タックルボックスおすすめ人気ランキングTOP15!メイホウ製品やロッドスタンドつきも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

小林大輝

ルアーフィッシング歴10年
釣具店勤務経験あり
大手セレクトショップ 元メンズフロア担当


北海道で培った10年以上のルアーフィッシングの経験を活かしネット上でライター活動をしています。
北海道で定番のトラウトやロックフィッシュはもちろん、バスやシーバス、ライトソルトルアーなど様々なルアーフィッシングに精通しています。
特にルアーについては、実釣経験に基づいた釣果アップにつながる”釣れるルアー”を紹介していきます。
さまざまなルアーや道具が販売されている中で、皆さんが本当に求めるモノをお伝えできればと思います。 また大手セレクトショップのメンズフロアでの勤務経験もあり、メンズファッションを中心にトレンドに沿ったファッションランキングの提案もしていきます!
    タックルボックス

    タックルボックスがあれば、ルアーフィッシングで使用するアイテムを一式保管することができます。
    近年はロッドを携帯したまま釣りができるよう、ロッドスタンドが標準搭載されているものも販売され、価格は5,000円から10,000円程度が相場となっており、付属品を追加購入することでカスタマイズもできます。

    今回は各メーカーから販売されている人気のタックルボックスをランキング形式でご紹介。
    ルアーフィッシング歴10年以上の筆者が自信を持っておすすめする商品たちなので、ぜひ購入の参考にしてください。

    タックルボックスとは?

    メイホウ VS-3080 スモークブラック
    メイホウ VS-3080 スモークブラック

    タックルボックスは、ルアーやライン、プライヤー、フィッシンググリップなどルアーフィッシングで使うさまざまなアイテムを保管するための箱型ケース。
    収納力が高く、ルアーケースを大量に入れられるタイプや、ボックスに水を張って釣った魚を泳がせられるタイプなどがあります。
    釣るポイントを頻繁に移動するスタイルである「ランガン」で重宝されることが多く、自宅や車に置いて保管するタイプより持ち運びしやすいタイプが人気となっています。

    【こちらもCHECK】釣り用の収納アイテムをお探しならこの記事もおすすめ

    タックルバッグおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.30

    ルアーケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.16

    釣り用バッグおすすめ人気ランキングTOP15!防水も【2018年最新版】

    2018.03.16

    タックルボックスの種類

    タックルボックスはさまざまな種類(タイプ)がありますが、そのなかでも特に人気の高い3つを紹介します。
    機能性はもちろん、価格帯も大きく異なるため購入する方はぜひ参考にしてください。

    ノーマルタイプ

    メイホウ(MEIHO) VS-7070 ランガンシステム
    メイホウ(MEIHO) VS-7070 ランガンシステム

    ハンドルやショルダーストラップがついた、ベーシックなタックルボックス。
    ルアーからリールまでいろいろなサイズのアイテムに対応するために、さまざまなサイズが用意されています。
    デザインも幅広くあるので自分にあうタックルボックスを探している方に一番おすすめです。

    また、ルアーにあわせてセパレートを追加したり、プライヤーホルダーやロッドスタンドをあとづけしたりと、別売パーツを購入して自由にカスタマイズできるのも魅力。

    ロッドスタンドタイプ

    ドレス(DRESS) オリジナルバッカンmini LD-OP-0961 ブラック/ホワイト
    ドレス(DRESS) オリジナルバッカンmini LD-OP-0961 ブラック/ホワイト

    ロッド(釣り竿)用のスタンドを備えたタックルボックス。
    フィールドにあわせてロッドを切り替えるエリアトラウトやライトソルトゲームなどに適しています。

    スタンドの数は商品により異なりますが、2~4本が一般的です。
    ノーマルタイプに比べて高価な傾向にありますが、収納力は高いです。

    バッカンタイプ

    ダイワ タックルバッグ CS40CM(H) ブラック
    ダイワ タックルバッグ CS40CM(H) ブラック

    バッカンとは、合成樹脂(EVA)で作られたボックスで、水を溜め釣った魚をキープできるのが特徴。
    魚を計量するオカッパリなどのトーナメントには必須のアイテムとなっています。

    大容量で多くのアイテムを収納できる反面、小分けにして整理するのが難しいです。
    最近ではロッドスタンドを備えたバッカンタイプが登場しており、より快適にルアーフィッシングを楽しみたい方にはそちらがおすすめ。

    【こちらもCHECK】バッカンタイプが気になった方にはこの記事もおすすめ

    バッカンおすすめ人気ランキングTOP11!選び方やサイズも【2018年最新版】

    2018.03.20

    タックルボックスを選ぶ際のポイント

    ここではタックルボックスを買う際に注意したいポイントを解説します。
    ネット通販などを利用して購入を検討している方は、実際の使用感がわかりにくいため特に注意が必要です。

    ① サイズ

    ルアーケースなど収納するアイテムをしっかりと整理したうえで、快適に収納できるものを選びましょう。
    タックルボックスは開閉式のものがほとんどであるため、アイテムを収納したあとにしっかりと蓋を閉められるかどうかも意識しなければいけません。

    大容量のものは収納力こそ高いですが、フィールドへの移動やランガンの際の負担になることも考えられるため、自分が収納したいアイテムとスタイルにあわせたものを選びましょう。

    ② 軽さ

    タックルボックスはランガンに使用することがほとんどであるため、サイズはもちろん、携帯性も大切。
    特に軽さは持ち運ぶ際に非常に大切なポイントになるので、購入前にしっかりとチェックしておきましょう。
    一般的にロッドホルダーなどが付属されているものや、耐久性が高いモデルは自重が重くなりがちであるため、軽さを重視したい方にはノーマルタイプがおすすめです。

    タックルボックスの人気メーカーといえばメイホウ

    メイホウ(MEIHO) BM-5000 バケットマウス ブラック
    メイホウ(MEIHO) BM-5000 バケットマウス ブラック

    釣り具を扱う多くのメーカーのなかでも、タックルボックスに定評があるのがメイホウ(明邦化学工業)。
    同社のボックスは、小分け用のパーツケースを豊富に取り揃え、それらを利用して自由度の高いカスタムを行えるのが魅力です。
    いくつかあるシリーズのなかでも、イス代わりに利用できるほどの高い耐久性を誇る「バケットマウス」が代表的。

    今回のランキングではさまざまなメーカーのタックルボックスを紹介していますが、迷ったらメイホウの商品を選ぶことをおすすめします。

    タックルボックスが活躍する釣りは?

    タックルボックスはルアーフィッシング全般で重宝しますが、特にライトソルトゲーム・エリアトラウトゲーム・バスフィッシング・トーナメントで本領を発揮します。
    まだ使用したことがないという方は、この機会にぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    ライトソルトゲーム

    メバル

    アジやメバルを狙うライトソルトゲーム。
    ワームやジグヘッド、小型のプラグなど、ルアーのサイズは小さいものの、使用するアイテムの数が多いため小さめのタックルボックスを使用すれば、バッグを持ち歩くより快適に釣りが楽しめます。
    ランガンする(釣り場を変える)ことが多い釣りであるため、おすすめはショルダータイプ。
    近年はフィールドにあわせて複数のロッドを持ち歩くアングラー(釣り人)も多いため、ロッドスタンドタイプも人気となっています。

    エリアトラウトゲーム

    ニジマス

    タックルボックスの使用率が非常に高いルアーフィッシングがエリアトラウトゲーム。
    フィールドの状況にあわせて、通常のルアーフィッシングよりも多くの種類のルアーを持ち歩くため、タックルボックスがあれば効率よく収納できます。

    フィールドを釣り歩くわけではないため、ハンドルタイプのモデルでも不便ではありません。
    複数のロッドを持ち歩くことがほとんどなので、ロッドスタンドの搭載は必須です。

    バスフィッシング

    バス釣り ワームケース

    ルアーフィッシングのなかでもっとも多くのルアーを使うのがバスフィッシング。
    しかしながら、大容量のタックルボックスだとオカッパリ(岸や陸)での移動がしにくいため、ルアーを厳選してコンパクトなタイプを使用しましょう。

    逆にボートに乗って行うボートゲームでは移動を気にする必要がないため、大容量のタックルボックスにさまざまなルアーを収納できます。
    大容量のノーマルタイプボックスが一つあれば十分なので、ボートへの積み込みも簡単です。

    【こちらもCHECK】バスフィッシングを愛する方におすすめの記事はこちら

    バス釣りルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類の説明も【2017年最新版】

    2017.12.12

    バス釣り用ワームおすすめ人気ランキングTOP10!リグや仕掛けのポイントも【2017年最新版】

    2017.11.30

    バス釣りラインおすすめ人気ランキングTOP10!太さや結び方についても【2017年最新版】

    2017.11.21

    トーナメント

    船釣り 釣り人

    ルアーフィッシングトーナメントでは、水を張って釣った魚をキープできるバッカンタイプのボックスが必須。
    また複数のロッドを持ち込むことが基本であるため、ロッドスタンドがついているものを選びましょう。

    タックルボックスおすすめ人気ランキングTOP15

    今回は人気メーカーから販売されているアイテムを中心に、

    ルアーフィッシング歴10年以上の筆者がおすすめのタックルボックスをランキング形式で紹介します。
    メイホウをはじめとする人気メーカーのアイテムを中心にセレクト。
    機能やデザインの異なるさまざまなボックスを揃えたので、ぜひチェックしてください!

    15位 メイホウ ハードマスター 400

    メイホウから販売されている、シンプルなボックス。
    本来は工具箱ですが、ルアーフィッシング用のタックルボックスとして利用する釣り人は多いです。
    ハンドルが大きいため持ち運びがしやすく、ワームなどを複数持ち持ち歩くライトソルトゲームやバスフィッシングなどにもおすすめ。
    耐久性が非常に高いため、フィールドを選ばずに使える点も魅力です。
    デザイン性は専用モデルに比べるとやや劣りますが、低予算で耐久性の高いアイテムを探している方にはぴったり。

    こんな方におすすめ

    • 耐久性の高いタックルボックスを探している方
    • 低予算のタックルボックスを探している方

    14位 メイホウ トレンディー NO.8200

    こちらもメイホウが手掛ける工具ボックスで、もちろん釣り用としても使えます。
    3段の引き出しと可変式のコンパートメント(区切りつきスペース)が採用されており、ルアーごとに整理することが可能です。
    耐久性が高く、海釣りなどのタフなフィールドでも安心して利用できるのもポイント。
    タックルボックスは黒など暗めの色が多いですが、この商品はレッドを絡めたツートンカラーで、明るい色味が好みの方にもおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 自由にカスタマイズできるタックルボックスを探している方
    • 明るいカラーのタックルボックスを探している方

    13位 PLANO 1816-01 SHOOTER’S CASE

    多目的用として販売されているミリタリーテイストのボックスですが、タックルボックスとしても人気です。
    ライフルが設置されている部分(写真を参照)にロッドを置くことができ、ライン・リグの交換も簡単。

    釣り具メーカーから販売されているタックルボックスはシンプルなデザインが多いため、個性的なボックスを探している方は注目です。
    横幅45cmで容量が大きいため、ルアーケースはもちろんリールなども余裕を持って収納できますよ。

    こんな方におすすめ

    • 個性的なデザインタックルボックスを探している方
    • 収納力の高いタックルボックスを探している方

    12位 リングスター D-5000RB

    ルアーフィッシング用としても活躍する多目的ボックスです。
    約38Lの大容量なのでランガンなどには不向きですが、車載やボートでの釣りをする際に便利。
    耐久性が非常に高いため、車載をする際に上にほかの荷物を置いても潰れる心配が少ないです。

    ルアーフィッシングに加え、サビキ釣りや投げ釣りなど、フィールドから動き回らない釣りにはぴったりといえます。

    こんな方におすすめ

    • 大容量のタックルボックスを探している方
    • サビキ釣り、投げ釣り用のタックルボックスを探している方

    11位 メイホウ 防水ストッカーBM-185

    メイホウが手掛けた防水タイプのボックス。
    ふたの部分にシリコンパッキンを採用し、波が高い日の海釣りや雨の日でも大切な釣り具を濡らすことなく保管できます。
    容量が小さいため収納するアイテムを選びますが、防水性の高いタックルボックスを探している方にはおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 耐水性の高いタックルボックスを探している方

    10位 クロスファクター EVA タックルバッグ ロッドスタンド付 AEK905

    こちらは、ロッドスタンドつきのタックルボックス。
    肩掛けできるので、ランガンが中心となるオカッパリでのソルトルアーゲームなどで人気です。
    EVA素材を用いたパッカンタイプなので、丸洗いできるうえに、ちょっとした汚れなども拭くだけで落とせます。

    小分けで収納できるルアー用のタックルボックスに比べると機能面はやや劣りますが、さまざまな用途で使用できる商品を探している方におすすめ。

    こんな方におすすめ

    • ショルダータイプのタックルボックスを探している方
    • ロッドスタンドつきのタックルボックスを探している方

    9位 プロックス EVAタックルバッカン ロッドホルダー付き

    コストパフォーマンスの高い釣り具を数多く取り扱うプロックスのタックルボックス。
    ロッドホルダーつきのバッカンタイプでトーナメントシーンなどに適していますが、容量が大き目であるためエリアトラウトやライトソルトゲームには不向きです。

    ロッドホルダーのほかにもプライヤー(魚から針を外す際などに使うツール)用のホルダーが標準で搭載されているのも特徴。
    大手メーカーの高級モデルに匹敵する機能を持つ、お買い得度の高いアイテムです。

    こんな方におすすめ

    • 各種ルアーフィッシングに使えるタックルボックスを探している方
    • コストパフォーマンスの高いバッカンタイプが欲しい方

    8位ドレス オリジナルバッカンmini

    ソルトルアーゲーム用の各種アイテムを揃えるブランド、ドレスのバッカンタイプ。
    同ブランドのタックルボックスのなかではサイズがやや小さめで、ルアーなどの釣り具をコンパクトに収納したい方におすすめです。
    ロッドホルダーが2本搭載されていることもあり、ロックフィッシングやシーバスゲーム、ライトソルトゲームなどに使用する方も多い商品。

    5,000円台(2018年8月20日現在のAmazon価格)と安価であるため、大手メーカーのアイテムなかでも、特に人気となっています。

    こんな方におすすめ

    • ソルトルアー用のタックルボックスを探している方
    • 使い勝手のよいサイズ感のタックルボックスを探している方

    7位 メイホウ バーサス VS-3080

    メイホウから販売されている大容量(横幅48cm)のタックルボックス。
    ルアーの収納に特化した持ち運びやすい大型ハンドルつきタイプで、バスフィッシングを中心に多くのルアーを扱う釣り人におすすめです。

    マットグリーンやイエローなどのカラーバリエーションが用意されており、メイホウのタックルボックスでも個性的なデザインのモデルを探している方にぴったり。
    数多く用いられた仕切り板は簡単に調整できるため、ルアー以外にもさまざまな釣り具を収納できます。

    こんな方におすすめ

    • バスフィッシング用のタックルボックスを探している方
    • さまざまなルアーが収納できるタックルボックスを探している方

    6位 ダイワ モバイルタックルバッグ S36

    日本を代表する釣り具ブランド、ダイワのバッカンタイプボックス。
    ショルダータイプで携帯しやすく、ロッドホルダーが2つ搭載されている点も魅力です。

    ダイワのアイテムは非常に品質が高いため、長期間使用してもへたりにくいですよ。
    ベースのブラックにレッドのロゴを取り入れたデザインもポイント。

    こんな方におすすめ

    • 高品質で耐久性の高いタックルボックスを探している方
    • ショルダー式のバッカンタイプを探している方

    5位 メイホウ バケットマウス BM-9000

    人が座れるほどの高い耐久性を誇るメイホウのバケットマウスシリーズのなかでも大容量(35L)のモデル。

    900kgの重さにも耐えるタフな仕様もポイントです。
    重量があるためランガンには不向きですが、船釣りなどの際にリールやルアーなど釣り具を一式まとめて持ち込むという使い方にはぴったり。
    価格も4,000円以下(2018年8月20日現在のAmazon価格)で、お買い得な大容量ボックスを探している方には間違いなくおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 船釣り用のタックルボックスを探している方
    • 大容量で耐久性の高いタックルボックスを探している方

    【こちらもCHECK】「メイホウ バケットマウス BM-9000」の特徴がまるわかりの動画はこちら!

    4位 MAZUME バッカンII MZBK-345

    ソルトルアー用のルアーを販売しているマズメのバッカンタイプボックス。
    ソフトクーラー仕様になっているため、釣った魚を入れて持ち帰ることが可能です。

    ショルダーベルトだけではなくウエストベルトも搭載されているため、ランガンにもおすすめ。
    ロッドホルダーが2個搭載されているなど、さまざまなルアーフィッシングに使用できる汎用性の高いアイテムです。

    こんな方におすすめ

    • クーラーボックスとしても使えるタックルボックスを探している方
    • ランガンに最適なボックスを探している方

    3位 メイホウ VS-8010

    メイホウ(MEIHO) VS-8010

    メイホウ(MEIHO) VS-8010

    5,603円(10/24 01:21時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    メイホウによるルアー専用のタックルボックス。
    バスプロにも愛用される大容量モデル(横幅42cm)で、ワーム用トレイや、スピナーベイト用ラックなど、バスフィッシング用のルアーを収納しやすくするための設計が満載です。

    サイズが大きいためランガンにはやや不向きですが、ボートゲームや車載などでは使いやすいです。
    同社の製品のなかでは価格がやや高めですが、たくさんのルアーを持ち歩くバスアングラーには間違いなくおすすめ!

    こんな方におすすめ

    • バスフィッシング用のルアーが収納できるタックルボックスを探している方
    • ボートゲーム用のタックルボックスを探している方

    【こちらもCHECK】メイホウ VS-8010のレビュー動画はこちら

    2位 メイホウ バケットマウス BM-7000

    タックルボックスのなかでもトップクラスの人気を誇る

    こちらはメイホウのバケットマウスシリーズのなかでも、ボートゲームやジギングなどにおすすめの大容量28Lタイプ。
    ルアーフィッシングに必要な各種アイテムを収納できます。

    別売品のロッドスタンドを簡単に取りつけられるカスタマイズ性の高いモデルで、オカッパリのルアーフィッシングでも十分に活躍してくれます。
    カラーはブラックとブルーの2種類が用意されており、どちらもメイホウらしいシンプルな仕上がり。
    価格も2,000円台(2018年8月20日現在)と安価なので、はじめてのタックルボックスにおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 船、ボートゲーム用のタックルボックスを探している方
    • カスタマイズ性の高いタックルボックスを探している方

    【こちらもCHECK】「メイホウ バケットマウス BM-7000」のレビュー動画はこちら

    1位 メイホウ VS-7070 ランガンシステム

    メイホウから販売されているタックルボックスのなかでも、ランガンに最適なサイズ感(横幅43.4cm)で、車載やボート用にも適した汎用性の高い人気モデル。
    ルアーケースが複数収納できるゆとりある容量と可変式の仕切り板により、好みにカスタマイズすることができます。
    別売りのロッドスタンドを取りつけることが可能なので、複数のロッドを持ち歩くエリアトラウトやライトソルトゲームにもおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • ランガンに最適なタックルボックスを探している方
    • シンプルなデザインのタックルボックスを探している方

    【こちらもCHECK】「メイホウ VS-7070 ランガンシステム」の特徴がまるわかりの動画はこちら

    タックルボックスでルアーフィッシングを一段と快適に!

    タックルボックス

    ルアーをはじめ各種釣り具が収納できるタックルボックスは、フィッシングに欠かせないアイテム。
    釣り専用品以外にも、工具などを入れる多目的用ボックスをカスタマイズして使用することも可能です。

    釣りのスタイルや収納するアイテムによってベストな選択が変わるため、ビギナーにはラインナップが豊富なメイホウのボックスがおすすめ。
    今回のラインキングで紹介した商品を見比べて、より快適にルアーフィッシングを楽しみましょう!

    【あわせて読みたい】ルアーフィッシングファン必見の記事はこちら!

    バス釣りロッドおすすめ人気ランキングTOP15!スピニングや硬さや選び方も【2018年最新版】

    2018.05.21

    クランクベイトおすすめ人気ランキングTOP15!自作や使い方についても【2018年最新版】

    2018.04.04

    アジングとは?ロッドやリール&仕掛けの解説や初心者向け動画も

    2018.03.19

    PEラインおすすめ人気ランキングTOP15!リーダーや結び方も【2018年最新版】

    2018.01.30

    ABOUTこの記事をかいた人

    小林大輝

    ルアーフィッシング歴10年
    釣具店勤務経験あり
    大手セレクトショップ 元メンズフロア担当


    北海道で培った10年以上のルアーフィッシングの経験を活かしネット上でライター活動をしています。
    北海道で定番のトラウトやロックフィッシュはもちろん、バスやシーバス、ライトソルトルアーなど様々なルアーフィッシングに精通しています。
    特にルアーについては、実釣経験に基づいた釣果アップにつながる”釣れるルアー”を紹介していきます。
    さまざまなルアーや道具が販売されている中で、皆さんが本当に求めるモノをお伝えできればと思います。 また大手セレクトショップのメンズフロアでの勤務経験もあり、メンズファッションを中心にトレンドに沿ったファッションランキングの提案もしていきます!