ランディングポールおすすめ人気ランキングTOP5!長さや用語解説も【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 余裕のある長さを選ぶ
      →想定よりも1mほど長いものを選ぶと安心。
    • 仕舞寸法を見て選ぶ
      →伸ばしたときの長さと仕舞寸法のバランスがいいと使いやすい。
    • カーボンが使用されたものを選ぶ
      →強度があって軽量のカーボン素材がおすすめ。
    川 フィッシング 釣り

    大きな魚が掛かったときには、釣り竿の力だけでは引き上げるのが難しいもの。
    そこで活躍してくれるのがランディングポールとネットです。
    本記事では釣り歴20年以上となる筆者が、ランディングポール選びのポイントや使用時の注意点をご紹介します。

    ランディングポールとは

    ランディングポール 釣り

    ランディングポールとは、先にネットをつけて使う柄のことです。
    魚を取り込むランディングの際に使用するので、この名前がついています。
    ランディングポールは足場の高い場所であっても魚を取り込むことができ、特に海釣りにおいては使用頻度が高いものです。
    淡水であってもブラックバスやライギョ釣りで持っておくと重宝します。
    ただし間違った選び方をすると、水面まで届かず使えなかったり、かえって釣りの邪魔となったりしますので、選び方のポイントを踏まえておくことが必要となります。

    【こちらもCHECK】バス釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    バス釣りロッドおすすめ人気ランキングTOP15!スピニングや硬さや選び方も【2018年最新版】

    2018.05.21

    バス釣りルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類の説明も【2017年最新版】

    2017.12.12

    バス釣りラインおすすめ人気ランキングTOP10!太さや結び方についても【2017年最新版】

    2017.11.21

    ランディングポールを選ぶときの3つのポイント

    余裕のある長さを選ぶ

    ランディングポール 魚

    ランディングポールを選ぶときには余裕のある長さを選ぶことが最初のポイントです。
    長くなると価格が上がりますが、短いと釣り場で水面まで届かず使えないことも多いので注意してください。
    特に海釣りの場合は潮の満ち引きによって水面の高さが変わりますので、自分が考えているよりもプラス1mほどの長さを選んでおくことをおすすめします。

    仕舞寸法を見て選ぶ

    ランディングポール ネット

    ランディングポールは伸ばして使う「振出式」となっています。
    選ぶときには縮ませたときの仕舞寸法を見て、自分の釣り方や場所にあったものを選んでみてください。
    例えば、ブラックバスやライギョ釣りのような移動しながら釣りをして、かつ水面までの高さがない釣り場においては、全長2.5m程度までの仕舞寸法が50cm程度の携帯性に優れたものが使いやすいです。
    海釣りにおいては全長が4m以上あり、仕舞寸法が70cmほどのものが使いやすいです。
    長さに対してあまりにも仕舞寸法が小さなものだと、伸ばしていくときに引っかかりやすく、縮ませるときには力が必要となるので、上記のようなバランスの取れた製品を選んでみてください。

    カーボンが使用されたものを選ぶ

    海 ランディングポール 魚

    ランディングポールでは、素材に「カーボン」を使用してあるものを選ぶのがおすすめです。
    安いものだと「グラス」という素材で作られているものがあり、強度はあるものの、重たいといった製品が多くなっています。
    またグラス製のランディングポールは、ポール自体の重さで曲がってしまい、縮ませるのが難しくなることが多いです。
    できるだけ素材に多くカーボンが使用されている製品を選んで使ってみてください。

    ランディングポールおすすめ人気ランキングTOP5

    ここからはランディングポールのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。
    筆者がランディングポール選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

    5位 アルファタックル ランディングギア シャフト 700

    全長:7m
    仕舞寸法:66cm
    水面まで距離がある足場の高い釣り場で活躍してくれるランディングポールです。
    長さの割にコストを抑えてありますので、購入しやすい製品となっています。

    Amazon商品価格(2018年4月23日現在)

    8,896円

    4位 ダイワ 玉の柄 アジング メバリング 月下美人 ランディングポール 30

    全長:3m
    仕舞寸法:49m
    アジングやメバリングといったライトタックルでの釣りにおすすめのランディングポールです。
    自重が285gと軽量なので、カラビナをつけてライフジャケットやバッグにセットしておいて、いつでも使えるようにできます。

    Amazon商品価格(2018年4月23日現在)

    15,647円

    3位 ダイワ 玉の柄 ブラックジャックスナイパー 600 Q

    全長:5.97m
    仕舞寸法:78cm
    カーボン含有率98%のパワフルで軽いランディングポール。
    価格は若干高めですが軽量でネジレに強く、特に磯釣りにおいて使いやすい、おすすめの製品となっています。

    Amazon商品価格(2018年4月23日現在)

    27,834円

    2位 テイルウォーク CATCHBAR 改 SUPER MICRO 210

    全長:2.1m
    仕舞寸法:34cm
    淡水でのブラックバスやライギョ釣りにおすすめの、コンパクトに仕舞えるランディングポールです。
    仕舞寸法は34cmで、ネットを折りたためるパーツと組みあわせて使うと、バッグやベルトに引っかけて持ち運べる非常に便利な製品となっています。

    Amazon商品価格(2018年4月23日現在)

    7,419円

    1位 ダイワ 玉の柄 ランディングポール2 500

    全長:5.06m
    仕舞寸法:70.5cm
    海釣りで使いやすい標準的な長さと仕舞寸法のランディングポール。
    ショルダーベルトつきで背負って持ち運びができる便利さも人気の秘密です。

    Amazon商品価格(2018年4月23日現在)

    8,621円

    【こちらもCHECK】「玉の柄 ランディングポール2」のレビュー動画はこちら

    ランディングポールでは真っすぐ引き上げることを意識する

    釣り ランディングポール 魚

    ランディングポールで魚を掬ったら、真っすぐに引き上げてくるのが基本です。
    掬った状態でそのまま持ち上げてしまうと、魚の重さに耐えられずランディングポールが折れたり、折れなかったとしても縮ませたりすることが難しくなります。
    引き上げるときのコツとしては、一番下の継ぎ部分を押すようにしながら縮めていくことで、慣れるとそのほうがスムーズに縮ませてくることができます。
    前に手を伸ばして先のほうをもって縮ませようとしても意外に縮ませることは難しく、落水の危険性も出てきますので注意してください。

    Amazon&楽天の玉の柄・ランディングネット人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    ランディングポールはどんな釣りでも必須

    ランディングポール パイク 魚

    ランディングポールを持っていないと大物が掛かったときに、釣り上げきれないことも多いです。
    また、ランディングポールは釣り場に着いたら竿などの道具よりも最初に準備しておくことをおすすめします。
    そうすることで、強風などによって道具が飛ばされたときでも回収しやすく、魚が掛かったときにすぐに使うことができますので覚えておきましょう。
    本記事の内容を参考にしながら、ご自身の釣り方にあわせたランディングポールを選んで、いつも携帯しておくようにしてみてください。

    【あわせて読みたい】釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

    ヒラスズキロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.06.27

    シーバス用ベイトロッドおすすめ人気ランキングTOP10!安いものも【2018年最新版】

    2018.05.21

    ヒラメ釣りにおすすめのルアー人気ランキングTOP15!釣り方やタックルも【2018年最新版】

    2018.05.16

    太刀魚釣りにおすすめのルアー人気ランキングTOP10!時期や仕掛け例も【2018年最新版】

    2018.05.15

    夜釣り用ヘッドライトおすすめ人気ランキングTOP25【2017年最新版】

    2017.11.01