

    本体とは別に網や枠だけの販売もされているため、フィールドや対象魚にあわせて網のサイズを使い分けるアングラーも多いです。

    ③ 軽さ

    天秤

    玉網は釣りの際に、常に持ち歩くことになるアイテム。

    やや大きめのものを選べば安心ですが、携帯性が高く軽いモデルを選ぶことも大切です。
    安価な玉網は非常に重いモデルが多く、釣り歩く際にアングラーの負担になりかねません。
    数字だけで判断できない方は実際に店頭で玉網を手に取って比べてみることで、自分の負担にならない重さがはっきりとわかります。

    携帯性の高い玉網を選ぶ際は、コンパクトに収納できることはもちろんですが、見落としがちな重量にも注意しましょう。

    玉網を使用するフィールド

    ここでは玉網を使用するのにぴったりのフィールドを多数紹介します。
    足場の高い防波堤などが定番と思われがちですが、玉網を使用できるフィールドは非常に多いため、購入を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

    防波堤

    釣り 防波堤 釣り場

    もっとも多くのアングラーが玉網を使用するフィールド。

    全国のフィールドでは3m以上の足場の防波堤も多数あるため、対象魚の大きさに関わらず玉網が必要になる状況も多いです。
    3m前後の長さでは水面まで届かないこともあるため5m前後まで伸長可能なモデルがおすすめです。

    磯場

    釣り 子ども 海

    大型の魚とのファイトが想定されるフィールド。

    防波堤に比べると足場は低いことが多いですが、取り込む魚のサイズが大きくなりがちなので、網の大きな玉網があると安心です。
    磯用として販売されている玉網の中には仕舞寸法が1mを超える長めのモデルもあるため、伸縮せずにランディングすることもできます。

    消波ブロック

    テトラポット

    ソルトルアーゲームの一級ポイントとして有名な消波ブロック。

    防波堤に比べると足場が非常に不安定であるため、大型の魚を取り込む際には玉網が必要になることが多いです。
    柄の長さが3m前後まで伸縮可能なモデルであれば、対応できるポイントがほとんどですが、玉網を身につけたまま釣りをすることになるため、コンパクトに収納可能なものがおすすめ。

    河川

    魚 ブラックバス

    バスフィッシングなどを河川で楽しんでる方の中には、橋下や整備された川で釣りをしている際に、取り込みが難しかった経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

    オカッパリを中心に活躍するバスプロなどは、常にコンパクトに収納できる玉網を携帯していることが多いため、50cmを超える大型のバスがヒットする可能性のあるフィールドで釣りをする際は、玉網を身につけることをおすすめします。
    海に比べると3m以上の長さは必要ありませんが、複数のタックルを持ち歩くことも多いバスフィッシングなだけに、コンパクトに収納可能なモデルが人気。

    またリリースを前提に楽しむルアーフィッシングであるため、バスの魚体を傷つけないためのラバーネットもおすすめです。

    ボート

    釣り ボート

    折りたたみ式の玉網が活躍するフィールドがボートです。

    オカッパリに比べると大型の魚がヒットする可能性も高く、手を使ったランディングが難しい状況に対応するため、船内に玉網を用意しておくと安心。
    足場は低いため、伸縮可能な玉網は必要ありません。
    コンパクトに収納できる折りたたみ式のタイプが、ボート用の玉網としてはもっとも定番のアイテムです。

    玉網(タモ網)おすすめ人気ランキングTOP15

    今回は防波堤はもちろん、磯や消波ブロック、河川や湖でも使えるさまざまな玉網についてランキング形式で見ていきます。
    柄の長さはもちろん、網のサイズや収納時の長さなども意識して選ぶと実際のフィールドでも快適に扱えますよ。

    15位 TAKAMIYA H.B CONCEPT ラストウィニング 小継磯玉網 540

    タカミヤから販売されている最大4.9mまで伸長可能な玉網。

    仕舞寸法は76cmとなっているため、磯場や防波堤などに幅広く対応する海釣りにおすすめのサイズ感。
    自重は652gと、軽いモデルに比べるとやや重めの印象です。
    直径50cmの網が付属されているため、青物などの大型のソルトルアーゲームにはやや不向き。

    別売りのギャフに換装できるため、エギングをする方にはおすすめです。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    4,219円

    こんな方におすすめ

    • ライトソルトゲーム用の玉網を探している方
    • エギング用の玉網を探している方

    14位 PROTRUST REAL MX RUN GUN シルバー ランディングネット

    PROTRUSTから販売されている最大3mまで伸長可能な玉網です。

    仕舞寸法は43cmと非常にコンパクトなアイテムですが、自重が917gと非常に重いのが難点。
    標準でジョイントが搭載されているため、ライトソルトゲームやバスフィッシングなどのランガン用におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    8,180円

    こんな方におすすめ

    • コンパクトな玉網を探している方
    • ライトソルトゲーム、バスフィッシング用の玉網を探している方

    13位 OGK 小継磯玉ゼロGT3セット 540cm

    OGKから販売されている最大5.4mまで伸長可能な玉網。

    仕舞寸法は76cm となっており、磯場や防波堤などのソルトゲームにおすすめ。
    自重は654gとやや重めの印象です。
    直径60cmの網が付属されているため、ソルトルアーゲーム全般に対応できます。

    価格は4,000円以下と、セット販売されている玉網のなかでは非常に安いため、低予算で玉網を探している方にはぴったりのモデル。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    3,780円

    こんな方におすすめ

    • ソルトルアー全般に使える玉網を探している方
    • 安価な玉網を探している方

    12位 ダイワ 玉の柄 ランディングポール2 500

    釣り具メーカーの最大手ダイワから販売されている、最大5mまで伸長可能な玉網用の柄。

    仕舞寸法は70cmとなっており、さまざまなルアーフィッシングにおすすめのサイズ感です。
    網はセットになっていないため、別途購入する必要がありますが、自分にあった網を選ぶことで対象魚にあわせたオリジナルの玉網として使用できます。
    価格はやや高めですが、品質の高いダイワのアイテムであるため、長い期間安心して使える点も魅力。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    8,621円

    こんな方におすすめ

    • ルアーフィッシング全般に使用できる玉網用の柄を探している方
    • 品質の高い玉網用の柄を探している方

     

    11位 プロマリン CB ビビッド磯玉セット 4.5m

    プロマリンから販売されている磯用の玉網。

    最大で4.5m、仕舞寸法が114cmというやや大きめのサイズ感であるため、伸縮しなくても玉網として使用することが可能。
    磯場では足場の高いフィールドだけではなく、足元の魚をランディングする際にも玉網が使用されることがあるため、2通りの用途で使用できるメリットもあります。
    ただし携帯性は悪いため、磯釣り以外のフィールドには基本的に不向きな玉網です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    3,480円

    こんな方におすすめ

    • 磯釣り用の玉網を探している方
    • 伸縮せずに使用できる玉網を探している方

     

    10位 プロマリン CB フレッシュパワー磯玉セット 450

    プロマリンから販売されている最大4.4mまで伸長可能な玉網。

    磯釣り仕様になっているため仕舞寸法は114cmと、ランガンする釣りには不向きです。
    自重が425gと軽めで、ロッドケースなどに収納してフィールドまで持ち運ぶ際には非常に使い勝手がよく便利。

    価格は2,000円台と非常に安いため、低予算で磯釣り用の玉網を探している方におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    2,050円

    こんな方におすすめ

    • 磯釣り用の玉網を探している方
    • 安価な玉網を探している方

    9位 OGK 超小継磯玉網ゼロGTセット 360

    OGKから販売されている最大3mまで伸長可能な玉網。

    仕舞寸法は42cmと非常にコンパクトに収納できるモデルですが、長さが短いため足場の高いフィールドには不向き。
    直径60cmの網が付属しているので大型の魚にも対応できますが、別売りの小さめの網に換装し、バスフィッシング用として使うのも面白いでしょう。

    足場の低い漁港などでランガンを楽しみたい方にはぴったりの玉網です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    5,064円

    こんな方におすすめ

    • コンパクトに収納できる玉網を探している方
    • 足場の低いフィールドのランガン用の玉網を探している方

    8位 TAKAMIYA H.B CONCEPT ラストウィニング 超小継玉網 240

    TAKAMIYAから販売されている最大2.4mまで伸長可能な玉網。

    仕舞寸法は42cm、35cmの網が付属されているなど、ライトゲームにぴったりのコンパクトなモデル。
    ショルダーベルトが付属しており、メバリングやアジングなどのランガンする釣りに最適です。

    足場の高い防波堤などには不向きですが、低予算でコンパクトな玉網を探している方にはおすすめです。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    4,622円

    こんな方におすすめ

    • ライトゲーム用のコンパクトな玉網を探している方
    • 低予算でコンパクトな玉網を探している方

     

    7位 大阪漁具 小継磯玉ゼロGT3セット 480cm

    OGKから販売されている最大4.8mまで伸長可能な玉網。

    仕舞寸法76cm、自重553gとさまざまな釣りに使える汎用性の高いアイテムです。
    50cmの網が付属しているため、大型の青物や、シーバス以外のソルトゲームにおすすめ。

    価格も4,000円以下と安価であるため、コストパフォーマンスの高い玉網を探している方にぴったりです。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    3,802円

    こんな方におすすめ

    • さまざまな釣りに使える玉網を探している方
    • コストパフォーマンスの高い玉網を探している方

    6位 ジャクソン ランディングネット トリックスターネット 260cm

    ジャクソンから販売されているバスフィッシング用の玉網。

    最大で2.6m、仕舞寸法40cmと非常にコンパクトで、オカッパリのバスフィッシングにおすすめのアイテム。
    付属のフレームは35cmで携帯性もよく、足場の高い河川をランガンするバスアングラーにぴったりの玉網です。

    価格はやや高価ですが、デザイン性も高く人気があります。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    11,880円

    こんな方におすすめ

    • コンパクトな玉網を探している方
    • バスフィッシング用の玉網を探している方

    5位 Sanlike タモ網 磯玉セット

    Sanlikeから販売されている、最大5mまで伸長可能な玉網。

    仕舞寸法は65.5cm、自重は455gと非常に軽量なモデルです。
    付属している玉網は45cmとやや小さめですが、この価格帯の玉網のなかでは抜群の軽さが魅力。

    海釣りはもちろん、網を交換することでさまざまな釣りに対応できるおすすめアイテムです。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    6,800円

    こんな方におすすめ

    • 軽い玉網を探している方
    • さまざまな釣りに対応できる玉網を探している方

    4位 メジャークラフト ランディングネット ファーストキャストランディングセット5m

    コストパフォーマンスの高い釣り具を販売するメジャークラフトの玉網。

    最大で5mまで伸長可能ながら仕舞寸法は60.5cmと、長さと携帯性を高次元で両立するアイテム。
    50cmを超える大きめの網が付属するため、大物がターゲットになる釣りでも問題なく使えますが、総重量が700g以上とほかのメーカーの玉網に比べて重い点がやや気になります。

    スペックを考えると価格も非常に安いので、重さが気にならない方にはおすすめの玉網です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    7,128円

    こんな方におすすめ

    • 長さと携帯性を両立した玉網を探している方
    • コストパフォーマンスの高い玉網を探している方

    3位 プロックス オールインワンソルト 600

    コストパフォーマンスの高い釣り関連アイテムが人気のプロックス。

    玉網に関するさまざまなアイテムが販売されていますが、すぐに使えるソルトゲーム用のモデルを探している方にはこちらがおすすめ。
    最大6mまで伸長可能で仕舞寸法77cmと、ライトゲームのランガンなどには不向きですが、70cmの非常に大きな網が付属しているため、大型魚を想定したフィールドでは心強いアイテム。

    大型のシーバス、青物、マス類などを狙うソルトルアーゲームにぴったりの玉網です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    13,576円

    こんな方におすすめ

    • 大型魚を対象にした玉網を探している方
    • 足場の高いフィールドで仕様する玉網を探している方

    2位 ダイワ 玉網 ランディングポール 2

    ダイワから販売されている磯釣り用の玉網。

    最大6mまで伸長可能で、60cmの大型の玉網がセットになっているため大型魚にも充分対応できます。
    磯釣りはもちろん、足場の高い防波堤などで大型の青物やシーバスを狙う際にもおすすめ。

    仕舞寸法が81cm、重さが695gと携帯性に優れない点は注意が必要です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    11,374円

    こんな方におすすめ

    • 磯釣り用の玉網を探している方
    • 足場の高いフィールド用の玉網を探している方

    1位 SANLIKE タモ網 玉の柄 ランディングポールセット

    SANLIKEから販売されている、最大6mまで伸長可能な玉網。

    仕舞寸法は76cm、自重は520gとソルトゲーム用の玉網としては非常にバランスのよいおすすめモデル。
    45cmの網がセットになっているため、大型の青物などにはやや不向きです。

    価格は7,000円台とやや高めですが、長さと軽さを兼ね備えた使いやすい玉網になっています。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    7,100円

    こんな方におすすめ

    • 使い勝手のよい玉網を探している方
    • ソルトゲーム全般で使用できる玉網を探している方

    折りたたみ式玉網おすすめ人気ランキングTOP3

    玉網には伸縮式のほかにも折りたたみ式として販売されているアイテムが存在します。
    こちらは全長1~2mほどのモデルがほとんどであるため、主にボートでのバスフィッシングや船釣りで使用されることが多いアイテムです。

    通常の玉網に比べると、使うフィールドを選ぶアイテムではありますが、専用の玉網を用意したい方はぜひ参考にしてくださいね。

    3位 玉網 ランディングネット ナノ材料ネット

    ノーブランドの折りたたみ式の玉網です。

    95cmのタイプで、ボートなどはもちろん川や湖で手軽に釣りをする際に持ち歩くのにもおすすめ。
    汚れがつきにくいナノ素材が採用されているため、海水でも問題なく使用できます。

    釣りだけでなく、お子さまとの川遊びにも使える人気商品です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    2,111円

    こんな方におすすめ

    • 手軽に使える折りたたみ式の玉網を探している方
    • 川遊びなどにも使える玉網を探している方

    2位 アルテマ 超巨大玉網 アブソリュート90cm

    アルテマから販売されている非常に大きなサイズの玉網。

    マグロやGT、クエなどの巨大魚を想定した90cmの網が魅力のアイテム。
    対象魚が特殊であるため需要は少ないものの、巨大魚を想定した玉網を探している方にはぴったりです。

    折りたたみ式になっているため、持ち込む際は網と同等のサイズまで折りたたむことが可能です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    6,400円

    こんな方におすすめ

    • 巨大魚を想定した玉網を探している方

    1位 ゴチュール ランディングネット

    ゴチュールから販売されている最大215cmまで伸長可能な玉網。

    折りたたむこともできるため、バスフィッシングやエリアトラウトで人気のアイテム。
    ラバーネットが採用されており、魚にダメージを与えにくい点も魅力。

    オールブラックのデザインも人気の秘訣です。

    Amazon商品価格(2018年4月13日現在)

    1,899円

    こんな方におすすめ

    • コンパクトな折りたたみ式の玉網を探している方
    • バス、エリアトラウト用の玉網を探している方

    玉網を使用する際の注意点

    玉網をはじめて使用する方には、注意しなければいけないポイントがいくつかあります。
    玉網でしっかりと魚をキャッチすることはもちろん、長く大切に使うためにもぜひ意識して欲しいポイントがあるので、参考にしてみてください。

    慎重なランディングを心がける

    天秤

    水面に上がってきた魚をランディングする際は、気持ちが焦って強引にランディングしてしまいがちです。
    魚が大きくなれば大きくなるほど、ランディングを慎重に行わなければフックアウトやラインブレイクにつながるリスクが高まるため、まずは気持ちを落ち着かせるように心がけましょう。

    魚は水面から顔を出すと体力を消耗して動きが鈍くなるため、まずは水面に顔を出し、ある程度弱らせてから玉網を入れることがおすすめ。
    また尻尾から玉網をいれようとすると魚が逃げようと動き回るリスクが高まるため、玉網を使う際は必ず頭からランディングすることが大切です。

    一見難しい工程に感じてしまいますが、頭のなかで一連の流れをしっかりと理解しておけば、不意の大物であっても安心してランディングできますよ。

    無理な抜き上げは柄の破損につながる

    釣り 防波堤 青空

    玉網を使用する際は、無理な抜き上げに注意が必要。

    伸縮が可能なモデルは、3m以上に伸ばして使うことがほとんどであるため、魚が入ったままの玉網を無理に持ち上げようとすると柄の部分が折れてしまうリスクがあります。
    そのため取り込む際は必ず柄の部分を縮めながら網を手元まで引き戻すのがおすすめ。

    はじめて使う方は無理やり抜き上げようとする方が非常に多いため、これは意識してもらいたいポイントの一つです。

    Amazon&楽天の玉網人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    玉網を使って大物をしっかりとキャッチしよう

    釣り 漁船

    玉網は魚のサイズに関わらず、足場の高いフィールドで釣りをする方には必須とも言えるアイテム。
    購入する際は柄の長さや網の大きさはもちろん、持ち運びの快適さも意識しましょう。
    特に自重が軽いモデルはランガンの際にも快適に扱えるため、玉網を持ったままフィールドを歩き回ることが想定されるアングラーの方には軽いモデルがおすすめ。

    価格は3,000円前後の安価なモデルから、10,000円を超える高価なモデルまで幅広くラインナップされていますが、機能はもちろん品質やデザインなどにこだわりたい方には高価なモデルが人気です。

    釣りの醍醐味とも言える大物をしっかりとキャッチまで導くためにも、ぜひ自分のフィールドや対象魚にあった玉網を釣りに取り入れてみてくださいね。

    【あわせて読みたい】釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

    シーバス用ベイトロッドおすすめ人気ランキングTOP10!安いものも【2018年最新版】

    2018.05.21

    チヌ竿おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.16

    ヒラメ釣りにおすすめのルアー人気ランキングTOP15!釣り方やタックルも【2018年最新版】

    2018.05.16

    太刀魚釣りにおすすめのルアー人気ランキングTOP10!時期や仕掛け例も【2018年最新版】

    2018.05.15

    バス釣りルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類の説明も【2017年最新版】

    2017.12.12

    ABOUTこの記事をかいた人

    小林大輝

    ルアーフィッシング歴10年
    釣具店勤務経験あり
    大手セレクトショップ 元メンズフロア担当


    北海道で培った10年以上のルアーフィッシングの経験を活かしネット上でライター活動をしています。
    北海道で定番のトラウトやロックフィッシュはもちろん、バスやシーバス、ライトソルトルアーなど様々なルアーフィッシングに精通しています。
    特にルアーについては、実釣経験に基づいた釣果アップにつながる”釣れるルアー”を紹介していきます。
    さまざまなルアーや道具が販売されている中で、皆さんが本当に求めるモノをお伝えできればと思います。 また大手セレクトショップのメンズフロアでの勤務経験もあり、メンズファッションを中心にトレンドに沿ったファッションランキングの提案もしていきます!