コンパクトロッド(パックロッド)おすすめ人気ランキングTOP15!スピニングタイプやベイトタイプも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 対象魚種やシチュエーションを考えて選ぶ
      →長さや硬さによって使いやすい釣り方や場所、対象となる魚が変わることを考慮。
    • 収納サイズを見て選ぶ
      →選ぶ前には収納する予定のバッグなどサイズを図っておくのが基本。
    • 継ぎ目に工夫がしてある製品を選ぶ
      →継ぎ目にスムーズに曲がるような工夫や、固着しにくい工夫がしてある製品を選ぶことが重要。

    ロッド


    コンパクトロッド(パックロッド)は、長い釣り竿であっても短く収納できて持ち運びできる便利なタイプの釣り竿です。
    旅行や仕事帰りに釣りを楽しんだり、電車で釣り場に向かったりするような方には最適の釣り竿といえます。

    しかし、このコンパクトロッドにどのような製品があるのか、選び方はどうすればよいのか初心者の方はわからないことでしょう。

    本記事では釣り歴20年以上となる筆者がコンパクトロッド(パックロッド)の選び方やおすすめ品、使用時の注意点までをご紹介していきます。
    ぜひコンパクトロッド選びの参考にしてみてください。

    目次



    コンパクトロッド(パックロッド)とは

    ロッド


    コンパクトロッド(パックロッド)は、数mの長さがある釣り竿を持ち運びやすいように、継ぎ目を多くしてあるロッドのことです。
    小さく仕舞えることによって、旅行バッグに入れておいたり、背負って移動できたりといったメリットがあります。

    コンパクトロッドには、伸ばして使うタイプの振出式と、継いで使うジョイント式の2種類がありますが、用途は大きく変わりません。
    また長く釣りをしている方のなかには、コンパクトロッドは曲がりが悪くて使いものにならないといった印象を持っている人も多いでしょう。

    たしかに以前は、継ぎ目が多いことでロッドの曲がりに影響が大きく出ていましたが、現在では各ロッドメーカーの製造技術向上によって、継ぎ目のないロッドとの性能差も非常に小さくなってきていますので、一度使ってみることをおすすめします。

    また、コンパクトロッドはメインとして使うだけでなく、メインロッドが破損してしまったときのサブロッドとして使っている釣り人も多いです。

    【こちらもCHECK】ロッドに関連するおすすめ記事はこちら

    エギングとは?ロッドやリール&エギングの種類の解説や初心者向け動画も

    2018.04.02

    アジングとは?ロッドやリール&仕掛けの解説や初心者向け動画も

    2018.03.19

    エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.01.26

    コンパクトロッド(パックロッド)を選ぶときの3つのポイント

    ① 対象魚種やシチュエーションを考えて選ぶ

    釣り 鮭


    コンパクトロッド(パックロッド)は、通常の釣り竿と同じように対象魚種やシチュエーションにあわせられるように多くの製品がラインナップされています。
    同一シリーズであっても、長さや硬さによって使いやすい釣り方や場所、対象となる魚が変わってきますので、メーカーの商品説明などを確認しつつ選んでいくとよいでしょう。

    一方で、コンパクトロッドは、魚種や釣り方を選ばない幅広さを持たせてある製品も多いです。
    それぞれの釣り方に特化した使いやすさはありませんが、万遍なくどんな釣りにも使えるので釣り方を決められなかったり、釣行する場所が決まっていない方は、そのような製品を選んでみるのもおすすめです。

    ② 収納サイズを見て選ぶ

    ロッド ルアー


    コンパクトロッド(パックロッド)には、必ず釣り竿自体の収納サイズがスペックに表示されています。
    それを目安にして、ご自身の用途にあった製品を選んでみてください。
    選ぶ前には収納する予定のバッグなどサイズを図っておくのが基本となります。

    ただ注意したい点としては、コンパクトロッドのスペックにあるのは、釣り竿自体の収納サイズであることがほとんどのため、付属のケースがついたりすると、実際にはそれよりも大きめの収納スペースが必要となることが多いです。
    付属している収納ケースのサイズが明確であればよいですが、不明な場合は、収納するスペースに対して少し余裕がある収納サイズのコンパクトロッドを選んでおくのがよいでしょう。

    ③ 継ぎ目に工夫がしてある製品を選ぶ

    ロッド


    コンパクトロッド(パックロッド)は継ぎ目にスムーズに曲がるような工夫や、固着しにくい工夫がしてある製品を選ぶことも重要です。
    継ぎ目が多い分、1ピースロッドや2ピースロッドに比べると取り扱い時の注意点も増えますので、できるだけ継ぎ目の工夫がしてある製品を選ぶのがおすすめとなります。

    具体的なものとして、ダイワの「V-ジョイント」のようなものがありますので、各ロッドの商品説明を参考にしながら選んでいくのが重要です。

    コンパクトロッド(パックロッド)おすすめ人気ランキングTOP15

    ここからはコンパクトロッド(パックロッド)のおすすめ人気商品をランキング形式でご紹介。
    筆者が選び方のポイントを踏まえた上でのおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

    15位 ダイワ モアザン モバイル 87MLB-5

    ロッドの全長:8.7フィート
    ロッドのタイプ:ジョイント式
    ロッドの継ぎ数:5本
    ロッドの仕舞寸法:58cm
    対応ウエイト:7-35g
    携帯性に優れた長めのベイトロッドが欲しいといった方にはこちらの製品がおすすめです。
    ベイトロッドでシーバスフィッシングを楽しみたいけれども、通常のモデルでは持ち運びが不便に感じているという方はぜひこの製品を使ってみてください。
    専用のショルダーバッグが付属しているので、別にケースを購入する必要もありません。

    14位 ダイワ ソルティスト MB SB 94ML-5

    ロッドの全長:9.4フィート
    ロッドのタイプ:ジョイント式
    ロッドの継ぎ数:5本
    ロッドの仕舞寸法:62cm
    対応ウエイト:7-35g
    携帯性に優れたミドルクラスのシーバスロッドを求めている方におすすめのモデルです。
    シーバスフィッシングでメインとなるPEラインに対応したガイドを搭載していて、ロングキャストが行いやすい長さとテーパーを持っています。
    ショルダータイプの専用ケースも付属していますので、背負って釣り場まで持っていくことが可能となっています。

    Amazon商品価格(2018年4月18日現在)
    34,492円

    13位 モアバイツ iStick モバイル ライト 705L

    ロッドの全長:7フィート
    ロッドのタイプ:振出式
    ロッドの継ぎ数:5本
    ロッドの仕舞寸法:53cm
    対応ウエイト:0.5-3.5g
    低価格ながらパープルのチェックパーツやコルクを使用してある製品です。
    小さめの魚をルアーで狙うのに向いていて、アジングやメバリング、トラウトフィッシングでの使用がおすすめ。
    ライトゲーム中級者以上の方も、サブロッドとして持っておくと重宝します。

    12位 ハラ DIVIDE EGING 8.4F

    ロッドの全長:8.4フィート
    ロッドのタイプ:ジョイント式
    ロッドの継ぎ数:5本
    ロッドの仕舞寸法:約50cm
    対応ウエイト:エギ2-4号
    エギング対応で設計されている低価格のコンパクトロッド。
    足場が悪い磯場でのエギングなどにおいて、通常の2ピースロッドよりも重宝することがあります。
    専用のケースも付属していて、持ち運びはとても便利です。

    11位 メジャークラフト 3代目クロステージパックロッド シーバス CRX-964M

    ロッドの全長:9.6フィート
    ロッドのタイプ:ジョイント式
    ロッドの継ぎ数:4本
    ロッドの仕舞寸法:約70cm
    対応ウエイト:15-42g
    海でのルアー釣りにおいて、パワーと長さがある製品が欲しい方にはこのモデルがおすすめ。
    最大で42gまでのルアーに対応できるので、ブリやサワラといった中型の青物、砂浜からのヒラメ狙いにおいて使いやすいです。
    アルコナイトリングガイドも搭載してありますので、ラインを傷めにくく、飛距離も伸ばしやすい製品となっています。

    10位 シマノ スピニング/ベイト兼用 17 ホリデーパック20 270T

    ロッドの全長:9フィート
    ロッドのタイプ:振出式
    ロッドの継ぎ数:9本
    ロッドの仕舞寸法:44.5cm
    対応ウエイト:15-30号
    投げ釣りや船釣りで重たいオモリを使って釣りをするのに適したモデル。
    砂浜からの投げ釣りでシロギスやカレイを狙ったり、船からカサゴやアジを狙ったりするのにおすすめです。
    穂先はグラス製となっていて、やわらかく強度がありますので、仕掛けの巻き込みで破損することも非常に少ないです。

    9位 ダイワ モアザン モバイル 87MLS-5

    ロッドの全長:8.7フィート
    ロッドのタイプ:ジョイント式
    ロッドの継ぎ数:5本
    ロッドの仕舞寸法:58cm
    対応ウエイト:7-35g
    ダイワのシーバスロッドで上記種にあたるモアザンシリーズの5本継ぎモデル。
    小規模な河川や湾奥といった近場で扱いやすい8.7フィートの長さで、仕事帰りにナイトゲームシーバスを楽しむ方におすすめ。
    V-ジョイントによって継ぎ目の曲がりもスムーズで、自重145gと軽いことも魅力となっています。
    ほかにもクロダイのトップウォーターや小型ロックフィッシュ狙いにも使うことが可能です。

    8位 OGK ポケット磯II 300

    ロッドの全長:10フィート
    ロッドのタイプ:振出式
    ロッドの継ぎ数:10本
    ロッドの仕舞寸法:44cm
    対応ウエイト:1-4号
    防波堤からのウキ釣りやサビキ釣りで使いやすい、超コンパクトに収納できる製品。
    長さは3mあるにも関わらず10本継ぎで仕舞寸法45cmと、とても小さくしてしまうことができます。
    折れにくいグラスメインで作られていて価格も安いので、初心者の方や子供さんが使うのにも安心です。

    7位 ダイワ リバティクラブ ライトパック T 10-180

    ロッドの全長:6フィート
    ロッドのタイプ:振出式
    ロッドの継ぎ数:6本
    ロッドの仕舞寸法:45cm
    対応ウエイト:6-12号
    防波堤や船からの餌釣りにおすすめの製品。
    45cmの仕舞寸法となっていますので、バッグやリュックにも入りやすい仕様です。
    先端は折れにくいグラスソリッド穂先を使っていますので、初心者の方も扱いやすいです。

    6位 シマノ ディアルーナ MB S900ML-4

    ロッドの全長:9フィート
    ロッドのタイプ:ジョイント式
    ロッドの継ぎ数:4本
    ロッドの仕舞寸法:72.8cm
    対応ウエイト:6-28g
    シマノの人気シリーズである、ディアルーナの4本継ぎモデル。
    「スパイラルX」と「ハイパワーX」構造によるブランクスの強いパワーは、コンパクトになっても変わりません。
    9フィートといったどんな場所においても使いやすいシーバスロッドで、自転車や電車で釣行することが多い都会では重宝します。
    餌釣りをする方がロッドケースに入れておいて、チャンスのときだけ使うということもおすすめです。

    5位 アブガルシア クロスフィールド XRFS-904M-TE

    ロッドの全長:9フィート
    ロッドのタイプ:振出式
    ロッドの継ぎ数:4本
    ロッドの仕舞寸法:78cm
    対応ウエイト:5-28g
    魚種やフィールドを問わずに使える汎用性の高さが魅力の製品。
    価格を抑えつつ、デザイン性や機能性、さらには専用のケースまでついているお得なものとなっています。
    ルアー釣りでのシーバスやサバといった中型までの魚、ちょい投げでのハゼやシロギス狙いといった場面で活躍してくれるロッドです。

    4位 バークレイ パックロッド ガルプスティック カジュアルGSS-806ML

    ロッドの全長:8フィート
    ロッドのタイプ:振出式
    ロッドの継ぎ数:5本
    ロッドの仕舞寸法:55cm
    対応ウエイト:4-21g
    餌釣り、ルアー釣りともに対応可能なバークレイの製品。
    主な用途としては船からのシロギス釣りや、餌木を使ったエギングで使いやすいでしょう。
    先の方がやわらかい設計となっているので、魚の食い込みもよいロッドとなっています。

    3位 メジャークラフト 弁慶 4ピース BIC-664M

    ロッドの全長:6.6フィート
    ロッドのタイプ:ジョイント式
    ロッドの継ぎ数:4本
    ロッドの仕舞寸法:約50cm
    対応ウエイト:7-21g
    コストパフォーマンスが高いことで人気のメジャークラフトのコンパクトロッド。
    本製品は、主にバスフィッシングでの使用で設計されていて、幅広いルアーに対応可能な仕様としてあります。
    持ち運びに便利なオリジナルのハードケース、Fuji製のリールシート、バット部分には「Xフォース製法」でのブランクス強化といった工夫がほどこしてありながら、価格は1万円を少し上回る程度に抑えてあるおすすめのロッドです。

    2位 シマノ トラスティック S810ML

    ロッドの全長:8.10フィート
    ロッドのタイプ:ジョイント式
    ロッドの継ぎ数:4本
    ロッドの仕舞寸法:72cm
    対応ウエイト:6-28g
    長さが2段階に調整できる珍しいタイプの製品。
    3本目の継ぎパーツの長さ違いをセットすることによって、30cmほど調整ができるようになっています。
    例えば、飛距離が欲しいときには長いほうの継ぎパーツを使い、近場を釣るときには短いほうのパーツを使うといったことが可能です。
    投げられる重さも28gまでとなっていますので、非常に幅広い釣りで使っていくことができます。

    1位 ダイワ リバティクラブ 5105TLFS

    ロッドの全長:5.10フィート
    ロッドのタイプ:振出式
    ロッドの継ぎ数:5本
    ロッドの仕舞寸法:44cm
    対応ウエイト:0.8-10g
    バッグに忍ばせておきやすいコンパクトさが魅力となっている、大人気の製品です。
    この製品と小型のリール、小型のルアーがあれば、渓流や管理釣り場でのトラウトフィッシングや、海でのアジ・メバルといった魚を狙うことができます。
    特に旅行にいくような場合や、渓流でのサブロッドとして持っておくと便利なロッドです。

    ベイトタイプのコンパクトロッド(パックロッド)おすすめ人気ランキングTOP3

    ここからはベイトタイプのコンパクトロッド(パックロッド)のおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介。
    ベイトタイプのコンパクトロッドは、バスフィッシングなどのルアー釣りにおいて活躍してくれます。
    電車や自転車を利用して釣り場に向う方は、ぜひ参考にしてみてください。

    3位 フィッシュマン BRIST 5.10LH

    ロッドの全長:5.10フィート
    ロッドのタイプ:ジョイント式
    ロッドの継ぎ数:3本
    ロッドの仕舞寸法:75cm
    対応ウエイト:7-28g
    ベイトタイプのコンパクトロッド(パックロッド)で、とにかく性能がよいものが欲しい方にはこの製品がおすすめ。
    ロッドのマテリアルには4軸方向のカーボンシートを使用してありますので、ネジレによるパワーロスが発生しにくくなっています。
    また、グリップジョイントとしてありますので、携帯性に優れつつ、継ぎ目が多いことによるロッドの曲がりへの影響は少ないです。
    大物に対応できるパワーも持っていますので、日本だけでなく海外での使用も視野に入れられるコンパクトロッド(パックロッド)となっています。

    2位 ダイワ B.B.B. 666TMLRB

    ロッドの全長:6.6フィート
    ロッドのタイプ:振出式
    ロッドの継ぎ数:6本
    ロッドの仕舞寸法:43cm
    対応ウエイト:5-21g
    バスフィッシングでオールラウンドに使える長さと硬さを持った、ベイトタイプのコンパクトロッド(パックロッド)です。
    ガイドにはラインに優しいステンレスフレーム製のSiCガイドを搭載していますので、ラインを傷めにくく、巻き替えの頻度を少なくすることが可能となっています。
    持ち手部分に関してはブランクにタッチできる、ダイワのバスフィッシングで人気の「ブラックレーベル」シリーズオリジナルリールシートを採用してあり、価格以上の性能を感じることができるでしょう。

    1位 ダイワ モバイルパック 705TMHB

    ロッドの全長:7フィート
    ロッドのタイプ:振出式
    ロッドの継ぎ数:5本
    ロッドの仕舞寸法:53cm
    対応ウエイト:7-21g
    53cmとコンパクトに収納できつつ、全長は7フィートと長めのベイトロッドです。
    EVAセパレートグリップで握るときの力が入れやすく、バスフィッシングから海でのシーバスやロックフィッシュ狙いまで対応可能となっています。
    対応するルアーは21gまでのスピナーベイトやバイブレーション、テキサスリグと、幅広いルアーで使っていくことができます。
    長さがあって、パワーのあるベイトタイプのコンパクトロッド(パックロッド)が欲しい方におすすめの製品です。

    コンパクトロッド(パックロッド)を使用するうえでの5つの注意点

    ① ガイドが一直線になるようにセット

    ロッド 川


    コンパクトロッド(パックロッド)は、糸を通すガイドが一直線になるようにセットして使いましょう。
    ガイドが一直線に並んでおらず横を向いていると、ロッドがうまく曲がり切れずに破損や釣り糸が切れたりといったことが起こります。
    セットするときは、ガイドのフット部分を見ながらあわせていくときれいにセットしやすく、全部継いでからも曲がっていないかチェックすることが大事です。

    また、コンパクトロッドのなかにはガイドを一直線にセットしやすいように、印がつけられているものもありますので、そのような製品を選んでみると簡単にセットしやすくなりますので覚えておきましょう。

    ② 継ぎ目の緩みに要注意

    ロッド 穴


    コンパクトロッド(パックロッド)を最初にきれいにセットしても、使っている途中で継ぎ目はだんだんと緩んできます。
    緩んだままの状態に気付かず使っていると、投げた衝撃で継ぎ目から先が飛んでいったり、魚が掛かったときに継ぎ目が裂けるようにして折れてしまったりします。
    特に高弾性カーボンが使用されている、ミドルクラス以上の価格帯のものが安い価格帯のものよりも、継ぎ目の緩みは早い傾向がありますので注意が必要です。

    また、エギングのようにロッドを激しく動かして誘う釣り方だと、継ぎ目の緩みはさらに早くなります。
    筆者の経験からですがどのような釣り方においても、継ぎ目のチェックを1時間せずに使っていると緩んでいることがとても多いので、30分に1回は継ぎ目の緩みを確認しておくのがおすすめです。

    ③ 振出式は仕掛けをセットしてから伸ばす

    釣り竿 当たり


    振出式のコンパクトロッド(パックロッド)は、仕掛けをセットしてから伸ばすのが基本です。
    伸ばしきってから仕掛けをセットしようとすると、非常にやりにくいので注意してください。
    また、仕掛けをセットして伸ばすときには、必ずリールからラインがフリーで出る状態にしておきましょう。
    上級者であっても忘れがちなことなので、初心者の方は特に注意。

    もしラインをフリーにすることを忘れた場合には、伸ばしていた継ぎ目を一度元に戻してから、リールを扱うようにしてください。
    伸ばしたままの状態だとラインが張っていて、そこからリールをフリーにしようとすると、穂先に強い負荷が掛かって折れてしまうことが多々あります。
    仕掛けをセットして振出式のコンパクトロッド伸ばすことは基本で、これ以外の方法を取るとトラブルのもととなりますので注意してください。

    ④ ケースに入れて持ち運ぶ

    アブガルシア(Abu Garcia) ロッドケース Abu セミハード パックロッドケース ブラック 釣り竿
    アブガルシア(Abu Garcia) ロッドケース Abu セミハード パックロッドケース ブラック 釣り竿
    コンパクトロッド(パックロッド)を持ち運ぶ際には、携帯性や紛失のリスクをなくすためにケースに入れて持ち運ぶようにしておきましょう。

    ケースはもともと製品購入時についているものもありますが、付属していなかった場合は別売りでも販売されていますので、持っておくと便利です。
    また、振出式のコンパクトロッドには穂先の飛び出しを防ぐキャップがありますので、こちらをなくさないようにも気をつけておきましょう。

    ⑤ しまうときには手元から

    釣り竿 海


    釣りを終えてコンパクトロッド(パックロッド)をしまうときには、必ず手元に近い位置から収納していくようにしてください。

    穂先に近いほうから仕舞おうとするとロッドが大きく曲がり、片付けにくいだけでなく、破損の危険性も高まりますので注意してください。
    逆に、用意するときには穂先のほうから準備していくのが基本ですので、あわせて覚えておきましょう。

    Amazon&楽天のロッド人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    コンパクトロッド(パックロッド)は役立つ場面が多い!

    コンパクトロッド


    コンパクトロッド(パックロッド)は、収納場所を選びにくい携帯性が最も大きなメリットなので、旅行先や電車を利用しての釣行など、必ずどこかで役立ってくれることでしょう。

    コンパクトロッドとひとくちにいっても、ご紹介してきたようにさまざまな製品がありますので、自分の釣り方にどれが適しているかを考えながら購入を検討してみてください。
    ぜひ本記事の内容をご自身の釣りで役立てて、コンパクトロッド(パックロッド)での釣りを楽しんでいきましょう。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】ロッドに関連するおすすめ記事はこちら

    ビッグベイトロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.21

    船竿おすすめ人気ランキングTOP15!万能なタイプや竿受けも【2018年最新版】

    2018.05.11

    ロッドホルダーおすすめ人気ランキングTOP15!船用や車用も【2018年最新版】

    2018.04.13

    ナマズロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.13

    車用ロッドホルダーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.29