シーバスリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワも【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • スピニングリールをメインに選ぶ
      →スピニングリールは遠投してもトラブルが起きにくい。
    • ドラグが強めの深溝スプールを選ぶ
      →ドラグ最大値はスピニングリールでは5キロ以上、ベイトリールでは4キロ以上のものがおすすめ。
    • 釣り場や釣り方にあったギア比を選ぶ
      →シーバスリールではノーマルギアやハイギアがおすすめ。
    • ダイワのシーバスリールを選ぶ場合
      →大きさは2,500~3,000番がおすすめ。
    • シマノのシーバスリールを選ぶ場合
      →おすすめの大きさはC3,000~5,000番。
    魚 スズキ シーバス

    現在のようにソルトウォータールアーゲームを広げるきっかけとなったのがシーバスです。
    もともとシーバスは夜に釣ることがほとんどでしたが、次第に昼間の「デイゲーム」と呼ばれる時間帯でも釣り方が確立されて現在にいたっています。

    シーバスフィッシングですが、徐々に市場が広がっていくにつれて、どんどん使われる道具の種類が増えていき、初心者の方が初見で選ぶことが難しくなっているのが現状があります。
    特にリールに関しては基本的な形がどの釣りにおいても似ているため選びにくいのではないでしょうか。

    本記事ではシーバス釣り歴10年以上となった筆者が、シーバスで使うリールについての選び方やおすすめ品、注意点までをご紹介。
    初心者の方を始め、シーバスリールを選ぶ際に役立つ情報をお伝えしていきます。

    シーバスリールとは

    釣り用品 スピニングリール

    シーバスはルアーに掛かると、とても強い引きやジャンプを見せますので、シーバスで使うリールはある程度の大きさが必要となります。

    シーバスは最大で1メートルにもなる個体も居て、かつ70センチ程度であれば初心者の方が釣っていてもルアーに喰い付いてくる可能性は結構高いです。
    そのため、掛かったときに対応ができるパワーを持ったリールを選ぶ必要があります。

    また、長さが9フィート以上あるロッドをメインに使って、ルアーを繰り返し投げては巻いてくる動作となるのである程度の軽さも必要です。
    シーバスリールは大きさを重視しつつ、パワーと軽さのバランスが取れたものを選ぶとよいでしょう。

    【こちらもCHECK】シーバスに関連するおすすめ記事はこちら

    シーバスルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類やカラーも【2018年版】

    2018.01.11

    シーバスロッドおすすめ人気ランキングTOP10!ダイワとシマノやエギングも【2017年最新版】

    2017.12.11

    シーバスラインおすすめ人気ランキングTOP5!太さやナイロンも【2017年最新版】

    2017.12.08

    シーバスリールを選ぶときの5つのポイント

    ① スピニングリールをメインに選ぶ

    釣り竿 釣り具セット

    シーバスで使うリールは大多数がスピニングリールとなっています。
    これはスピニングリールが遠投してもトラブルが起きにくいことや、重心がロッドの下にあり根元をしっかり握りやすく疲れにくいのが最大の理由になります。

    もちろんベイトリールも使われますが、障害物周りを釣ったり「ビッグベイト」と言われる大型ルアーを使うときなど使い方もリールの種類も限定的となりがちです。
    スピニングリールはシリーズによって大きさが小さなものから大きなものまであるので、その中からシーバスに適した大きさを選んでいく必要があります。

    スピニングリールの中には「レバーブレーキ」という機能がついたモデルもあり、これはレバーを引く強さでラインを逆転させることができます。
    レバーブレーキモデルに関しては中級者以上向けのものとなっていますので、初心者の方はそのような機能がついていないリールを選ぶようにしましょう。

    ② ドラグが強めの深溝スプールを選ぶ

    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17ワールドスピン CF3000
    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17ワールドスピン CF3000

    シーバスがルアーに掛かったときにはとても強い引きを見せますので、ドラグは最大値が高いものを選んでおいたほうが安心。
    ドラグが弱いといつまでも手前に寄せてくることができないので注意しましょう。

    ドラグ最大値はスピニングリールでは5キロ以上、ベイトリールでは4キロ以上のものがおすすめとなります。

    シーバス釣りのラインについてはナイロンラインもしくはPEラインが使われることが多く、いずれも150メートルは巻いておいたほうがトラブルがあったときでも釣りを継続しやすいのです。

    目安としてナイロンライン12ポンド、PEラインの1号が150メートル巻けるものを選んでおいてみてください。

    スプールの番手に浅溝を表す「S」などがついているリールはラインの巻き量が少ないことが多いので、そういったものを選ぶときにはスペック表などで確認してみてください。

    ③ 釣り場や釣り方にあったギア比を選ぶ

    海 海岸 波

    シーバスは河川や磯、砂浜といったさまざまな場所で釣ることができます。
    また、ルアーを早く引いたりゆっくり引いたりといった誘い方をすることも多いです。

    リールには「ギア比」というものがあり、これはハンドルを1回まわしたときにどれだけラインを巻いてこれるかといったものになります。

    一般的にシーバスリールではノーマルギアやハイギアがおすすめで、これらは何もリールの番手に表記がないか、もしくは「HG」や「XG」などの表記がされています。

    同じ大きさのリールでもギア比が違うことは多いですので、選ぶときには注意してみるようにしましょう。

    ④ ダイワは2,500~3,000番までがおすすめ

    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 リーガル 3000H PE付
    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 リーガル 3000H PE付

    シーバスリールを始めとして、多くのシーバス用品を販売しているメーカーにダイワがあります。
    リールにはさまざまな大きさがラインナップされていますので、その中からダイワのシーバスリールは2,500~3,000番がおすすめとなります。

    中には番手で「2500R」というモデルもあり、これは2,500番クラスのスプールと3,000番クラスのボディを組み合わせたものとなっています。

    Rがついたリールはシーバスをメインターゲットとして設計されたものとなっていますので、選ぶときの目安としてみてください。

    ⑤ シマノはC3,000~5,000番までがおすすめ

    シマノ スピニングリール 17 セドナ C3000
    シマノ スピニングリール 17 セドナ C3000

    ダイワと同じく多くのシーバス用品を販売しているのがシマノです。
    ダイワとはリールの大きさの表示が違い、シマノのリールでシーバスにおすすめなのはC3,000~5,000番となっています。

    番手に付いている「C」はコンパクトを意味しており、C3,000は3,000よりも一つ小さな番手となっていますので、覚えておきましょう。

    シーバスリールおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはシーバスリールのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者がシーバスリール選びのポイントを踏まえたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 シマノ 17 エクスセンスDC XG

    自重:225g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):91cm
    ドラグ最大値:4.5kg

    ベイトリールでのシーバスフィッシングを快適にしてくれるデジタルコントロールブレーキを搭載したリール。
    シーバスで必要不可欠となる遠投性はもちろんのこと、ベイトリール特有のキャスト精度の高さで障害物周りを釣るのにも適しています。

    巻き取りが速いエクストラハイギアとなっていますので、スピードに緩急をつけつつルアーを引いてくるといった使い方もできます。
    シーバス用ベイトリールは種類が少なく、ほかのルアーフィッシング用を使うとトラブルが多かったりしますので、ベイトリールを使いたい方はこのような専用リールを使うことをおすすめします。

    9位 ダイワ 17 モアザン-LBD 2510PE-SH

    自重:260g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):91cm
    ドラグ最大値:6kg

    レバーブレーキを搭載したダイワシーバスリールのフラッグシップモデル。
    巻き取りのギアもスーパーハイギアで最大91センチの巻き取りが可能です。

    レバーブレーキを活用することで大型のシーバスも取り込むことができます。
    レバーブレーキが使えると、通常よりもさらに細いラインを使えるので飛距離が出せたり、ルアーのアクションがより機敏になったりといったメリットがでてきます。

    初心者の方には難しいですが、シーバス釣りを長く楽しんでいる上級者の方には選択肢の一つとしてもらいたいリールとなっています。

    8位 シマノ エクスセンスCI4+ 4000S

    自重:250g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):83cm
    ドラグ最大値:11kg

    カーボン素材をボディとローターに使用した軽量なシーバス専用のスピニングリール。
    カーボン素材は伝達効率も優れていて、リールを巻いて誘うことがメインとなるシーバスフィッシングに適した設計となっています。

    また、ラインと常に接触するラインローラーは分解することなく外側から注油ができるようになっていて、メンテナンスも簡単に行うことができます。

    7位 ダイワ 17 モアザン 3012H

    自重:285g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):95cm
    ドラグ最大値:7kg

    モノコックボディを採用したダイワのシーバスブランドフラッグシップモデル。
    最大限に大きくなった強度の高い「ハイパーデジギア」はどんな大型のシーバスが掛かったとしても安心してやり取りすることができます。

    カーボン調のスプールスカート、クロロプレン製のリールバックも付属で付いていて高級感あふれるリールとなっています。

    6位 ダイワ 15 ルビアス 2508PE-DH

    自重:215g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):72cm
    ドラグ最大値:7kg

    上位機種とほぼ同じドラグを搭載したミドルクラスのスピニングリール。
    ダブルハンドルが標準搭載されていることで、巻きブレが非常に押さえられています。

    またボディにはカーボンが使われていますので、ルアーが動くことで起きる振動が手元にまでしっかりと伝わってくるような感覚もあり、慣れてくるとシーバスが追いかけてきたことで起きるルアーの動きの変化がわかり釣果アップも図れます。

    細番手のラインを使っていてもドラグがしっかり効いてくれるので、シンキングペンシルやワームといった繊細さが求められるルアーとの相性がよいリールです。

    5位 ダイワ 17 エクセラー 2500

    自重:265g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):72cm
    ドラグ最大値:7kg

    シーバス初心者の方におすすめのダイワのエントリーモデル。
    低価格帯でありつつ、水や埃を防ぐ「マグシールド」や軽い巻き心地を実現する「エアローター」が搭載されています。

    ルアー釣りだけでなくエサ釣りなどのほかの釣りにも応用しやすいサイズですので、入門用として最適なリールとなっています。

    4位 シマノ 17 エクスセンス C3000M

    自重:200g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):77cm
    ドラグ最大値:9kg

    マグネシウムボディによって自重200グラムと超軽量化されたシマノシーバススピニングのフラッグシップモデル。

    初期回転が向上された「NEWマグナムライトローター」と細かな歯によってシルキーな巻き心地を実現した「マイクロモジュールギア」が搭載されていますので、比較的小型ルアーの扱いに向いています。

    繊細ながらも高い剛性を持っているシーバス専用リールとなっています。

    3位 シマノ 17 サステイン C5000XG

    シマノ リール サステイン C5000XG

    シマノ リール サステイン C5000XG

    26,162円(09/17 21:27時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    自重:285g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):103cm
    ドラグ最大値:11kg

    高剛性で険しい磯での釣りに向いているスピニングリール。
    「Xプロテクト」によって水しぶきはもちろん、万が一落水させてしまっても大丈夫な仕様です。

    ハンドル1回転で最大103センチの巻き取りができるので、投げた後のラインの弛みをすぐに取ったり、足元でのルアー回収にとても役立ってくれます。

    巻き取り量の多さを活かして、バイブレーションやミノーを緩急をつけて引いてきたりすることや、慣れてくると流れの強さを感じ取るといった使い方もできるリールとなっています。

    2位 シマノ 17 アルテグラ C3000

    自重:240g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):73cm
    ドラグ最大値:9kg

    上位機種にも搭載されている「コアプロテクト」や「Gフリーボディ」を惜しみなく搭載したコストパフォーマンスの高いリール。

    釣りで付き物となる水しぶきなどからリール内部をしっかり守り、バランスのよい設計で長時間の釣りもサポートしてくれます。

    シマノで長く名前が残っているシリーズですので安心して使っていくことができます。
    ほかの釣りでも使えるサイズで、シーバス初心者の方に特におすすめしたいスピニングリールです。

    1位 ダイワ 17 Xファイア 2510RPE-H

    ダイワ リール 17 Xファイア 2510RPE-H

    ダイワ リール 17 Xファイア 2510RPE-H

    26,831円(09/17 21:27時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    自重:220g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):84cm
    ドラグ最大値:7kg

    3,000番ボディに2,500番サイズのスプールを搭載したシーバス専用モデル。
    ボディには強度と軽さが高バランスな「ザイオン」を採用、水の浸入を防ぐ「マグシールド」は標準装備です。

    力強い巻き取りができるボディとスプールの小型化による軽量化で、シーバスでとても扱いやすいモデルとなっています。

    シーバスリールを使用するうえでの4つの注意点

    注意点① 最新モデルを選ぶように注意

    SHIMANO(シマノ) リール 17 アルテグラ 4000XG
    SHIMANO(シマノ) リール 17 アルテグラ 4000XG

    釣りで使われるリールは新しい技術が開発されるとモデルチェンジを行います。
    そのため同じ名前であっても販売された年数が違うモデルがあることが多くなってきています。

    モデルチェンジの周期は短いもので3年となっていて、以前のモデルも最新モデルも混じって販売されていることがあります。
    多くの場合は西暦の下2文字を取り、2,017年発売モデルは「17」、2,016年発売モデルは「16」などと見分けするようにしてありますが、購入するときには注意するようにしてください。

    注意点② 釣りが終わったら必ず水洗い

    シャワー シャワーヘッド

    シーバスは河川で釣りをしたときでもたいていの場合は海水が混じっていて、海水域での使用が前提となりますので、釣りが終わったら必ず水洗いするようにしましょう。
    塩が付着したままだと不具合が起きることが多くなります。

    釣りをしているとラインが海藻の切れ端などの細かい汚れを拾って、それがリールに付着していることも多いです。
    釣りが終わったあとはシャワーなどの流水で行っておくようにしてください。

    注意点としてリールは水に浸け込まないようにしてください。
    水に浸け込むとかえって水と一緒に塩が入り込んでしまいますので注意してください。

    注意点③ ドラグ調整はしっかり行う

    櫻井釣漁具 BOUZ ドラグチェッカー 15kg DC2015
    櫻井釣漁具 BOUZ ドラグチェッカー 15kg DC2015

    シーバスで使うラインはナイロンラインで12~16ポンド、PEラインでは1~1.2号がメインとなります。
    この太さでシーバスと思いっきり引っ張り合いをするとラインが切れてしまい、切れたときの衝撃もかなり大きいので釣り人側が転倒してしまう可能性もあります。

    強い負荷が掛かったときにラインが出ていく機能の「ドラグ」はしっかり調整をしておくようにしましょう。
    ドラグを調整する際にはラインの最大強度の1/2以下で設定しておくのがおすすめで、調整にはドラグチェッカーがあると便利ですので覚えておくとよいです。

    注意点④ PEラインを巻くときは下巻きを入れる

    デュエル(DUEL) カーボナイロンライン CN500 500m 3号 クリアー H3453-CL
    デュエル(DUEL) カーボナイロンライン CN500 500m 3号 クリアー H3453-CL

    シーバスフィッシングでメインとなっているPEラインですが、スプールへの巻き始めに直接巻くと滑りやすい性質を持っています。

    巻いたときは滑っていなくても水を含んだときには水が潤滑油の役割のようになり、PEライン全体が回って釣りができなくなってしまうこともあります。
    そのため、PEラインを巻くときにはスプールの巻き始めにほかのラインを入れる「下巻き」を行いましょう。

    下巻きには安いナイロンラインで十分で太さは2~3号を使い、スプールの金属面が隠れるくらい巻けば大丈夫です。
    スプールがライン巻き量に対して深すぎるときにも下巻きは巻き量の調整に使えますので、覚えておくとよいです。

    シーバスリールはほかのルアー釣りでも使える

    魚 カレイ ヒラメ

    シーバスリールは汎用性が高いため、シーバスだけでなくヒラメやカサゴ、サワラといったほかのソルトウォータールアーでの釣りでも使うことができます。

    ご紹介したおすすめリールは筆者が経験をもとにセレクトしたものとなっているので、この中からできるだけ上のモデルを選んでおくと、長持ちするので結果的に長い目でみたときのコストが抑えられたり、釣りをしているときの快適さが違います。

    今回の記事を参考にしながらシーバスリールを選び、身近な釣り場でも大型が狙えるシーバスフィッシングにぜひ挑戦してみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

    吊り秤おすすめ人気ランキングTOP5!デジタルも【2018年最新版】

    2018.07.15

    コマセミキサーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.11

    シマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.06.28

    釣り人向きの偏光グラスおすすめ人気ランキングTOP5!色による違いや種類の解説も【2018年最新版】

    2018.05.31

    釣り用ネット(ギャフ)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.02